車のバッテリーはどんなときに沢山充電されるのでしょうか?
アイドリング中でしょうか?
低速走行中でしょうか?
高速走行中でしょうか?
それとも上り坂走行中でしょうか?

たとえば、エンジンかけずにヘッドライト等を点灯させ、
バッテリーの残量が減った場合、
どのように車を動かすのが効率的に充電できるのでしょうか?

ヘッドライトを点けてバッテリーが減った場合、
バッテリーを充電する方法として、
そのままヘッドライトを点灯したままエンジンかけて、
アイドリングさせただけでバッテリーは充電できる(増えていく)のでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

下記サイトではバッテリーが上がってしまった時の対処方法が紹介されています。


一度すべて放電されてしまったバッテリーを完全に元に戻すのは難しいようですね。

・howto情報|バッテリーが上がったら|ホームセンター
http://komeri.com/howto/html/01580.html

A 回答 (7件)

 JAFの実験によりますと、ライトやオーディオを消すなどの工夫を可能な限りしていても、アイドルでの充電はあまり期待できないそうです。


 バッテリー上がりが起こらないギリギリの発電量しかないそうな。(だから何か1つでも車内機器を使うと赤字)
 それよりは、わずか10キロでも走っていた方がはるかにいいそうです。
    • good
    • 124

>どんなときに沢山充電



アイドリング中、低速走行中、高速走行中、上り坂走行中、どの場合も同じです。発電電圧は調整される為、エンジンの回っている時間が長い程沢山充電されます。

>バッテリーの残量が減った場合、ヘッドライトを点灯したままエンジンかけて、アイドリング
 させただけでバッテリーは充電できる

できますが、充電時間が長くなります。あるコンパクトカーの発電機を例にすると、アイドリング(700rpm)最大発電42A(アンペア)で、エンジンを回す為とヘッドランプ(尾灯や計器盤も含む)の電気が20A位とすると、22A余裕があり充電できる事になります。但し、新車時の発電能力なので段々低下して行きます。
    • good
    • 84

 アイドリング程度の回転数では、かろうじて充電している状態ですから、電装品やライトを点灯させていると、充電量はゼロもしくは逆に放電していく場合もあります。


 もし確実に充電させたいのであれば、少なくとも1500回転、できれば2000回転くらいエンジンを回してやることです。実際には、走ってしまった方が簡単でしょうね。そうすると、充電機がほぼフルパワーで充電します。しかし、電装品をたくさん電源オンにしていると、放電量も増えますから、充電できたとしても微々たるものとなりかねません。充電しようと思う時は、電装品は安全に関わる最小限にするといいでしょう。
 
    • good
    • 49

質問内容が二つあるようなので、後の質問から。



>そのままヘッドライトを点灯したままエンジンかけて、アイドリングさせただけでバッテリーは充電できる~

まず消費電力の方が多く、充電できる場合は少ないでしょう。
エンジンを掛けてヘッドランプを点灯すると、今までバッテリーから供給されていた電力は、発電機に引き継がれます。ヘッドランプの点灯に必要な電力の余剰分がバッテリーに充電されますが、アイドリングでは十分に発電出来ないでしょう。

ではどの様に走行すれば充電できるか?ですが、「普通に走行する。」でしょう。

低速でも高速でも登り坂?でもなく。

これはエンジンの回転数の事を指しての問いかけでしょうか?

もしそうならやはり「普通に走行する。」とした方が良いでしょう。

バッテリーはエンジンスタートの為にある。と言っても良いぐらいにスタート時に電力を消費します。

走行時の余剰電力をバッテリーに充電させ、エンジンスタートした時の消費分を補うには、走り方より走る時間の方が重要です。
    • good
    • 43

効率よく、充電するのであればやはり


ヘッドライト、オーディオ、エアコンなど極力つけずに
アイドリングしているのが一番でしょう。
オルタネーターが壊れていない限り、普通に走っていても充電されるのでご安心ください。
走行中にもっとも効率よくというのでしたら、ブレーキランプを点灯させるだけでも消費はしていくので、なるべく信号のない(有料道路、高速道路)ところが一番効率がいいのではないでしょうか。
    • good
    • 27

昭和の車では走行しないと充電しないこともありましたが、最近の車は機器が正常であればアイドリング以上の回転数であれば充電出来ます。


アイドルでも充電は出来ますけれどね。 ちびちびしかバッテリーの方に回らないので、時間は相当かかるでしょうが。

電気を使わず(ステレオを聴いたり、エアコンを使ったり、ライトを使ったり・・・)エンジンが回っていれば充電は効率的に行われます。
低速でも高速でも発電量は変わらないので、充電される量も同じです。
とはいうものの、アイドルよりは多少回転数を上げた方が多少は良いでしょうね。
    • good
    • 35

>ヘッドライトを点けてバッテリーが減った場合、


バッテリーを充電する方法として、
そのままヘッドライトを点灯したままエンジンかけて、
アイドリングさせただけでバッテリーは充電できる(増えていく)のでしょうか?


ヘッドライトを点灯してアイドリングではあまり期待できないですね。せめてライトを消して数時間アイドリングが正しいでしょう。
ただ、ライトが消えるくらいまで完全放電したような場合はスタンドなどで強制充電してもらう方が安心です。
    • good
    • 25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のバッテリーが上がった時のケーブルのつなぎ方

あまりに初心者的な質問なのですが、車のバッテリーが上がってしまい、救援車のバッテリーにつないで、エンジンがかかるようにしたいのですが、バッテリー上がり車と救援車のバッテリーのつなぎ方、手順、注意点を教えていただきたい。

Aベストアンサー

こんにちは。
まず、バッテリー上がり車と救援車の両方のバッテリーの+(プラス側端子)のカバーを開けます。そして、赤い方のブースターケーブルを、両車のカバーを開けた、バッテリーの+(プラス側端子)に+同士つなぎます。 救援車のエンジンは、上記のカバーを開ける前から、かかっていても大丈夫です。 次に、黒い方のブースターケーブルを両車のバッテリーから離れた場所(エンジンやエンジンまわり、又はボディの金属部分)につなぎます。 これは、バッテリーから引火性のガスが出ている
場合、つないだ瞬間に出る火花が危険なので、敢えてバッテリーの-(マイナス側端子)につながいのです。
特に、注意点は+と-を絶対に間違えないことと、+と-を絶対にショートさせないことです。 ショート時の火花がバッテリーから出る引火性ガスに触れると爆発してしまいます。 十分ご注意ください。

参考URL:http://www.jaf.or.jp/qa/index0.htm

Q乗用車用バッテリーの充電を原付用バッテリー充電器で充電可能?

10年くらい前に買ったおそらく原付用?(15 X 7 X 7cm位の小さいもので6vと12vの切り替えスイッチ付きで確か2、3000円程度のもの)で乗用車のバッテリーを充電可能でしょうか?乗用車用バッテリーは純正は50D20Rですが、アップグレードの80D26Rを現在使っております。ちなみに充電器のサイドに張ってあるシールにはIN.PUT:AC100V 50/60Hz 18VA OUT.PUT:DC6V~12V 1A 電圧6V⇔12Vとの表示がありますが、私には乗用車用バッテリーは12Vということしかわからず質問させて頂きました。もし充電可能であれば、何時間くらいが適当でしょうか?現在バッテリーに弱った傾向や不具合はないのですが、2年間メンテナンスをしていないのでバッテリー液の補充、および充電を試みようと思っている次第です。情報が足りないようでしたら、指摘お願い致します。それでは宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

12Vあるなら出来ます.但し,弱ったバッテリーですと交換するべきなのですが2年位ならあと半年~1年は持つかもしれません.まめに充電しなければ駄目になったら買い替え時です.充電は弱くやるほうがバッテリーの電極を痛めません.時間は一概に言えませんので,目安としてエアーが元気に出るようになったら終わりです.弱くなら一晩でいいのでは.但し液の補充は忘れずに.風通しの良い所で行って下さい.負荷をかけ比重計なりテスターで測るのがいいのですが,無ければ粟の元気な出方でいいと思います.3年以上持たせると充電しっ放しで電子部品壊すので5年とかは使わない方がいいです.返って高く付きます.結構バッテリーで車の調子変ります.

Qサブバッテリーをシガレットにつないだら車のナビが見られたが

電気の知識が無い者が、車中泊で車始動用のバッテリーがあがると困るので、サブのバッテリーを買いました。

 エンジンを切って、サブバッテリーをシガレットにつないだら車のナビが見られました。これはサブバッテリーの電気を使っていますか。
車始動用のバッテリーに影響が有りますか。

Aベストアンサー

>サブバッテリーをシガレットにつないだら車のナビが見られました。これはサブバッテリーの電気を使っていますか。

はい、サブバッテリーを使ってます。

>車始動用のバッテリーに影響が有りますか。

ありません。

Qエンジンをかけたままでもバッテリーが切れることはあるのですか?

私は車のエンジンさえかけていれば、
エンジンからエネルギーが与えられ、
バッテリーに電気が溜まると思っていました。

エンジンを付けてないときに、
ヘッドライトなど、電気をつけていると
電気がなくなり、バッテリーが切れると思っていました。

エンジンをかけていても車を運転していなければ、
ヘッドライトなど付けていれば、
バッテリーの電気はどんどん消費されていくのでしょうか?

詳しい方、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お使いの車の使用状況にもよってしまいますが、
エンジンをかけていて運転していない状態(アイドリング状態)でも、確かにバッテリーの充電は行われます。

しかし、それと同時に電気も使っているはずです。
ライト、オーディオ、カーナビ、時計などです。

それらの電気使用量が充電量を上回ると、充電されないという理屈ですね。

そして、バッテリー自体、完全な消耗品であると言うことです。
長期間使用していれば、徐々に充電できる容量が減っていきます。充電できる量自体少なくなるのです。

私は以前、会社の車のエンジンをかけた状態で、結局使わず帰宅してしまい、次の日の朝にはバッテリーが上がってしまい、交換を強いられたコトがありました。

Qバッテリー上がりの車に・・・

今日バイト先のお客さんの車のバッテリーが上がってしまったらしく、自分の車のバッテリーとケーブルをつないでエンジンをかけてあげました。良いことをしたと思い気持ちがいい反面、自分の車のバッテリーに悪影響は無いのか心配です。
そこで質問なのですが、これによって自分の車のバッテリーが弱ったりする事は無いのでしょうか??詳しい方どうぞ教えてください。
ちなみに、自分の車のバッテリーは去年8月に交換したばかりです。

Aベストアンサー

全く問題ないです。

バッテリーに悪影響があるのは、過放電と過充電だけです。

過放電は、車を長い間(数ヶ月間)使わないでおいておくと、バッテリーの自己放電や電装品の暗電流で過放電になることがあります。

過充電は、レギュレータが故障した場合に起こることがありますが、通常の使用では過充電はおきないです。

Q車のバッテリーで充電制御車対応とありますが

充電制御車に、普通のバッテリー(例えばPanasonicならSBバッテリー)をつけた場合、充電制御車のエコの恩恵が受けられないというだけで済む話ですか?
充電受入スピードが遅いので充電しつづけて結局充電しない時間帯がなくなるのでエコでなくなるという理解ですが。どの程度のエコ恩恵があるのか、普通のバッテリーでは寿命が短くなるのか?、それ以外に何らかの問題が出るのか教えて下さい。充電制御車対応バッテリーが出ていますが(Panasonic:カオス、ACデルコ:プレミアムブルーなど)、やはりそれをつけた方が良いのでしょうか。

Aベストアンサー

充電制御車に7年目でホームセンタの最安バッテリと交換しました。燃費は交換前と変わりません(厳密に測定すれば低下しているはずですが)でした。交換後3年で手放したので寿命については不明ですが、外寸が一回り小さい、低性能、充電制御未対応、等を考慮すると短寿命と推測できます。本州中央部の平地なので問題ないだろうと判断しての対処だったのですが、最初の交換までが3~4年とか、寒冷地での使用とかであれば充電制御対応バッテリにした方が安心と思います。

Q車のバッテリーが上がってしまいました

車のバッテリーが上がってしまいました。

先程犬の散歩をするため近くの川に行ったのですが、車のバッテリーが上がってしまいました。

もう一台の車と繋げたいのですが、その車では道が細くその場所までいけません。

救援車からバッテリーを外してブースターで繋げてもエンジンはかかりますか?

Aベストアンサー

大丈夫、かかります。
ただし、救援車のバッテリーがフル充電に近くないとダメです。
バッテリー同士をつながずに入れ替えして近くまで行ってから、付け直して充電するという方法もありです。

Q・エンジン始動時に失ったバッテリーの電力を回復(満充電)するには、どの

・エンジン始動時に失ったバッテリーの電力を回復(満充電)するには、どの位の距離走れば回復するのでしょうか?アイドリングでしたら何分ぐらいですか?
詳しい方教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

冬季、朝一の始動時に最大電力(電圧と電流)を必要とします。
それでも1分間もあれば十分回復します。
暖気後であれば、車種にかかわらずアイドリング10‐30秒ほどです。
走ってもよいですが、走る必要はありません。

下記のサイトは信用できるものです。

東京都環境科学研究所「エンジン始動時の…実験結果」
http://www.asahi-net.or.jp/~id7y-mrym/shiryo000418.htm

「バッテリー電力の消費量はガソリン車で平均0.23Wh、ディーゼル小型車で0.10Wh、同大型車で0.21Wh程度であり、すべて始動後10~30秒以内に消費量の90%が充電されている。この事実から見て頻繁なエンジン停止、再始動によるバッテリーの消費電力は殆ど問題とはならないと考えられる。」

「0.23Wh」は実験値ですが、計算して確認しますね。
始動時、スタータに供給される電流は、暖気後では、一瞬200‐300A流れますが、すぐに100Aくらいに落ち着き、0.5秒ほどで始動完了です。
始動時のバッテリ電圧はかなり変動(上下)しますが、平均すれば10Vほどです。
電流も同様に変動しますが、計算しやすいように160Aとします。

10V X 160A X 0.5秒 = 800W秒

これを3600秒で割れば、0.22Wh となります。

寒冷時、朝一の始動時では、電流も時間も倍ほどかかるので、1Whくらいでしょう。
この1Whを充電するには、1分もあれば十分です。

寒冷時には、ファーストアイドルで回転数は高くなり、例えばエンジン1200rpmとします。
オルタネータでは、倍の2400rpmくらいです。
この回転数では、オルタネータは定格出力の80%くらいは発電しています。
オルタネータの定格出力にもよりますが、電圧は13V、電流は50‐100Aは出ています。
バッテリの充電受入性(経年変化で悪化)にもよりますが、アイドリング1分間で十分回復します。

実際、ディーラーや整備工場では、お客様の車を狭い構内で何回も移動させたり、点検のために始動・停止を繰り返していますが、充電してからお客様に渡すようなことはまず、ないですね。

バッテリメーカーでも、実際の通勤路で赤信号ごとにアイドリングストップを実施して、それでもバッテリの充電状態が良好であるとのレポートを出しています。
暖機後の始動電流は、小型車では100A少しです。
20年前の小型車でも、エアコンを使用していても、アイドリングで充電できることを、設計思想としていました。

冬季、朝一の始動時に最大電力(電圧と電流)を必要とします。
それでも1分間もあれば十分回復します。
暖気後であれば、車種にかかわらずアイドリング10‐30秒ほどです。
走ってもよいですが、走る必要はありません。

下記のサイトは信用できるものです。

東京都環境科学研究所「エンジン始動時の…実験結果」
http://www.asahi-net.or.jp/~id7y-mrym/shiryo000418.htm

「バッテリー電力の消費量はガソリン車で平均0.23Wh、ディーゼル小型車で0.10Wh、同大型車で0.21Wh程度であり、すべて始動後10~30秒以内に...続きを読む

Q車のバッテリー上がり時の充電について

車のバッテリーが上がった時のブースターケーブルを使用した時の充電方法について質問があります。
ブースターケーブルを使用して充電する場合、バッテリー上がり車の+端子と救援車の+端子、救援車の―端子とバッッテリー上がり車のエンジンブロック等の金属部分に接続するかと思います。

これって、バッテリー同士を並列に接続しているということですよね?
つまり、容量の違う電池を並列に接続していることと同じですよね?

そこで質問なんですが、どうしてこの並列回路でバッテリーが充電できるのかが、いまいち理解できません。

                 バッテリー上がり側
     ---------+  ― ---------
    │                               │
    │                               │
    │                               │
     ---------+  ― ---------                                           救援車側

 上記のような抵抗が無い回路になると思うのですが、救援車側の+から電流が流れ、バッテリー上がり側を通って、-に戻ってくる。
 その時にバッテリー上がり側のバッテリーに電気が流れるから充電されるということですか?

 いろいろと調べているのですが、理論的(電気回路的)に理解をしたいと思っています。
 
 よろしくお願いします。

 

 
    
    

車のバッテリーが上がった時のブースターケーブルを使用した時の充電方法について質問があります。
ブースターケーブルを使用して充電する場合、バッテリー上がり車の+端子と救援車の+端子、救援車の―端子とバッッテリー上がり車のエンジンブロック等の金属部分に接続するかと思います。

これって、バッテリー同士を並列に接続しているということですよね?
つまり、容量の違う電池を並列に接続していることと同じですよね?

そこで質問なんですが、どうしてこの並列回路でバッテリーが充電できるのかが、いま...続きを読む

Aベストアンサー

#4です。
質問者さまの回路のとおりです。
「バッテリ上がり車」のバッテリに、ブースターケーブルを使って「救援車のバッテリ」を並列につないだだけのことですね。
「バッテリ上がり車」側の「スタータ回路」は、なんらの変更もありません。
通常どおりの始動操作で始動できます。

Qエアコンつけたまま、エンジンかけますか?

車には詳しくありませんので、ちょっとお尋ねします。

車を停止する時に、エアコンをつけたままエンジンを消して、次に乗る時にはエアコンはそのままon
の状態になっていますが、そのままエンジンをかけますか?

それとも、停止する時にエアコンを消して、エンジンをかけてからエアコンのスイッチを入れますか?

もしそうなら、その方がエンジンに負担がかからないのですか?

意見の相違があったので、質問しました。

誰か詳しい人に聞いてみてどうなのか、実際他の人はどんな風にしているのかお聞きしたいです。

Aベストアンサー

エンジンよりもセルモーターやバッテリーの負担を軽くするためだと思いますが、タントの取扱説明書には、「エンジンの始動性をよくするために、ライト、リアウィンドウデフォッガー、ヒーター、ファンなどのスイッチは"Off"にしてください。」とあります。

これ↓の229ページ
http://www.daihatsu.co.jp/service/torisetu/tanto/pdf/tanto_1404.pdf


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報