車のバッテリーはどんなときに沢山充電されるのでしょうか?
アイドリング中でしょうか?
低速走行中でしょうか?
高速走行中でしょうか?
それとも上り坂走行中でしょうか?

たとえば、エンジンかけずにヘッドライト等を点灯させ、
バッテリーの残量が減った場合、
どのように車を動かすのが効率的に充電できるのでしょうか?

ヘッドライトを点けてバッテリーが減った場合、
バッテリーを充電する方法として、
そのままヘッドライトを点灯したままエンジンかけて、
アイドリングさせただけでバッテリーは充電できる(増えていく)のでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

下記サイトではバッテリーが上がってしまった時の対処方法が紹介されています。


一度すべて放電されてしまったバッテリーを完全に元に戻すのは難しいようですね。

・howto情報|バッテリーが上がったら|ホームセンター
http://komeri.com/howto/html/01580.html

A 回答 (7件)

 JAFの実験によりますと、ライトやオーディオを消すなどの工夫を可能な限りしていても、アイドルでの充電はあまり期待できないそうです。


 バッテリー上がりが起こらないギリギリの発電量しかないそうな。(だから何か1つでも車内機器を使うと赤字)
 それよりは、わずか10キロでも走っていた方がはるかにいいそうです。
    • good
    • 124

>どんなときに沢山充電



アイドリング中、低速走行中、高速走行中、上り坂走行中、どの場合も同じです。発電電圧は調整される為、エンジンの回っている時間が長い程沢山充電されます。

>バッテリーの残量が減った場合、ヘッドライトを点灯したままエンジンかけて、アイドリング
 させただけでバッテリーは充電できる

できますが、充電時間が長くなります。あるコンパクトカーの発電機を例にすると、アイドリング(700rpm)最大発電42A(アンペア)で、エンジンを回す為とヘッドランプ(尾灯や計器盤も含む)の電気が20A位とすると、22A余裕があり充電できる事になります。但し、新車時の発電能力なので段々低下して行きます。
    • good
    • 85

 アイドリング程度の回転数では、かろうじて充電している状態ですから、電装品やライトを点灯させていると、充電量はゼロもしくは逆に放電していく場合もあります。


 もし確実に充電させたいのであれば、少なくとも1500回転、できれば2000回転くらいエンジンを回してやることです。実際には、走ってしまった方が簡単でしょうね。そうすると、充電機がほぼフルパワーで充電します。しかし、電装品をたくさん電源オンにしていると、放電量も増えますから、充電できたとしても微々たるものとなりかねません。充電しようと思う時は、電装品は安全に関わる最小限にするといいでしょう。
 
    • good
    • 51

質問内容が二つあるようなので、後の質問から。



>そのままヘッドライトを点灯したままエンジンかけて、アイドリングさせただけでバッテリーは充電できる~

まず消費電力の方が多く、充電できる場合は少ないでしょう。
エンジンを掛けてヘッドランプを点灯すると、今までバッテリーから供給されていた電力は、発電機に引き継がれます。ヘッドランプの点灯に必要な電力の余剰分がバッテリーに充電されますが、アイドリングでは十分に発電出来ないでしょう。

ではどの様に走行すれば充電できるか?ですが、「普通に走行する。」でしょう。

低速でも高速でも登り坂?でもなく。

これはエンジンの回転数の事を指しての問いかけでしょうか?

もしそうならやはり「普通に走行する。」とした方が良いでしょう。

バッテリーはエンジンスタートの為にある。と言っても良いぐらいにスタート時に電力を消費します。

走行時の余剰電力をバッテリーに充電させ、エンジンスタートした時の消費分を補うには、走り方より走る時間の方が重要です。
    • good
    • 43

効率よく、充電するのであればやはり


ヘッドライト、オーディオ、エアコンなど極力つけずに
アイドリングしているのが一番でしょう。
オルタネーターが壊れていない限り、普通に走っていても充電されるのでご安心ください。
走行中にもっとも効率よくというのでしたら、ブレーキランプを点灯させるだけでも消費はしていくので、なるべく信号のない(有料道路、高速道路)ところが一番効率がいいのではないでしょうか。
    • good
    • 27

昭和の車では走行しないと充電しないこともありましたが、最近の車は機器が正常であればアイドリング以上の回転数であれば充電出来ます。


アイドルでも充電は出来ますけれどね。 ちびちびしかバッテリーの方に回らないので、時間は相当かかるでしょうが。

電気を使わず(ステレオを聴いたり、エアコンを使ったり、ライトを使ったり・・・)エンジンが回っていれば充電は効率的に行われます。
低速でも高速でも発電量は変わらないので、充電される量も同じです。
とはいうものの、アイドルよりは多少回転数を上げた方が多少は良いでしょうね。
    • good
    • 35

>ヘッドライトを点けてバッテリーが減った場合、


バッテリーを充電する方法として、
そのままヘッドライトを点灯したままエンジンかけて、
アイドリングさせただけでバッテリーは充電できる(増えていく)のでしょうか?


ヘッドライトを点灯してアイドリングではあまり期待できないですね。せめてライトを消して数時間アイドリングが正しいでしょう。
ただ、ライトが消えるくらいまで完全放電したような場合はスタンドなどで強制充電してもらう方が安心です。
    • good
    • 25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッテリー上がり ジャンピングスタート後の充電走行

コンパクトカーで、丸2日室内灯を点けっぱなしで放置し、バッテリーを上げてしまいました。

救援車はあるので、ジャンピングスタートで始動しようと思うのですが、
その後、どれくらい走れば、ひとまず次回の始動は問題ないだろう
というところまで充電できますか?

バッテリーの状態によりけりなのは分かりますが、
ざっくり2~3時間なのか、いや足りない5~6時間なのか、はたまた30分も走れば充分なのか、
走らずアイドリングで置いておけば良いのか、
一般論で教えて下さい。
新車で2年目点検直後、走行16,000km、初めてのバッテリー上がりです。

Aベストアンサー

>どれくらい走れば、ひとまず次回の始動は問題ないだろうというところまで充電できますか?

他にも回答がありますが、原則「バッテリーは、エンジン始動用」です。
エンジンが始動すれば、発電機からの電気で充分賄えますからね。
じゃ、どの位走れば良いの?
発電機は、エンジン回転数で2500回転前後(一般走行)が発電量が大きい様です。
ですから、30分程度走行して下さい。
※AT車の場合は、ODをOFFにして3速で走行すればもっと効率的。
アイドリングの場合(エンジン回転数700回転前後)は、オーディオ・ナビ・空調など全てOFFにして約60分。
一番良いのは、充電器で3時間程充電する事ですが・・・。
その後、2時間程エンジンを停止。再度エンジン始動でOKでしたら、問題ありません。

>新車で2年目点検直後、走行16,000km、初めてのバッテリー上がりです。

2年程度だと、一度のバッテリー上がりでは交換の必要はありません。
もちろん、バッテリ上がり前よりも性能が若干落ちますが・・・。

Q・エンジン始動時に失ったバッテリーの電力を回復(満充電)するには、どの

・エンジン始動時に失ったバッテリーの電力を回復(満充電)するには、どの位の距離走れば回復するのでしょうか?アイドリングでしたら何分ぐらいですか?
詳しい方教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

冬季、朝一の始動時に最大電力(電圧と電流)を必要とします。
それでも1分間もあれば十分回復します。
暖気後であれば、車種にかかわらずアイドリング10‐30秒ほどです。
走ってもよいですが、走る必要はありません。

下記のサイトは信用できるものです。

東京都環境科学研究所「エンジン始動時の…実験結果」
http://www.asahi-net.or.jp/~id7y-mrym/shiryo000418.htm

「バッテリー電力の消費量はガソリン車で平均0.23Wh、ディーゼル小型車で0.10Wh、同大型車で0.21Wh程度であり、すべて始動後10~30秒以内に消費量の90%が充電されている。この事実から見て頻繁なエンジン停止、再始動によるバッテリーの消費電力は殆ど問題とはならないと考えられる。」

「0.23Wh」は実験値ですが、計算して確認しますね。
始動時、スタータに供給される電流は、暖気後では、一瞬200‐300A流れますが、すぐに100Aくらいに落ち着き、0.5秒ほどで始動完了です。
始動時のバッテリ電圧はかなり変動(上下)しますが、平均すれば10Vほどです。
電流も同様に変動しますが、計算しやすいように160Aとします。

10V X 160A X 0.5秒 = 800W秒

これを3600秒で割れば、0.22Wh となります。

寒冷時、朝一の始動時では、電流も時間も倍ほどかかるので、1Whくらいでしょう。
この1Whを充電するには、1分もあれば十分です。

寒冷時には、ファーストアイドルで回転数は高くなり、例えばエンジン1200rpmとします。
オルタネータでは、倍の2400rpmくらいです。
この回転数では、オルタネータは定格出力の80%くらいは発電しています。
オルタネータの定格出力にもよりますが、電圧は13V、電流は50‐100Aは出ています。
バッテリの充電受入性(経年変化で悪化)にもよりますが、アイドリング1分間で十分回復します。

実際、ディーラーや整備工場では、お客様の車を狭い構内で何回も移動させたり、点検のために始動・停止を繰り返していますが、充電してからお客様に渡すようなことはまず、ないですね。

バッテリメーカーでも、実際の通勤路で赤信号ごとにアイドリングストップを実施して、それでもバッテリの充電状態が良好であるとのレポートを出しています。
暖機後の始動電流は、小型車では100A少しです。
20年前の小型車でも、エアコンを使用していても、アイドリングで充電できることを、設計思想としていました。

冬季、朝一の始動時に最大電力(電圧と電流)を必要とします。
それでも1分間もあれば十分回復します。
暖気後であれば、車種にかかわらずアイドリング10‐30秒ほどです。
走ってもよいですが、走る必要はありません。

下記のサイトは信用できるものです。

東京都環境科学研究所「エンジン始動時の…実験結果」
http://www.asahi-net.or.jp/~id7y-mrym/shiryo000418.htm

「バッテリー電力の消費量はガソリン車で平均0.23Wh、ディーゼル小型車で0.10Wh、同大型車で0.21Wh程度であり、すべて始動後10~30秒以内に...続きを読む

Qアイドリングでバッテリーは充電できますか?

はじめまして。

23区内ですが、道が細い上、歩きか自転車で日常は事足りてしまい、
まとまった休みの遠出くらいしか、車に乗ることがほとんどありません。

そのため、油断すると、いざ乗ろうとする際、バッテリーがあがっていて
JAFを呼ぶ羽目になったことが複数回あります。

そこで質問ですが・・・
家人に一日一時間くらい車庫内でアイドリングをさせておくというのは、
バッテリーあがりの防止に役立ちますでしょうか?

また、仮に3週間全く乗らないでいて、バッテリーが満充電になるには
都内で、どのくらいの時間ないし距離を乗らないとだめでしょうか?


そのくらいなら売ってしまって、必要な時にだけレンタカー借りろなんていう
回答は全く不要です。
質問の内容に沿った答えのみカキコミお願いします。

Aベストアンサー

あまりエンジンをかけない車なら、写真のカットオフスイッチをバッテリー端子に付けておきます。
電装用品を扱うお店か、ヤフオクで入手可能です。(千円くらい)

ダイアルを回すとバッテリー端子を外した状態になりますから、待機電力の消費をカット。
バッテリー上がりの心配も無くなります。

Qエンジンをかけたままでもバッテリーが切れることはあるのですか?

私は車のエンジンさえかけていれば、
エンジンからエネルギーが与えられ、
バッテリーに電気が溜まると思っていました。

エンジンを付けてないときに、
ヘッドライトなど、電気をつけていると
電気がなくなり、バッテリーが切れると思っていました。

エンジンをかけていても車を運転していなければ、
ヘッドライトなど付けていれば、
バッテリーの電気はどんどん消費されていくのでしょうか?

詳しい方、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お使いの車の使用状況にもよってしまいますが、
エンジンをかけていて運転していない状態(アイドリング状態)でも、確かにバッテリーの充電は行われます。

しかし、それと同時に電気も使っているはずです。
ライト、オーディオ、カーナビ、時計などです。

それらの電気使用量が充電量を上回ると、充電されないという理屈ですね。

そして、バッテリー自体、完全な消耗品であると言うことです。
長期間使用していれば、徐々に充電できる容量が減っていきます。充電できる量自体少なくなるのです。

私は以前、会社の車のエンジンをかけた状態で、結局使わず帰宅してしまい、次の日の朝にはバッテリーが上がってしまい、交換を強いられたコトがありました。

Qクルマに1ヶ月乗らないとバッテリーって上がるのですか?

クルマに1ヶ月ちょっと乗っていない間にバッテリーが上がってしまいました。

バッテリーは1年~1年半くらいまえに交換したものです。
けっこうハイパワーのものだと思います。
クルマは1ヶ月に1度乗るか乗らないかみたいな感じで
使ってきました。

現在の状況は、キーレスエントリーは反応してドアが開きましたが、イグニッションキーを回すと、「カタカタカタ」という音が鳴るだけで、エンジンが始動しません。

質問です。

・クルマに1ヶ月乗らないと、バッテリーは上がってしまうのでしょうか?(特に今は寒いから?)

・バッテリーの充電を、近所のガソリンスタンドでやってもらおうと思います。充電したら、これまでと同じようにこのバッテリーは使えるのでしょうか。

Aベストアンサー

バッテリーは日本語で言うと蓄電池ですよね。つまり1ヶ月に何回乗ったかはあまり関係なくて1度でも乗った時に充分、、充電できたかどうかによります。夜、雨、エアコンを使った、10分位しか乗らなかった、では蓄電するよりも放電する方が多くて、次に乗る時にセルモーターを回すだけの電力が足りない。と言う結果になります。(セルモーターを回すのにはかなりの大電力が必要)
新しいバッテリーなら1度乗った時に充分、充電出来た(昼間1時間以上乗った)状態でなら、次の1ヶ月位は充分エンジン始動できるはずです。充電出来たと思われる位乗ったのにダメになっていたとすれば、発電機に問題があるかも、あるいは発電はしているけどバッテリーまでの系統に問題があると考えられますね。一度修理工場で診断してもらう必要がありますね。

Qバッテリー充電したいのですがオートバックスでやってもらえますか?異常は

バッテリー充電したいのですがオートバックスでやってもらえますか?異常はないけど 電気充電したいのです。教えて下さい。

Aベストアンサー

バッテリー充電は、急速充電で無くまる一日充電する方が良いので、車から外して持って行くのが良いです。
オートバックスでなく近くのスタンドでもやって貰えますよ!
オートバックスだと、バッテリーが弱ってるなら新品を進めて来るかも....

Qバッテリーの充電時間

車のバッテリーが例えば充電状態が空の場合、どれくらい軽自動車のエンジンがかかっていれば満タンになるのでしょうか?
(バッテリーの充電状態が空だと充電出来ないというのは、理解してます。たとえばです^^)

Aベストアンサー

満充電になるまでやるとしたら、10時間以上掛かります。
しかし、50%程度で良いのならば2~3時間位で済むと思います。

車の発電機は、一定の電圧が出るように設計されて居ます。
バッテリーは、蓄電量に沿って端子の電圧が上がって行きます。
その為、初期のバッテリー端子電圧が低い間は比較的早い時間で充電が進みますが、蓄電量が増えるに従い、端子電圧が高くなり、電気は充電されにくくなって行く為です。

通常、セルを回すなどは50%程度充電されて居れば十分に回りますので、満充電されて居る必要もありません。


軽自動車でも30A程度の発電機は積んでいるのですが、バッテリーの端子電圧と、発電機の発電電圧の関係で、そのまま全てが充電出来る訳ではないのですよ。

Qバッテリーが充電されない!

新品・充電済みのバッテリーをかってきて車につけました。
そのときは普通にエンジンもかかり、無事に走れたんですが、かなり長距離を走ったにもかかわらず、次回にはエンジンがかかりませんでした。ランプなどをつけても光が弱々しく、どうやらバッテリーがカラになってる様子。
ブースターケーブルを使ってとりあえずエンジンをかけることは出来るんですが、走っても充電されないみたいなので、気を抜いて回転数が下がるとすぐにエンストしてしまします。
この『バッテリーが充電されない』という症状は、何が悪くなっているのでしょうか?
出来れば修理屋さんにたのまず、自分でなんとかしたいのですが、原因がわからなくてお手上げです。
車に詳しい方、助けて下さい~。

ちなみに、車は日産のセダンです。
一応チャージランプは点灯してないみたいですが、ランプ自体壊れている、という可能性も考えられなくは……。

Aベストアンサー

まず間違いなくオルタネーターの不良でしょう。以下に点検方法を書きますので参考にしてください。

点検に入る前にベルト類に異常が無いかをまず点検します。緩みや損傷がある場合は調整または交換が必要です。以下はこれらに異常が無いことを前提にしています。

キースイッチをオン(エンジンはかけない)でシャージランプが点灯していますか?この状態でチャージランプが点灯しない状態であれば、まず最初にオルタネーター(発電機)の不良を疑ってみるべきでしょう。オルタネーターの点検には電圧計(テスターでも可)と電流計(こちらはテスターでは不可)が必要です。車種によっていくつかのタイプがありますので、代表的なタイプでの点検方法をお知らせします。まずキースイッチオフの状態で、オルタネーターのB端子(オルタネーターの後部にあるネジ式の端子で日産社の場合は白色の太い配線がつながっているはずです)にバッテリー電圧が掛かっているか、バッテリーのマイナス端子とB端子間の電圧を測定します。この端子に電圧が掛かっていない(又はバッテリー電圧よりも低い)場合は、充電用のメインヒューズが切れているか、B端子~バッテリーの+端子間の配線に問題があります。次にエンジンキーをオン(エンジンはかけない)にしてオルタネーター後部の差込端子のL端子(端子の位置はオルタネーターの形式ラベルに記載されています。)の電圧を点検し2V程度の電圧が掛かっていることを確認します。この時点でL端子の電圧がバッテリー電圧を示す場合はオルタネーターの不良です。0Vを示す場合チャージランプ回路(ランプを含む初期励磁回路)の不良が考えられます。残りのS端子(RやIG端子がある場合も同様)にバッテリー電圧が掛かっていることを確認してください。

次にエンジンを始動しB端子とバッテリーの+端子間の電圧を測定します。ほぼ0Vを示すはずですが0.5V以上の電圧差がある場合は、B端子~バッテリーの+端子間の配線に問題がある可能性があります。同様にオルタネーターのケース(アルミの部分)とバッテリーの-端子間の電圧も測定します。この電圧もほぼ0Vを示すはずですが0.5V以上の電圧を示すようであれば、オルタネーターのアース系統の配線に問題がある可能性があります。次にバッテリー端子で電圧を測定し、13.5V~15.0Vの範囲にあることを確認します。上記のテスト結果が正常で、この範囲に無い場合はオルタネーターの不良です。次にヘッドランプ、エアコンなどの負荷をかけた状態で同様のテストをします。この場合は少々エンジンの回転を上げる(1500rpm程度)必要がある車種もありますが、この状態で上記の電圧範囲に無いばあいはオルタネーターの不良でしょう。

オルタネーター自体の修理はできれば専門家に任せることをお勧めします。車両からのオルタネーターの脱着作業をご自身で行う程度にしておくほうが良いでしょう。これとても車種によっては専門家でも数時間を要するものもあります。また、配線関係のトラブルでも断線などの場合見つけ出すのは専門家でも難しい場合もありますし、端子の圧着には専用の工具が必要ですし、大きな電流が流れる回路でもありますので不完全な修理では、配線の焼損などの二次的なトラブルを生む場合もあります。

これらの点検・修理は一般の整備工場やディーラーよりも電装整備工場の得意分野ですので、そちらでの点検・修理をお勧めします。

まず間違いなくオルタネーターの不良でしょう。以下に点検方法を書きますので参考にしてください。

点検に入る前にベルト類に異常が無いかをまず点検します。緩みや損傷がある場合は調整または交換が必要です。以下はこれらに異常が無いことを前提にしています。

キースイッチをオン(エンジンはかけない)でシャージランプが点灯していますか?この状態でチャージランプが点灯しない状態であれば、まず最初にオルタネーター(発電機)の不良を疑ってみるべきでしょう。オルタネーターの点検には電圧計(テ...続きを読む

Q3ヶ月乗らない車のバッテリー上がりを防ぐには?

3ヶ月出張で不在になる息子の車を預かることになりました。

「バッテリーが上がらないように時々乗っといて。」と言われたので、週2,3回通勤時に乗れば良いかと思っていましたが、通勤はたかだか片道10分程度で、同僚が「距離が短かったら返って良くないのでは?バッテリーをはずした方がいいかも。」と言います。

車は、中古(13年もの)のグロリアです。

どれぐらいの間隔でどれぐらいの時間乗れば良いのでしょうか?

(バッテリーをはずすのは、怖くてできません。)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

バッテリーが怖いと思う方は、無理に本体を外そうとしたり マイナス端子を外そうとしない方が良いです。

きちんとした手順 注意を払って作業すれば 問題は起きませんが バッテリーの危険性を知らないまま マイナス端子を外せば良いとか思って作業していると いつか爆発する可能性もあります。

バッテリーとは ミスをすれば簡単に爆発するくらい危険性のあるものです。

わたしも知り合い整備を好き慣れていたのですが 知識として頭で判っていても 実際にはその危険性を全く判っていなかったのです

なにか常時電源の部品がオンになっていたのかマイナス端子のケーブルを外した後 そのままにして作業してて 何度かケーブルの端子が バッテリーの端子に当たっては 火花が出ていたらしく 気にせず作業して 突然爆発しました。

バッテリー内には 水素など可燃性のガスが発生します。

端子のところの火花がそれに引火すれば バッテリーのふたは飛び 中の希硫酸が飛び散り大変危険です。

作業手順 安全性の確認など しっかりやらないと車の整備は常に危険が隠れいいます。

さて 質問の答えですが 夜間 雨の日 エアコン(除湿のため使用)など 電気を使う電装が稼動させない 昼間の走行なら10キロでも十分です。

特に夜間ばかりなら まずたっぷりと毎日使っていてもバッテリーが上がることもあります。

バッテリーなんて 外すのが怖い素人の方は外さないでいいです。

プロの目からみれば 車の整備の怖さをしらない方々の方が むしろ心配になりますが・・・苦笑

怪我をするより バッテリーが上がって動かなく方が 遥かに良いですから。

バッテリーが怖いと思う方は、無理に本体を外そうとしたり マイナス端子を外そうとしない方が良いです。

きちんとした手順 注意を払って作業すれば 問題は起きませんが バッテリーの危険性を知らないまま マイナス端子を外せば良いとか思って作業していると いつか爆発する可能性もあります。

バッテリーとは ミスをすれば簡単に爆発するくらい危険性のあるものです。

わたしも知り合い整備を好き慣れていたのですが 知識として頭で判っていても 実際にはその危険性を全く判っていなかったのです

な...続きを読む

Q長時間のアイドリングによるクルマへのダメージは?

たとえばガソリンエンジンの普通乗用車で、車内でゆっくりと映画を観たい時などは、二時間くらいはアイドリング状態でいると考えられます。そこで以下の事を知りたいのですが
(1) 1~2時間のアイドリングは、車のどこに負担を与えるのか。その原理も加えて。

(2) 2リッターDOHC、NAエンジンだと、ガソリンはどのくらい消費するのか

以上、お願い致します。なるべく無駄なアイドリングは避けるつもりですが。

Aベストアンサー

いろいろな複合要素が絡んできますね。
車の年式や整備状況、走行距離、アイドリングの頻度、季節などの時期、日向か日陰か、風があるか、ないか。
だから、時間だけでは判断できません。

極端に言えば新車で1回だけ2時間のアイドリングをしても特に影響はないですが、昔のキャブの車では、1時間のアイドリングでも、エンジンルームの熱で、燃料が気化し過ぎてアイドリングが止まったりします。

で、どこに負担がかかるか?というご質問ですが、私がどこに注意しているかと書かせていただくと、
「1時間アイドリングしたら、50km走ったと思う」
事です。
現在の走行距離に、アイドリング時間×50kmで車のメンテナンスをしてください。
だから、2時間のアイドリングを15日関すれば、1,500km走行したのと同じですから、走行距離が1,500kmでも、合計で3,000kmになりますからオイル交換をしてください。
その他のメンテナンス、ファンベルトやタイミングベルト、ラジエター液なども計算上の走行距離で交換するようにしましょう。

そうすれば、いろいろかかる負荷に関して、少しはフォローできると思います。


ガソリンの消費量は、環境省では10分で0.14Lといわれています1時間では840ccということになりますね。
http://www.env.go.jp/earth/cop3/dekiru/ta_03-2.html
排気量は分かりませんが、1時間1L程度でしょう。

いろいろな複合要素が絡んできますね。
車の年式や整備状況、走行距離、アイドリングの頻度、季節などの時期、日向か日陰か、風があるか、ないか。
だから、時間だけでは判断できません。

極端に言えば新車で1回だけ2時間のアイドリングをしても特に影響はないですが、昔のキャブの車では、1時間のアイドリングでも、エンジンルームの熱で、燃料が気化し過ぎてアイドリングが止まったりします。

で、どこに負担がかかるか?というご質問ですが、私がどこに注意しているかと書かせていただくと、
「1時間...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報