仮免前の効果測定の勉強中です。
新たに理解できない問題がでてきたので質問っせていただきます。

問)安全地帯のある停留所に路面電車が停止していたが、乗降客がいなかったのでそのまま通過した。

答)×
解説)この場合は、乗降客の有無に関係なく徐行です。


ですが、あるサイトで人がいない場合は安全地帯での徐行の必要がないと書いてありました。
路面電車もなく人が安全地帯にいない場合のみ徐行の必要がないのでしょうか?路面電車があって安全地帯に乗降客がいない場合に徐行ということなのでしょうか?

どのように理解したらいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>路面電車もなく人が安全地帯にいない場合のみ徐行の必要がないのでしょうか?



これで良いのでは(路面電車のない地域に住んでいるのでわすれた・・・)
路面電車がいて、乗降客の姿が見えなくても徐行しなくてはならないのは、見えないところでおりた客が影から出てくる恐れがある為です。
交通法規として考えるのではなく、自分で危険予知して考えてみるとわかりやすいですよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

やはり、路面電車も乗降客もいない場合のみ徐行の必要なしと考えたほうが自然?ですよね(^^)
早々のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/21 11:15

>やはり、路面電車も乗降客もいない場合のみ徐行の必要なしと考えたほうが自然?ですよね(^^)



 ダメですよMyルールで法律を解釈しちゃあ(^^;


 路面電車が停車していてその横に1.5mあるのであれば徐行しなければいけません、無ければ後方で停車です。

http://www.houko.com/00/01/S35/105.HTM#s3.6-2
道路交通法の31条を読んでくださいね。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

>路面電車が停車していてその横に1.5mあるのであれば徐行しなければいけません、無ければ後方で停車です。

これは私も知っています。
ですが問題では、路面電車との間に1.5mあるなどといった事は記載されていません。
私がわからないのは、人がいない場合徐行する必要がないという事を聞いたが、この問題では乗降客はいない。なのになぜ徐行する必要があるかという事です。

補足日時:2006/07/21 13:33
    • good
    • 1
この回答へのお礼

先ほど、教習所の方に確認を取ったトコロno2さんの回答で合っていました。
ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2006/07/21 13:58

道路交通法 第31条



車両は、乗客の乗降のため停車中の路面電車に追いついたときは、当該路面電車の
乗客が乗降を終わり、又は当該路面電車から降りた者で当該車両の前方において
当該路面電車の左側を横断し、若しくは横断しようとしているものがいなくなるまで、
当該路面電車の後方で停止しなければならない。ただし、路面電車に乗降する者の
安全を図るため設けられた安全地帯があるとき、又は当該路面電車に乗降する者が
いない場合において当該路面電車の左側に当該路面電車から1.5メートル以上の間隔を
保つことができるときは、徐行して当該路面電車の左側を通過することができる
    • good
    • 0

教習所的には安全地帯=徐行と思っておけばいいじゃないですか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

教習所的にはそれではよくても、効果測定や学科試験ではその覚えでは通用しないので(^^;)
実際その場面に出くわしたとき、きちんと覚えていなかったばっかりに・・・なんて事にならないためにもきちんと学習しておきたいのです。
車の免許を取るということは、人の命を預かっているようなものですから適当な事はできません。

ご回答ありがとうございました(^^)

お礼日時:2006/07/21 11:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安全地帯とゼブラゾーン

安全地帯とゼブラゾーンの表示の違いがわかりません。
ゼブラゾーンが白の枠に白の車線が入っていて、安全地帯が黄色の枠に車線が入ってるものだと思います。ただ、このURL http://www.kictec.co.jp/hyouji/208/Sekkin.htm に書いているのも安全地帯だと書いてあります。これはゼブラゾーンではないのでしょうか? 違いを教えてください。

Aベストアンサー

 安全地帯は、白線の枠をさらに黄色の線で枠取りしたものです。枠線の内側は表示等はありません。
 質問文にある表示は「安全地帯又は路上障害物に接近」を表す表示であって、これ自体は安全地帯を示すものではありません。「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」の別表第6における207~208の2を参照してください。
 尚、ゼブラゾーンというのは「安全地帯又は路上障害物に接近」と「導流帯」を合わせた俗称です。

http://www.mlit.go.jp/road/sign/kijyun/kukaku/bpkukaku06.html

 又、”黄色の枠に車線(斜線?)が入ってるもの”は「安全地帯」ではなく「立入禁止部分」です(別表第6の106)。

Q路面電車の踏切や交差している道路を通る時・・・2

路面電車の踏切や路面電車のレールと交差している道路を通る時、一旦停止しないと違反になりますか?
左前に信号はあるものの、それはわき道の信号で、本線には信号はないと思います。
本線には、踏み切りの前に白線(停止線!?)のようなものがありますが、ここで一旦停止は必要でしょうか?

Aベストアンサー

この信号機はなに?

Q徐行について

現在、自動車学校に通っている者です。
徐行について分からないことがあるので質問させて頂きます。

例えば30キロ程度スピードが出ている状態で徐行しなければならなくなったときにブレーキを踏んでスピードを10キロ以下に調整すると思うのですが、そのときにブレーキと一緒にクラッチは一緒に踏んだほうがいいのでしょうか?(10キロ以下にするとすぐ止まりそうな気がするのでエンスト防止の為に)。その間にギアはチェンジしないものとします。

この事がよくわからなくて困っています。
どうか分かる方居ましたらご教授していただければありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>その間にギアはチェンジしないものとします。

【当たり前ですよ。減速中にギアーチェンジなどしません。】

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1691006.html)の ANo.10
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2458110.html)の ANo.4
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2324121.html)の ANo.7
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2181755.html)の ANo.8 (マニュアル車運転方法 減速時のシフトダウンなど、絶対にしません。)
続きは、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.19 の下のほうのURL群。&続き(http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?status=select&MT=http%3A%2F%2Foshiete1.goo.ne.jp%2Fqa2849121.html&ct_select=1&ct0=212&ct1=423&ct2=&ac=&tf=all&st=all&c=&mt_opt=a&qatype=qa&sr=date&st%5B%5D=before&st%5B%5D=after)をご覧下さい。



まぁ、前置きはこのくらいで‥。



>例えば30キロ程度スピードが出ている状態で徐行しなければならなくなったときにブレーキを踏んでスピードを10キロ以下に調整すると思うのですが、そのときにブレーキと一緒にクラッチは一緒に踏んだほうがいいのでしょうか?(10キロ以下にするとすぐ止まりそうな気がするのでエンスト防止の為に)。

教習車(どの車種?)によって多少の速度の差はありますが、例えば、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3329394.html)の ANo.8、ANo.9 に出てくるような、アコードやギャランのような一般的な2リッターセダンのマニュアル車でしたら、


エンジンが、1000回転の時の各ギアーの車速は、

1速  9 km/h
2速 15 km/h
3速 22 km/h
4速 28 km/h
5速 35 km/h

ですので、この速度になったら、クラッチを踏んでもよいでしょう。それまでは、クラッチは繋げておくほうがよいでしょう。

そして、

エンジンが、600回転の時の各ギアーの車速は、

1速  6 km/h
2速  9 km/h
3速 14 km/h
4速 17 km/h
5速 21 km/h

ですので、この速度を下回る前に必ずクラッチは完全に切って(クラッチペダルを完全に踏み込んで)おく必要があります。


それだけのことです。

簡単です。


なお、減速したその速度で、「走ろう(アクセルを踏もう)」という場合は、その時点で(減速をやめてブレーキを離した時点で ・ つまり アクセルを踏み込む直前の時点で)、ギアーチェンジをして、その速度にふさわしいギアーに入れ直す必要があります。



>ということは、もし2速で走行中で徐行を作らなければならないときは
>必ず1速に落とす必要があるのですか?

15km/h以下で徐行する場合は、1速にします。
また、15km/h以上であっても、上り坂であったりすれば、1速にします。

また、9km/h付近あるいはそれ以下の速度でしたら、1速でクラッチを繋ぎっぱなしのような運転はしません。アクセル オン オフ で車がガクガクしないように、アクセルオンの時は半クラッチ、アクセルオフの時はクラッチは切る。といった工夫をします。



>2速でも徐行の速度を作ることが出来るのですか?

できますが、上記の通り、アクセルは決して踏まずに惰性でなら 9km/h(アクセル踏まないならクラッチは完全に繋いで良し) まで。
アクセル踏んで加速する場合は、一旦1速にして 15km/hにまで引き上げてから2速にして下さい。



>10キロ以下に落とした際に発進するときはそのまま
>2速で発進してよろしいのでしょうか?

本当に車速が 10km/h以下に落ちている場合には、それは必ず1速に入れ直す必要があります。
2速でアクセルを踏んで良い最低速度は、15km/hです。

このあたりは、速度計からは判断できないと思います。

タコメーターのほうのエンジン回転速度のほうを見て、1000回転(1というところ)を下回るようでしたら、必ずシフトダウンしてからアクセルを踏んで下さい。



☆せっかく自動車学校に通われているのですから、疑問点は今のうちにどしどし教官に聞いて、授業料を有効に使ったほうがよいですよ。

>その間にギアはチェンジしないものとします。

【当たり前ですよ。減速中にギアーチェンジなどしません。】

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1691006.html)の ANo.10
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2458110.html)の ANo.4
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2324121.html)の ANo.7
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2181755.html)の ANo.8 (マニュアル車運転方法 減速時のシフトダウンなど、絶対にしません。)
続きは、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.19 の下のほうのURL群。&...続きを読む

Q横断歩道を猛スピードで進入した自転車が徐行中の車両側面に衝突した事故の責任

朝の通勤途中で自転車と接触事故を起こしました。

事故直後は、自転車の運転者(高校生)は怪我もなく、どこも痛くないと言っていましたが,念のため警察に連絡し家族にも来てもらって病院に行かせました。病院でも特に痛いところはないとのことでその日はレントゲンも撮らず、様子を見ることになりました。

その翌々日、家族から連絡があり、右肩が痛くなったので再度診察を受け、診断書を警察に提出したところ人身扱いになったとのことでした。その日のうちに警察から現場検証をするとの連絡があり、明朝、事故現場で確認が行われることになりました。

事故の現場は、片側1車線の国道と狭い道路が交わる交差点で、車両用の信号はありません。自車は中央線のない狭い道路から国道を横切ろうと交差点に進入、そのとき国道は,右方向に進む車が渋滞して完全に停止しており、左方向へ進む車は全くいませんでしたので、用心して交差点を進みました。
交差点の奥で進行方向の道路の幅の右半分くらいを、渋滞で停止中の車両がふさいでいたので、自車はその車の直ぐ後ろを徐行しながら直進、万一の歩行者の存在を想定し、十分直ぐ止まれるくらいのスピードで鼻先を出していきましたが、もう大丈夫かと思った直後に右方向からかなりのスピードで自転車が衝突してきて,その運転者はボンネットに乗り上げて前方に転落しました。その自転車の接近は車の影で自車からは全く見えませんでした。自転車が視界に入った直後に停車したため、転落した運転者にそれ以上接触はありませんでした。横断歩道には自転車の通行帯はありませんが、歩道自体は自転車通行可となっています。警察に提出された自転車運転者の治療期間については不明です。

自車の損害は右フェンダー、アルミホイル、ボンネット、右ヘッドライト付近に無数のへこみや傷を負い、更にウオッシャー液が大量に漏れました。ディーラーによると右のタイヤハウス付近にウオッシャー液のタンクがあるとのことでした。自転車の方はフロントフォークが内側に変形し、ダウンチューブに干渉してハンドルを切ることができない状態になりましたが、それ以外の箇所には大きな損傷はなさそうでした。運転者は本人が申し出たとおり外傷はありませんでしたが、現在は肩の痛みを訴えているようです。
自転車側の被害は、自転車の新車買換で4万円ほど、それに治療費になると思われます。また、大学入試直前とのことで精神的な不安があるかも知れません。自車の損害は、数十万円に及ぶと思われます。

そこで、教えていただきたいのは、
①このように、渋滞で双方見通しきかない交差点を私は徐行して直進し、自転車は猛スピードで横断歩道に進入して衝突してしまったような場合でも、私の方が加害者となり、免停や高額な罰金などの行政処分が科されるのでしょうか? もしそうなった場合、それはどの程度になるのでしょうか? ②車両の修理費用もこちら側で全て負担しなければならないのでしょうか?(車両保険には加入しています)。
人身となった以上、安全運転義務違反2点は覚悟していますし、ある程度の経済的な負担はやむを得ないと思っていますが,このような場合の法的な責任のとらえ方がよく分かりません。どなたかご経験のある方、教えていただければ幸いです。

朝の通勤途中で自転車と接触事故を起こしました。

事故直後は、自転車の運転者(高校生)は怪我もなく、どこも痛くないと言っていましたが,念のため警察に連絡し家族にも来てもらって病院に行かせました。病院でも特に痛いところはないとのことでその日はレントゲンも撮らず、様子を見ることになりました。

その翌々日、家族から連絡があり、右肩が痛くなったので再度診察を受け、診断書を警察に提出したところ人身扱いになったとのことでした。その日のうちに警察から現場検証をするとの連絡があり、明朝、...続きを読む

Aベストアンサー

まず刑事と民事を分けること。
あなたの証言だと、衝突の瞬間はあなたは停車していたんですよね。
歩道自体が自転車が通行可であっても、自転車が通行可の横断歩道なんてありましたっけ?
自転車は歩行者ではなく軽車両ですよ。
これを含め、警察と保険会社にはそれらのことをありのままに証言することです。
自車が停止していたのなら、それを主張し譲らないこと。
相手の前方不注意であり、衝突の瞬間は自爆事故です。
相手も含めた3者が同時に同じテーブルに着くことはありませんので、相手に気遣うことはない。

相手は、最初は目に見える怪我は無かったんでしょ?
そのくらいの打撲なら全治2週間くらいの診断でしょう。
全治2週間までが軽傷扱いで、3週間以上だと重症扱いになります。
3週間以上にはまずなりません。
最初は全治2週間の診断書が出て、それで治療を続けて、その結果が2週間を超えたとしても、重症の診断に書き換わってあなたへの行政処分が重くなることもありません。
最初に事故の調書を作成したときに、そこにあなたがサインすれば、それで確定です。

立ち会いの際に、警官に聞けば診断書の内容の怪我の程度を教えてくれます。
全治2週間までの軽傷人身なら、行政処分で4点が付きます。
刑事処分、つまり反則金、罰金、禁固の類いはありません。

民事、つまりお互いの賠償ですが、
相手の自転車って、当日買ったばかりの新車ですかね?
4万円といっても、当然のことながら減価償却があります。
つまり、その時点での価格。
5年も使われていればせいぜい1万円ってとこ。
それに両者の過失割合ですね。
7:3くらいなら、この場合に先方に補償される金額は7千円。

自賠責では相手の治療費が全額出ます。
これには過失割合は反映されません。

相手が受験生かどうかは補償に関係無い。
関係するのであれば、万が一受験に失敗したらその責任を事故に言及されかねない。
受験の失敗が、その相手の一生を左右するなんてことになったら何をどう補償します?
受験が目前であれば、普通は自分が注意をするんです。

いいですか?
民事の補償であれば、あなたは一切口を出さないこと。
すべて保険会社に任せることが鉄則。
自分が悪かった、は自分の心に留め置いて、今後の安全運転に活かせばいい。
事故の規模や内容にもよりますが、この程度ならドライに事務的に処理すべき。

先方から補償について問合せがあれば、あなたは答えないでください。
おそらく先方にはあなたの保険会社の事故担当が連絡先を伝え、会社で対応をすることでしょう。
一切を任せるんです。
保険では補償されないからといって、あなたが自腹を切るべきではない。
それをやると、泥沼になりますよ。
あなたが自腹を切るのなら、いちいち保険会社に連絡をして承諾をもらうこと。
保険の対象であるものをあなたが自費で補償してしまう場合は、保険金から減額されますので。
ヘタな行動は自分の保険会社を敵に回しますから。
相手が自転車の補償で4万円を要求しているからと、先の例で不足の3万3千円を自腹切るなら、必ず保険会社に了解をもらうこと。

警察の行政処分についても、民事の補償(過失割合)についても、あなたは自分が正しいと思っている事実だけを伝えればいい。
その先の判断は相手(警察と保険会社)に委ねること。

相手はあなたの車の被害を弁済します。
7:3で、あなたの車の損害が40万円だとすると、相手はあなたに12万円支払うわけですね。
それで自転車などの先方の物損被害との相殺です。
あなたは自賠責だけでなく、任意保険での車両保険にも入っていますか?
保険を使って、翌年度の等級がダウンするなら補償の金額は関係ありませんから、結果で言えば、あなたの過失割合がいくらであっても、あなたが直接負担する金額は変わらない(つまりゼロ)、ってことです。
なので、あとは保険会社に任せること。
相手が過失割合に納得しなくても、それも含めて保険会社に任せてください。
保険会社は過去の判例や支払実績等から過失割合や補償額を算出しています。
それで納得されないのなら、納得(つまり合意)するまでほっときゃいい。
裁判にまで持ち込む事故じゃ無いでしょ。
怪我の補償は全額するし、争点は物損の割合だけでしょうから。

賠償の割合などはドライに事務的に処理すべきですが、人身になった以上は菓子折りを持って、怪我のねぎらいの挨拶はしておいた方がいい。
自分が悪く事故が起きた、などの責任の所在を示す表現は口にしないこと。
「お大事に」
だけ。

できればドライブレコーダー付けることをお勧めします。

まず刑事と民事を分けること。
あなたの証言だと、衝突の瞬間はあなたは停車していたんですよね。
歩道自体が自転車が通行可であっても、自転車が通行可の横断歩道なんてありましたっけ?
自転車は歩行者ではなく軽車両ですよ。
これを含め、警察と保険会社にはそれらのことをありのままに証言することです。
自車が停止していたのなら、それを主張し譲らないこと。
相手の前方不注意であり、衝突の瞬間は自爆事故です。
相手も含めた3者が同時に同じテーブルに着くことはありませんので、相手に気遣うこと...続きを読む

Q踏切で、電車を停止させた場合

知り合いに相談されました。

幅の広い踏切で、車で横断中、警報機が鳴り始め、上りと下りの間で、電車とはぶつからないと
思い、停止していたところ、センサーか何かで、電車がゆっくりと走行してきて、踏切の5~
10メートル手前で停止したそうです。

前後にいた通行人が遮断機をあけてくれ、車は踏切の外にでました。
壊したりはしていません。
電車の運転士さんが電車の外に出たのはみたそうですが、特に何の事情を聞かれる事もなく、
電車は安全を確認したと思われ、走り出しました。

数分間は遮断機がおりている状態だったと思います。

ネットで調べたところ、電車を止めただけでは何も請求されないようですが、
通行人の人の子どもが電車をとめた経験があるらしく、厳重注意されたそうです。

この場合、車のナンバーなどを解析し、文書などが送られてくることはあるのでしょうか?
運転免許の方で、罰金や点数をとられたりなど、家族にまだ話していないので、
どうなるのかと不安だそうです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結果はなにもありません。迷惑をかけたのは当然ですが、遮断機を壊したとかではなかったのでしょう。
若し処罰の対象であれば、身柄は拘束され、車を安全な場所に移動してから取り調べがあるはずです。
悪意で止めたならいざ知らず、不注意で踏切に進入した場合、大目に見てくれることは多いです。
状況から見て、見逃すと言うことではないでしょうか。
でも事故にならなくて良かったですね。 以後、踏切内に入る場合は注意しましょう。

遮断機を交わした場合数万円~若し電車にぶつかって脱線させたりしたら、
何千万円と言う賠償が請求されてもおかしくありませんから気をつけましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報