アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

2×6材をビス止めで組み合わせ、ある家具(抽象的ですみません)を作りました。しかし木材の長さが合わずところどころ木材と木材の間に隙間(5mmくらい)が出来てしまいました。そこでその間を何かで埋めたいと思っているのですが、どのような方法があるでしょうか?アドバイスお願いします。

工具類は持っていないので、もう一度ビスをはずして打ち直すことは出来ません。

A 回答 (8件)

エポキシパテだと硬化後もへこんだりしません


http://www.cemedine.co.jp/product/domestic/putty …
ある程度硬化した時点で整形すると作業が楽です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

木材用もあるのですね、参考にします

お礼日時:2006/07/29 07:47

 ネジですから、工具は締めた時のドライバーで外せます。



 分解して、隙間のできる部分をカンナやノミやヤスリで削って組みなおすほーがいいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。工具は木材を購入したお店で借りたので、手元にないのです。加重があまりかからない部分なので、パテ埋めのほうで検討しようと思います。

お礼日時:2006/07/30 20:02

ビスの種類や長さによって、こういうことがおこりますね。



これは塗装をするのですか?そのままで使うのですか?

この回答への補足

塗装の予定はないですが、何か保護剤のようなものを塗りたいと思っています。今考えているのは柿渋とかオイルフィニッシュとかです

補足日時:2006/07/29 07:40
    • good
    • 0

#3です


パテだけで埋めるのは結構手間がかかります、乾くと引けますので、何回かパテして、引けがなくなるまでやらないと仕上がりが悪くなります。乾くのにも時間がかかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、何回か付け足すみたいにするといいのかな

お礼日時:2006/07/29 07:40

参考程度ですが・・・・


ホームセンターなどで手に入ります
あと、メーカーとしてはコニシにもあります

参考URL:http://www.cemedine.co.jp/product/domestic/putty …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ニスも塗れるというのはいいですね

お礼日時:2006/07/28 21:35

5ミリはでかいので、#1の方の書いてある通りに、


隙間に板やベニアを打ち込み 表側はペーパーなどで均して、パテを埋める、内側は出っ張った部分を切り、木工用ボンドで止める。
白いパテに、タネペン(水性)を入れて色が作れますので塗装してあるなら試してみてください、クリアの場合は木色のパテを使い、水性のクリアで仕上げます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ちなみに全部パテで埋めるというのは無理があるでしょうか。

お礼日時:2006/07/28 18:17

木工ボンドと鋸クズを適当に混ぜ合わせて


塗りつけます。

その後ペーパーで仕上げれば、完成です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、一種のパテみたいになるのでしょうか。参考にします。

お礼日時:2006/07/28 18:11

 強度の掛かる部分ですか?



強度が掛からない部分だったら厚さ5mmの板や木片を打ち込む、木工用パテで埋める、などがあります。

この回答への補足

強度はあまりかからないと思います。

補足日時:2006/07/28 18:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

木工用パテというものがあるのですか。いい方法かもしれません。

お礼日時:2006/07/28 18:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木材と木材の間に使えるコーキング剤は?

日本建築で一部屋だけ応接間なのですが、壁を見ると薄いベニアを一枚貼っただけでそこからすきま風が入ってきます。この隙間を全てふさげば、部屋の温度はかなり上がると思うのですが、一般に売っているコーキング剤でよい物でしょうか?

Aベストアンサー

隙間風を防ぐだけなら、安いシリコーンコーキングで良いです。
防カビ剤入りや茶色や黒色などいろいろあります。
後で塗装をするならウレタンコーキング。
隙間風は部屋を強烈に冷やします。
ふさぐべきと思います。
わずかな隙間なら、隙間コーク(目地コークやジョイントコーク)が便利ですが汚れやすい。
扱いにくいですが木工パテでも良いと思います。

Q木工用接着剤と木工用パテ部のオイル塗装について

木製品の塗装を初めて行いました。クリア塗装などが大変そうなのでウレタン塗装はあきらめて、オイルフィニッシュが簡単そうなので、WATOCOのオイル塗装用の塗料で木部の塗装を行ったのですが、接着剤がついている部分がうまく染まらず色が抜けた状態になってしまいました。(パテ部は色はついたがかなり違う感じ、パテで埋めたのがはっきりわかってしまう。)

オイル塗装をする場合は、接着剤を使用した部分はあきらめるしかないのでしょうか?(きれいなオイル塗装をされているものは、極力接着剤やパテを使わないように最初から作られているのでしょうか?)

接着剤とパテを使わないわけにはいかないので、きれいに塗装するには、例えば最初に水性塗料で着色してからオイルフィニッシュするなどすればきれいに仕上がりますか?

またオイル塗装以外に他に簡単な塗装方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

パテは使わないで埋め木をするべきです。前のリンクをごらん下さい。

吸い込むようなパテはありませんし、どうやったって丸見えです。
工作の時に生じた木屑を埋めてごまかすとかはありえますけれど。
どういう状態でパテが必要なのでしょうか?

オイルフィニッシュはオイルを木にしみ込ませて木の上に塗膜を作らないので一般的な塗装とはかなり違います。(図参照)
顔料の混ざったオイルで色付けを同時にすることはできます。オイルステインの乾性油成分の多い物と考えて良いです。オイルステインでの着色でも接着剤の表面についた所はしみ込まないので同じです。オイルステインは顔料と揮発性の油と乾性油少々を混ぜた物です。orukaさんの言ってる方法はニス塗りならそうかなと思いますがオイル仕上げの場合は無理があると思います。色合わせするより接着剤は除去してしまった方が早いでしょう。オイルを塗って気づいてからでも間に合います。

下地に塗料で色を付けてしまう=塗ってしまうと木肌の上に塗膜ができてしまいます。そうすると接着剤がついて膜を作っているのと同じ状態でそこに油はしみ込まなくなります。ですから水性塗料で塗っておくなどとは考えないことです。
オイルステインや顔料入りのフィニッシュオイルは木の導管にしみ込んでいわば染色するわけです。塗膜に色がついているわけではありません。
Tシャツの表面にシルクスクリーンのプリントでごわごわした物を塗り付けている状態が塗装で、染料で捺染したり後染めしている状態がステインや顔料入りオイルでの着色と考えるとわかりやすいでしょう。染料の場合には糸の繊維に染料がしみ込んで色を出すのです。

濃い色で染色すると木目の本来白っぽい部分が濃く染まってしまってネガポジ反転のようになるのを嫌う人もけっこういます。

塗装は面倒ですがきちんとやれば自分なりにできます。何度かやればこうすればこうなるとわかってきますし。ただ我々素人だとその仕事が終わりの頃になってああこうなんだなってつかめてくるようなことの繰り返しですね。

パテは使わないで埋め木をするべきです。前のリンクをごらん下さい。

吸い込むようなパテはありませんし、どうやったって丸見えです。
工作の時に生じた木屑を埋めてごまかすとかはありえますけれど。
どういう状態でパテが必要なのでしょうか?

オイルフィニッシュはオイルを木にしみ込ませて木の上に塗膜を作らないので一般的な塗装とはかなり違います。(図参照)
顔料の混ざったオイルで色付けを同時にすることはできます。オイルステインの乾性油成分の多い物と考えて良いです。オイルステインでの着色でも...続きを読む

Q穴の開いた、溝の開いた木材の補修

木材にネジを打ったのですが、取り付けるものがうまくいかず、何度もネジを打ったりはずしたりで、穴がバカになってしまいました。

又、敷居のように長い溝が開いた木材をフラットに埋めたいのです。

上記を解決できるパテのような物ってあるのでしょうか?

ネジにいたっては、もう一度そこにネジを打ち込みたいのです


よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

ネジの穴ですが方法としては幾つかありますが簡単な方法は
割り箸の先を鉛筆のようにして、その穴に木工用ボンド又は瞬間接着剤で釘の様に打ち込む接着剤が乾いたらカッターや鋸で切り落とし、キリ等で穴を空けて使う。

敷居のように長い溝が開いた木材の埋め方は
その溝の幅(少々キツメ)×(高さ+1、2mm)×長さの角材を用意します。
木工用ボンドをその溝に薄く塗りつける。
角材をその溝に打ち込む。
乾燥後、かんな、紙ヤスリでフラットにする。

パテ類は乾燥後の収縮を考慮して大目盛りますが、木工用パテは一度に盛ってしまうと乾燥に時間がかかりますので、少量をすこしずつ続ける必要があります。
インテリア用品で売っているパテを使う手もあります。

Q床に取り付けた合板と壁との隙間の埋め方

板間の床に合板を取り付けてその上からCFを付けようと考えています。
しかし床が真四角になっていない為(歪んでいる?)
一方の壁に寄せて合板を敷いたら添付画像(茶:板間 黄:合板)の様に、
壁と合板がピッタリつかずに最大で10mmの隙間ができます。
今、考えているは、隙間をパテで埋めようかと思うのですが、
10mmの隙間は、すこし大きいので、
パテで埋めるよりも良い方法は、
無いものかと悩んでいます。
何か良い方法があれば、教えていただけますか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

通常は合わないです。
ベニヤ板でなくても、直接フローリングを貼る場合にも用いられる方法ですが、原寸に合わせてカットする方法を紹介します。

茶色の部分に1cm幅の短い端材を押し当てます。
その端材の外側に先の尖った鉛筆をあてがいます。
そのまま、スライドさせると黄色いベニア板には黒い鉛筆の線が残ります。

その鉛筆の線に沿ってノコギリで切り取ります。
幅木で誤魔化すのはそのあとです。
もちろん CFも同じ容量で壁に沿って印をつけてカットします。

本来一度ではぴったり合いません。
そこには熟練という言葉があるのですが、何もしないで簡略的なことを考える先に一度お試し下さい。
将来、どこででも応用できる技術の一つです。

このことを教えていただいた大工さんのお陰で、以来50年ほど木工を含め建築関係には自信があります。
早い話、内装屋さんの基本的な技術です。

ただ、その下にある根太の位置は把握しておいてくださいね。
根太を外してしまうと、音鳴りの原因になりますよ(45mmほどの幅がありますので大丈夫ですが・・・)

通常は合わないです。
ベニヤ板でなくても、直接フローリングを貼る場合にも用いられる方法ですが、原寸に合わせてカットする方法を紹介します。

茶色の部分に1cm幅の短い端材を押し当てます。
その端材の外側に先の尖った鉛筆をあてがいます。
そのまま、スライドさせると黄色いベニア板には黒い鉛筆の線が残ります。

その鉛筆の線に沿ってノコギリで切り取ります。
幅木で誤魔化すのはそのあとです。
もちろん CFも同じ容量で壁に沿って印をつけてカットします。

本来一度ではぴったり合いま...続きを読む

Q木工用ボンドで接着した木と木を剥がしたいのですが。

木工用ボンドで接着した木と木を剥がしたいのですが。
以前、本棚の内部の棚として、つけた板を剥がしたいのですが、
何かよい方法、ご存じありませんか??

Aベストアンサー

熱と水分で分解できます。
一番良いのはエスプレッソメーカーみたいな水蒸気をあてることですが、ヤカンの蒸気でもよいですし、蒸しタオルをあててアイロンを上から押し付けるのでも同様の効果が得られます。
接着面が広くて水分がいきわたらないようなら熱だけでもかまいません。触れないくらいまで充分熱した後、油絵やケーキつくりに使用する薄いへらを少しずつ差し込んではがします。

このような作業は楽器の修理ではごく普通に行われる作業です。
下記のページに参考になりそうな動画がありました。

http://odyssey-guitar.sakura.ne.jp/80_WordPress/?p=7228

Q反った板の隙間をきっちり埋める最適な方法に関して

反った合板の隙間を埋めたいのですが、最適な材料を教えていただければ助かります。

場所は、台所流し台下です。
通常は、調味料とかを入れてますが、どうも小さなゴキブリが出てきてよく見たら
隙間がありました。
排水管の周りは、シリコンシーラントで固められてますので問題なしですが、その下に一枚薄い板があり、その板が反ってることで、隙間が生じてます。

下記の画像が、丁度同じような感じの板です。
我が家では現状、薄い合板の四隅をネジで止めてる状態です。
その真中がぷくっと上に膨らんでる感じでの反り方で、隙間を上手く埋めたいのですが。

http://kansei-zosan.co.jp/blog/wp-content/uploads/Image/20120922002_R.jpg

考えてる方法は、下記5通り程度です。
反った板を外して、新しい板に取り換えることは致しません。

① 反った板の真ん中をネジや釘で止める。隙間箇所には、ネジで止める前に板裏側に乾いたら透明になる木工用バンドを塗っとく。ネジを止めてからも、隙間にボンドを塗っとく。

② ねじも釘も打たないで、隙間をシリコンシーラントで埋める。

③ ねじも釘も打たないで、隙間を目地シールで埋める。

④ ねじも釘も打たないで、隙間を木工用ボンドで埋める。

⑤ その他の材料で埋める。

兎に角、目的はゴキブリ対策で、隙間をきっちり埋めること。
特に水がかかる場所ではありません。

反ってる薄い合板を無理やり釘やねじで押さえつけることで、新たな歪みが出来きて
また隙間が出るのではないだろうか?とも思えてきます。

日曜大工好きの方、もしくは、プロの方、このケースの場合はどれがベターでしょうか?
宜しくお願いいたします。

反った合板の隙間を埋めたいのですが、最適な材料を教えていただければ助かります。

場所は、台所流し台下です。
通常は、調味料とかを入れてますが、どうも小さなゴキブリが出てきてよく見たら
隙間がありました。
排水管の周りは、シリコンシーラントで固められてますので問題なしですが、その下に一枚薄い板があり、その板が反ってることで、隙間が生じてます。

下記の画像が、丁度同じような感じの板です。
我が家では現状、薄い合板の四隅をネジで止めてる状態です。
その真中がぷくっと上に膨ら...続きを読む

Aベストアンサー

業務用の両面テープで貼ります。
反りが収まる程度の貼り方です。
位置決めみたいなものかな。
その間にシリコンシーラントを塗っておきます。

Qとの粉 目止めについて

現在、ナラ集成材で家具を製作しております。

そこで、との粉を濃い目で溶き、2回塗りし、
その上にオイルを塗ったところ、
細かいブツブツの導管の埋まりが不十分で、
黒の色が乗ってしまいます。
出来るだけ、このブツブツの所を埋めたいのですが、

(1)それは、目止めが不十分なのでしょうか?
(2)何か良い塗り方などございますでしょうか?
(3)フィラーの方が埋まり具合は良いのでしょうか?
 (素材は科学製品でしょうか?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.キレイに仕上げたいのであればヤスリで磨いてとの粉を塗った面を平らにして、木の穴だけにとの粉が入って塞がった状態にします。

そのまま塗るととの粉の塗りムラのまま仕上がりますから

2.濃度は今の5割ぐらいゆるく(^^;

3.勘です、ふつー二度塗りすれば塞がるという経験から
との粉の濃度によりますけどね

見えない部分とか他の素材で試し塗りしましょう

Q2×4同士を結合するには?

ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

それはさておき、この木材同士を結合する場合、どうするのが一番綺麗に結合できますか?

以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

もしそうならどのくらいの太さのネジ穴を開けるのがいいのでしょうか?
あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあります。

ということで、特定の木ではないんです。

>以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

その時、どんなビスを使ったか分からないのですが、今は、細ビス(スリムビス)というのがあって、割れにくくなっています。 それでも、固い木の場合は、ビスの太さ(この大きさは、メーカーが表示してあるサイズ 例 3.9 × 90)マイナス1ミリ位の下穴をあけると、まず割れないです。 ネジを実際に測るなら、ネジ山を切ってないところの太さマイナス0.2から0.3位かな。(経験的に)

> あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

本当に固い木の場合は、ビスの長さより少し深くです。 しかし、2×4材なら、そこまで必要ないです。 

>10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

これだけあければ、十分すぎると思います。

>それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

私なら、そうします。 下穴をあけるにしても、ビスを打つにしても、木がずれず、簡単だと思います。 ボンドですが、速乾性の木工ボンドでいいのではないでしょうか? 十分だと思います。 質問者様が、どれほどの強度を欲しいかにもよるでしょうが・・。

以上、経験的に書きましたが、参考まで。

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあ...続きを読む

Q切断した木の切り口を真っ直ぐにするには?

木の板を切断してちょっとした台を作ろうとしています。

切断した板の切り口を鉋で真っ直ぐにしようとしたのですが、
どうもうまくいきません。
切断面を下にして立ててもやはり垂直に立たず、倒れてしまいます。
なんとか不安定ながら自立できる状態に持っていっても垂直にはたってくれません。
そんな調子でかなり長時間粘ってみたのですが、全くうまくいきません・・・。
今は家の柱を奇跡の産物のように見ています・・・。

私が初心者なので、アドバイスをもらってもいきなり完璧にできるとは思いませんが、
何かコツ等があれば教えてもらえませんか?
言葉で説明するは本当に大変だと思うので、恐縮ですが。

Aベストアンサー

素人の場合、手カンナで修正するのは無理に近いのであきらめましょう。
特に必要な部材が一つではなく複数あり、長さもそろえなければならない場合には、困難を極めます。

一番良いのは切断時に、きちんと垂直を出すことです。失敗したらやり直しです。
で、一番正確に切断できるのは、テーブルソーなのですが、非常に危険だし場所もとるもの(簡易的な丸鋸スタンドは精度が出ません)なので、次に使える道具としてはスライド丸鋸です。
何度か試し切りして90度を出しておけば何回でも正確に切断できます。
柱状のものだと卓上丸ノコがよく使われます。

ただスライド/卓上丸鋸もない、あるいは木材の幅が広くてスライド/卓上丸鋸では切断できないものになると、電動丸鋸+ジグで切断することになります。

ジグは用途に合わせて色々工夫して自作します。
また、切断時には必要以上に力を入れず、丸鋸は安物ではなく造作用のもので精度が出るものを使います(安物はフレームがたわみやすく垂直が出しにくいです)。

技量がない分は道具でカバーするというわけです。

後からの修正ですが、電動カンナ、ルーターなどで修正できなくはありません。
ただこれらも勿論工夫したジグを使います。

残念ながら図を見せられないので、どういうジグを使うのかが説明困難なのですが....

素人の場合、手カンナで修正するのは無理に近いのであきらめましょう。
特に必要な部材が一つではなく複数あり、長さもそろえなければならない場合には、困難を極めます。

一番良いのは切断時に、きちんと垂直を出すことです。失敗したらやり直しです。
で、一番正確に切断できるのは、テーブルソーなのですが、非常に危険だし場所もとるもの(簡易的な丸鋸スタンドは精度が出ません)なので、次に使える道具としてはスライド丸鋸です。
何度か試し切りして90度を出しておけば何回でも正確に切断できます...続きを読む

Qテーブル塗装(オイルステン)後のニスについて

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょうか?
塗らなければ、使用しているうちに塗装が溶けて(暑い部屋に置いていたり)しまう、等になる可能性があるのでしょうか。
また、塗らなければならなくて、下記のような仕上がりにしたいのなら、どのような種類のニス?を使用すれば良いでしょうか?


仕上がりの質感的には、有名な所でtruck furniture(メーカー。使用している木の種類は、自分のとは大きく違うので無理があるかもしれませんがw)のような、あまりテカテカしていない、塗っているか塗っていないか分からないぐらいの木目がしっかり出たような自然な仕上がりにしたいのですが。
自分が使っている木材はカラーボード(芯材=パーティクルボード)です。


お手数ですが、ご返答宜しくお願いします。

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

使った塗料にもよるのですが、一般的にはステインだけだと塗料が固定しにくいので、例えば
椅子やテーブルなら着衣に色写りしたりすることがあります。
また水濡れやアルコール(酒とか)で退色、ムラになる可能性もありますね。

一般的には上塗りした方が塗装としては強固です。

かといってニスをそのまま塗ったら塗膜でテカテカになって、木の風合いが消えてしまいますね。
私もあまりそういう仕上げはスキじゃないです^^

私の場合、上塗りでよく使うのは蜜蝋ワックス、ワシンオイルとかですね。
施工も簡単ですし、風合いもよく残るのでオススメです。

蜜蝋ワックスはたまに上塗りして磨くと、深いツヤが蘇りますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報