現在サブマシンに富士通のFMV SV-237を使用しています。
サブですがいろいろしているうちに非力を感じるようになりCPUが交換できないかと探していると「Bステップ」や「Cステップ」などあることに気づきました。これって何者なのでしょう?「カッパーマイン」や「テュアライン」などと同じようなものなのでしょうか?基本中の基本だとは思うのですがご回答のほど宜しくお願い致します。
因みに、FMVはPen2-233MHz(スロット1)、チップセットはIntel 440LX AGPsetなのですが、CPUをセレロンやPen3と入れ替えるだけで動くものなのですか。それとも、OSからの再インストールが必要になるのでしょうか?最初の質問のステップは何が適用されるのか、またどれくらいの周波数まで使えるものなのか?
たくさんの質問を一度に書いてしまいましたが、アドバイスのほど宜しくお願い致します。

A 回答 (1件)

>「Bステップ」や「Cステップ」・・・



これはコアのステッピングIDです。
カッパーマインで使われていて
Bステップ(B0コア)はVcore電圧が1.5V~1.65V
Cステップ(C0コア)はVcore電圧が1.7V
Dステップ(D0コア)はVcore電圧が1.75Vとなっています。
Vcore電圧が高くなるほど耐性が上がっていると言われています。

インテルの場合、Bステップと言うのはチップにも使われており、
815Bステップの場合はテュラティン対応となっています。

OSの再インストールはCPU交換だけでは必要ありません。

>チップセットはIntel 440LX AGPsetなのですが・・

LXはFSB66までなのでもし載せても動作クロックは下がるでしょう。
以前、私が回答した物が過去ログにありますので参考にしてみてください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=219286
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
過去ログも拝見させていただきました。
CPUの交換はやめておきます。あまり意味がないように感じました。

お礼日時:2002/03/07 23:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング