出産前後の痔にはご注意!

VisialBasicのステップ数は、一般にどのようにしたら計れるのでしょうか。

A 回答 (2件)

こんにちは。

maruru01です。

行数カウントのフリーソフトはたくさんあるので、ベクターなどでDLしてはどうですか。
私は、「ProgramLine」というソフトを使っています。
では。

ベクター
http://www.vector.co.jp/
ProgramLine
http://www.vector.co.jp/soft/win95/prog/se216870 …

この回答への補足

早速のご回答、ありがとうございました。
ちなみに、修正前後のソースを比較して変更した部分だけのステップ数を出したりもできるのでしょうか?

補足日時:2002/06/05 17:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
さっそく使ってます(^-^ )

お礼日時:2002/06/18 15:30

Vectorに「ソースくらべ」というのがあります。



参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/prog/se211427 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ダウンロードして使います。
こういうのってフリーでいろいろ揃えられるものなんですね。勉強になりました。

お礼日時:2002/06/18 15:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qfrxファイルの役目

VB6の開発環境で、拡張子がfrxというVisual Basic Form Binary Fileが出来ますが、何に使われるのですか?
2台のPCで同じプロジェクトの開発をしている際、frmファイルだけをコピーすると、VBでファイルを開く時エラーになることがあります。
frxファイルも同時にコピーする必要があるのでしょうか?
2台のPCのOSは、Win2000とWinXP ProSP2で、XPから2000へコピーした際は問題なく、2000からXPへコピーした際のみ、上記の問題が発生します。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ほげ.frm」
「ほげ.frx」
があったとします。

「ほげ.frm」をテキストエディタで開いてみてください。
どこかに「ほげ.frx」の記述が存在していたら、その「ほげ.frm」は「ほげ.frx」を必要とします。

主に、拡張コントロールのプロパティ情報が記載されています。
W2K←→XPsp2
のコピーに関しては、本来どちらもいけると思うのですが、、、
VBのサービスパックや、何かの拡張コントロールのサービスパックが異なっていたりしませんか?

QMAX値を条件にデータを取得するには?

SQL文で困っています。
ご教授下さい。


下記のようなデータがあった場合、それぞれの区分毎に
年月が最大(最新)のデータを取得したいです。
(実際には1レコードにその他項目があり、それらも取得します。)
<検索対象データ>
区分 年月   金額
-----------------------------
A   200412  600
A   200503  560
B   200311  600
B   200508  1000
B   200504  560
C   200508  400
C   200301  1100


<取得したいデータ>

区分 年月   金額
-----------------------------
A   200503  560
B   200508  1000
C   200508  400

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テーブル名をXXXとすると次のようなSQLでよいと思います。(最善の方法かどうかは自信がないですが)

select B.* from (select 区分, max(年月) as 年月 from XXX group by 区分) As A
inner join XXX as B on A.区分 = B.区分 and A.年月 = B.年月
order by B.区分

QEXCEL VBAで計算値を四捨五入、切り上げ、切捨てする方法

ネットで探してみたのですが、計算結果を四捨五入して特定のセルを
返すにはどうしたらいいのでしょうか?

Sub hokangosa()

Dim ZPS As Double
Dim ZPOS As Double
Dim DMN As Double
MsgBox (" >>> 補間誤差自動計算 <<< ")
MsgBox (" >>> 初期値入力します <<< ")
ZPS = InputBox(">>> ステップを入力してください<<<")
ZPOS = Sheet1.Cells(22, 4).Value
DMN = ZPOS / ZPS
Sheet1.Cells(23, 6).Value = DMN
End Sub

ここでDMNの値を四捨五入したいです。

またこれとは別に切上げ、切捨ても教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

DMN = Application.WorksheetFunction.Round(ZPOS / ZPS, 0)
で、四捨五入
DMN = Application.RoundDown(ZPOS / ZPS, 0)
で切り捨て
DMN = Application.RoundUp(ZPOS / ZPS, 0)
で切り上げです。

引数で、対象桁を変更できます。

Q定数配列の書き方

VB6で定数を定義する場合は次の通りです。

  Const strTest As String = "TEST"

では、定数配列を定義する場合はどのように書けばいいのでしょう?

  Const astrTest() As String = Array("A", "B", "C")      '→NG
  Const astrTest(0 To 2) As String = Array("A", "B", "C")  '→NG

いろいろな書き方を試して見たのですが、上記のような書き方でも文法的にエラーになるようです。

どのように書けばいいのでしょうか?

それとも定数を配列で定義するのは無理なんでしょうか?

Aベストアンサー

残念ですが、VBでご希望のことをすることはできません。

Q別のシートから値を取得するとき

Worksheets("シート名").Activate
上記のを行ってから別シートの値を取得するのですが、
この処理を行うと指定したシートへ強制的にとんでしまいます。。。

※イメージ
For ~ To ~
  Worksheets("シートA").Activate
  シートAの値取得
       :
  Worksheets("シートB").Activate
  シートBの値取得
Next

このイメージ処理を行うとものすごい勢いで画面がチカチカします。。。
シートを変えずに他のシートから値を取得する方法はないのでしょうか。
教えてください!

Aベストアンサー

Worksheets("シートA").Range("A1")

みたいな感じでできませんか?

Qエクセル VBA セルの個数を所得する

いつも皆様には大変お世話になっております。

早速の質問ですが、

    A    B     C     D     E
1
2       123
3       123
4       123
5       123
6
7       123
とエクセルのセルがなっている場合の
上のB2から下のB7までのセルの個数を所得したいのです
B8以降にも数字が入る場合があるのと間に空白が入る場合があるので
困っています。
B2のセルは固定となっているのでB2からの判別で問題ない状況です。
どうぞ皆様お知恵をお借りしたく思っておりますのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問が非常に不明確なのですが・・・

所得?取得ですよね?

単にB2:B7のセルの個数をVBAで取得するなら
MsgBox Range("B2:B7").Count

B2:B7の空白でないセルの個数なら
MsgBox Application.CountA(Range("B2:B7"))

B7まででなくB2からB列のデータがある最後までのセル個数なら
MsgBox Range("B2:B" & Cells(Rows.Count, "B").End(xlUp).Row).Count

B2からB列のデータがある最後までの空白でないセル個数なら
MsgBox Application.CountA(Range("B2:B" & Cells(Rows.Count, "B").End(xlUp).Row))

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

Q和暦が平成の次になったら…?

VB6で、Format(Now, "ggg e年m月d日") などで和暦が取得できたかと思いますが、
平成が終わり新しい元号になった場合、VBランタイムを更新することになるのですか?

それはVBソフトの開発者 や ソフト使用者が共にサービスパックのバージョン
をあげなければならないですよね!?

それとも、VBと言えど、OSの機能を使って和暦表示をしていて、Windows Updateで
最新の状態にあるパソコンを使っている限りは、他には更新する必要はないのでしょうか?

(具体的に、どのモジュールが和暦を判定しているのか?を教えて頂ければ、すっきりする
かも知れません)

Aベストアンサー

えーと、そもそもVB6はもう更新されないでしょう。
とうの昔にサポート切れているので。

という前提はさておき、Win32APIの中に日付取得の関数があってそこのフォーマット文字列が同じようになっているところからして、VBのFormat関数はこのAPIを経由してOSの機能を利用している可能性が高いとは言えそうです。
http://www.crimson-systems.com/tips/t065c.htm

QExcelVBAを使って、値がある場合は作業を繰り返し実行するプログラムを作成したい。

以下のようなプログラムをVBAで作成したいと考えています。

A1のセルに値があれば、その値をB1に返す。
次にA2のセルに値があれば、その値をB2に返す。
A行に値がある一番下のセルまで同じようなことをさせたいと考えています。

VBAは初心者です。
どなかた宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#2さんと似たものですが・・・・参考にしてください。

Sub test001()
Dim i As Long
i = 1
Do While Cells(i, 1) <> ""
Cells(i, 2) = Cells(i, 1)
i = i + 1
Loop
End Sub

QExel VBA 別ブックから該当データを検索し、必要なデータを取得する方法について

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数ではなく、マクロで処理を希望します。

自分では、部品表の商品番号をコピーして、コード一覧表で検索し、検索結果の右隣のセル(B列のコード)の値を部品表のC列に貼り付ければよいかと思い、書いてみたんですが…

Sub 別ブックから貼り付ける()
  Dim 検索する As Long
Windows("部品表.xls").Activate
検索する = cells(i,2).Value
Windows("コード一覧表.xls").Activate
ActiveWindow.SmallScroll Down:=-3
Selection.AutoFilter Field:=3, Criteria1:="=検索する", Operator:= xlAnd

と、してみたものの、検索しても、その検索結果の隣のセルのコードをどうやって取得すればいいのかが、わかりませんでした。

基本事項は本で学びましたが、呪文のようなコードはよく理解できません。懸命にネットで検索して、訳して理解する努力をしてはいますが。

どうぞよろしくお願いします。

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks.Open("C:\★★\コード一覧表.xls") '★要変更★
 I = 2
 Do While Range("A" & I).Value <> ""
  ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("C" & I).Value = Application.VLookup(ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("B" & I).Value, xlBook.Worksheets("Sheet1").Range("A2:B65535"), 2, 0)
  I = I + 1
 Loop
 xlBook.Close
 Application.ScreenUpdating = True
 MsgBox ("完了")
End Sub

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks....続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング