とある粉末状の食器用洗剤(製造元から直送してもらっています)を使っていますが、この洗剤は市販のコンパクト洗剤に比べて、環境への負荷はどのようなものでしょうか?この洗剤と併用して、よくあるヤシから作った自然派の液体洗剤(下記成分参照)も使っていますが、それとの比較も知りたいです。

粉末の食器用洗剤の液性:弱アルカリ性
粉末の食器用洗剤の成分:界面活性剤(オレイン酸メチルウレート7%)、リン酸塩(P2O5として17%)、炭酸塩、硫酸塩、ケイ酸塩、酵素配合

コンパクト洗剤の成分:?(手元にないのでよくわかりません)

ヤシから作った自然派液体洗剤の液性:中性
ヤシから作った自然派液体洗剤の成分:界面活性剤(16%、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、脂肪酸アルカノールアミド)

このリン酸塩を使った粉末の洗剤、あまりに良く落ちるので便利で使っているのですが、逆に環境に悪いのじゃないかという不安を持ってしまいました。ヤシから作った洗剤よりは環境に悪いでしょうが、市販のコンパクト洗剤よりも圧倒的に環境に悪いのなら考え直そうかと思っています。どうぞよろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

環境への負荷をどのような観点からかにもよるのですが、リンの富栄養化に対しての配慮であれば、リン酸塩の含まれていないものをご使用になればよいと思います。



それ以上にトータルで環境への負荷をお考えになるのでしたら、いわゆる合成洗剤より石鹸をご使用になることをお薦めいたします。

今回比較に出されている洗剤の成分である界面活性剤はすべていわゆる合成洗剤です。石鹸に比べてその毒性が問題視されています。私も石鹸から合成洗剤に代わる過程で、自然生態系への悪影響、自浄作用の低下があったのではないのかと関心をもっているところです。

粉末の洗剤のリン酸塩以下は、界面活性剤の働きを補助する成分です。これらがなければ、その界面活性剤の働きそのものが弱くなるということです。
コンパクト洗剤は各メーカでさまざまな合成界面活性剤を組み合わせていますので、一つ一つ検証しなくては比較のしようがないと思われます。合成界面活性剤は、新しいものが常に開発されていると思います。その安全性についての検証はどうしても後手になるのがこれまでも経緯だと認識しています。

最後に、「やしから作った自然派」とおっしゃっていますが、原料がやしからとった油脂であると言うだけです。自然のものを使っていると言うイメージだけです。工業生産に供給できるだけの量を天然やしだけでまかないきれると思われますか。やし畑を作るために多くの森林が切り開かれました。やし油が使われるまでは、食肉産業から出てきた動物性油脂が使われていました。すなわち、やしの実洗剤とは、森林を切り崩し、これまで資源として使われていた動物性油脂を産業廃棄物に変える役割を果たしているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「環境」と一言でくくり切れない難しい問題なのですね。

これから買うときには、合成洗剤であるかどうかを確かめてから買おうと思います。ヤシから作ったものは(私個人でですが)手が荒れないので漠然と自然にもやさしいのかと思っていました(実際ラベルにも「手肌と地球のために」と書いてあるのです)。

回答を参考にさせていただいて、手の荒れ・使いやすさ・環境への配慮をトータルで考えて選んでいこうと思います。大変勉強になりました。

お礼日時:2002/03/11 20:12

現在の下水処理技術では.燐を除くことができません。


SS1、n1/50、p1/200が減らすことのできる分量の目安。

珪酸(泥)はまったく除去できません。
したがって.燐負荷が高い環境に悪影響を及ぼしやすい潜在であろうと見当はつきますが.
さて.主成分の界面活性剤の環境負荷は.どう考えて良いかわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

リン酸やケイ酸のことについて全く知らない素人なので、回答を参考にいろんなWEBページをみてみました。リン酸やケイ酸は「生物にとって必要だけど、多すぎると環境バランスを崩す」といったものなのですね。肥料にも使われてますもんね!

素人からすると成分表示は何がなんだか見当もつかないものなので…。結局「環境にやさしい」とか「自然派」とかのうたい文句を信じるしかないのかなーと言う感じで嫌なんです。そのリン酸塩使用の洗剤は「業務用!」といった外見のため、そういったうたい文句がラベルに何も書いてないんです。

もうちょっと調べてみようと思います。

お礼日時:2002/03/10 12:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卵の消費期限について

生卵は消費期限を見るとだいたい2~3週間くらい持ちます。
しかし、ゆで卵になると消費期限は2、3日になってしまいます。
同じ卵なのに何故消費期限に変化が起こるのでしょうか?

Aベストアンサー

 生卵は生きている状態です。この状態であれば抗菌作用も働きもちますが、ゆでることにより、卵の殻で守られていた部分が破損し雑菌が入りやすい状態になります。 その為、消費期限が短くなるのです。
 生卵の中の薄い皮は傷の治療にも使えると聞いたことが有りますよ。

Q普段使う食器あらう用の洗剤について

普段使う食器あらう用の洗剤について

お尋ねします。

最近は環境によい、水質汚濁につながらない食器洗い洗剤は開発されているんでしょうか。

URLとか本とか貼っていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

日本国内では70~80年代の様な、泡立ったどぶ川も最近では見かけなくなりました。

BOD(生物化学的酸素要求量)が高いと水質汚染と言う認識だと
せっけん=環境にやさしい の図式が成り立たないようです。

参考URL

http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/SoapOrDet.htm

http://allabout.co.jp/gm/gc/50985/

Q果物の消費期限について

果物の消費期限はどのくらいですか。消費期限を知る方法を教えてください。

Aベストアンサー

果物の種類や季節、保存状態によって変化しますよ。
まあ、最後は五感を働かせる事になりますが・・・。

果皮が痛むとか柔らかくなる。
などの時は末期なので、食べられるものであればすぐに食べるか処分してください。

Q石油系界面活性剤と天然系(動植物)界面活性剤の分解力の違い

石油系界面活性剤と天然系(動植物)界面活性剤の分解力や毒性を比べると、石油系の方が強いのでしょうか?

又、石鹸は天然系に属するのでしょうか?合成洗剤の本を読んで頭がこんがらかってきました。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的に言えば、合成界面活性剤のほうが天然系の界面活性剤より毒性が高いため、微生物による分解を受けくくなります。
石鹸などの天然系の界面活性剤は、高級アルコール系ナトリウム塩です。これは微生物による分解はされやすいのですが、カルシウムなどを多く含む硬水などに溶けにくい欠点があります。このため合成洗剤(界面活性剤)が開発されてきました。
合成洗剤では、アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムのように硬水でも良く溶けて界面活性剤の働きを保ちます。しかしながら分子構造の中にベンゼン環やスルホン基などのように、生物にとって好ましからざる構造が含まれるため、毒性が高くなります。
また、石鹸は高級脂肪酸ナトリウム塩のことであり、天然油脂原料(ヤシ油,パーム油など)を使用したものです。
ただし合成石鹸は異なります。

参考URL:http://www.ecosci.jp/sa/sa2.html

Qアイスクリームの消費期限について

冷凍庫の中にかなり前に買い置きしてあった、アイスクリームが…
食べようとして念の為消費期限を確かめようとしましたが、どこにも記載がありません。
疑問に思って、店頭のアイスクリームもみてみましたが、消費期限の記載が見あたりません。
アイスクリームの消費期限はどうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

はい、アイスクリームには消費期限(安全に食べれる期限)も賞味期限(美味しく食べれる期限)もありません。

Q最近、日本でヤシの木が植えられているのに気づきました。

最近、日本でヤシの木が植えられているのに気づきました。
子供のころ日本にはヤシの木はなくて、南の島のヤシの木を見たいと思っていました。
いつからヤシの木が日本で植えられたのでしょうか。

Aベストアンサー

そもそも椰子は国内で自生している地域があるようです。
つまり、外来ではないということですね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%B7

Q消費期限が一時間過ぎたサンドイッチ

今日の午前11時に、サンドイッチをスーパーで買いました。
それを12時過ぎに食べたんですけど、消費期限一時間過ぎたサンドイッチでも、みなさんは食べますか?

2ヶ月前に、消費期限の2日過ぎた菓子パンを子どもと半分ずつ食べて、あたしは下痢、子どもは嘔吐と下痢になりました。なので、消費期限には敏感になっています。
今回も食べながら気になったので消費期限を見たら、5月18日の午前11時になっていました。
子どもは半分食べてたので、すぐ取り上げました。

あたしも買う時しっかり見ずに買わなかったのは反省しましたが、スーパーも消費期限の切れる時間になった物を売り場に置いとくのもおかしいですよね?

あたしが神経質になりすぎて考えすぎなのかもしれませんが、みなさんなら一時間ぐらいならって気にせず食べますか?

Aベストアンサー

数時間なんてどうでも良い。・・どうせ当てにならない。
 定められた保存方法で開封せずに保存した場合の安全を保証する期間。通常は予測される期間の半分以下を目安にして付けることが多いようです。

>2ヶ月前に、消費期限の2日過ぎた菓子パンを子どもと半分ずつ食べて、あたしは下痢、子どもは嘔吐と下痢になりました。
 そうやって、鍛えられていくのですよ。それをせずに温室育ちにしてたら、アトピーとかアレルギーとか・・・大きなしっぺ返しが来る。
 もっとおおらかに、笑って過ごすようにしないと疲れます。
  食べたら、痛んでたようで酸っぱかった・・・ハハハっで済む物です。
酢豆腐( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%A2%E8%B1%86%E8%85%90#.E9.85.A2.E8.B1.86.E8.85.90.EF.BC.88.E6.B1.9F.E6.88.B8.EF.BC.89 )

Q界面活性剤について

非イオン界面活性剤のAEについて
インターネットで検索すると、AE=POE-Rという様に書かれていますが、まったく同じものでしょうか?
お手数おかけいたしますが、教えていただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんにちは

AEは多分アルキルエトキシレートのことだと思います。
POE-Rはポリオキシエチレンアルキルエーテルのことだと思います。
どちらも同じ構造をしています。

 HO-CH2-CH2-O-CH2-CH2-O-・・・・-O-R
 このなかの -CH2-CH2- がエチレン、-O- がオキシ、-R がアルキルです。

おおきな意味で言えば同じ物ですが、詳しく見ると全部違うものとも言えます。それはエチレンの数によって分子量や性質が変わりますし、アルキルが何かによっても性質が変わるからです。akitomanさんのおっしゃっている範囲では同じ物と考えていいんじゃないかと思います。

蛇足ながら、「違うもの」と見る場合を簡単に説明できるかどうか...
ライオンや花王などのメーカーで作っているPOE系の界面活性剤の製品種別はエチレンの数やアルキルの種類で分けられています。また、ひとつの製品の中でもエチレンの数にはばらつきがあって「この製品はEOが20個程度でアルキルはラウリルアルコールです」などと表現しますが、実際に分析するとEOは2~3個から30個近くまで幅広かったり、アルキルの付いてない物があったりと様々です。

ここで使うアルキルは炭素数が12~24程度の直鎖アルコールのことが多いです。直鎖が使われるのは環境に配慮して分解性が分岐したものよりも高いからです。また、ヤシ油や牛脂をアルキル原料にしたものも多くあります。

こんにちは

AEは多分アルキルエトキシレートのことだと思います。
POE-Rはポリオキシエチレンアルキルエーテルのことだと思います。
どちらも同じ構造をしています。

 HO-CH2-CH2-O-CH2-CH2-O-・・・・-O-R
 このなかの -CH2-CH2- がエチレン、-O- がオキシ、-R がアルキルです。

おおきな意味で言えば同じ物ですが、詳しく見ると全部違うものとも言えます。それはエチレンの数によって分子量や性質が変わりますし、アルキルが何かによっても性質が変わるからです。akitomanさんのおっしゃっている...続きを読む

Qコンビニ、ファミマで明日食べるサンドイッチを買ったら消費期限が午前4時でした、 どれくらい消費期限を

コンビニ、ファミマで明日食べるサンドイッチを買ったら消費期限が午前4時でした、
どれくらい消費期限を過ぎてもたべますか?

Aベストアンサー

購入してから食べるまでの間が常温保管なのか?ずっと冷蔵保管なのか?
そう言う状況次第ですが

好条件なら個人的には半日程度は完全に許容範囲です
お昼に食べるなら充分アリ
夕食に食べるなら、充分に確認してから多分アリ

常温なら、昼の時点で充分に確認する <ー今の時期かなり気温が高いからね

Q有用微生物群 EMは界面活性剤を分解出来ますか?

合成洗剤に含まれる界面活性剤は浄化槽の活性汚泥法では分解されず、そのまま河川に放流され魚が住めない環境にしてしまっている現状があります。
EMは鉱物油も分解してしまうと比嘉輝夫の緊急提言で知りましたが、界面活性剤の分解は出来るでしょうか?

EMに詳しい方、よろしくお願いします。
また、実験方法や、それを紹介している文献、サイトなど御座いましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

「EM菌」は最近使われるようになった言葉なので知りません。
微生物による界面活性剤の分解のうち、ABS(アルキルベンゼンスルホン酸)系界面活性剤の直さ部分は、脂肪酸代謝経路
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8
のうちのα酸化受け、末端側から1個づつ切断され、短さのベンゼンスルホン酸が残ります。
かなりの貧栄養下でないとα酸化が観察されません。
現在は使用されていませんがハード型のABSでは、ターシャルブチル基((CH3)3C- 基)等の側鎖の有る炭素の部分で生物分解が止まります。

ポリオキシエチレン基についての知識はありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報