標準のものに何かを少し加えることを、「プラスアルファ」と言いますが、これは英語としては通じないそうです。では、この表現はいったいどこから来ているものなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 


  これは日常的によく使う表現なのですが、野球から来たという話、特に、xをαと見誤ったというのは、どこに根拠があるのかというと、どうもよく分からないです。「有名な話」と言っても、検索で色々調べる限り、「らしい」という言い方ばかりで、確信を持って、そう書いてあるページはないのですし、紋切り型の説明しかありません。
 
  どうも呉智英が、そんなことを本に書いているようで、そこからみなさま「引用」しているふしがあります。以下URL参照:
  >サッカー日誌1999-2000/vol.30
  >http://www.kt.rim.or.jp/~h_okada/fb46.html
 
  しかし、原文で、どれだけ説得力あることが記されていたのか、何か実証的な根拠があってそう言っていたのか、例えば、上のURLのページでは、こう記しています:
 
  >呉智英センセイによれば、「プラス・アルファ」は「プラスx」の読み違えから生じたものなんだそうな。
 
  これは、客観的にそうだという根拠を示されて、納得した書き方には思えません。「呉智英が、こんなことを言っており、それに従えば……」という風に読め、そう言っているというだけで、納得しているように思えません。すると、元の根拠は、何かの推理の類で、歴史的に根拠ある事実を提示して、そういうことが主張されていたのではないのではないかという推測になります。
 
  アメリカの野球で、「x」のマークを書いていたのかどうか分かりませんが、これは書いていた可能性が高いです(分かりません、というのは、調べてみましたが、捜すことができなかったのです)。
 
  他方、日本の野球では、「A」と書いていたとされています。これは、複数のページで確信的に言っていますから、多分、事実なのでしょう。それが、最近は、「x」に変わったのか、それは知りませんが、とまれ、「A」と書いていたというのは確かなようです。
 
  この「A」が、多分アメリカの「x」の筆記体が「α」に似ていたので、「α」と勘違いして、「a」→「A」となったというのが、No.1 の方の言われている、あるいは参照されているページの主張なのですが、これは、どうもおかしいのではないかと思います。
 
  「α」の筆記体を、「x」の筆記体と見間違うということはあると思います。しかし、その逆は難しいと思います。普通、ギリシア文字の「α」は、あまり一般人には馴染みのないものだからです。日本人でもそうでしょう。アメリカの野球を見に行った日本人が、「x」の筆記体を「α」と見間違えたというのは、およそ考えにくいことです。
 
  日本で「A」と書いていたというのは事実のようですから、これは何故かを考えた方がよいでしょう。もし「x」の見間違いで「α」なら、「α」と書くか、または「a」と書くはずだからです。大文字になるというのもおかしいです。
 
  野球だと「5x-4」または「5A-4」と書くようです。この後の昔の「A」は、これを見ると、自然に思うのは、Aceの「A」でしょうし、Bに対しAの意味で、こちらが「優勝・一番」の意味だと思うのが自然だと思います。
 
  また、「プラス・エックス」というのは、「プラス・アルファ」とはニュアンスが違います。「プラス・エックス」は、「X」は「未知数・未知のもの」の意味で、「プラスX」は、何が加わるか分からないのです。加わるものが、よいものか、悪いものか、どちらの場合も、「プラスX」のはずです。寧ろ、未知故に、不気味さとか、ネガティヴなニュアンスがあります。しかし、「プラスアルファ」の場合、普通、「より良いプラス」です。更に何か付け加わるのですが、悪い場合もありますが、大体、よい意味で、「更にそれ以上」の意味のような感じです。
 
  「プラスX」と「プラスアルファ」は日本語としても意味・ニュアンスが違っているというべきです。プラスXのXは何が加わるか分からないに対し、アルファは大体、得なことの場合が多いように思います。
 
  野球の「x」は、「プラスx」の意味で付けているかどうか、あやしいです。無論、確認できませんが、「試合終了」とか「こちらが勝ち」の意味のような感じがします。
 
  それは、日本で、「5A-4」としていた時の「A」が、こちらが「勝ち」、こちらが「A」の意味に通じると思います。
 
  日本語で、「プラス・ワン」という言い方があります。これも、どうも調べましたが、英語で、plus one とは言わないようです。また、「プラスワン」は、もう一つ付け加えるという意味以外に、「更にプラス」という感じで、「プラスアルファ」と似たような意味になります。ポジティヴであるのも同様です。ネガティヴの場合は、「マイナス・ワン」というでしょう。
 
  「プラスワン」は、一つ加わるという意味以外に、「特定したプラスがある」という意味で、「プラスアルファ」は、「不特定の、何か分からないがプラスがある」という使い分けではないでしょうか。
 
  野球と関係なく、日本で「アルファ」は、機械や装置の名前に付けるようですが、この用法は、Alpha Romeo 社というイタリアの会社があり、この alpha は、会社の元々の名前の頭文字から作ったのですが、確か alpha でなかったはずです。つまり、似ているので、alpha にしたので、alpha は、「ナンバーワン」の意味を英語などでは持っています。
 
  推定ですが、「アルファを付ける」というので、「現状の格上げ」ということを意味させたのではなかとも思います。「プラス・ワン」と、どちらが先か分かりませんが、対で考えると、英語的には、「プラス・ワン」も「プラス・アルファ」も似た感じですが、日本語の語感だと、「プラス・ワン」が「一つ加える」なら、「最高を加える」=「プラス・アルファ」という発想だたのかも知れません。
 
  また、確認できませんが、英語で、「plus A」というのがあるかも知れません。これを、「プラスA」と書いていて、読む時、「プラス・エー」では面白くないので、「A」を alpha とも英語でも読むので、「プラス・アルファ」と読んで、これが「何か更に付け加わる・付け加える」の意味で、「プラス・アルファ」になったのではないかと推測できます。
 
  野球が起源だというのは、上に書いたように、どうも説得力がありません。そういう可能性も否定しませんが、自然的に和製日本語で「プラスワン」や「プラスアルファ」が出来てきて、その語源解釈として、野球にこじつけているような感じがします。また、野球起源で、そういう表現が始まったとしても、独立に、「プラスアルファ」の造語があり、定着したのだとも想定できます。
 
  わたしは可能性としては、独立に「アルファ」という単語の語感や使われ方から、「プラスワン」ができたのと似たような発想で、「アルファを加える」→「プラスアルファ」が出来たのが自然だと思います。
 
  語源の不明確な語の場合、確実にそうだと云えるのは、出典が一個(か数個)しかなく、そこから、すべて影響して多数の典拠ができたという場合です。この場合、多数の典拠ができた後は、それ以降の言葉は、起源が確認できなくても、多数の典拠を元に社会に流布して、その影響だと考えるのは自然です。
 
  「プラスアルファ」の場合、野球での起源説は、あまりに不自然であり、どうも、一人の人物だけが唱えている説のようで、それに対し、「アルファ」と「プラス」の語感・意味から、日本人が、造語したと考えるのが自然だと思います。
 
  以下のように、反対のことを言っている人もいます。
  >シネマ1987映画評
  >http://village.infoweb.ne.jp/~fwnk1502/moviecrit …
 
    • good
    • 1

単純に


「y=ax」と「y=ax+b」と言う式があったとします。
「y=ax+b」は「y=ax」に比べて、なんだか解らないけどbと言う値が足されていますよね?
ですので「あれを足して…これを足して…」と言う感じの追加事項と言う意味で
「+α」プラスアルファと言っただけなのでは?
    • good
    • 0

 これはかなり有名な話でして、X(エックス)をα(アルファ)と読み違えたのですね。

もともとは野球用語での話だそうです。
 したのURLに書いてあります。

参考URL:http://www.usiwakamaru.or.jp/~doraemon/jyuku/gog …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラスアルファとは、どういう意味ですか?

辞書で分からなかったので、出来るだけ分かりやすく教えてくれるとうれしいです。

いくらかつけ加えること。「本給に―の手当てがつく」
「三万円に―の額」

この使い方の「本給にプラスアルファの手当てがつく」は【基本の給料にいくらかの資金がもらえる】
「三万円に―の額」は【三万円にいくらかのお金がつく値段】という解釈でよろしいでしょうか?

と、2,3文他の使い方を教えてほしいです。どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その解釈でいいと思います。
この「プラスアルファ」という言い回しには、主観的なニュアンスが付きまといます。「本給にプラスアルファの手当てがつく」といった場合、【基本の給料にいくらかの資金がもらえる】の「いくらかの額」というのは、賃金規定などで明示的に決まっているものではなく、勤めている会社の業績がそこそこ上向きになってきたので、慰労の意味を込めて多少の金銭を追加して支払う、というように自分なら解釈します。

他の例文では「言われたことだけではなく、プラスアルファの仕事をしなさい」という場合、何をどの程度やったらいいのかというのは言われた当人が考えて自発的にやりなさい、というニュアンスです。

このように、「プラスアルファ」には、「気は心」的な曖昧さを伴っていると思います。

Q+α(プラスアルファ)とは付加価値という意味でしょうか?

+α(プラスアルファ)とは付加価値という意味でしょうか?
よく街でそのような会話を耳にするのですが・・・

Aベストアンサー

「プラスアルファ」とは、「もとになる数量にいくらか付け加えること」という意味です。本来は「給料にプラスアルファの手当てがついた」のように数量のみにつかっていたのですが、言葉の響きの良さも手伝って拡大解釈され、現在のような「何かしらポイント(アドバンテージ)を付加する→付加価値」といった意味にも使われているのです。

なお、アルファはギリシャ語のαですが、もともと未知の数字を表す英語のxを読み間違えたものと言われています。プラスエックスだったら多分今のように一般化はしなかったでしょうね。

Qαの書き順

長年間違った認識をしていたのかも知れないので、「日本での正規の書き方」 と、「海外ではどうなのか」 の両方が知りたいです。

私は中学の時に α を下から書くと習いました。これだと左回りになるので、a とも同じ筆運びになるのです。
御存知の通り α は数学でも物理でも化学でも極めてよく使う文字ですよね? でもよく考えたら、これはどの教科で最初に習うのでしょうか? 義務教育の、英語の中ですか? 個人の体験では、数学だったような……

この度検索してみると、「上から書く」 という情報しか出てこないので、ショックでした。
自分で書く分には 「きれいに書けて読めればどちらでも良い」 かも知れませんが、未成年に聞かれたら、正確に答えてあげないといけません。「明らかに」 ウソ となることを教えるわけでもいけませんし……

同じように 「下から派」 で習った方はいらっしゃいませんでしょうか? どちらが多数派か、ということよりも、教育上はどちらで教えるべきか、あるいは「どちらでも良い」と言い切っても良いか、が気になります。

少なくとも私の勘違いということはないはずです。私に教えてくれた先生は、α の最後を右上にだいぶ伸ばすクセのある人でしたし。弱い論拠ですが、
http://d.hatena.ne.jp/nisuseteuryalus2/20110429/1304085187
で α は a と同一化されている、というブログを読むと、左回り説も少しは自信を持てます。

Google や OkWave ではもう少しこの話題が出てくるかと思っていたのですが、ぴったりというものは見つけられませんでした。
たまたまアンパサンド(&)の書き順のブログもヒットしますが、私は&も上から下へ向かう方で書く少数派です。大学時代頃に、書き順の資料を見ながら練習したつもりだったんですけどね。ただこのブログでは、「&の書き順の結論は、出ない!」という趣旨のオチなので、
   「日本の文部省が書き順にこだわるだけで、欧米人はあまりこだわっていない!?」
というのが私の一つの感想です。

最近、ちょうどこの話を身近でしたばかりなので、「私が完全に間違っているとも言えないかどうか」 ご助言お願いします。文部科学省サイトをもう一度検索してみますが、よく見ればどこかに書いてあるのでしょうか?
(また、回答者が何かの教科の教師でいらっしゃるならそれも書いていただけるとなおさらうれしいです。)

長年間違った認識をしていたのかも知れないので、「日本での正規の書き方」 と、「海外ではどうなのか」 の両方が知りたいです。

私は中学の時に α を下から書くと習いました。これだと左回りになるので、a とも同じ筆運びになるのです。
御存知の通り α は数学でも物理でも化学でも極めてよく使う文字ですよね? でもよく考えたら、これはどの教科で最初に習うのでしょうか? 義務教育の、英語の中ですか? 個人の体験では、数学だったような……

この度検索してみると、「上から書く」 という情報し...続きを読む

Aベストアンサー

1。アルファ
    日本:  僕が日本で習ったのは右上に始まり、時計回りの一筆書きで右下で終わりです。   
    海外:  下記では今のギリシャ人は伝統的に左の例(上と同じ)か、右のラテン式の二筆書き、とあります。
http://www.foundalis.com/lan/hw/grkhandw.htm

2。エイ
    日本:  僕が日本で習ったのは、右上から時計回りと反対方向に左下に向かい、一度右上に帰ってから右下まで下ろす一筆書きです。
    海外: 下記のように日本と同じのもあれば、上記のように始め○を書いて右の縦棒を書く二筆書きもあります。
http://www.handwritingforkids.com/handwrite/cursive/animation/lowercase.htm

    僕は教師ではありません。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q"Can you celebrate?"ってどういう意味??

安室奈美恵さんの「Can you celebrate?」
という曲がありますが、そもそもこの英語はどういう意味ですか?
(誰が誰に対して言っている言葉なのでしょう・・・)
「Will you celebrate our marriage??」
とかならわかるのですが、celebrateが自動詞ではおかしいと思うのですが・・

Aベストアンサー

中傷だけで終わるのも何なので補足します。

Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。質問者さんは、「Can you celebrate?」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。

例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。これは明らかに米英人はしない間違いです。意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。

結論を言うと、「Can you celebrate?」は微妙なところだと思います。「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。

慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。

中傷だけで終わるのも何なので補足します。

Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。質問者さんは、「Can you celebrate?」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。

例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。これは明らかに米英人はしない間違いです。意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という...続きを読む

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q土日は郵便配達していますよね・・?

祝日は郵便配達してないとは思いますが、普段の土日はちゃんと郵便配達してますよね?名古屋住みなのですが東京宛のはがきを月曜日までに出したくて・・

Aベストアンサー

No.3です。
言葉の解釈に食い違いがあるのかもしれないので、念のため書いておきますと、
「郵便物のポストからの回収」(これが正式な用語かどうかはわかりませんが)
ポストに郵便物を投函すると、決められた時刻に郵便局の人が来てポストの中に入っている郵便物を集めて局に持って帰ります。
お住まいの場所によって違うかもしれませんが、通常は日曜日もこの「ポストからの回収」はしていると思います。
回収時刻は曜日によって決まっており、
【月曜~土曜】
1便 10:30
2便 13:40


【日祝】
1便 11:30
などのようにポストの横に表示されています。
日曜日は他の日よりも便が少なく時刻も異なる場合が多いです。
このそれぞれの時刻までに投函すればその時刻に回収されるわけです。
但し交通事情などで多少早くなったり遅くなったりするので注意。

「郵便物の配達」
これは郵便物をあて先に届けること。
つまり、郵便配達員が、個人の家や企業など、それぞれのあて先に郵便を配る行為。
これは日曜日にはやってないはずです。

あなたがハガキをポストに投函すれば(局に直接持って行ってもよい)、ハガキは回収され、東京へ運ばれてあて先のところに配達されるわけです。

No.3です。
言葉の解釈に食い違いがあるのかもしれないので、念のため書いておきますと、
「郵便物のポストからの回収」(これが正式な用語かどうかはわかりませんが)
ポストに郵便物を投函すると、決められた時刻に郵便局の人が来てポストの中に入っている郵便物を集めて局に持って帰ります。
お住まいの場所によって違うかもしれませんが、通常は日曜日もこの「ポストからの回収」はしていると思います。
回収時刻は曜日によって決まっており、
【月曜~土曜】
1便 10:30
2便 13:40


【日...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング