最近、東京より関西に移住してきたのですが 仕事の昼休みに
近所の立ち食いそばに行き”たぬきそば”を、注文した所
中身が揚げ玉ではなく、油揚げだった(いわゆるきつねそば)
店員に聞いたら”関西ではたぬきもきつねも一緒”と言われましたが
関西には”たぬき(揚げ玉トッピング)そば”は、存在しないのですか ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

大阪出身です。


>なるほどですね・・・ それでは、何故関西では”たぬき”=油揚げなのでしょうね?

と質問されているので、
昔、人から聞いた話を、

そのむかし、東京から大阪に来た人が、
「あげの入ったうどんはあるけど、あげの入ったそばはないのか?」
というお客様のリクエストにお答えして生まれたそうです。
そして「きつね」が人を化かすということで
「たぬき」になったそうです。

ちなみに本当は
「きつね」だけで「油揚げ入りのうどん」
「たぬき」だけで「油揚げ入りのそば」
のはずです。
(きつねやたぬきの後ろにうどんと書くのは余計。
だから、「たぬきうどん」とか「きつねそば」というのは存在しないはず?
じゃあ、「マルチャン緑のたぬき」は問題外なのか?)
最近の大阪の店でも「きつね(けつね?)うどん」って書いてますけどね。

たしか、どん兵衛は、大きく「きつね」と書いて、小さく「うどん」と書いてましたね。

あと、「関西」と大阪、京都などを一括りに書いていますが、
たぬきそば=油揚げ入りそばというのは大阪だけです。
京都では、先に書かれていますように
あんかけがでてきます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました 最初からこれを知りたかったのでうずうずしてました
やっとわかりました。ありがとうございました

お礼日時:2002/03/21 12:43

関西での「たぬき」は、きつねのあんかけです。


いわゆるフォッサマグナを境に、ところ変われば名称も変わるということで、
今回のように同じものを違う名称で呼んだり、形が変わったり(例えばお握り)します。
特に関西でいうたぬきは、メニューに書いていないことも多いですが、
言ってみたら意外とやってくれます。
    • good
    • 1

大阪です。


うどん、そばに係わらず、揚げ玉(関西では天かす)の入ったものはハイカラうどん、ハイカラそばと注文します。めっちゃ(すごく)小さいキツネ(甘辛く煮た薄あげ)がサービスで入っていることもあります。
立ち食いなど、チープな店だとネギ(青い細いネギ)と天かすは大きな器に入ってカウンターに置いてあり、好きなだけ入れてもOKってのもあります。
関東で言うところのカケは、うどんの場合だけ「すうどん」と呼びます。(漢字だと素うどん)そばは、カケそばですね。(すそばは言いにくいから)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうか、それで某牛丼チェーンにいくと揚げ玉入りのうどんを
たぬきうどんと言わずにハイカラうどんといってるんですね。
参考になりました

お礼日時:2002/03/21 12:46

「たぬき」そばのたぬきの由来は関東の場合は天ぷらの種が抜いてあるもの、つまり「たねぬき」からきているんですがキツネは神社の「おきつねさま」に油揚げをお供えするところからきているようです。

    • good
    • 0

こんにちは、John Hiroさん。


確かに関西では、たぬき=キツネそばですね。
関東風(?)の、たぬきは、神戸では、天かすそばって言います。
うどんの場合は天かすうどんです。
なーんや、そのまんまやんって感じですが。
なので、次のときはそう言って注文してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

注文の仕方がやはり、ちがうのですね?

お礼日時:2002/03/11 14:46

関西よりももっと西の話なんですが,九州南部のあるうどん屋の店先には,「たぬき取り放題」という大きな看板がありました。

結構山の中にある店なんで,一瞬ぎょっとしました。もちろん揚げ玉のことですね。脱線話ですみません。
    • good
    • 0

kuniuniさん>中身は、、、トロミのついたあん汁に、刻んだお揚げと擦りしょうが、青ねぎがのってました。



これってもしかしたら京都ではありませんか?
私も京都でたぬきそばといったらこういった物が出てきた覚えがあります。

場所が変わるだけでずいぶん違うものですね。
    • good
    • 0

関西では、「すうどん」や「すそば」をたのんでサービスで揚げ玉(関西では天かす)をのせるパターンが多いです。

天かすは無料でおいてあるとこが多いです。
または、「天かすそば」というメニューがあるとこでは、それを注文すればOKです。
関西の「たぬき」といえば「きつねそば」のことです。
「た・ぬ・き」だけと言えば、「きつねそば」のことで、必ず「油揚げのそば」がきます!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどですね・・・ それでは、何故関西では”たぬき”=油揚げなのでしょうね?

お礼日時:2002/03/11 14:47

大阪などで「たぬき」とだけいうとたしかに油揚げの入ったそばがでてきますね。


以前私もたぬきそばといったら変な顔をされました。

大阪ではたぬきそばは「ハイカラそば」もしくは「天かすそば」で注文出来ます。

もっとも多くの店で天かすを無料でテーブルにおいてあるので「そば」を頼んで勝手に入れれば良いところが多いです。

参考URL:http://fame.calen.ne.jp/~erital/news/nihonkikou/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白いHP紹介してくれてありがとう御座います。

お礼日時:2002/03/11 14:45

経験談。



関西圏で、たぬきそばをみつけました。
中身は、、、トロミのついたあん汁に、刻んだお揚げと擦りしょうが、青ねぎがのってました。

きつねそばバージョンのものもあります。この由来は、「うどんがそばに化けた」ということからきていると聞いたことがありますが、自信ないです。

揚げ玉ののったものは、なんという名前になるのでしょうかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。実に面白い話しですね
また、由来まで教えてくれてありがとう御座います。

お礼日時:2002/03/11 14:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関西と関東、「たぬき」と「きつね」の使い方に?

仕事で関東に3日ほど行きました。

そば定食を注文した時に『「きつね」にしますか「たぬき」にしますか』と聞かれました。

何を言ってるのかなと思いながら、そばを注文したのだから「たぬきで」と言い、来たのは、そばに天カスが入ってました。

翌日、「きつね」で注文したら、アゲの入ったそばがきました。

不思議でしたね~、関西では「きつねうどん」、「たぬきそば」が「あげ入り」で「天かす」は自由に入れる所が多いですからね。
なかには、「天かすうどん、そば」をメニューにしてる店もありますが。

ちなみに、大阪には「カスうどん」があります。
これは「天かす」とは違い「牛ホルモンの揚げモノ」が入ったうどんです。

まぁ関西と関東の違いを体験できた出張でした。

このような体験をされた人達で、うどん、そば以外にもあれば聞かせてください。

Aベストアンサー

よっく解かりますよ。
私は、関東ですが、全国を仕事で飛び回っております。
逆に、関西に初めて行ったとき、同じ体験をしました、ソバのことを「タヌキ」と言うんですね。
他には、長野県に行ったときですが、食堂に入り「カツ丼」を注文しました。
出てきたのは、丼ご飯にトンカツが一枚とたくあんが2切れ乗っていました。
私(あのーカツ丼を頼んだのですが)
店主(えっ、カツ丼ですよ)
私(玉ねぎが入って、だし汁で煮て、玉子でとじたものじゃー無いんですか???)
店主(それは、煮カツ丼でしょう)
私(*+”#!・ぱぴぷぺぽ???)でした。

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q東日本 西日本  たぬきときつねの違い  うどん

東京と大阪では、うどんのたぬきときつねが違うと聞きました。

そもそも、一般的には、”たぬき”はどんなものが”たぬき”なんですか?
きつねは一般的には、どんなものがきつねなんですか?

それをふまえて、関西では一般的にたぬきと言われるものが、○○と教えていただけるとうれしいです。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

関西在住です。なので大阪しかわからないのですが…。
きつねうどん=薄揚げ(味付き)の乗ったうどん
たぬきうどん=薄揚げ(味付き)の乗ったそば
です。どっちも「うどん」て言います。
なんか、たぬきがきつねに化けてるんだとか。

Qハイカラうどん(そば)のハイカラの語源って??

大阪ではハイカラうどん(そば)のハイカラは天ぷらの揚げ玉(いわゆるカス)のことを指すと思うのですが、ここで言う「ハイカラ」とはどういう意味、語源なのでしょうか?
自分としては昔は、うどんのトッピングとして「揚げ玉」をのせることが
「斬新」なアイデアであったとか、「カラっと揚がった(high カラっと(?)」天ぷらのタネとか
そんな意味なのかなと漠然と考えていたのですが、ここでハッキリさせてもらえればスッキリするのですが・・ご存知の方いらっしゃいますでしょうか?
つまらない質問かもしれませんがよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

蕎麦史研究の泰斗、新島繁(1920~2001)の著書をかたっぱしから当たってみましたが判りません。判ったのは、大正時代に東京でいう「たぬき」を大阪では「はいから」と言っていたということ。

ネットでも調べたところ横浜に「はいから」の元祖というおそば屋さんがありましたが、昭和20年代創業ということなので、真に元祖とは言いがたいようです。

なぜ東京でいう「たぬき」が大阪で「はいから」に化けたか、推測の域を出ませんが、大阪では油揚げをのせたそばを「たぬき」というので混乱を防ぐため「はいから」と言い換えたのではないかと。

では何故「はいから」なのか。
新島先生ですら判らなかったことですから私のような凡人にわかる訳もないのですが、ただ大正という時代は「ラジオ焼き」みたいな奇をてらったネーミングが流行した時代ではありました。
http://www.dik.co.jp/seken/PRO/taisyo.html


人気Q&Aランキング