たとえば小説で第一章、第二章などと、章わけされているものがありますが、
昔風、または古文での「章」の言い方をお教えください。
古文の場合はいつの時代に使用されたものか、などお教えいただくと
ありがたく存じます。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

近世のことはよくわかりませんが、単に「第一」「第二」とするのが最も一般的かと思います。


ex)「藤原純友依海賊被誅語第二(藤原純友、海賊によりて誅せらるること第二)」(今昔物語集・平安時代)
後ろに付けるのがポイントです。

源氏物語などでも「桐壺巻」という表記もありますが、単に「桐壺」とするのが普通のような気がします。

仏典では「品」も使います。
ex)「妙法蓮華経法師功徳品第十九」(法華経・飛鳥~現代)

しかし、一般には単にダラダラ書くのが普通のようです。枕草子などで使われる「段」も、後世の研究者の注釈で、伊勢物語や徒然草などでも原典では、ひたすらダラダラ書かれています。

近世も含めて、「巻第一」「巻之二」「第二輯」「上」「春」などの表記もありますが、これは「章」とは少し違うでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2002/03/17 18:05

専門でもなんでもないです、いつ頃か等まったく知りませんけど


つれづれなるままに。

「段」「巻」 等では?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2002/03/15 23:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古典のテスト勉強をしているのですが……助動詞の覚え方でコツとありませんか?

古典のテスト勉強をしているのですが……
助動詞の覚え方でコツとありませんか?

Aベストアンサー

助動詞では、活用・接続・意味を覚える必要がありますが、特段のコツはありません。

28語しかないのですから、地道に分類し、例えば推量の助動詞は「べし・む・むず・らむ・けむ・らし・めり・まし」と整理し、
何度も声に出しリズムで覚え、それを繰り返して習得するしかありません。

活用に関しては、四段活用・変格活用は大丈夫ですか。形容詞・形容動詞の活用は如何ですか。
助動詞の活用に影響するので、確実に覚えることですね。

テスト対策としては、平家物語と言うことであれば、教科書ガイド・ノート・対訳本の文法説明を参照し、
範囲内全ての助動詞を書き出し、分類し、活用して、意味を押さえておく他はありません。

英単語・語法と同様、古文の活用も一つずつクリアしていくしかありません。

継続は力なりです。

参考までに。

Q一行目に「こそ」がありますが、已然形が見当たりません。 教えてください。 古典古典古文古文古文

一行目に「こそ」がありますが、已然形が見当たりません。
教えてください。

古典古典古文古文古文

Aベストアンサー

あはれ、これこそ=ああ、これこそそうなんだ、のそうなんだに当たる言葉は省略されることは多いです。
感嘆的文章ですから。

Q古文の文法強意がうえで推量がしたにつく16種類の覚え方

古文の文法の
強意がうえで推量がしたにつく16種類の覚え方教えてくださいときいてるのは
問題集に全部覚えてたとき識別に便利であるらしいので、
覚えようとしてます。だれかおぼえかた教えてください。

Aベストアンサー

16も必要かな?
マドンナ古典にこれだけ覚えておけばって[てむ・なむ・つらむ・ぬらむ・つべし・ぬべし]が挙げられてましたけど。。。
ま、どっちにしろ覚え方ですが、短いのばかりですので、リズミカルに言ってるとすぐ覚えますよ。
書き出して3回くらい見ながら言ってみて、そのあとは7回ほど見ないで言ってみる。
それで大体覚えますし、それ以後もその日や後で思い出したときに口ずさんでみると絶対忘れません。
やっぱりリズミカルに!!は大切だと思います。
上に出した[てむ~むべし]を覚えたのはそうとう前ですが、入試終わっても全然忘れませんよー。
がんばってみてください。

Q夏目漱石「坊っちゃん」 第一章の中の「はち」って何のことでしょうか?

夏目漱石の「坊っちゃん」の第一章の初めに、「はちの頭をひらいて」とあるんですが、この「はち」とは何のことなのでしょうか。
質問されて困っています。どなたかわかる方、回答お願い致します。

Aベストアンサー

「鉢(はち)の開いた頭」でしょう。鉢というのは、深さのある皿のようなものです。頭蓋骨のことをいっているのです。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?kind=jn&mode=0&MT=%C8%AD

Q古文法の覚え方をお願いします!

古文法が覚えられないと友人が悩んでいます

用言・助動詞の接続から意味から、何から何までわからないようです

現国は優秀で、普段から読書に親しんでいるため、全く苦にしません

これからは、文章問題をこなしながら、その中でわからない語句を調べつつ、文法を覚えるやり方にしてみると言ってます

それだと、反って時間がかかってしまうのでは?と思うのですが…

何か、良いアドバイスをお願いします!

Aベストアンサー

お答えがないようですので…。
まず「何から何までわからない」という状態では、文章問題を解きつつ調べて覚える、といってもわからないこと、読めない文が多くて、挫折してしまうのではないかと危惧します。
ちょうど今夏休みですので、このような場合は一念発起、短期集中型で、この夏休みの間に征服してやる、ぐらいの気概を持っていかないと厳しく、あとに引きずると思います。
そのように学習するという前提で、これから先の進め方を話しますが、まず、古典文法の説明中心の参考書、および古典文法の問題集ドリルをそれぞれ用意します。参考書の方は、買う前に必ず立ち読みなどで内容を確認してください。この場合のコツは、自分ではそこそこわかっていると思うことがどのように説明されているかを見てみる。また、自分でよくわかっていず困っているようなことをどのように説明しているかを確認する。これで参考書の良し悪しが見えてきます。
ここから、用言の活用、助動詞の意味・接続・用法、助詞の意味・接続・用法、敬語法、と覚えていくわけですが、覚えようとするときには、
・活用などは口に出してみる。恥ずかしがってちゃだめですよ。口に出すことで脳が刺激されます。
・紙などに書き付けたり、手を使う。手は第二の脳、効率が上がります。
などと工夫する。また、文法書に載っているような典型文は一緒に覚えてしまう。あと、そうはいっても覚えるのが難しいところは出て来るものです。こういうのはゴロでも何でも使って何とか覚えるしかありません。化学の「貸そうかなまああてにするな~」だって、地学の「水金地火木土天海冥」だってにたようなものでしょう?
さらに、ほんとに覚えてるかを確認しないと意味がありません。覚えられないというひとは意外にこのアウトプットの作業を疎かにしている人が多い。問題集を解きます。
その際ですが、例えば駿台の「古典文法10題ドリル」では短文を元に問題にしていますが、これをただ解くだけではなく、この短文を、品詞分解、あるいは現代語訳などを行い、覚えたことが活きているかを確認する、といった応用的な使い方をすることです。ほら、数学だって、公式を暗記するだけではだめで、実際に問題を解いて、なるほどこの公式はこのように使うのか、と分かったものはあとに残るでしょう?
文法は、実は実際に使われている文の規則を後付で説明したものです。文から離れた理解は意味がありません。それを必ず念頭に置いて学習してください。
暗記を行うときは、コツとして「自分は今何を覚えようとしているのか?」「この知識はどのように役立つのか?」「この知識からどのような出題が可能なのか?」などと自問自答をすることです。このリーズニングの姿勢が効率や定着率を上げます。
長々と書きましたが、実はこれ全部私が実際に実行したことです。で、今は地方の予備校で国語を教えています。どうか頑張ってください。それで文法嫌いを克服して、古典作品が好きになってくれたらいいなと思います。

お答えがないようですので…。
まず「何から何までわからない」という状態では、文章問題を解きつつ調べて覚える、といってもわからないこと、読めない文が多くて、挫折してしまうのではないかと危惧します。
ちょうど今夏休みですので、このような場合は一念発起、短期集中型で、この夏休みの間に征服してやる、ぐらいの気概を持っていかないと厳しく、あとに引きずると思います。
そのように学習するという前提で、これから先の進め方を話しますが、まず、古典文法の説明中心の参考書、および古典文法の問題集ド...続きを読む

Q「俳優」を昔風に表現すると?

「俳優」(または「女優」)を昔っぽく表現することばはありますか?
例えば、店員のことを女中さんと呼ぶような感じです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うーん、でも。
江戸時代ぐらいまでは、本の書名でも「役者」となってるみたいですが・・。

あとは、蔑称になってしまいますが。
「河原者」とか・・・・。

Q夏休みの宿題で、古文の暗唱があります。 良い覚え方

夏休みの宿題で、古文の暗唱テストがあります。
(竹取物語、徒然草、平家物語の3つ)
あと4日の間で覚えなければいけません!!!

簡単に覚えられる方法を、あれば教えてください!

Aベストアンサー

ここに質問している時間を惜しんで、ひたすら書いてひたすら口に出して読む。
人に聞いてもらうのもその状況ごと記憶に残るので、暗唱の手がかりになります。

たかが3つ。大丈夫です。全文ではないでしょう。大丈夫!本気でやれば覚えられます。

私は夏休みの宿題で10個の古文暗唱させられました。そりゃもう必死こいてやりましたよ。

Q今昔物語集 第26巻 第10話について

今昔物語集 第26巻 第10話についてレポートを書かないといけません。
これは『土佐国妹兄、知らぬ島に行きて住む語』という題がついているお話なのですが、何かこれに関するHPとかないでしょうか?
教えてください。
また、どのようなレポートの書き方にすればよいのかも、あわせて教えてください。

Aベストアンサー

今晩は。あまり書き過ぎるとrei00さんから、学生を甘やかすな、というお叱りを受けそうなので、簡単に一つ重要な点を。

 私は現在6分冊の東洋文庫版の2巻を読み終って一息ついているところ。それで、この話は、まだ未成年のきょうだいが思いがけない事故で人がいない島に流され、そこで結婚して栄える、こんな感じのものですね。
 日本神話を読んだことが有れば、この設定には「おや?」と感じるのが自然な反応でしょう。早い話が、日本の国生みの話のイザナギ、イザナミきょうだいの物語が明らかにその原型になっています。
 少し飛ばします。比較神話学という世界の神話を比較対照して研究する分野が有ります。実はこのきょうだい婚の話は広く世界に有るもので・・・。

 これくらいにしておきましょう。以上の線で調べて行くだけでもかなりの展開が有ります。これのみではない捉え方ももちろん有ると思いますし。
 ついでだから言いますが、古事記や日本書紀は読めば面白いです。また、日本文化の原点がここに有るのは確かです。ですからある程度は内容を知っていてくれないと情けないです。是非一方だけでもいいので学生の間に読んでみて下さい。

 そうそう、これを代表として広く今昔物語の中の日本神話を論じるのでも当然良いでしょうが、実際にそれをやるには本朝の部を全部読まないといけませんし、こちらはあまりお奨めではないかも。兆戦のし甲斐は有るでしょうが。

今晩は。あまり書き過ぎるとrei00さんから、学生を甘やかすな、というお叱りを受けそうなので、簡単に一つ重要な点を。

 私は現在6分冊の東洋文庫版の2巻を読み終って一息ついているところ。それで、この話は、まだ未成年のきょうだいが思いがけない事故で人がいない島に流され、そこで結婚して栄える、こんな感じのものですね。
 日本神話を読んだことが有れば、この設定には「おや?」と感じるのが自然な反応でしょう。早い話が、日本の国生みの話のイザナギ、イザナミきょうだいの物語が明らかにその原...続きを読む

Q古文単語の覚え方

http://www.zkai.co.jp/books/search/book_detail.asp?ID=1557ここにある頻出古文単語400という本を使って勉強しているのですが、電車の中で1日10単語ずつ完璧に意味を覚えて40日で終わらせようとしたのですが、案の定5日前くらいにやったのは忘れてしまって無理でした。こういう場合は、100単語くらいを覚えられなくてもいいからなんとなく一通り目を通すというのを10日間続けて覚えるといった方法のほうがいいのでしょうか?アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 この本は使っていなかったので、詳しいことはいえませんが、参考意見にしていただけたらいいと思います。
 確かに、改善した方が良さそうですね。大切なのは、「覚えるぞ」と力まないことだと思います。私の場合、「覚える」よりも「読む」方が結局覚えられました。
 話はそれますが、古文単語の場合、ビジュアル面での記憶が強力です。この本に載っているかどうかわかりませんが…。文章中の単語を見て、まず先にイラストが思い出されるケースが私には多くありました。既に単語集をお持ちですので、2冊もいりませんが、私が愛用していたのを、こちらに参考までに載せておきます(最近リニューアルされました)。本屋で立ち読みなどしてみてください。
http://www.gakusan.com/home/info.php?code=0000001692396

 文章の中で意味がわかるのが最終目標なので、どんな活用形になってたり、漢字がひらがな表記されていても判別できるよう、文章を読みながら覚えるというのも手かもしれません。

Q第一次大戦前から第二次大戦後までの一族の興亡を書いた英小説

最近Jung Changという中国人女性が英文で書いたマオ(毛-毛沢東)言う題名の本が翻訳出版されました。
この中国人作家の書いたWild Swanと言う物語がもう10年以上も前になるでしょうか翻訳出版されて、話題になったことがあります。清末から現代にわたる中国の地主階級の七代(?)わたる興亡が書いてあったのですが、同じ様な記録風小説がイギリスにもあると、どこかで呼んだことがあるのですが、その本の題名と作者をご存知無いでしょうか。激動の社会情勢がその一族にどのような影響を与えたか、それをどの様に考えているのかを知りたいのです。
宜しくお願いします。言っておきますが、゛嵐ガ丘”ではありません。

Aベストアンサー

#1です。英国小説とお書きになられていたのに大変失礼しました。
小説ではなく自伝のようですが、『大英帝国下 ある英国紳士の生き方』キャスリーン・マクロン著という本があります。
お探しのものとは違うと思いますがご参考までにお知らせいたします。
お役に立てず申し訳ありませんでした。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794210248/qid=1133051785/sr=1-12/ref=sr_1_2_12/249-9615134-2340359


人気Q&Aランキング