たとえば小説で第一章、第二章などと、章わけされているものがありますが、
昔風、または古文での「章」の言い方をお教えください。
古文の場合はいつの時代に使用されたものか、などお教えいただくと
ありがたく存じます。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

近世のことはよくわかりませんが、単に「第一」「第二」とするのが最も一般的かと思います。


ex)「藤原純友依海賊被誅語第二(藤原純友、海賊によりて誅せらるること第二)」(今昔物語集・平安時代)
後ろに付けるのがポイントです。

源氏物語などでも「桐壺巻」という表記もありますが、単に「桐壺」とするのが普通のような気がします。

仏典では「品」も使います。
ex)「妙法蓮華経法師功徳品第十九」(法華経・飛鳥~現代)

しかし、一般には単にダラダラ書くのが普通のようです。枕草子などで使われる「段」も、後世の研究者の注釈で、伊勢物語や徒然草などでも原典では、ひたすらダラダラ書かれています。

近世も含めて、「巻第一」「巻之二」「第二輯」「上」「春」などの表記もありますが、これは「章」とは少し違うでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2002/03/17 18:05

専門でもなんでもないです、いつ頃か等まったく知りませんけど


つれづれなるままに。

「段」「巻」 等では?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2002/03/15 23:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夏目漱石「坊っちゃん」 第一章の中の「はち」って何のことでしょうか?

夏目漱石の「坊っちゃん」の第一章の初めに、「はちの頭をひらいて」とあるんですが、この「はち」とは何のことなのでしょうか。
質問されて困っています。どなたかわかる方、回答お願い致します。

Aベストアンサー

「鉢(はち)の開いた頭」でしょう。鉢というのは、深さのある皿のようなものです。頭蓋骨のことをいっているのです。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?kind=jn&mode=0&MT=%C8%AD

Q「俳優」を昔風に表現すると?

「俳優」(または「女優」)を昔っぽく表現することばはありますか?
例えば、店員のことを女中さんと呼ぶような感じです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うーん、でも。
江戸時代ぐらいまでは、本の書名でも「役者」となってるみたいですが・・。

あとは、蔑称になってしまいますが。
「河原者」とか・・・・。

Q今昔物語集 第26巻 第10話について

今昔物語集 第26巻 第10話についてレポートを書かないといけません。
これは『土佐国妹兄、知らぬ島に行きて住む語』という題がついているお話なのですが、何かこれに関するHPとかないでしょうか?
教えてください。
また、どのようなレポートの書き方にすればよいのかも、あわせて教えてください。

Aベストアンサー

今晩は。あまり書き過ぎるとrei00さんから、学生を甘やかすな、というお叱りを受けそうなので、簡単に一つ重要な点を。

 私は現在6分冊の東洋文庫版の2巻を読み終って一息ついているところ。それで、この話は、まだ未成年のきょうだいが思いがけない事故で人がいない島に流され、そこで結婚して栄える、こんな感じのものですね。
 日本神話を読んだことが有れば、この設定には「おや?」と感じるのが自然な反応でしょう。早い話が、日本の国生みの話のイザナギ、イザナミきょうだいの物語が明らかにその原型になっています。
 少し飛ばします。比較神話学という世界の神話を比較対照して研究する分野が有ります。実はこのきょうだい婚の話は広く世界に有るもので・・・。

 これくらいにしておきましょう。以上の線で調べて行くだけでもかなりの展開が有ります。これのみではない捉え方ももちろん有ると思いますし。
 ついでだから言いますが、古事記や日本書紀は読めば面白いです。また、日本文化の原点がここに有るのは確かです。ですからある程度は内容を知っていてくれないと情けないです。是非一方だけでもいいので学生の間に読んでみて下さい。

 そうそう、これを代表として広く今昔物語の中の日本神話を論じるのでも当然良いでしょうが、実際にそれをやるには本朝の部を全部読まないといけませんし、こちらはあまりお奨めではないかも。兆戦のし甲斐は有るでしょうが。

今晩は。あまり書き過ぎるとrei00さんから、学生を甘やかすな、というお叱りを受けそうなので、簡単に一つ重要な点を。

 私は現在6分冊の東洋文庫版の2巻を読み終って一息ついているところ。それで、この話は、まだ未成年のきょうだいが思いがけない事故で人がいない島に流され、そこで結婚して栄える、こんな感じのものですね。
 日本神話を読んだことが有れば、この設定には「おや?」と感じるのが自然な反応でしょう。早い話が、日本の国生みの話のイザナギ、イザナミきょうだいの物語が明らかにその原...続きを読む

Q第一次大戦前から第二次大戦後までの一族の興亡を書いた英小説

最近Jung Changという中国人女性が英文で書いたマオ(毛-毛沢東)言う題名の本が翻訳出版されました。
この中国人作家の書いたWild Swanと言う物語がもう10年以上も前になるでしょうか翻訳出版されて、話題になったことがあります。清末から現代にわたる中国の地主階級の七代(?)わたる興亡が書いてあったのですが、同じ様な記録風小説がイギリスにもあると、どこかで呼んだことがあるのですが、その本の題名と作者をご存知無いでしょうか。激動の社会情勢がその一族にどのような影響を与えたか、それをどの様に考えているのかを知りたいのです。
宜しくお願いします。言っておきますが、゛嵐ガ丘”ではありません。

Aベストアンサー

#1です。英国小説とお書きになられていたのに大変失礼しました。
小説ではなく自伝のようですが、『大英帝国下 ある英国紳士の生き方』キャスリーン・マクロン著という本があります。
お探しのものとは違うと思いますがご参考までにお知らせいたします。
お役に立てず申し訳ありませんでした。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794210248/qid=1133051785/sr=1-12/ref=sr_1_2_12/249-9615134-2340359

Qたとえば

袖を通す
という言葉がありますが、
スーツの袖を通した
スーツに袖を通した
どちらがしっくりきますか?
もしくはどちらかが間違っているということもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。
昨日検索した「の袖を通」についてその前後の文章をもう一度確認してみたところ、
1)腕を服の袖に通す
2)服を着る
3)袖自体を穴などに通す
4)ひもなどを袖に通す
などの文章に使われていました。

最も多かったのは1)の意味で、
「着物の袖を通し、前を合わせ、帯を結ぶ」
など、腕を袖に通すという動作を特に明確にする場合に使われているようでした。ちなみに「に袖を通」の方はほとんどが2)の意味で使われていました。(全部は調べていませんが・・・)

ですから、「スーツの袖を通した」というのも誤りではなく、例えば
「スーツの袖を通し、ボタンを留めた」
という場合は「の」でも良い、ということになるのかもしれません。

あとちょっと論点は違いますが、「袖を通す」について書かれている掲示板がありました。
http://www.tok2.com/home/okazima/room_1/BBS_MSG_981127185459.html
2人目の回答者の方がおっしゃっているように、できあがったばかりの服がちゃんと縫われているか確認するために実際に着てみる作業が「袖を通す」であるとすれば、#2さんのおっしゃる「その服を初めて着るという”状況の表現”」に「の」を使うというのも分かるような気がします。どなたか縫製関係に詳しい方いらっしゃいませんかね。

しかし、日本語は難しいですね。最初は「自信あり」で回答しましたが、今度は「自信なし」です・・・。

参考URL:http://www.tok2.com/home/okazima/room_1/BBS_MSG_981127185459.html

#1です。
昨日検索した「の袖を通」についてその前後の文章をもう一度確認してみたところ、
1)腕を服の袖に通す
2)服を着る
3)袖自体を穴などに通す
4)ひもなどを袖に通す
などの文章に使われていました。

最も多かったのは1)の意味で、
「着物の袖を通し、前を合わせ、帯を結ぶ」
など、腕を袖に通すという動作を特に明確にする場合に使われているようでした。ちなみに「に袖を通」の方はほとんどが2)の意味で使われていました。(全部は調べていませんが・・・)

ですから、「スーツの袖...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報