はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

最近、送られてくる文書を見ると役職名に様を付けている文章が多く見られます。
電話口でも「○○社長 様いらっしゃいますか?」などと使われますが、これは二重敬語にあたり日本語としては正しくないと思います。

ただ、「ら」抜き言葉のように一般に受け入れられているようにも思うのですが、役職名に様を付けるのは一般的なのでしょうか?教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

私、はずかしながら国語常識が自信ありません。


#1さんが指摘された「○○会社御中 山田様」という書き方も、初めて見たとき「こういう書き方もあるんだ」を感心して真似したこともあります。

ただし質問中にある
> ...社長様...これは二重敬語にあたり...

これは二重敬語なのか疑問です。単に、社長というのが役職名であり、役職名に「様」が着くのが変なのではないのでしょうか?

社長様が二重敬語という理由でダメならば、平社員を係員と呼ぶのは敬語じゃないでしょう。そうすると、「山田係員 様」はOKになってしまいそうですが、これも変ですよね。

要するに小学生が担任の先生に年賀状を書くときに
「山田先生様」と書いてはいけないのと同じような気がします。

★最初の例「社長様」に戻ると、「様」が「殿」に変わればOKのような気がします。とりあえず、よく見かけますが、私、国語力は?なので、自信はありません。
「○○社長殿」これはよく見かけますよね?

(役職名)+(殿)ならばOKなのでは?
    • good
    • 6

正しい日本語は、「○○社長 様」は二重敬語です。



名前のあとに付けるときは、社長という役職名の中に呼称と敬称の
意味が入っています。
社長の〇〇様というときは、社長は役職名で、名前の後に様が
必要です。
    • good
    • 12

ビジネス文書には、確かに、役職の次に敬語は使はなかった様におもいます。

然し、宛名の場合は、課長殿、部長殿、専務取締役殿は、一般的に使っていました。社長殿は、さすがに、部下としては使いにくかった様に思います。
これが、他社宛となると、もう少し複雑で、様にしておけば無難だろうと考えられていました。
最近では、殿はやはり失礼だと言う認識が主流です。
係長様、リーダー様等も一般的になりました。
先生様もそのうちに当たり前になりそうです。
天皇陛下も敬語のはずですが、むかしから、改まっては、天皇陛下様でしたね。
和尚様も昔から違和感はありませんでした。
院長も役職ですが、院長先生、院長先生様が、いまでは当たり前です。
日常語と言うものはいっぱひとからげでは行かないもので、その時々に応じて変って行くものなんですね。
    • good
    • 7

昔から、「お代官様」などという言葉は使われていました。



で、これが正しいかどうか、専門家ではないので、断定はできないのですが、わたしは、こういう類の表現は、教養がないか、あるいはへりくだりすぎた(へつらった)表現で、場合によって、とくに過去には、やむを得ない表現であると思いますが、現代では、教養がない、あるいは、へつらい過ぎの表現と思います。
    • good
    • 6

正しくはないけど、みんな言ってるしまぁいいか、という感じ。



「社長の○○様いらっしゃいますか?」と言えば「様」を付けても問題ないハズ・・・

先日入社してきた新人(一応社会人経験有)は、社内の人に「○○主任様いらっしゃますか?」と電話していました・・・
    • good
    • 2

 おっしゃる通り、日本語として正しくありません。


 最近は敬語を使えない人が増えてきており、それと気づかずに「様を付けた方が丁寧だろう」と安易に考えているようです。
 最近問題になっているバイト言葉の一種でもあります。
 こういった用法をしていると、日本語を知っている人から冷ややかに見られること請け合いです。
 ただし、言語というのは良くも悪くも変化します。大多数の人がこうした用法を長期にわたって使い続ければ、それが正しくなる時代もくるかも知れません。世も末ですね(笑)。
    • good
    • 2

国語的には間違いですが、現実には多いです。



付け忘れたら怒りますが、多くつけても怒る例が少ないので。

無難だから付けちゃうという日本人的発想から来ているみたいです。

会社に来る封筒にも「社長様」付きの方が多い。
その封筒単独だとおかしいのに「○○社長」と書かれている封筒と並べると「社長様」付きの方が丁寧に見えるから不思議。
    • good
    • 2

正しくありません。


日本では役職名は『様』と同等です。
(韓国は違うみたいですね)
なので、身内をいうときも『部長の~です』というのが礼儀です。
まちがってるひと、結構いますよね。
そのうちそちらが本流になったりして。
    • good
    • 3

一般的でないですね。


むしろ恥ずかしい間違いかと。

○○株式会社御中
  山田様

とか平気で書いてる人も多いですね。
    • good
    • 12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールで送信したい会社社長宛の場合の敬称

メールである会社の社長に御礼のメールを出したいのですが、
文面では、最初に会社名の下に、XX社長の後に御中とか入れた方が良いですか?
XX社長だけだとなんだか失礼のような気がしますし、社長のあとに様もなんだかしっくり行かないような感じで、アドバイスしていただけたら助かりますのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

○△株式会社
代表取締役社長 ○△▲□様

で良いと思います。

社長で終えたい場合は
○△株式会社
○△▲□社長

です。
社長の後に「様」や「御中」は必要ありません。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q社長殿という使い方に関して

社会人経験はそこそこ長いのですが、自分の会社の社長に叱られてしまいました・・・

小さな会社なので、いつも社長のことをリアルでは「社長!社長!」と追いかけてばかりなのですが、改めた稟議の伺いとかのメールについて、

●●社長殿

お疲れ様です。●●(←私の苗字)です。

という文章について、これはおかしいよ!!と叱られました。
一応、他の会社等にメールを送るときには

株式会社●●(社名) ●●(苗字)社長殿

で送っていて、特に今まで指摘されたことはないのですが、自分の会社の社長に殿をつけるのはおかしいでしょうか?
ネットで色々見ていても、賛否両論でよくわからなかったため、あえて
質問させていただきました。
今は、社長へのメールに関して、

●●社長 (又は、いきなり社長)

お疲れ様です。・・・・

の文面で送るようにしています。
正式な使用方法ってありますか?特に問題となっていることではないのですが、気になったので教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

・自社なら
------------------------------------------------------
●●社長

■■です。先ほど、ご不在であったためメールにて失礼いたします。
------------------------------------------------------

・他社なら
------------------------------------------------------
株式会社●●(社名) 代表取締役社長 ●●(苗字)様

いつもお世話になっております。○○会社の■■です。
------------------------------------------------------
※社長だけよりも代表取締役社長と、多少堅くても丁寧に書いたほうが良いと思います。

※ちなみに「お疲れ様です」というくだりは、他社に対してはもちろんのこと、
自社の社長あてに使うこと自体も、失礼かと思います。
(あくまでも「例」ということであれば、差し出がましかった発言、お詫びいたします。)

・自社なら
------------------------------------------------------
●●社長

■■です。先ほど、ご不在であったためメールにて失礼いたします。
------------------------------------------------------

・他社なら
------------------------------------------------------
株式会社●●(社名) 代表取締役社長 ●●(苗字)様

いつもお世話になっております。○○会社の■■です。
------------------------------------------------------
※社長だけよりも代表取締役社長と、多少堅くても丁寧に書い...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「お取引先様各位」は正しいですか?

多数の取引先に対して通知文書を発行する際に、「お取引様各位」という宛名は正しいのでしょうか?
「お取引様」で「様」をつけて、更に「各位」とつけると重複するような印象を感じたのですがいかがなものなのでしょうか?(○○各位殿 みたいな印象)
過去の回答に「お客様各位」という使い方があるようなことがあったのですが、「お客様」は客+様じゃなくて「お客様」という代名詞のような扱いなのかしら・・?と思ったりしたので新たに質問させていただきました。
ネット検索したのですが、まちまちなので・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しいですよね。
「お取引先 各位」「お得意先 各位」のレベルでよい、とは思いますが・・
「お取引先様 各位」はちょっと「くどい」感じを受けますね。
「各位」には、ある程度の「敬称」を意味として含んでいるはずなので、失礼ではないように思われます。
バカ丁寧な宛先の書かれた文書にも拘らず、内容が「支払いの督促」だったら、意味ないですしね(笑)

「お客様 各位」は、対象がいわゆる「ビジネスの相手」ではなく、不特定多数の客なので、おかしくはないでしょう。
「お客様へ ~ お知らせ」でもいいわけですし。

その他のいろいろな、ビジネス文書の記入方法をまとめたページを見つけました↓ので、ご参考に・・

参考URL:http://www.ddart.co.jp/businessletter.html

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q取引先の社長への宛名書き

恥ずかしい話、事務職をしてるのですがいまだに正しい宛名の書き方が分かりません・・・。

特に取引先の社長宛に送る場合どれが正しいのかわからないので教えて下さい。

現在送ろうと思ってるの人の情報が、仮に○▲×株式会社/山田太郎/ 社長とします。
この場合は ○▲×株式会社 社長 山田太郎様?殿?
社長の上の名前しか分からない場合はどうすればいいのでしょうか??

初歩的な質問ですいません。

Aベストアンサー

○▲×株式会社
代表取締役(社長) 山田太郎様

としてください。
「殿」は基本的には目下の方に使用するものなので、取引先や上司宛には使いません。
役職は名刺が有れば名刺通りに記入すると無難です。

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。

Q相手の会社の人を呼ぶときの敬称のつけ方

例えば電話で、相手の会社の人を呼び出してもらうとき、敬称はどのようにつけるのが良いのでしょうか。

私は、役職名には敬意は含まれないと誰かに聞いたのを鵜呑みにしていて「○○部長さんをお願いします」という言い方をしていたのですが、気になって検索してみたら役職名に敬意が含まれるとする解釈が多いようです。

「○○社長さんはいらっしゃいますか」
「○○社長はいらっしゃいますか」

「○○課長さんがおっしゃってました」
「○○課長がおっしゃってました」

「○○主任さんにお願いしてあった件ですが」
「○○主任にお願いしてあった件ですが」

電話口なので、「部長の○○さんはいらっしゃいますか」とは言わないような気がします(気がするだけなので、この呼び方が正しければ、そのように指摘してください)。

役職名に敬意が含まれているとすると、自分の会社の社長や部長を呼ぶとき、「社長!」とか「部長!」と呼ぶのは間違いということなんでしょうか?

私の上司が、自分の会社の社長に「社長、先月の売上は○○でした」という話し方をするのに、取引先の社長に対しても、「社長、これでお願いします」という話し方をする、というのも気になっています。もしかして役職名に敬意が含まれている、とした上で、自社の社長に対してへつらっているのか?とも思います。

社会人になって10年以上たちますが、私はこれまで「役職名に敬意は含まれない説」でやってきたので、「○○部長さんという呼び方をする人がいる会社は警戒します」というような意見を見て、かなりへこんでいます。
http://matsuri.site.ne.jp/standardsr/sr94.htm

今まで誰にも指摘されなかったので、新入社員だった頃から10年以上もたってしまいキツイのですが、「役職名に敬意が含まれる説」にしなければならないでしょうか。

例えば電話で、相手の会社の人を呼び出してもらうとき、敬称はどのようにつけるのが良いのでしょうか。

私は、役職名には敬意は含まれないと誰かに聞いたのを鵜呑みにしていて「○○部長さんをお願いします」という言い方をしていたのですが、気になって検索してみたら役職名に敬意が含まれるとする解釈が多いようです。

「○○社長さんはいらっしゃいますか」
「○○社長はいらっしゃいますか」

「○○課長さんがおっしゃってました」
「○○課長がおっしゃってました」

「○○主任さんにお願いしてあった件で...続きを読む

Aベストアンサー

役職名に敬意は含まれます。
電話で相手の部長を呼ぶときは、
1、◎「部長の○○様・・・」
2、○「○○部長・・・」
3、△「○○部長様・・・」
4、×「○○部長さん」

3は本当はおかしいのですが、最近は全くダメということでもないようです。
「さん」を使うのは、かなり親しい会社関係の場合に限られます。
業界にも特徴があり、その業界のリーダー企業の文化が取引先等に伝播し、業界スタンダードみたいになってゆきます。
業界内で使うときは本筋から外れすぎない程度に業界にあわせておき、業界外では本筋に戻す、というのが良いのではないでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング