住宅のチラシにかかれている第1種居住地域や準工業地域、容積率や建平率などの言葉や、他に住居地域にはどのような種類があるのかなどを教えて下さい。また、そうゆうことを説明しているサイトはありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

住宅、商業、工業といった土地利用の用途は「都市計画法」に分類が定められています。


また、それぞれの分類ごとにどれだけの容積や建蔽率が許容されるかというのは「建築基準法」に規定があります。
このなかから、各地域が地域特性を勘案してそれぞれの都市計画にあわせて数字を選んで指導を行うわけです。
#1のご回答中にあるURLは神戸市のものですから、容積率・建蔽率は神戸市が選択したもの、という限定をつけないと誤解を招きます。(例えば今では商業地域の法定容積率は1000%が上限ですが、神戸市では900%までしか認めていません)

参考URL:http://www.tamurakoumuten.co.jp/kentiku/youto.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございました。他の地域ではどうなのか少し気になっていたので助かりました。

お礼日時:2002/03/18 18:41

こちらに、説明が書かれています。



http://www.kobe-toshi-seibi.or.jp/matisen/1jouho …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/18 18:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q準工業地域への引越し

この度、準工業地域のマンションへ引っ越す予定なんですがいくつか不安があります。まずひとつは、マンションの目の前がプロパンガス屋さんなのですが災害時など危なくはないのでしょうか??そして、まだ2ヶ月の子供を連れての引越しなのですが、準工業地域は子供の体に影響はないのでしょうか??マンションは契約済みなのですが準工業地域とゆう立地が体に悪影響ならば子供の為に契約解除も考えています。マンションの営業の方に聞いてもいい事しか言わないので不安です。やはり準工業地域だからマンションの価格も安めなのでしょうか・・・。

Aベストアンサー

目の前がプロパンガス屋さんとのコトですが‥‥
実は私は長年、工務店に勤めていた経験があります。何社かのプロパンガス屋さんと付き合いがありましたが、どこも、危険物を扱っているという自覚を持っており、しっかり管理しているという印象があります。
実際、プロパンガス屋さんでの大災害と言うのは聞いたことがありませんよね。そんなに、気にしなくても良いのではないでしょうか?

準工業地域ということを、とても気にされているようですが‥‥
実は私の自宅は準工業地域です。確かに近所に工場はありますが、静かですし、空気は綺麗ですし、何の問題もありません。
準工業地域には、原則的に環境を悪化させない工場しかないはずです。

住居系の用途地域の場所でも環境や雰囲気の悪いところがよくあります。準工業地域という理由であきらめる必要はないと思います。
それよりも実際に現地をご覧になった、ご自身の目で判断されるのが、最も確かだと思います。

Q工業地域に住居の建設

 工業地域に住居の建設する事は
法的に問題ないのでしょうか?

 市町村によって違うのでしょうか?

Aベストアンサー

住居はいけるみたいですね↓
http://www.works-one.com/mezaken/houki/hou/h_b2.html

市町村によっては都市計画用途地域や基準建坪率、容積率等の建物用途・環境制限などその他もろもろで結果的に引っかかるところもあるでしょうね、最近ではネット上で確認できる市町村も有りますね。

Q準工業地域とは??

住宅を購入予定です。情報誌に載っていた建物が理想に近く、値段も手ごろでいいなぁと思ってます。ただ、気になるのは 準工業地域 でした。この意味もよくわかりませんが、以前に第一種低層地域が一番環境が良いと聞いた事があるので、準工業地域は良くないのかな??と思いました。どうなんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

とある建築屋さんです
準工業地域とは??.......詳しく説明しますと、恐らく文字数がOKWaveの規定を超えてしまう為とても長文で無理ですが、建築基準法の第27条、48条に絡む、用途地域の説明になります。

一番分かり易いのは、お住まいになられる役所に行くと都市計画図が御座いますし又は千円前後で販売しておりますのでご覧になると、地図と色分けと図で説明してあるのでわかります。

大体のイメージは、危険物(火薬、引火性加工製品、ガス製造、化学物質、特殊医薬品)を扱う工場と、個室浴場やそれに類するもの、以外はほとんど建築可能な地域と考えて下さい。
我々の一部の間ではなんでもありあり地域とも呼んでいたり、逆に言うと一番建築しやすい地域でも有ります。
商業地域の様に防火地域でも無いので、木造も問題無く建築可能ですし、建ぺい率、容積率、高さ制限も第一種低層地域の様に厳しく無いですので、土地を有効に使えますし、一番融通の利く地域と言えるのでは無いでしょうか。
私も仕事で色々な地域の工事を担当しますが、工事も一番やり易いです。
たしかに環境は第一種低層は圧倒的に閑静な住宅地ですが、準工業地域は、学校も有ったり商業施設が有ったり、大型の色々な施設なども有ったりと都会に住み慣れている方ならとても住み良い場合も御座います。(郊外、田舎の生活が長い方にはきついかも)
私個人は都会の下町生まれなので逆に閑静な場所は不便で住みづらく、
徒歩でほとんど何でもある準工業又は近隣商業地域のほうが便利で住み良いです。
商業地域までなると商業ビルの立ち並ぶ幹線道路や繁華街ですので、慣れが必用ですが。
ANo.1様の言うようにトラックは行きかいますので文句は言えませんがが、通学路などは時間でスクールゾーンに指定してあったり、町内会や住民で行政に掛け合えば、通行の制限を広げる可能性も御座います。

その場所がkaminariarasi様が気に入っているのであれば、買い、ではないでしょうか、特に困る様な地域では無いです。

ご参考になられたでしょうか。
kaminariarasi様のご計画がより良いものになりますようお祈りします!

とある建築屋さんです
準工業地域とは??.......詳しく説明しますと、恐らく文字数がOKWaveの規定を超えてしまう為とても長文で無理ですが、建築基準法の第27条、48条に絡む、用途地域の説明になります。

一番分かり易いのは、お住まいになられる役所に行くと都市計画図が御座いますし又は千円前後で販売しておりますのでご覧になると、地図と色分けと図で説明してあるのでわかります。

大体のイメージは、危険物(火薬、引火性加工製品、ガス製造、化学物質、特殊医薬品)を扱う工場と、個室浴場...続きを読む

Q建ペイ率、容積率について

購入する土地が敷地面積47.29m2、含む私道面積8.8m2とあります。建物面積は延べ45.64m2です。建ペイ率が60%、容積率200%となっていますが、この家は只今は2階建てですが、後々3階建てに増築することが出来るのでしょうか?
不動産屋さんは出来ますと言っていましたが、計算間違いをしているのでは・・・と思います。
詳しい方、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

建物の高さは、建蔽率、容積率とは別の制限があります。

「建ペイ率が60%、容積率200%」であれば、「住居地域」と思われますので、以下の制限がかかります。
<高さ制限>10m以下と思われますので、屋根の形状を考えれば、3階建ては建てられます。
<北側斜線制限>低層住居専用地域なら、北側の隣地境界線から5mまではOK、それ以上は「勾配」の制限があります。中高層住居専用地域なら、10mからの勾配になります。
<道路斜線>前面道路の反対側から、勾配による制限があります。

これらは、下記URLが、判りやすいでしょう。

次に、これらの制限を考慮しないで、お問い合わせの敷地でどの位の3階建てが建てられるか、計算してみましょう。

敷地47.29m2-私道8.8m2=38.49m2が、対象の土地面積になります。
建蔽率の上限は、38.49×60%=23.09m2
容積率の上限は、38.49×200%=76.98m2
です。

現在の建物が、延べ45.64m2ですから、総2階建てなら、建築面積は、
45.64/2=22.82m2で、制限以内です。

すると、延床面積で建てられる76.98m2-現在の延床面積45.64=31.34m2が、3階に建て増しできる面積の上限です。

しかし、今の建築面積より大きい3階を建て増すのは困難ですから、今のまま3階に伸ばす、22.82×3=68.46m2が、上限です。

これから、最初に述べた各種制限をクリアーすることになりますので、総3階建ては無理で、2.5階建て位になるでしょう。

参考URL:http://www.ads-network.co.jp/kiso/ki-b-05.htm、http://www.ads-network.co.jp/kiso/ki-b-04.htm

建物の高さは、建蔽率、容積率とは別の制限があります。

「建ペイ率が60%、容積率200%」であれば、「住居地域」と思われますので、以下の制限がかかります。
<高さ制限>10m以下と思われますので、屋根の形状を考えれば、3階建ては建てられます。
<北側斜線制限>低層住居専用地域なら、北側の隣地境界線から5mまではOK、それ以上は「勾配」の制限があります。中高層住居専用地域なら、10mからの勾配になります。
<道路斜線>前面道路の反対側から、勾配による制限があります。

これらは、下...続きを読む

Q準工業地域などの種類について

住宅のチラシにかかれている第1種居住地域や準工業地域、容積率や建平率などの言葉や、他に住居地域にはどのような種類があるのかなどを教えて下さい。また、そうゆうことを説明しているサイトはありますか?

Aベストアンサー

住宅、商業、工業といった土地利用の用途は「都市計画法」に分類が定められています。
また、それぞれの分類ごとにどれだけの容積や建蔽率が許容されるかというのは「建築基準法」に規定があります。
このなかから、各地域が地域特性を勘案してそれぞれの都市計画にあわせて数字を選んで指導を行うわけです。
#1のご回答中にあるURLは神戸市のものですから、容積率・建蔽率は神戸市が選択したもの、という限定をつけないと誤解を招きます。(例えば今では商業地域の法定容積率は1000%が上限ですが、神戸市では900%までしか認めていません)

参考URL:http://www.tamurakoumuten.co.jp/kentiku/youto.html

Q建坪率容積率の調べ方は?

自分の住んでいるところの用途地域や建坪率、容積率を調べるには
どこで調べたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 ご自身が住まわれている市(町や村)役所の都市計画課なり、建築指導課という
課があると思いますので、そこで問い合わせるとよいでしょう。

Qマンション購入 近隣商業地域・準工業地域は問題ないか?

こんにちは。
中古マンションを東京都内で購入を考えています。

いくつか探していると、いいなと思える物件の用途地域が
近隣商業地域・準工業地域になっているマンションが見つかります。

建物の新しさや広さ、駅からの距離等を考えると
かなり条件のいい金額なのですが、
やはりこれらの用途地域だから安く売り出されているのでしょうか?

ちょっと調べた所、この用途地域は、基本的に(よほどひどい建物でない限り)
なんでも建てる事が可能で、住宅地としてはあまりよくないのかな、と
思いました。
実際には、ケースバイケースで、工場の事務所や倉庫などがあるだけで
そう環境が悪くない場合もあるのでしょうが、
やはり、将来近隣に何を建てられても文句が言えないという
このような地域に建てられたマンションというのは
購入しない方が得策なのでしょうか?

将来、売り出す時に、売値価格が大幅に下落する可能性等も
気になりますし。。。

正解のない事なのですが、
皆さんはどのようにお考えでしょうか?

Aベストアンサー

中古とのことなので、周辺環境はもうすでに見ることができると思います。
用途が近隣商業・準工業でも、工場がある場合もあれば住宅地の場合もあります。
最近は、不採算の工場や不要な土地を処分する企業が多いので、工場が撤退した後、その跡地に建ったマンションが多いです。
その場合は、その工場の敷地だけが準工業で、周辺はぜんぶ低層住居専用だったり・・ということもあります。
もしそこも低層住居専用だったらマンションは建たなかったわけで、それは環境のいいマンションといえると思います。
(周辺住民にとっては、高いマンションが建つことは寝耳に水だった可能性もあり、工場よりましだと喜ぶ場合もあり・・)

自らの敷地の用途地域よりは周囲の用途地域を気にする方がいいかもしれません。
バルコニー側に、単独地主の大きな土地が無く、一戸建てが建ち並んでいるのならばいいと思います。
大きな敷地があると、なにかが建つ可能性が大です。そのマンションが建ったように・・。
(一戸建てをいちいち買収して取り壊してマンションやお店を建てることはないと考えられるから)
あまりないかもしれませんが、一戸建て群が単独地主の借家かもしれないので土地の謄本も調べると確実でしょう。

価格への影響は私はわかりませんが、もし影響があるとしたら、質問者さんはその影響で安く手に入れることができるわけですから、売却の際安くてもそれは損しているわけではないと思います。

中古は既に見られるというところが新築にないメリットなので、メリットを活かして、よくご覧になるといいと思います。

中古とのことなので、周辺環境はもうすでに見ることができると思います。
用途が近隣商業・準工業でも、工場がある場合もあれば住宅地の場合もあります。
最近は、不採算の工場や不要な土地を処分する企業が多いので、工場が撤退した後、その跡地に建ったマンションが多いです。
その場合は、その工場の敷地だけが準工業で、周辺はぜんぶ低層住居専用だったり・・ということもあります。
もしそこも低層住居専用だったらマンションは建たなかったわけで、それは環境のいいマンションといえると思います。
(...続きを読む

Q準工業地帯

うちの周りは住宅が最近増えてきて、工場より住宅が多い気がしますが。準工業地帯です。工場の騒音をいうと、準工業地域なので。との回答。住宅地域に変更して欲しいと思うのですが、難しいでしょうか。手続きは何が必要でしょうか。やっぱり、みなさんおだやかに黙っておくものでしょうか。

Aベストアンサー

#5です。原則的な間違いのある回答があるので、追記します。

現在の用途地域の指定は、各自治体が行っています。
ですので、用途地域の指定の変更は自治体レベルで可能です。

また、特定の区域で制定する「地区計画制度」では、そこに住む住民の協定により効力を持ちます。
当然、工場もその住民に含まれるので、住民の総意には至らないでしょう。

逆に、工場から地域地区として工業振興地域の要求が出される可能性があり、規制緩和の方向になる場合もあります。
実際にその動きをした地域もありましたが、中心になる企業が倒産してしまい、立ち消えになりました。

Q準工業地域の家賃

今の賃貸マンションに住んで10年目です。
某有名企業に隣接していて、ここ2年前から、早朝から夕方まで騒音を出し始めました。何度か手紙を書いたのですが効果はありません。市役所に尋ねると、騒音に関しての法律はないということでした。気が付くと他の中小企業にも囲まれています。私としましても、『準工業地帯』というのがよくわからないので及び腰です。

そして、家賃は入居時は相場でした。今はこのご時世で下がってるようです。我家は高い家賃と騒音で腑に落ちません。

『準工業地帯』というのはこういう場合どのくらいの重さがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

準工業地帯ではなく、準工業地域だと思います。
これは、用途地域の分類の一つで、工業系の区分になります。用途地域については、参考URLを見て下さい。

準工業地域とは、環境の悪化をもたらすおそれのない工業の利便の増進を図る区域となっており、住宅の建設もできますが、住環境としてはかなり悪い方の部類になります。本来が工業用地ですから、役所も工場に対して強く指導することはできないでしょう。

どうしても騒音に我慢できないようでしたら、住居系の立地にある住宅に引越しするしかないと思います。
なお、家賃については、利便性や駅からの距離などの条件が同じなら、普通は工業系の立地の方が住宅系の立地よりも安いです。

参考URL:http://myhome.nifty.com/oyaku/kouza/59.htm

Q居住地域について

建売の購入を考えています。(既に建築済み)
間取りも 日当たりも気に入って 契約の段階まで来ているのですが
どうしても気になることがあります。

実は 購入予定の建売の土地の部分ですが ちょうど真っ二つになる
感じで”第一種居住地域”と”第二種居住地域”と分かれているのです。

ウィキペディアなどで第一種と第二種の説明を読み 
何となく理解はしましたが こういった一種・二種の境界が
家のど真ん中を通っている、というのは 何か不都合は無いのでしょうか?こういったことはあり得るのでしょうか?

ちなみに 状態としては 第一種側に4M私道隣接、第二種側は旧中仙道に隣接しています。

実家の父が 「大体 こういった境界は 道路になるはずだが…」と
不思議がっています。そうならば なぜ旧中山道が境界にならないのかも不思議です。

建築法に全く疎い為 的外れな質問をしているかもしれませんが
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

用途地域の境界が敷地内にあることは、めずらしいことじゃありません。
たとえば、大きな街路にそって商業地域などがあり、街路の境界から30mほど下がった線から住居系地域になるとか…
かならず道路が入る、ってことはないですよ。
そういう意味では、旧中仙道とかは逆に境界になりにくいです。

敷地内に2以上の用途地域が存在する場合は、設計上その点をきちんと把握していれば特に問題はありません。
建蔽率や容積率はその面積に応じて算出されますし、防火規定などは厳しいほうが使われます。
敷地の用途がどうこう…より、建物のほうがきちんと設計され、検査を受けていれば問題ないと思います。

参考URL:http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/jigyo/05/bss_a_t1.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報