『ヒトの社会とヒト以外の霊長類の社会について、両者の相違点を具体例をあげながら、簡潔に述べてください』簡単そうやけど、意外と難しいのでよろしくお願いします。
道具や言葉の使用は一応、タブーでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご質問の意図は社会組織、或いは社会生活ということを比較したいのであると認識して回答します。


霊長類の社会単位は家族を中心としたグループであることが一般的ですネ。そして、ヒト社会と異なるのは、別の社会単位(グループ)はすべて敵対関係にあるということでしょう。ヒト社会でも排他的な関係はありますが、出会ったとたんに殺し合いを行う関係というのは一部の戦争中の国家や暴×族などのような一部グループにのみ見られる異常事態であると言えますネ。
ボスは群れを統率し、外的から群れを守るためのものであり、その方法がヒト社会に比べて直接的な方法で選ばれます。かつてのヒト社会でもそういう面があったのですが、文化程度が高まるに連れて体力・戦闘能力以外の評価が大きくなったことが他の霊長類と異なるといえます。
非常に大きな違いはヒト社会では個人レベルでの異性を巡る奪い合いがありますが、他の霊長類ではボスにのみ、その群れのメスに対する性行為が認められていることでしょう。数頭~100頭程度の群れのメスは全てボスに帰属しています。この規律に逆らうことはボスとの対決を意味し、場合によっては群れを追い出されることにもつながります。他の霊長類で群れから離れて生き抜くことは非常に過酷なものです。どこかの群れに受け入れてもらい、最下級の身分から一つずつ地位を勝ち取っていかなければならないからです。ヒト社会での転職とは比較にならない、命そのものを賭けた移動であることで、両者には大きな違いがあると言えますネ。
簡単にまとめてみました。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

誠に真剣なご意見ありがとうございます。いろいろ納得できることがありました。しかし、一つ質問なんですが、群れの中の性関係ですが、ボス以外のオスは本当に他のメスと性関係を持たないのでしょうか?専門的な質問かもしれませんが、もしご存知なら教えてください。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/01/04 01:45

個人的意見として…


1,創造、発明ができる。これはいまのところどんな霊長 類もやってないはずです。チンパンジーでも偶然にか、 彼ら以上の高等知的生命体(つまりわれわれ)による  教育による道具の道具の使い方しかできないはずです。
 プログラミングや、おばあちゃんの知恵袋的な考えは人 間だけでしょう。もっともこれは質問者のタブーギリギ リかもしれませんが。
2,未来を予想し、それに対する対応がとれる。これは死 を恐れることも含まれます。
3,他の被造物(動物、植物、鉱物などの総称とする)を分析、比較し、それを自由に使うことができる
4,祈ることができる。または、神や霊界、魂、悪霊など の存在を認識できる<もっともこれは人によりますが>
 しかしどんな無神論者でも、「苦しいときの神頼み」は するでしょう?共産主義の創始者のあのカール・マルク スですら、神は意識していたのですから。
5,物事(景色、書物、映像など)見てさまざまなことを 想像できる。
6,自分のやっていることを理解できる。
 ま、こんなとこではないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ