こんにちは。

法律に関してはド素人なので、恥ずかしながらも基本的なことを質問したいと思います。(野村沙知代の判決が気になって)

よくTVのニュースなどで耳にする執行猶予という言葉、これはどういう意味なのでしょうか?実際の事件の判決で言えば「懲役2年執行猶予3年」というような判決がありますが、この場合どういったことになるのでしょうか?

私の想像ではその3年の執行猶予の期間はおとなしくして無犯罪でいれば2年の刑務所生活を免れる、しかしもし軽犯罪でもおかせばどんな犯罪(万引きでも?)でも問答無用で即刻2年の刑務所生活、と考えていいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 「執行猶予」についての直接的な回答ではありませんが、下記の点についてちょっと。



>前大阪府知事は、あと何年おとなしくしていようと、「前科者」であることに間違いありません。
 

 法律の中には、「禁固刑以上の刑に処せられた者は、この資格を取得することができない」ということが定められているものもあります。しかしながら、自分の犯した罪を反省し、何事もなく刑期を終え、その後に更生して生活している者に対してまで未来永劫に罪を負わせることのでは、あまりにも酷です。

 そこで、日本の刑法では、たとえ有罪判決を受けて禁錮刑以上の刑に処せられても、その刑の執行が終了した後に一定の条件を満たした場合(具体的には、罰金以上の刑に処せられることなく10年が経過した場合)、刑の言い渡しの効力を失わせることと定めています(刑法第34条の2)。つまり、前科は消滅します。

 ですから、「あいつ、20年ぐらい前に刑務所に入っていたらしいぜ」「え~、じゃあ、前科者かい!?」という会話は、本当は間違いなのです。

 執行猶予に関しても、猶予が取り消されることなく期間が終了すれば、刑の言い渡しの効力はなくなります(刑法第27条)。

 ご参考までに。
    • good
    • 0

2の答えで


>この、執行猶予期間中に新たな犯罪を犯さずに、期間が過ぎれば、有罪判決は無かったことになります。

「執行」が猶予されても「有罪判決」自体は消えません。消えるのは「罰」であって「罪」ではない。
したがって、前大阪府知事は、あと何年おとなしくしていようと、「前科者」であることに間違いありません。
    • good
    • 0

>「懲役2年執行猶予3年」というような判決がありますが



 他には「執行猶予の期間は、宣告刑の刑期よりも長くなければならない」
という暗黙の規定もあります。
 刑法や他の法律でこのことを明確に定めた条文はありませんが、
諸判例からして、そう考えるのが妥当であり、もしかしたら裁判所の内部の規定(?)でも
そのようにするように定められていると思われます。

 たたえば、ある犯罪の法定刑の最高刑が1年以下の懲役であったとし、
初犯で情状の余地があり、執行猶予を言い渡す際には「懲役1年」に加え、1年を越え、最高5年の執行猶予を
言い渡すことがあります。

 そのため、たとえ宣告刑が1年未満の懲役であったとしても「懲役(1年未満)執行猶予5年」を
言い渡すことも理論的には可能です。
 懲役3年で執行猶予を言い渡すとするのであれば、その執行猶予の期間は3年を越えなければならず、
実質的には「懲役3年執行猶予5年」を言い渡すことになります。


>しかしもし軽犯罪でもおかせばどんな犯罪(万引きでも?)でも、
>考えていいのでしょうか?

 厳密に言えば、先述の懲役2年に加え、猶予の期間中に犯したその犯罪によって
言い渡される刑も合わせて受ける羽目になります。

刑法第二十六条の二の「刑の執行猶予の言渡しを取り消すことが『できる』」は
全くの例外的なものであり、「刑の執行猶予の言渡しを『取り消さなければならない』」と同じと
考えて差し支えありません。

したがって、実際のところ問答無用で即刻2年+αの刑務所生活になる、と考えた方が良いです。

第二十六条 次に掲げる場合においては、刑の執行猶予の言渡しを取り消さなければならない。ただし、第三号の場合において、猶予の言渡しを受けた者が第二十五条第一項第二号に掲げる者であるとき、又は次条第三号に該当するときは、この限りでない。
 一 猶予の期間内に更に罪を犯して禁錮以上の刑に処せられ、その刑について執行猶予の言渡しがないとき。
 二 猶予の言渡し前に犯した他の罪について禁錮以上の刑に処せられ、その刑について執行猶予の言渡しがないとき。
 三 猶予の言渡し前に他の罪について禁錮以上の刑に処せられたことが発覚したとき。

第二十六条の二 次に掲げる場合においては、刑の執行猶予の言渡しを取り消すことができる。
 一 猶予の期間内に更に罪を犯し、罰金に処せられたとき。
 二 第二十五条の二第一項の規定により保護観察に付せられた者が遵守すべき事項を遵守せず、その情状が重いとき。
 三 猶予の言渡し前に他の罪について禁錮以上の刑に処せられ、その執行を猶予されたことが発覚したとき。

 いずれにしても、5年間何かしらの事件を引き起こさない限り、刑務所送りは免れると見て良いでしょう。
    • good
    • 0

執行猶予とは、ご質門の通りです。



もう少し詳しく説明すると、次の通りです。

裁判所が判決の際に、1年から5年にわたり、その刑の執行を猶予する制度で、刑法25条に規定されています。

(執行猶予)第25条
次に掲げる者が3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から1年以上5年以下の期間、その執行を猶予することができる。

執行猶予がつく条件は次の通りです。
1.前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者
2.前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった日又はその執行の免除を得た日から5年以内に禁錮以上の刑に処せられたことがない者

前に禁錮以上の刑に処せられたことがあってもその執行を猶予された者が1年以下の懲役又は禁錮の言渡しを受け、情状に特に酌量すべきものがあるときも、前項と同様とする。ただし、次条第1項の規定により保護観察に付せられ、その期間内に更に罪を犯した者については、この限りでない。

執行猶予がつくのは、3年以下の禁錮・懲役、又は50万円以下の罰金刑の場合に限ります。

又、執行猶予中は保護観察と云う制度が付く場合と付かない場合があり、保護観察が付くと引越す時や1ヶ月以上の旅行をする場合には事前に届出る必要があります。

この、執行猶予期間中に新たな犯罪を犯さずに、期間が過ぎれば、有罪判決は無かったことになります。
    • good
    • 0

下記URLに詳しい説明があります。



参考URL:http://www.e-hoki.com/cgi/soudan/shosai.cgi?seq= …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q懲役と執行猶予のバランスについて教えて下さい。

裁判における判決で、「懲役1年、執行猶予2年」あるいは「懲役2年、執行猶予3年」というような例がありますが、懲役に対して執行猶予は、その1.5倍から3.0倍まで、のようなバランスの取り具合みたいなモノはあるのでしょうか?また、懲役より執行猶予期間のほうが短くなるケースもあるのでしょうか?法律の専門家の方にお答え頂けると、有り難いです。

Aベストアンサー

 バランスの取り方のようなものはないでしょうが,実務的には,執行猶予期間は,3年から5年,2年というのもあり得るという感じでしょうか。1.5倍から3倍などというのは,あまり根拠のあるものではないと思えます。例えば,無免許運転では,懲役4月執行猶予3年などというのがあります。悪質性が高いとなれば,懲役4月執行猶予5年というのがあっても,どこもおかしくありません。

 ただ,懲役期間よりも執行猶予の方が短いというのは,現実にはなさそうです。

Q禁固1年6か月執行猶予4年の判決で窃盗の罪を犯し執行猶予を取り消されたら・・・

当然、窃盗罪で懲役1年の判決が出たら、併せて服役しなければなりませんけど。
ここで気になるのは仮釈放がどうなるかですけど、
(1)禁固刑を先に執行して、禁固刑で仮釈放が出たら、仮釈放式を行い、市原交通刑務所から府中刑務所に移送して懲役刑に切り替えるんでしょうか?
(2)1刑目は入所式→工場配属先決定→進級→仮釈放(満期釈放)ですけど、2刑目もこれの繰り返しですか?

Aベストアンサー

基本的には、重い方(長い方)から執行される(刑訴法474条)のですが、執行猶予取消しの関係で、窃盗罪の懲役刑から執行されることになると思われます。

この場合、窃盗罪の懲役刑で仮釈放基準に達するまで執行した後、それについて執行停止し、禁固刑の執行を行い、禁固刑のほうでも仮釈放基準に達した時点で、両方について仮釈放審査の請求をすることになります。

刑務所における現実的な処遇としては、1年+1年6月であれば、2年6月満期の扱いで連続的に処遇されます。別段、刑の切り替え時に刑務所を移動したり、入所式や進入教育からやり直すなどということはありません。

Q執行猶予と懲役について

懲役1年6カ月 執行猶予3年
という判決は
3年の間に再犯があれば、服役1年6カ月行う
3年の間に再犯がなければ、服役は無し
という解釈で合っていますか?

そこで疑問なのですが
執行猶予がつく限り、懲役の期間というのはあまり関係ないように感じるのですが・・・
判決で執行猶予がつけば、本気で更生する気さえあれば懲役は免れたのことになると思うで、懲役は1年半だろうが、2年だろうが重要ではないように思うのですが、どうのなのでしょうか。
もちろん懲役が決まれば、その期間は1カ月でも短い方が良いかと思います。
又、だれもが本気で更生しようと思っていないとも思います。

被告にとって判決のポイントは執行猶予がつくことと執行猶予の期間なのでしょうか?

Aベストアンサー

>3年の間に再犯があれば、服役1年6カ月行う
>3年の間に再犯がなければ、服役は無し

大まか理解としてはそれでいいと思います。詳しくは刑法25条~27条をどうぞ。

>懲役は1年半だろうが、2年だろうが重要ではないように思うのですが、どうのなのでしょうか。

単純な回答をすれば、執行猶予取り消しにならなければ関係ないです。執行猶予が取り消されると、その数字は意味を持つ数字になります。

この数字は一応もともと(基本的には)犯した罪の重さに基づいているので、やはりそれぞれの事情に応じた刑期が言い渡されるほうが真っ当と言えるかと思います。

Q刑事裁判の判決で執行猶予付き判決+罰金刑を課せられた場合、無事に執行猶

刑事裁判の判決で執行猶予付き判決+罰金刑を課せられた場合、無事に執行猶予が満了となった場合、納付した罰金は国庫から返金して頂けるのでしょうか?理屈としては、執行猶予が満了になれば『刑の言い渡しが無かったことになる』と解釈されているからです。

Aベストアンサー

結論としては、判決は執行猶予付き懲役または禁錮刑+執行猶予の付かない罰金刑で、罰金刑は執行済みであり、執行猶予は懲役または禁錮にしか付いていないのだから執行猶予期間の満了は、懲役または禁錮刑にしか関係がないというのはもうお分かりでしょう。

Q懲役2年6月、執行猶予5年ってどうゆうこと?

懲役2年6月、執行猶予5年って判決の意味がわかりません。
これって、実際に2年6ケ月牢屋にはいらなければいけないのですか?
執行猶予5年の意味もわかりません。

Aベストアンサー

懲役(2年6月)=(最長で2年6ヶ月の間)刑務所に入って所定の労働をしろ、ということ。
執行猶予(5年)=刑罰を直ちには執行しないで、執行猶予期間中(の5年の間に)罪を犯さなければ執行猶予期間が満了(となる5年が経過)した時点から刑そのものを帳消しにして無かったことにする、ということ。

執行猶予期間中に新たに罪を犯したりすると執行猶予が取消になることがあります。執行猶予が取消になると刑罰を執行することになるので刑務所行きになります。しかし、執行猶予期間中に新たに罪を犯したとしても、条件は厳しいですが執行猶予が取消にならないこともあります。

Q懲役1年6月、執行猶予3年

例えば初犯でこのような判決が確定して、執行猶予期間が終了する前に再犯

でも、逃亡し続け執行猶予期間終了後に逮捕、有罪確定となった場合
初犯の執行猶予は終了しているので再犯に初犯の刑が加算されることはないのでしょうか?

それとも、再犯を犯した日時が執行猶予中であれば再犯の分に初犯分が加算されてしまうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>再犯の裁判が有罪で確定した時点で、執行猶予が終了していれば、初犯分についてはもう執行されないということでしょうか

執行猶予満了されているんですから、当然執行されません。

Q懲役 執行猶予

懲役1年2月、執行猶予3年というのは、
どういう意味なのでしょうか。

「懲役」「執行猶予」の言葉の意味がわかりません。
(自分なりに調べたのですが、難しい言葉ばかりでさっぱりです・・・)

この場合、刑務所に入るのですか?

Aベストアンサー

執行を猶予することです。
この場合では3年間、ちゃんと生活すれば(犯罪を犯さなければ)
執行されません。(刑務所には行きません)
でも、この間に犯罪を犯すとこの分(1年2ヶ月)と」新たに犯した
罪の分を償わねばなりません。
その際は執行猶予とはなりません。
すぐに刑務所行きです。

Q社会的地位を利用した犯罪者がその地位を失ったあとに執行されるに対する執行猶予付き判決に意味があるのか

社会的地位を利用した犯罪者がその地位を失ったあとに執行されるに、執行猶予付き判決に意味があるのか。該当の職を罷免させられた後に、同じ地位で同様の犯罪(例えば、贈収賄)を犯すことはないのだから、必ず刑は執行されないことに、なるのではないだろうか?それとも同様の犯罪ではなくても、同等の判決が予想される犯罪をおかしたら、執行猶予は解除されるのだろうか?

Aベストアンサー

執行猶予期間中は、交通事故で刑事事件になった場合にも、
取消しとなります。

参考まで。

http://homepage1.nifty.com/lawsection/tisikibako/sikkouyuuyo.htm

Q執行猶予つきの判決なのに 保釈金払うのは何故でしょう 懲役二年 執行猶予五年の場合 実際二年間刑務

執行猶予つきの判決なのに 保釈金払うのは何故でしょう

懲役二年 執行猶予五年の場合
実際二年間刑務所入った後に その後五年間は何もなければその罪は なかったよと言うことでしょうか?

Aベストアンサー

一審か二審で、懲役二年執行猶予五年の判決が出ただけで、まだ裁判が結審しておらず、刑が確定していないからです。 通常刑が確定するまでは、被告人が証拠隠滅を図ったりしないように、拘置所などで身柄を拘束されます。 ただし、身柄を拘束し続けることによって被告人の生活や仕事などに重大な支障をきたすような可能性もあり、被告人を拘束し続けることは、被告人の社会復帰を阻害することになりかねないという観点から、保証金を積むことによって拘束を解く保釈制度があるのです。 すなわち、被告人の出頭確保などによる刑事司法の確実な執行と、被告人の社会生活の維持との調整を図るための制度です。 執行猶予つきの刑が確定すれば、猶予期間中に犯罪を犯さない限り、刑務所に収監されることはないので、保釈金も返還され条件付きの自由の身となります。

Q執行猶予5年の判決とは?

毎日新聞のニュースで、
「昨年8月~今年2月まで、自宅で自分の長女に十数回わいせつな行為をさせ、携帯電話のカメラでその様子を撮影。
画像を児童ポルノの携帯電話用ホームページで仲間に送った。」「懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役4年)の判決」
とありました。
知りたいのは、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役4年)の判決
とはどういう意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

直接的な回答は、既に他の回答者の方が述べておられるので、私は執行猶予の現状等について回答したいと思います。


実際のところ、懲役の場合61.3%(2002年)の判決に執行猶予がつくようです(検察統計年報より)。

こう見ると言うまでもないですが、半分以上の判決に執行猶予がついているのが現状で、今回の判決が特別だということでもなさそうです。

そもそも、執行猶予制度とは「犯情により必ずしも現実的な刑の執行を必要としない場合に、一定期間その執行を猶予し、猶予期間を無事経過したときは刑罰権を消滅させる制度」です。

要するに、事案によっては刑を執行する必要がない場合には執行しないでおこうってことですよね。

結局今回の場合は#4の方もおっしゃっています事情や真摯に反省もしている等の事情を考慮して執行猶予がついたのだと思います。
報道には出てこない事情ももちろんあるでしょうね。
一般的には、示談が成立している、被害者や遺族に謝罪している等の事情も考慮されるようです。

さらに現実問題として、現在の刑務所事情も執行猶予が付きやすい要因になっているのではないかと思います。
つまり、全国の刑務所はもはやパンク状態です。犯罪は増えて、在監者の数が多すぎるのです。
ここで、執行猶予制度を消極的に運用すると・・・(以下略)
じゃあ、刑務所増やしましょう、とは簡単にはいかないのでしょう。
まずは、用地取得。多額の税金がかかります。周辺住民が刑務所できると知ったら、反対運動。断念。
仮に無事用地取得。刑務所建設費用。刑務官の採用などなど、相当の時間とお金がかかります。

まぁ、そこらのことを上手くやるのが行政の仕事なわけですけど。

ちなみに、日本の刑事手続の目的は、被疑者や被告人の人権の保障と真実発見です(刑訴法1条)。
被害者の立場は一部の条文を除いて、考慮されていません。
近年それが問題化して、様々な法令を整備しているようですが、まだまだ不十分でしょうね。

長文失礼しました。

直接的な回答は、既に他の回答者の方が述べておられるので、私は執行猶予の現状等について回答したいと思います。


実際のところ、懲役の場合61.3%(2002年)の判決に執行猶予がつくようです(検察統計年報より)。

こう見ると言うまでもないですが、半分以上の判決に執行猶予がついているのが現状で、今回の判決が特別だということでもなさそうです。

そもそも、執行猶予制度とは「犯情により必ずしも現実的な刑の執行を必要としない場合に、一定期間その執行を猶予し、猶予期間を無事経過したときは...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報