「金は天下の回りもの」
という言葉がありますが、これってどういう場合に使う言葉なのでしょうか。

何か教訓などはないのでしょうか。

例えば、
・お金は使えば使うほどめぐりめぐって自分の所にたくさん戻ってくるのだから、貯金するよりもなるべく使ったほうがよい。
・お金はお金持ちのところばかりではなくて、貧乏人のところにも巡ってくる。貧乏だからと言って嘆くことはない。
・役人は税金をどんどん(?)使う。それは賄賂として自分のところにお金が巡ってくるからである。
・世の中の人々はみなお金でつながっている。友達の友達はみな友達であって、みんな仲良くしましょう。
・お金を使っても、いつか自分のところにもどってくる。お札に自分の名前を書いておけばそれがわかる。
・お金は旅人である。
・お金は次から次へと別の人のところへ渡ってしまい、自分のところには戻ってこない。
・この世の中はお金で成り立っている。
・貯金しようと思っても、お金はどんどん自分のところから出て行ってしまう。倹約貯金に はげめ。


・・・など。



gooの国語辞典で調べたら、次のように書いてありました。特に、どういう場合に使うかは書いていませんでした。


かね 【金】

――は天下の回り=もの(=持ち)

金銭は一か所にばかりとどまっているものではなく、世間を回って動く。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

これって私の大好きな(散財するときに都合のいいように使ってる)『ことわざ』なのよね


(ё_ё)!!

子供の「ことわざ辞典」には~

お金は人の手から人の手へと渡っているものだから、いつかは自分の所にも回ってくる。お金がなくてもくよくよするなということ。
お金のない人をはげます意味に使われる。

って?私いつも自分を励ましてるのかしら?(^^ゞ
お金の計画性0の私には便利な言葉なのよね♪

しかし・・・aabbccddeeffさん・・・なんで明け方の(04:45?)に考えたの???
ツンツン(*・・)♂

この回答への補足

(回答No.5まで見たところで)

>子供の「ことわざ辞典」には~
>お金がなくてもくよくよするなということ。
>お金のない人をはげます意味に使われる。

基本的には、回答No.1、No.2と同じですね。
これが標準的な使い方なんでしょう。

>これって私の大好きな(散財するときに都合のいいように使ってる)『ことわざ』なのよね

ちょっと風向きがかわりましたね。そういう解釈もありそうですね。
でも標準的な使い方は、「貧乏人にもそのうちお金はめぐってくる」ということなんでしょう。

>なんで明け方の(04:45?)に考えたの???

いま考えてみると寝ぼけていたのか、私は質問でむちゃくちゃな解釈をしていますね。

補足日時:2002/03/21 12:38
    • good
    • 0

金は天下の回りもの、という言葉は経済の実態を表す言葉です。



経済というものを単純にとらえると、お金を仲介とした物やサービスの交換ですが、これらの交換が盛んになるということはお金(通貨)がその世界を動くということになります。つまり、経済とはこういうものであるという基本認識を示す言葉であり#2の方のいう
>どういう場合に使うか、といった種類の言葉ではなく、
>世の中の理として、自分の内に蓄えておく言葉ではないですか。
というのもこれと同じ意味でしょう。

さて、このような基本認識があれば
お金の無い人に→今は無くてもそのうちにお金は回ってくるから心配するな。
という慰めの言葉として使ったり、
お金のある人に→自分の所に貯めて流れをせき止めるのでなく、天下に回るようにしなければならない。
つまり、積極的に使いなさい、というような行動指針を与えたりできます。

この言葉をもし教訓という側面でとらえようとするなら、それは、経済とはこういうものだよと教え諭す時に使う言葉です。ですから、特別な使い方というのはないでしょう。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

>ですから、特別な使い方というのはないでしょう。

どういう使い方をしなければいけないか、という点で言えば、
もともと、使う人がその場に応じて使えばいいのであって、
「こんな使い方はおかしい」なんて言うほうがおかしい、

私はそのように思いますし、このご回答でもそのような立場に立っていることと思います。


また、
私(質問者)が「教訓」「教訓」って繰り返すものだから、
なにか教訓を見つけて回答しなければいけない、
って思う人がいるかもしれませんが、そのようなことはありません。

(質問から。)
>何か教訓などはないのでしょうか。

この点に関して皆さんのご回答を見ると、どうも決まった教訓っていうものは特になさそうですね。
「特にない」っていうのは、(教訓として使ってはいけないということではなく)「教訓として使いたければ勝手にそう使えばいいでしょ?」ということです。

#################################

(ことわざや慣用句としてではなく)「金は天下の回り物」という言葉の字面どおりの意味を考えると、私は、1万円札とか100円玉という貨幣や紙幣が人から人へと手渡されるさまを思い浮かべます。
お札にその持ち主が次々に名前を書いていくと、どんどんお札の表面が名前で埋まっていくんだろう、
きっとそのうち自分のところに戻ってきて、「あ、私の名前 はっけん!」なんて叫んだりするんだろう、
などと想像します。
 貨幣には、たくさんの人の手のひらの手垢がくっついているんだろうなあ、と考えます。

貨幣や紙幣が人から人へ渡っていっても、別に、「貧乏人にもお金がやってくるのだからくよくよするな」という意味にはなりません。
貧乏人のところでは、100円玉がやってきて、1万円札が出て行く、という現象が起こっているのかもしれません。

お金が天下を回れば回るほど、貧乏人がより貧乏になっていく可能性があります。
というより、貧乏がどうとか考える時点で、字面どおりの意味とは ずれがあるように思います。

また、私は「金(かね)」とは、茶封筒に入った札束のようなものを想像したりすることもあります。(札束というものが封筒に入りきるのかは知りません。)


しかし、辞書で「かね(金)」を引くと、財産の意味もあるので、
「金は天下の回り物」の字面どおりの意味は「財産や富は人から人へと移る」である、と考える人もいるだろうと思います。
そうすると、「貧富は固定していない」「貧乏でもくよくよするな」「お金持ちも貧乏になるかもしれないぞ」という解釈が自然に出てきます。

「金は天下の回り物」を辞書やことわざ辞典を見ると、このような説明をしていることが多いようです。


「金は天下の回り物」の「金(かね)」をどう解釈するか、
それは紙幣や貨幣のことなのか、茶封筒に入った札束なのか、それとも家とか土地とか車のことなのか、
どうもそこらへんに解釈の差があるようなのです。


ただ、これまでのご回答を見ても、この言葉の「金(かね)」を紙幣や貨幣とするような捕らえ方は、世間ではされていないようです。


もうひとつ、この言葉の「回り」ですが、これを次のうちのどちらで解釈するかも重要だと思います。
・自分から人に渡った物が自分の所に戻ってくる
・人から人へと渡る(「戻る」という意味ではない。)

世間では、両方の捕らえ方があるようです(No.4のご回答は前者に思えます。)が、どちらかというと後者の傾向が強そうです。

(ここのご回答より。)
>お金のある人に→自分の所に貯めて流れをせき止めるのでなく、天下に回るようにしなければならない。
>つまり、積極的に使いなさい、というような行動指針を与えたりできます。

ここでも、
自分のところに「戻ってくるから」たくさん使いましょう、
とはおっしゃっていません。


そういうふうに考えてみると、私が質問で挙げた解釈例には、
割と世間一般の解釈に近いものと、へんくつな解釈とがあることがわかります。
(繰り返しますが、これは正誤の問題ではありません。)

>・お金は使えば使うほどめぐりめぐって自分の所にたくさん戻ってくるのだから、貯金するよりもなるべく使ったほうがよい。→ △ (×に近いかも。)

>・お金はお金持ちのところばかりではなくて、貧乏人のところにも巡ってくる。貧乏だからと言って嘆くことはない。 → ○

>・世の中の人々はみなお金でつながっている。友達の友達はみな友達であって、みんな仲良くしましょう。 → ×

>・お金を使っても、いつか自分のところにもどってくる。お札に自分の名前を書いておけばそれがわかる。  → ×

>・お金は次から次へと別の人のところへ渡ってしまい、自分のところには戻ってこない。 → △

>・この世の中はお金で成り立っている。 → △

>・貯金しようと思っても、お金はどんどん自分のところから出て行ってしまう。倹約貯金に はげめ。 → △


ちなみに、「金は天下の回り持ち」という言い方もあるそうですね。(私はこの言い方を知りませんでした。) 長くなるんで、こちらのほうにはふれません。

補足日時:2002/03/23 23:28
    • good
    • 1

もう1度書き込ませてください(*'-'*)・・・NO3のtukusi33です。



>私の質問の書き方が悪かったのです。(・_・。))
・・・そうかも?です。

私は、この「ことわざ」の教訓は=お金に執着するな・・・なのではと思ってます。

そう考えると今このことわざを一番聞くべきは言うまでもなく(?)永田町の住人さんたちでは?と思ってしまいます。

また、このことわざを庶民に向けて一番言いたいのは官邸の主なのかも
「貯め込まないで使ってくれ!景気回復の為に!」

「貯め込みたくてもモノが入ってこないよ~!」と言いたい!

やっぱり脱線してますね。私の回答は・・・(*o☆)\バキッ(_ _ )/ハンセイ
失礼しました~m(._.)m
    • good
    • 0

「金は寂しがり屋だから、仲間のところに集まる」


と対で「天下=金持ち」の間でぐるぐる回っている…
てなのはどうでしょうか?

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

ひとつ聞きたいのですが、
天下=金持ち
なのですか??(-_-)ウーム

確かに、「天下」という言葉には「国家を支配する権力」というような意味があるようなので、そういう権力を握っている人を金持ちだと言うなら、わかるのですけど。。。。

もっとも、お金というものがお金持ちの間でめぐっている(貧乏人の所にはなかなか来ない)ということは実際言えると思います。

#######################

【重要】
みなさんに誤解がないように断りますが、ここの質問は、
「金は天下の回りもの」 という言葉はどのような場合に使うべきか、教訓は何か、それとも教訓などそもそもないのか、いろいろ使い方があるなら標準的な使い方は何か、あなたの普段使っている使い方は何か、
ということを聞いているのであって、

この言葉の解釈をいろいろ創作してみてください、

という趣旨ではないので、ご理解ください。

私は質問でいろいろ適当な解釈をしていますが、決して「皆さんも解釈を創作してみてください」ということではありません。
質問を見て誤解された方がいたら、すみません、私の質問の書き方が悪かったのです。(・_・。))

 いろいろ個性的な解釈を創作していただいた場合にはそう明示していただければけっして拒みませんが、適当に読み流しますので、そのつもりでご回答ください。

 ここまでのご回答をまとめさせていただきますと、
「貧乏人のところにも金はめぐってくる。貧乏だからといってくよくよするな」
という意味であり、貧乏人を励ますときに使うのが本来の使い方のようですね。
そして「お金はどんどん使いましょう」という使い方をする人も中には いる、
というところでしょうか。

(この補足を書いた時点の最終回答=No.5)

補足日時:2002/03/21 13:50
    • good
    • 0

こんにちは!


私の、私見を聞き流してください。

『使い方次第でお金は、巡り、巡って自分の所に友達を連れて戻ってくる。』

 こんな思いはいかがでしょうか
お金は、上手にどんどん使えばどんどん増えるし、けちけちして、しみったれた使い方をしていれば、いくら節約していても貯金できないし。世界中のお金を自分の所に物理的に集めたとしても、何の役にも立たないでしょう。やはりお金は、
 『使ってなんぼのもの』じゃないですか

 使うべき時、所ではおしげなく使えばそれは世間で役立ち、それは又、使った自分のところに戻ってきます。

 ある人の話で、『支払日ほど楽しい日はない』と話す方がいらっしゃいますが、
気持ちよく支払えば次もまた、気持ちよく働い戴けるでしょうし、逆なら金輪際この者の手助けはするものかと思うでしょう。

 金銭ほど人の心に敏感な生き物はない。使うべきところにどんどん使う人には寄ってくるが、しみったれた人からは逃げ出してしまう。
金は天下の回りものと言うが、使う人の心次第で金銭の流れも変わるところが面白い。

 『財貨は欲の分だけ差し引かれる』    ある日めくりの1ページより引用

なかなか含蓄のある言葉ではないですか。

 ものは上手に使うところに集まってくる。みんな上手に感謝されて、大事に使って欲しいんですよね。

この回答への補足

>私の、私見を聞き流してください。
ということなので、聞き(読み)流しましたが (#^.^#)

「情けは人のためならず」
(人に情けをかければ、めぐりめぐって自分によい報いがある。)
に近い解釈ですね。

補足日時:2002/03/21 13:07
    • good
    • 0

他に、広辞苑で調べてみると、「貧富は固定したものではない」と載っていました。


どういう場合に使うか、といった種類の言葉ではなく、世の中の理として、自分の内に蓄えておく言葉ではないですか。

この回答への補足

>「貧富は固定したものではない」と載っていました。
これは、お金持ちも貧乏になるし、貧乏人もお金持ちになる、
ということですね。

>どういう場合に使うか、といった種類の言葉ではなく、世の中の理として、自分の内に蓄えておく言葉ではないですか。

これは意味がわかりません。

補足日時:2002/03/21 05:58
    • good
    • 0

金は世の中を動いているから、くよくよせずともいつかは自分の所にも回ってくる、というところらしいんですよね、言葉自体の意味としては。


教訓を含む言葉と言うより、金はいずれ自分のトコロにも順番に廻ってくるはずだから、あんまり妄着するなよってところでしょう。
しかし、改めてかんがえてみるとたしかに、用例ってききません。

この回答への補足

ありがとうございます。
今は貧乏でもそのうちお金持ちになる、という感じですね。

補足日時:2002/03/21 05:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(締め切り後のお礼)
一番先にお答えいただき感謝いたしたいのですが、お二人にしか点はつけられないようなので、ご容赦ください。

お礼日時:2002/03/25 21:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刑法の『者』の読み方

大学の刑法の授業で、例えば「人を殺したる者は…、」という条文の『者』は、人ではなく行為を意味するものだから、「もの」ではなく「しゃ」と読む、と学者は言っていたのですが、
ほんとうにその読み方でいいのですか?
常識はずれで不自然な読み方だと思うのですが。

Aベストアンサー

法律上は規定なし。
法学上(講学上)通説や多数説、有力説か如何かは知らないが、社会科学に絶対的正解など存在しないので其の学者の支持する説はそうであると言う事です。

Q金持ちも貧乏人も時間は平等であり、時間はお金で買えないものであり、金持ちは時間よりお金を選んだが、貧

金持ちも貧乏人も時間は平等であり、時間はお金で買えないものであり、金持ちは時間よりお金を選んだが、貧乏人はお金はないが時間がある。

お金で買えない時間が金持ちより多い貧乏人は時間を何に消費しているのでしょう?

Aベストアンサー

時間を金に変えられない貧乏人は、時間を無駄に消費しただけだと思います。

Q松川事件の容疑者(判決無罪)の浜崎二雄さんの読み方を雄教えてください

松川事件の容疑者(判決無罪)の浜崎二雄さんの読み方を雄教えてください

Aベストアンサー

#1です。詳細が揃いましたので、改めて回答します。

名前の読み方は、
『バマザキ フタオ』
さんでした。

出典は、

タイトル:松川15年・真実の勝利の為に
出版社:労働旬報社
出版年数:昭和39年8月
読み仮名記載ページ:44ページ

【補足】

1,現在、労働旬報社は「旬報社」に改称
2,上記の本は現在絶版ですが、復刻版として事件50年目に復刻。しかし流通してない為、現物がご希望の場合には松川事件研究の福島大学・伊部(イベ)教授までお問い合わせ下さい。

イベ先生の連絡先電話番号は、このサイトの性質上ここに記載出来ませんのでご理解下さい。

大変申し訳ありませんでした、頑張って下さい。

Q毎日貧乏で大変な思いをしている人に世の中お金とか思っているのはおかしいとはっきりと言えるかたお願いします

父の会社が倒産し仲のよいグループで行くご飯や遊びをすべて断る→友達と過ごす時間は短くなりグループから取り残される。母は調子が悪いのにお金がないから病院には行かず働く日々。になってからです。

毎日毎日、お金が必要なのになくて生きていくのにやっと。仕事ばかりの日々の人にもその世の中お金じゃないという考え方が理解できると思いますか?

子供に小遣いもやれない。働きづめで休みもない人にそんな事がいえますか?子供は友達と遊ぶお金もなく、高校生くらいになるとまさか公園で鬼ごっこをしたりしませんよね。
町に出かけて服を一緒に買ったりとしてお金が少しとしても必要です。お金がないから誘いを断り、友達もこいつは誘ってもついてこないなと思い、どうしてもそういう服とかの話ができる違う友達と遊ぶようになりませんか?

友達関係も、お金では購入できないが、お金が関係していると思いませんか??

塾に行くのもお金がかかる→塾でaさんは新しい知識を得た。でもbさんは塾にいけないから新しい知識を得られなかった。→aさんはこれをきっかけに夢ができたがbさんはできなかった。→bさんはaさんよりも夢が小さくなった。→原因はお金がなくて塾にいけなかったから。という風にお金が関係して損をしてしまう事とかってあると思うのです。
というかこれを体験しています。

所詮、世の中お金ではないという方は少しでも遊ぶお金や自由になるお金を持っている方だとおもうんです。
こんな体験をしている人にでも、世の中お金なんでいってるなんて…とおもう方、もし、よければ私の意見のに、反論やなんでもよいのでいろいろ教えてください

父の会社が倒産し仲のよいグループで行くご飯や遊びをすべて断る→友達と過ごす時間は短くなりグループから取り残される。母は調子が悪いのにお金がないから病院には行かず働く日々。になってからです。

毎日毎日、お金が必要なのになくて生きていくのにやっと。仕事ばかりの日々の人にもその世の中お金じゃないという考え方が理解できると思いますか?

子供に小遣いもやれない。働きづめで休みもない人にそんな事がいえますか?子供は友達と遊ぶお金もなく、高校生くらいになるとまさか公園で鬼ごっこをした...続きを読む

Aベストアンサー

世の中お金じゃない・・
という言葉の裏には
最低限の生活をするだけの
お金があってのことだと思います

それよりも下の話には
その言葉は通用しないと思いますよ

人のいろいろな言葉も
必ずしもあなたに反論をしようと思う
言葉だけではないと思いますよ

みんなそれぞれ環境も価値観も違います
いろいろな意見があって当然です
それは ほんの少しのお金
の金額が人それぞれ違うのと同じです
貧乏だと思う価値もそれぞれです

今あなたはとても大変な状況におかれていて
きっと心に余裕がないんだと思います

今までそれなりの生活を送ってきた人にとって
それ以下の それも最低限の生活は
本当に辛いものがあると思います
でも悔やんでも当り散らしても
今はかわりません
産まれてそれまで幸せに生活できてきたこと
ご両親にも感謝し みんなで協力して
乗り越えていってくださいね

私も小さい頃貧乏でした
川で洗濯をしていました
もちろん雪が降ってもです
今の時代にそれを言えば
その時の生活水準は想像がつくと思います

でもいつまでも続くものではありません
努力をすればその結果は必ず
いろんな形で帰ってくると思いますよ

無理をして頑張る必要はありません
でも今よりも少しだけ努力をして
前へすすんでいってくださいね

世の中には一緒に頑張る人もいない
そんな人も居ます
一緒に頑張れる人が居ることに感謝をしてくださいね

辛い環境でもくじけずに前を向いていけたとき
お金ではなく素敵な人になれるはずです

世の中お金じゃない・・
という言葉の裏には
最低限の生活をするだけの
お金があってのことだと思います

それよりも下の話には
その言葉は通用しないと思いますよ

人のいろいろな言葉も
必ずしもあなたに反論をしようと思う
言葉だけではないと思いますよ

みんなそれぞれ環境も価値観も違います
いろいろな意見があって当然です
それは ほんの少しのお金
の金額が人それぞれ違うのと同じです
貧乏だと思う価値もそれぞれです

今あなたはとても大変な状況におかれていて
きっと心に余裕が...続きを読む

Q「岸壁の母」の作曲者、平川浪竜の名前の読み方を教えて!

「岸壁の母」の作曲者、平川浪竜の名前の読み方を教えてください。

Aベストアンサー

さっき実家の祖母に電話して聞いたところ、「ひらかわ・なみりゅう」さんとのことです。
ちなみにこちらでも調べましたのでご参考に。1928年10月10日の神奈川県生まれの方だそうです。

Q倹約と吝嗇の違い

倹約・節約と吝嗇の違い。倹約・節約という美徳もいきすぎると吝嗇という悪徳になると聞きます。
でも、どこまでが倹約でどこからが吝嗇になるのか分かりません。
あるものを買いたいときこれを買わないで節約するのは吝嗇ではないかと悩むときがあります。
抽象的で答えにくい問題だと思いますが、何かヒントとなることでも些細なことでもよろしいので、アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いい質問ですね。
これは簡単に答えるのが難しそうです。
といいますのは、客観的な状況の中で判断されると思うからです。
例えば、肉は高いので毎日コロッケだけの食事だけでは健康を阻害します。これは吝嗇でしょう。
また、友達同士でアンパンを買って河岸で食べながら楽しく語り合おうという時に、買わずにただ一人いるのも吝嗇でしょうね。
そのような状況で判断されるのではないでしょうか。

Q「支払者」読み方についてご教授ください。

お世話になります。日本語の学生の純です。

下記言葉どう読みますか。
「支払者」しはらいしゃですかしはらいものですか。
もし両方の読み方正しいなら、どの場合どう読めば良いか教えていただけますか。

よろしくお願いします。
学生 純

Aベストアンサー

こんばんは。

「しはらいしゃ」です。

「者」を「もの」と読む言葉はたくさんあります。
A「しゃ」と読むのが正しい言葉
B「もの」と読みのが正しい言葉

Bのパターンは、その人を見下げている場合が多いです。
(「働き者」(はたらきもの)のように、良い意味で使う場合もありますが。)

ご参考に。

Q「貯金を切り崩す」それとも「貯金を取り崩す」?

こんにちは。
先日、兄と話をしていて「最近、全然貯金をしてなくて、今迄の貯金を切り崩し(きりくずし)ながら生活してるんだ」と言ったところ、「それは切り崩すじゃなくて取り崩す(とりくずす)だろ」と言い直されました。
家族にも聞いてみたところ、「切り崩す」派2人、「取り崩す」派1人でした。
正確にはどちらの言い回しが正しいのでしょうか?
くだらない質問で恐縮ですが、小骨が喉に刺さったように気になっています(笑)
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 earlさん、こんにちは。

 「切り崩す」というのは、ものを切ったり削り取ったりして元々の形をなくしてしまう、という意味です。敵などのまとまりを崩し、弱めるという意味でも使います。

 「取り崩す」というのは、崩して取り去る、という意味です。まとまったものから少しずつ取るという意味でも使います。

 ……ですから、貯金の場合は「取り崩す」となりますね(^_^)

 ちなみに、辞書で引くと、「取り崩す」にはちゃんと「預金を──」という用例が出ておりました。御参考まで。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search.cgi?MT=%BC%E8%A4%EA%CA%F8%A4%B9&sw=2

Q被保険者の読み方

被保険者の読み方は、「ひほけんじゃ」ですか?「ひほけんしゃ」ですか?
また、介護保険での被保険者証は、「ひほけんじゃしょう」ですか?「ひほけんしゃしょう」ですか?

Aベストアンサー

追記から

介護も国保も後期高齢者医療保険も
全て「保険者」です。
読みは「ほけんしゃ」です。

Q全世界....天下、四海

天下や四海のような
全世界を意味する単語を他にも教えて下さい。

どんな言語でもいいです。
できるだけたくさん教えて下さい。

できればかっこいいのがいいです。

Aベストアンサー

「天宙」

日本では まだ 一部の人しか使って無いが これからは この言葉は世界的になりますよ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報