「血」「乳」「命」「道」「土」といった言葉は、とても大切な、”ち”という、音が含まれています。この「ち」の持つ意味とはなんでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

古代言語、並びに古神道に見られる上代日本人は、一音に重層構造の意味をもたせることが特徴で「ち」の音と言葉は、森羅万象に宿り世界を巡環して生かす霊的な力を含めた、霊・生命そのものを指しています。

それは人間を含めたあらゆる事物に宿り、=神そのものでもあります。化学的にも血と乳は成分的には同じ体液であり、人間を育み生かしている生命=神と捉えられています。(古代、神道を含めた日本人は、森羅万象全てを神、神の宿りと考え、人間もまた物質的肉体を持つ神と考えていた)。古神道の言霊理論では、チは「ものを養育する力のあるもの」とされています。大地は大いなる地で、植物や穀物を育てる意味であり、チを二つ重ねて「乳」、家族を養い育てる「父」となります。「ツ」は「円らな(つぶら)」と言うように
「丸い」という意味。「土」は丸い地であり、「地球」を指しています。古事記に最初の国土として「おのころ島」という島が記載され、これは淡路島であると考えられていますが、自ずから転がる島(「しま」とは国土・国の概念を本来持っています)という意味があり、日本創世というより地球創生神話であると考えた方が妥当という意見もあります。道に関しては、「ミ」は身・実・美であり、生きるもの、生きているもの(肉体・物質)を指す語です。
ミチとは、生命・ものを育む経路、かつそれ自体が脈打ち生きているものを指しているわけです。血管を流れる血はあたたかく、熱・火を持っています。太陽の日は万物を育む源泉であり、チと「ヒ」は古代においてはほぼ同義の意味と捉えられていました。「ヒ・チが通り、宿り、形を作ったものがミ」というわけです。古代においては、一音にこうした非常に重層かつ深遠な意味がこめられており、漢字の輸入と共に視覚的にわかり易いよう、それぞれの字が使い分けられ今に至っているという経緯があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすくご説明いただきありがとございます
これで、私の開設している、酒と桜の民族というホームページのこだわりに自信が持てました。ありがとうございました。
http://page.freett.com/saketosakura/

お礼日時:2002/03/22 21:54

 


  「いのち」「つち」「みち」の場合の「ち」は、単独で切り分けることができないと思います。これらは、「いの+ち」、「つ+ち」、「み+ち」ではない可能性が高いです。「乳(ち)」と「血(ち)」はいささか迷います。「乳」と「血」は元々同じものでなかったのか、という気がします。古代音韻で確認すれば、どうであったか分かるかも知れません。
 
  「ち」というのは、古代日本語で、「かみ」同様に、自然に内在する精霊・霊格であると読んだことがあります。「をろち」「みずち」「いかづち」などの「ち」は「かみ」と同じような霊格で、人間がそれに対し、配慮しないと祟って来るような自然の霊的な力であるそうです。「おほかみ(狼)」は、狼が霊的存在だと考えられていたからだと言います。
 
  この意味の霊格としての「ち」については、次のページに考察があります:
  >蛇神神格論
  >http://www2.synapse.ne.jp/akiyoshi/site_d.html
 
  以下のページには、それらしいことが書いてありますが、信憑性が疑わしいです。「霊」「乳」「血」のあいだには何か関係がありそうなのですが、「ち」が、上の「蛇神」のページにあるように、古代の霊格だったということは確かですが、それが「乳」「血」とどう関係していたか、浅学にして聞いたことがありません。
  >神=ことば
  >http://www4.justnet.ne.jp/~hinomoto/ruiji/kotota …
 
  以下のページにも、対談のタイトルとして、「256 ち=乳=血=霊」というのがあるようですが、単なる言葉遊び以上の何か、言語的に根拠ある研究があるのかどうか判明しません。
  >幼児開発センター(EDA)
  >http://www.sony-ef.or.jp/eda/books/ibuka_talk/in …
  
  単なる音の偶然の一致以上の意味があれば、「ち=霊格論」のなかで、取り上げられるはずですが、それは聞いたことがないのです。(「ち=霊格」は、間違いのないところです。言語学者の著書に、そう記されていたので記憶に残っています。また、「みずち」「をろち」「いかづち」などは納得の行く例です)。
  

参考URL:http://www2.synapse.ne.jp/akiyoshi/site_d.html
    • good
    • 0

 うまく説明文にできませんが、「ち」とは、魂、霊力が宿っている、といった意味です。


 「血」「乳」「命」「土」は、何となく理解していただけると思います。「道」は、歩いていると、誰かに出会うわけで、出会うのが人とは限らず、魔かもしれない。二股に分かれた地点は、出会いの場、つまり、呪力が働く場なのです。これをチマタ(岐、巷)と言います。もっと分かれていれば、ヤチマタ(八衢)。
 他にも、縄文時代から神と畏れられたミズチ(蛟=蛇)、武士の魂とも言われるようになった刀のタチ(太刀)、などがあげられるでしょう。
 
    • good
    • 0

「ち」という言葉に重点をおいた不思議な小説があります。


おっしゃる「血」「乳」「命」「道」「土」等の言葉を考えるストーリーです。
少し「不思議の国のアリス」のようなロードムービーのような・・・
「し」という言葉が無い国の物語。


サングラスの少女 1979.6 中央公論社 【原作】自切俳人、【翻訳】北山修

答えにはなっていませんが・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあまのじゃくってどういう意味ですか?

あまのじゃくってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

かっこつけたり、恥ずかしがったりして、自分の感情や思いをうまく表現できないこと。天邪鬼。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8F

Q縄文「式」土器や高床「式」倉庫などの「式」について

私が学校で歴史を学んだ頃は、縄文「式」土器、竪穴「式」住居、高床「式」倉庫などと呼んでいましたが、
最近では縄文土器、竪穴住居、高床倉庫などのように「式」という言葉をあまり見なくなりました。
これはどうしてなのでしょうか。

Aベストアンサー

やや学術的な問題なので説明しにくいのですが、「○○式」といった場合は「形式」あるいは「型式」「様式」など特定の特徴に基づく分類となります。
縄文土器とは土器そのもの名称、すなわち陶器や陶磁器と同じようなモノです。
縄文土器は紋様などによって「勝坂式」「大木式」といった細かい分類がされますが、「縄文式土器」といってしまうとこのような個別様式の「式」と土器全般の「式」がダブってしまうことになり、、、「縄文土器」と呼ばれるようなったのが昨今の主流です。
またあえて「式」と呼ぶにはあまりにも汎用であるので「式」をつけなくなったということもあるかもしれません。
竪穴住居、高床倉庫も同様です。
現代的にいえば「集合式住宅」「個人式住宅」とは呼ばずに「集合住宅」「個人住宅」と呼ぶようなものでしょうか。

Qどういう意味だと思いますか?

彼とLINEしていると
「返事がおくれてごめん、あまのじゃくなもので・・・」と
返事がありました。

たわいもないことをLINEでやりとりしているのですが

あまのじゃくになるというのは・・・
回答に困って返事が遅れるという意味でしょうか?

Aベストアンサー

返事が早かったり遅かったり、気まぐれだということじゃないですか?

遅れてごめんと謝ってくるところが全くあまのじゃくだとは思いませんけどね。

Q「内廷」と「外廷」について

女官制度について調べているのですが、文献の中に「内廷」と「外廷」という用語が出てきました。
それが意味することはわかったのですが、いつ頃から使用され言葉なのでしょうか。
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は中国の北京出身で、前、北京に居た時に観光ガイドの仕事をやりましたから、ちょっと自信があります。(笑)
北京の紫禁城の中でも、「内廷」と「外廷」の分けがあります。「外廷」というのは皇帝が国政をする場所です、そして、大臣達が皇帝に国家の事情を報告する所です。「外廷」は基本的には皇后と妃子が入っちゃいけない所です。そして、「内廷」というのは皇帝そして皇后、妃子達の住む所です、御花園があって、雰囲気も「外廷」と全然違います。
チャンスがありましたら、ぜひ、行ってみてください。

Q「あまのじゃく」に相当する英語は?

和英辞書を引いてみますと、色々な英語が出て来ます。
perverse or cussed person; contrarian とか。
それらの英語を逆引きすると、「つむじ曲がりの」とか「意固地な」とかの日本語になって、本来の日本語の意味の「あまのじゃく」に相当しません。

皆がこう言ったらいつも反対あるいは、別のことを言いたがる人。あるいは、何かが評判になったりして、多数の人がそこに殺到する時、その風潮に絶対に乗ろうとしない人。

私が捉えている「あまのじゃく」ですが、こんな性格の人は英米圏には殆んどいないから、それに相当する英語がないと言うことでしょうか?
もし、近い英語があれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 yes-man, yes-sayer(はいはいと言うことを聞く人)の対義語、no-man, no-sayer(違う違うとごねる人)が近いだろうと思います。

Q「子」はなぜ「ネ」と読むのでしょうか?

「子」はなぜ「ネ」と読むのでしょうか?その由来を聞いています。

Aベストアンサー

リンク先をご覧になってみてください。

参考URL:http://ww81.tiki.ne.jp/~nothing/kanji/zi3.html

Qあまのじゃくな男性

中学生男子に
あまのじゃくな人は結構いますか?

あと中学生男子は
普通に女子の肩に触れたりは
するもんですか?

回答お願いします(*´∇`*)

Aベストアンサー

中学生はあまのじゃくが多い年代でしょう。

女の子に対し興味が無いようなふりをしたり、悪態をついたり。

肩に触れるのはある程度親しいしるしだと思います。

Q失われた「聖櫃」とソロモンの「金の盾」

以下の論評から実際に「ソロモンの金の盾」が発見される可能性に関してご意見をお願いします。なお、下記の見解は旧約聖書のみではなく考古学的・歴史的資料に基づいています。シュリーマンのトロイ発見もギリシャの「オデッセイ」に端緒があります。なお、TANUHACHIさんはご回答をご遠慮ください。

アドベンチャー映画シリーズ「インディ・ジョーンズ」の第一作「レイダース/失われたアーク(聖櫃)」をご覧になった方は多いことだろうと思います。この映画の監督はスティーブン・スティルバーグ、主演はハリソン・フォードです。この映画において、ハリソン・フォードが演ずるプリンストン大学で教鞭を執る高名な考古学者インディアナ・ジョーンズ教授は、世界中の宝物を探し発見するというトレジャーハンターでもありました。ある日、彼のところにナチス・ドイツがタニスの遺跡を発見して聖櫃(アーク)の発掘に着手したという情報が飛び込みました。実際に、この映画の中では、タニスの地下に「失われた聖櫃」が埋もれていることになっていますが、これは全く根拠のない想像の産物であるとも言えません。



旧約聖書の列王記略上14章25,26節では「レハブアム王の治世第五年に、エジプトの王シシャクがエルサレムに攻め上って、主の神殿と王宮の宝物を奪い取った。彼はすべてを奪い、ソロモンが作った金の盾もすべて奪い取った」(新共同訳)と記されています。このシシャクは、歴史的にはエジプト第22王朝の創始者・エジプト王ショシェンク1世(治世は紀元前945年から924年)であると理解されています。そして、タニスはエジプト第22王朝の政治的中心地であり、このことからシシャク(ショシェンク1世)がイスラエルから聖櫃を当時の政治的中心地であるタニスに持ち帰り、やがて聖櫃はタニスに埋もれたであろうという推測がストーリーの基礎になっていると思われます。



しかしながら、列王記略上14章25,26節には、シシャク(ショシェンク1世)が「神殿と王宮の宝物を奪い取った。彼はすべてを奪い、ソロモンが作った金の盾もすべて奪い取った」と記されていますが、聖櫃を持ち去ったとは記されていません。もっとも、シシャク(ショシェンク1世)の奪い取った「神殿と王宮の宝物」の中に聖櫃が含まれていたという推測も成り立ち得ます。しかしながら、この推測は当たっていません。なぜならば、「金の楯」に関しては具体的な言及がありますが、「聖櫃」関しては具体的な言及がないからです。そして、当時のエルサレムの神殿で「聖櫃」は至聖所にあり、神殿の中では最も目立ったイスラエルの宗教上の象徴的存在でした。したがって、「金の楯」に関して具体的に言及しながら、「聖櫃」に関しては具体的に言及しないということは考えにくいのです。



実際、その後のヨシヤ王(治世は紀元前640年から609年)の時代に「聖櫃」に関する言及があるのを最後にして「聖櫃」は所在不明になります(歴代誌略下35章3節)。したがって、「聖櫃」は、ヨシヤ王の時代までは存在していたことになり、シシャク(ショシェンク1世)がタニスに持ち去ったのではありません。エレミヤは「人々はもはや、主の契約の箱について語らず、心に浮かべることも、思い起こすこともない。求めることも、作ることももはやない」(エレミヤ書3章16節)と述べており、この時点(紀元前626年頃)で「聖櫃」は既に喪失していたことが窺われます(エレミヤは紀元前627年から活動を開始しその後バビロン捕囚を経験し紀元前568年にエジプトに連れ去られた)。



ところで、それ以前、紀元前586年には、新バビロニア王国のネブカドネザル2世がエルサレムを征服し神殿を略奪していることから、バビロン捕囚の際に、ネブカドネザル2世が「聖櫃」を持ち去ったという説も成り立ち得ます。しかしながら、「聖櫃」は、ネブカドネザル2世が持ち去った宝物としては列挙されていません(列王記略下25章8節から16節)。先に述べたように、「聖櫃」は極めて重要な宗教的象徴であったので持ち去られたならば、言及されないはずはありません。ちなみに、エレミヤが活動を開始した紀元前627年はヨシヤ王の治世であり「聖櫃」が最後に目撃された時代であったので、エレミヤ自身が「聖櫃」喪失の経緯を知っていた可能性もあります。すなわち、紀元前627年から紀元前586年の間に「聖櫃」は喪失したか破壊された可能性が最も高いことになります。エレミヤの表現の仕方から、エルサレムの陥落に際し、異教徒の新バビロニア軍に渡さないためにイスラエル人が自ら「聖櫃」を破壊した可能性が最も高いと思われます。



最後に、タニスに埋もれている可能性があるのは「聖櫃」ではなく「金の楯」です。列王記略上14章25,26節には、シシャク(ショシェンク1世)が「・・・ソロモンが作った金の盾もすべて奪い取った」と記されています。では、「金の楯」とはどのような宝物でしょうか?ソロモンの黄金と栄華は有名ですが(ソロモン王の歳入は666キカル・金約22.8トンに相当する)、列王記略上10章16,17節は、「金の楯」に関し、「ソロモン王は延金の大盾二百を作った。大盾一つにつき用いた金は六百シェケルであった。延金の小盾も三百作った。小盾一つにつき用いた金は三マネであった。王はこれらの盾を「レバノンの森の家」に置いた」と記しています。ところで、600シュケルは約6.8キログラムですから、「金の大盾」200に用いられた金の重量は4080キログラム、3マネは約1.7キログラムですから、「金の小盾」300に用いられた金の重量は510キログラムとなり、金の総重量は4590キログラムになります。現在の金相場からすると、金時価総額196億円程度ですが、ツタンカーメンの黄金のマスクが約300兆円の価値と評価されていることからすると、歴史的・宗教的価値を加味すれば、300兆円をはるかに上回ると推定されます(ただし、アメリカの国家予算でも購入できないような価格の宝物はあってないような机上の価格の宝物であり、購入できる者は誰もいません)。これがタニスから発掘される可能性はあることになります(タニス遺跡の発掘調査は現在に至るまであまり進んでおらず、未発見の遺跡が多数存在すると推定される)。

以下の論評から実際に「ソロモンの金の盾」が発見される可能性に関してご意見をお願いします。なお、下記の見解は旧約聖書のみではなく考古学的・歴史的資料に基づいています。シュリーマンのトロイ発見もギリシャの「オデッセイ」に端緒があります。なお、TANUHACHIさんはご回答をご遠慮ください。

アドベンチャー映画シリーズ「インディ・ジョーンズ」の第一作「レイダース/失われたアーク(聖櫃)」をご覧になった方は多いことだろうと思います。この映画の監督はスティーブン・スティルバーグ、主演はハリソ...続きを読む

Aベストアンサー

個人的な見解でよろしければ・・・。

エジプト王が、他国の権力の象徴である金の盾をそのまま保管しておく理由が無いのではないか。
仮にシシャク(ショシェンク1世)がソロモン王を尊敬していて保管を命じたとしても、
その子孫が果たしてそのままにして置いたろうか。

金は非常に加工がしやすい金属であり、その価値を考えても、小さな指輪程度の加工品ならともかく、
盾のように大きな塊を無価値のまま放っておくはずは無いと思われます。

ツタンカーメン王のマスクに関しては、近年の彼に関する本などを見ると、
日本古代の神々のように、当時は封じ込めて表に出してはいけない存在だったように感じます。
ツタンカーメンの墓が暴かれずに済んだ一因が、ここにあるかもしれません。

Qあまのじゃく・・・

なんとなく、あまのじゃくな性格です。
この性格ってどうしてこうなるの?
解決する方法とかありますか?

Aベストアンサー

同じくあまのじゃくです(笑)
#1さんのおっしゃること、確かに当たってるような気が・・・。
私は最近は、思わず言い返してしまっても
後で家に帰ってから反省をするようにしています(笑)
あまり役に立つか分かりませんが
参考程度に読んでおいていただけるとありがたいです。

Q「こ↑こ↓」?「ここ↑ここ↓」?

「ここ↑ここ↓」のことを「こ↑こ↓」と言ってる人がいます。
耳がおかしいのでしょうか?

Aベストアンサー

ここ↑ここ↓はさすがに難聴なのでは?

こ↑こ↓はまだ許せるぞオイ!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報