外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

こんばんは。
日経225先物の理論価格についての質問です。
理論価格=日経平均株価×{1+(短期金利-配当利回り)×満期までの日数/365}
というのは検索サイトで探せばたくさん出てくるのですが、実際に「短期金利」「配当利回り」は現在いくらぐらいなのでしょうか。

今日の相場を見ると、1限月に移行してから妙に先物が安い(-30円~-50円ぐらい?)状態だったのですが、これは単に先行きが悪いから?それとも理論価格の影響?
後者だとすれば、今は、短期金利 < 配当利回り となっていて理論価格が現物より安いから、というなら辻褄が合うのですが、そうなのでしょうか。

A 回答 (3件)

理論価格=日経平均株価×{1+(短期金利-配当利回り)×満期までの日数/365}


というのは検索サイトで探せばたくさん出てくるのですが、実際に「短期金利」「配当利回り」は現在いくらぐらいなのでしょうか。

とは 成っていますが 現状短期金利は余り気にする必要は無いと思います。個人が考える場合。

今 日経平均と先物の価格差が有るのは
9月の配当調整分です。
現物で配当が おおよそ全体で40円位と言われており
その分 日経先物で安くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど!およそ配当利回り分、先物が安くなっているというわけですね。
厳密に現物と先物の価格差を研究したいのですが、配当利回りと金利の実数値がわかるサイト等をご存知でしょうか・・

お礼日時:2006/09/11 22:26

>厳密に現物と先物の価格差を研究したい


何を研究したいのか、それをどう利用したいのか、不明ですが、短期金利はLIBOR、配当利回りは構成銘柄の各予想配当額から計算。
ところで、配当落ちって分かってますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

配当落ちはわかるのですが、計算に使うための金利や配当の情報を知りたかったのです。
ご回答いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/04 22:49

配当金額は 確定値は無いです。


9月期末決算の会社も
9月中間決算で中間配当を出す場合も
http://disclose.finance.livedoor.com/pdf/2006/09 …
例-あくまで 配当方針で有り 確定ではないのです。
よって 現時点で正確な配当金額は算出出来ません。

金利については 気にしたこと無いので解りません(^_^;
今の日本では 気にすね金額では無いという事ぐらいでしょうか・・。
http://www.boj.or.jp/
http://www3.boj.or.jp/market/jp/menu_m.htm

この回答への補足

お礼が遅くなって申し訳ありません。
サイトをご紹介いただき、ありがとうございました。

補足日時:2006/11/04 22:49
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日経平均株価と日経先物の価格差について

2013年2月14日の日経平均株価は11000円くらいで、日経先物はその夜11300円くらいまで上がりました。このまま円安が続くと、どんどん値差が開いて行ってしまうと思うのですが、どのようにお互いの値差を縮めるのでしょうか。2/18(月)に先物が買われたら、その金で現物株式を買うのでしょうか?つまり先物は値段を下げるように動いて、日経平均株価を上げるような、作業をするのでしょうか?

Aベストアンサー

大変失礼ながら、なぜかビックリするほどの的外れな回答が続いているので、ビックリしてます。

まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。
なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。

。。。だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。
SQで「完全に一致する」ことが決まっているので、SQに至る途中で例えば、日経平均が日経先物よりも高くなったら日経平均の採用銘柄を(全て対象として日経平均への寄与度に応じて←少しやっかいなので括弧書き^^;)売って、日経先物を買えば、SQで「確実に」利益になります。日経平均が日経先物よりも安くなった場合はその逆です。このような取引を裁定取引といい、繰り返しますが、「絶対に」利益になるのです。

「絶対に」利益になることが分かっているのですから、やらない手はありません。事実、大手の証券会社ではコンピューターを使って常に日経平均と日経先物の乖離を観測し、少しでも有意な差が生じたら裁定取引を実行します。ここで大手の証券会社と書いたのは、日経平均の採用銘柄は225もあるので、それを一度にそして瞬時に売買するのは個人等では無理だからです。

そして、絶対に利益になるのですから、皆がその瞬間を虎視眈々と狙っているわけです。結果、有意な差が開くか開かないかのすれすれのところで裁定取引が実行されてしまうので、日経平均と日経先物は差が解消されてしまいます。よく日経先物に引っ張られて日経平均が動くと言われますが、日経先物はそれ自体が一つのデリバティブなので、日経平均を動かすより簡単に操作できるので、意図的に日経先物を動かして裁定取引を狙うような手法が成立するために、日経平均が日経先物に引っ張られるような動きが生じることがあるのです。(これとは別に、例えば、相場や株価全体を動かすような経済要因(テロとか)が発生した場合にまず日経先物が強烈に売買される、ということもあります)

そして、今は日経先物は夜間でも売買できるようになりました。ダウなどの動きにより日経先物が大きく動くことは当たり前に生じます。(2月14日夜間もそうだったんですね)
で、次の朝、東京市場が開いて日経平均が決定されるわけですが、先物が大きく動いた場合などは中々日経平均の値が決定されません。なぜなら、225個の個別株では買い気配(や売り気配)が続いてしまうので、225銘柄の全ての株に値段が付くまでに時間がかかることが多いからです。そうして、結果的に決まった日経平均は日経先物と限りなく同じものとなります(これを鞘寄せといいます)。そうでないと裁定取引が成立してしまうからです。
ご質問者が指摘されるような「2/18(月)に先物が買われたら、その金で現物株式を買うのでしょうか?つまり先物は値段を下げるように動いて、日経平均株価を上げるような、作業をするのでしょうか?」というような作用は一切なく、日本時間でも日経平均が上がると予想されれば、日経先物は9時からドンドンと上昇することもありますし、そんな時は日経平均はいつまでも決まらないこともあります。

少し長くなりましたが、日経平均と日経先物の大まかな関係は以上のようなものです。

さて、最後にSQまでの日経平均と日経先物が完全に一緒か?というとそうでもないことにはお気付きでしょう。その差は主に金利などに由来するのですが、ここから先は理解を深めるため、ご自身で勉強されることをお勧めします。

大変失礼ながら、なぜかビックリするほどの的外れな回答が続いているので、ビックリしてます。

まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。
なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。

。。。だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。
SQで「完全に一致する」ことが決まっているので、SQに至る途中で例えば、日経平均が...続きを読む

Qティックとは何ですか?

チャートで分足、日足、週足とありますが、
その中でティックとはどういう事ですか?
分足よりも短い秒単位でチャートが変わっていく事ですか?

あと、スプレッドチャートの事で質問なんですが、
ローソク足チャートが分かりづらいので、スプレッドチャートは1上がればそのままチャートになりますね、初心者ならスプレッドチャートの方が簡単で見やすいのではないかなと思うのですが、この考えは間違えでしょうか?

Aベストアンサー

ティックは1さんの回答の通りです。
1000円が1010円になったら1ティック。1000円のネクストプライスが1020円でも1ティック。1回値動きする(価格成立する)たびに刻んでゆくチャートです。
10秒値動きがなければ10秒動かないし3分値動きが無ければ3分動かない。1秒に3回値動きがあれば1秒に3回刻む。
時間軸が関係無いチャートです。

スプレッドチャートって
http://nikkei.hi-ho.ne.jp/rakuten-sec/ms05.html
これですか?
異銘柄の価格差のチャートですよ。基本的には鞘取り(スプレッド取引・アービトラージ取引)に使うやつです。信用売りしない人には意味が無いと思う。
「1上がればそのままチャートになる」という意味が
よくわかりません。
もしかすると違う物のことを言ってるかもしれない。

初心者はまずローソク足に慣れた方がいいと思います。

Q日経平均の理論価格と配当利回りについて

日経平均先物と現物のサヤ取りをしたいのですが、以下の理論価格が必要です。

理論価格=日経平均株価×{1+(短期金利-配当利回り)×満期までの日数/365} 

金利については政策金利の0.5%らしいのですが日経225の配当利回りの
数値は色々ネット上を探しましたが手にできませんでした。
従って理論価格の数値も手にできません。

理論価格と配当利回りの数値はどこで求められるのでしょうか?
ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

算出元の日経さんに一応は配当利回りがあるかと思うのですが、これではダメということでしょうか?

参考URL:http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/japanidx.aspx

Q日経平均の理論ベシースの正確な計算ができません

以下のスレ
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4342682.html
で日経平均の理論価格に必要な配当利回りの情報を提供させて戴きました。

そして短期市場金利
http://www.boj.or.jp/type/stat/boj_stat/tento/te080918.htm
http://www.boj.or.jp/theme/research/stat/market/short_mk/tanki_rate/index.htm

をURLより探し、以下の方法

理論ベーシス=日経平均株価×{(短期金利-配当利回り)×満期までの日数/365} 

で計算して見ましたが、ありえない数値が出てまともな計算ができません。

計算に使った値ですが、市場金利については以下より
http://www.boj.or.jp/type/stat/boj_stat/tento/te080918.htm
CDの三ヶ月物を使うと言われてたので、譲渡性預金の60~90日未満の0.711、90~120日未満の0.728を使いました。
そして配当利回りは以下URL
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/japanidx.aspx
より平均配当利回り(売買単位換算)の日経平均の予想配当利回り1.84%と自分で日経225の平均配当金を算出しそれを9/19の日経平均株価終値11920.86で割って%化した3.690926%を用いて計算してみました。
ちなみに先物のSQまでの残存日数は82日です。

計算1:譲渡性預金の60~90日未満の0.711と予想配当利回り1.84%を持ちいる

11920.86*((0.711-1.84)82/365)=3023.59

計算2:譲渡性預金の90~120日未満の0.728と予想配当利回り1.84%を持ちいる
11920.86*×((0.728-1.84)*82/365)=2978.06

計算3:譲渡性預金の60~90日未満の0.711と自己計算の平均配当利回り3.690926%を持ちいる
11920.86*((0.711-3.690926)82/365)=7980.57

計算4:譲渡性預金の90~120日未満の0.728と自己計算の平均配当利回り3.690926%を持ちいる
11920.86*((0.728-3.690926)82/365)=7935.04

上記の4つの理論ベーシスの計算ではいずれも1000以上のとんでもない数値になりました。
日経平均株価と日経平均先物の価格差が1000円以上はありえません。

ちなみに日経平均株価と日経平均先物の9/19の終値での価格差は60円くらいでした。

素人の私がやるとどうして計算が合わないのでしょうか?

正確な理論ベーシスの計算方法について教えて下さい。
宜しくお願いします。

以下のスレ
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4342682.html
で日経平均の理論価格に必要な配当利回りの情報を提供させて戴きました。

そして短期市場金利
http://www.boj.or.jp/type/stat/boj_stat/tento/te080918.htm
http://www.boj.or.jp/theme/research/stat/market/short_mk/tanki_rate/index.htm

をURLより探し、以下の方法

理論ベーシス=日経平均株価×{(短期金利-配当利回り)×満期までの日数/365} 

で計算して見ましたが、ありえない数値が出てまともな計算ができません。

計算に使った...続きを読む

Aベストアンサー

もmasuling21さんと同じことお聞きしたいです。。。

ついでに、補足させていただきます。

1)
日経のサイトに出ている配当利回りは、決算期を分けず、全銘柄で算出したもののようですね。
http://company.nikkei.co.jp/help/helpindex.html#8

理論ベーシス算出のための配当は、12月限の先物なら、いまから12月のSQまでに権利が確定する銘柄の配当だけが、短期金利の利子からマイナスされます。
(従って、金利と配当「利回り」より、利子と配当で考えたほうがいいと思います。)
9月末決算の銘柄はわずかなので、配当落ち分はほとんど影響がないと思いますが。念のため。


2)
あなたがExcelで計算した配当利回りと、日経のサイトの数値が離れている点について。


日経225は、見なし額面を50円に調整して、各銘柄1000株ずつ、225銘柄に投資したと仮定しての平均株価を算出するので、配当利回りの計算でも、当然同じようにして調整していると思います。
http://www.nikkei.co.jp/nkave/faq/faq_05.html

その調整はなさいましたか?

例えば、株価7万円、見なし額面が5万円、1単元が10株、予定配当2000円の銘柄があったとします。
見なし額面を50円に換算すると、現実の1株は理論上は1000株に相当し、1株で1単元ということになります。
(理論上の株価は70円で、これが日経平均算出に使われます。)
そこで、現実の1株分だけの配当額を7万円で割ります。

この調整をしないで、分子の配当を2万円、分母の投資額を70万円として全体の総和に算入すると、この銘柄の影響力が大きくなりすぎます。

また、見なし額面がバラバラな225銘柄の利回りを単純に足して225で割ると、「等株投資した場合」という前提からずれますので、やはり数値が違ってしまうと思います。


3)
実際のベーシスだって、かなり小さいですよね。
現先裁定のように、理論的にノーリスクで可能なサヤトリは、狙えるサヤがもともと極小なので、個人でやってもコスト負けすると思うのですが?

私は狭義の(理論的にノーリスクの)裁定ではなく、NT倍率が開いたときに、TOPIXと日経225のサヤトリをしようかと考えましたが、コスト負けする確率が高いと判断して諦めました。

どんなコスト計算をなさっているのでしょうか?

もmasuling21さんと同じことお聞きしたいです。。。

ついでに、補足させていただきます。

1)
日経のサイトに出ている配当利回りは、決算期を分けず、全銘柄で算出したもののようですね。
http://company.nikkei.co.jp/help/helpindex.html#8

理論ベーシス算出のための配当は、12月限の先物なら、いまから12月のSQまでに権利が確定する銘柄の配当だけが、短期金利の利子からマイナスされます。
(従って、金利と配当「利回り」より、利子と配当で考えたほうがいいと思います。)
9月末決算の...続きを読む

Q日経225先物とCME日経平均先物との関連性について教えて下さい

最近日経225先物取引を始めました
今苦戦していて勉強中です
そこで初歩的な事だと思うのですが教えて下さい
日経225先物とCME日経平均先物との関連性についてどなたか教えて頂けませんでしょうか?CMEの動きをどのように参考にしたら良いのか教えて下さい。
後、CMEにはドル建てと円建てがあるみたいですがどう違うのでしょうか?金額にして100円位違ってる時もあるのですがどちらをどう参考にしたら良いのでしょうか?
一般的にはドル建てが参考資料として載せられてますがどうしてでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、


> CMEの動きをどのように参考にしたら良いのか教えて下さい。

日経225先物は機関投資家などによって裁定取引が行なわれています。
したがって、大証の日経225先物の始値は、CMEの日経225先物の
終値に近いところにサヤ寄せされるケースが多くなります。

CMEの日経225先物が、前日の大証終値に比べて大幅に
下落して取引を終えたとすると、両者の価格差を調整するための
裁定取引により、翌日9時からスタートする大証の日経225先物は、
寄り付きから大きく値下がりする可能性が高まります。




>CMEにはドル建てと円建てがあるみたいですがどう違うのでしょうか?


日本円で日本の商品の、大証の日経225先物に投資する場合は、
為替リスクを考える必要がありませんが、CMEの日経225先物
に投資している海外投資家は、ドルなりユーロなりを円に換えてから
日本の商品に投資しますので、為替リスクが発生します。


海外の投資家が、単に日経225ではなく、
ドル建での日経225を考える必要がありますのは、
日経225の上昇下落の予想だけでは投資がしにくいので、
ドル建の日経225を上場して、為替リスクを考えなくて良いように
しているのだろうと思います。




> 一般的にはドル建てが参考資料として載せられてますがどうしてでしょうか?


また、ドル建てと円建ての価格差の原因は、
ドルと円の金利差を反映したものです。

ドル金利をベースに理論値を計算するので、
円建てより80円~100円くらい高くなります。


それと、建玉ですが、円建日経225よりもドル建日経225の方が多いので、
より活発に取引されていることがわかります。


ですから、
ニュース報道ではドル建ての値を使用することが多いようです


それと、ドル建ての値を使用するのは、
「あくまでも単に過去の習慣?」 という説のもあります・・・。

こんにちは、


> CMEの動きをどのように参考にしたら良いのか教えて下さい。

日経225先物は機関投資家などによって裁定取引が行なわれています。
したがって、大証の日経225先物の始値は、CMEの日経225先物の
終値に近いところにサヤ寄せされるケースが多くなります。

CMEの日経225先物が、前日の大証終値に比べて大幅に
下落して取引を終えたとすると、両者の価格差を調整するための
裁定取引により、翌日9時からスタートする大証の日経225先物は、
寄り付きから大きく値下...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング