最新閲覧日:

goの過去分詞のgoneはどうして[go:n]と発音するのか、
以前から疑問に思っています。
(本当は`c'を逆さにしたような発音記号ですね)
bone[boun] phone[foun] home[houm]
stone[stoun] hole[houl] zone[zoun]
などはみんな[ou]であり、また
done[dΛn] love[lΛv] none[nΛn]
といったグループもありますが、
goneのような発音になるのは他に無いように思われます。
ましてや原型goの発音は[gou]であることを考えるとさらに不思議です。
「どうして」と聞かれても困るかもしれませんが、
何か経緯があったのでしょうか。
私個人の感覚では、確かに[go:n]の方が
「行っちゃった~」って感じがして
たいへん結構なことなんですが……。

A 回答 (2件)

gone の <o> の発音はアメリカ英語では長い音 [o:] に、


イギリス英語では短い音 [o] になります。
(発音記号は便宜上質問者に合わせました。)

これと同様に
off, cloth, toss, dog, long の <o> も
アメリカ英語では長い音 [o:] に、
イギリス英語では短い音 [o] になります。
この場合、アメリカ英語の長い音は短い音が長くなったものです。

gone の アメリカ式発音 [go:n] も
短い音が長くなったものと思われます。

余談かもしれませんが、ついでに。
done[dΛn] love[lΛv] none[nΛn] に関してですが、
本来この <o> は <u> で表されるべきものです。

[Λ] を表す標準的なつづりは <u> です。
ではなぜ <u> を使わないのか?

それは <u> を使うと読みにくいからです。
今ではワープロなどで活字体(ブロック体)が全盛ですが、
かつては筆記体が用いられていました。

筆記体で <l, m, n> などの縦棒と <u> が組み合わされると、
非常に読みにくくなります。
試しに minimum と書いてみてください。

(さらに <i> の上の点を省くと、書きようによっては、
ほとんど判読不可能になります。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。なるほど、イギリスではgoneは「ごんぬ」(!?)なんですね。改めて辞書を見てみると、確かに[go(:)n]となっていました。
 「余談」のほうもたいへん興味深かったです。英語の綴り・発音というのはドイツ語などに比べて規則性にとぼしくて、そこがまたカッコ良くて私は好きなのですが、掘り下げるといろんな事情が見えてくるものですね。手書きの「minimum」(iの上の点なし)は……これは……ただのジグザグですな(笑)。

お礼日時:2002/04/29 17:33

本来は[goun]だったのが、[gou]との区別が付きにくくて、意識的に違いが判るように


[gouuunnn]→[go:n]と発音していたのが定着した・・・・・・
あくまでも、私の想像で、自信はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。正解が分からなくてもいろいろ考えてみるのも面白いですね。お礼が遅れて申し訳ありませんでした。

お礼日時:2002/03/31 20:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ