当社はプレハブをレンタルで3年ほど借りていましたが、使用しないので
契約解除したところ、レンタル会社が撤去費用がかかるというのでそのまま
おいて行きました。

この場合贈与扱いで再取得価額を計算して資産計上すべきでしょうか?
もしくは過去のレンタル費用総額が取得価額となるのでしょうか?

放って置くわけにもいかないもので、処理方法に悩んでいます。
どなたかお教え願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

基本的には、このプレハブを継続して使用する場合には、無償で譲渡を受けたものは、その資産の時価が受贈益になりますから資産計上が必要です。


仕訳は、 建物  /  固定資産受贈益 です。

時価は、去のレンタル費用総額ではなく、そのプレハブの現在の中品価格を見積もることになります。
レンタル会社の帳簿価格を聞いて、参考にされるのもよろしいでしょう。

ただし、時価が10万円以下なら、受贈益を計上してもそのまま経費として処理できますから、収入と経費が両建てで相殺されますから、上記の経理処理は必要ありません。

時価が10万円から20万円以下の場合は、固定資産に計上して、3年間で均等償却することになります(残存価格は0です)。
時価が20万円を超える場合は、固定資産に計上して減価償却をすることになります。
この場合、耐用年数は中古資産の耐用年数を適用します。

中古資産の耐用年数は、参考urlをご覧ください。

又、このプレハブを使用しないのであれば、何の処理も必要ありません。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/5404.HTM
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近のレンタルDVD見るには

DVD+R
DVD+RW

いろいろありますが対応機種の所、何を確認しといたらいいんですか?

基本的に、どんだけ安いの買ってもプレイヤーなんで大丈夫ですか?

PS2(scph-30000)のレンタルDVD見てて最近のレンタルDVD見れるのと見れないのがあって困っているのでDVDプレーヤー買う予定です!!!!!!!レンタルDVDちゃんとみれたらいいだけです。

DVDROM?の奴を買ったら良いと聞いたんですが価格ドットコムランキングとか見ててもDVDROM?書いてません。ほかの言葉ですか?

Aベストアンサー

先の質問で自分も他の人も散々書いてるんですが、レンタルDVDの再生をしたいならDVD-RやDVD+Rなどの記録型メディアは綺麗さっぱり忘れてください(苦笑)

>価格ドットコムランキングとか見ててもDVDROM?書いてません。ほかの言葉ですか?
DVDプレイヤーはDVDソフト(レンタルを含むDVDビデオ)を再生することを主たる機能にした機器です。そんなわかりきった機能をわざわざ書く必要がないんです。
例えば携帯電話の機能に「他者との通話が可能」とは書かないでしょ?そういうことです。
DVDプレイヤーでもあまり安いのは粗悪なパーツを使っている可能性があるので、それこそ価格.comなどの評判をチェックしてください。

Q父から非上場株式を贈与により取得した場合における息子の取得価額はいくら

父から非上場株式を贈与により取得した場合における息子の取得価額はいくらになりますか。
なお、当該株式を売却する場合の取得価額も合わせて教えてください。

Aベストアンサー

>息子の取得価額はいくらになりますか。

現状では、贈与により取得した場合、贈与者の取得費を引き継ぎます。
つまりお父様が取得した価額が、息子さんの取得価額となります。

>売却する場合の取得価額

上記と同額ですが、上記の取得費が売却代金の5%相当額を下回る場合、取得費の額を売却代金の5%相当額とすることも認められます。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1464.htm

その他贈与税の参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4638.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1464.htm

Q映画の興行成績(あるいはDVD売上)ランキングが年度別で分かるサイトを探しています

映画の興行成績(あるいはDVD売上)のランキングが
年度別に掲載されているサイトを探しています。
特に、洋画のランキングが知りたいです。
2008年のベスト30、
2007年のベスト30、……
という具合に、表になっているものを希望します。
どなたかご存知の方、よろしくお願いします。

※ DVDをレンタルするとき、レンタル屋で見て悩むのではなく、
あらかじめ借りるものを 調べておきたいと考えています。

Aベストアンサー

(社)日本映画製作者連盟が公表してますね。

興行収入10億円以上
2008年(洋画は邦画の下に。1~24位)
http://www.eiren.org/toukei/index.html

2007年以前は左側に並ぶ年度をクリックです。

Q車検費用を毎月未払費用で計上したいのですが...

個人事業で、毎日通勤に利用する車の車検の費用が、2年に一度ある月にドンッ!と負担になるのが不自然なので、毎月「車両費/未払費用」で計上し、車検時には「未払費用/現金」と処理しようと考えているのですが、法的に問題ありますか?

Aベストアンサー

要するに、2年に一度ある月にドンッ!と負担する車検費用を、2年間の各月に均等に負担させたい、というのが質問者のご質問の狙いですね。それならば合理的かつ合法的な方法を御紹介します。

所得税法第二条第一項第二十号で、繰延資産の定義として「不動産所得、事業所得、山林所得又は雑所得を生ずべき業務に関し個人が支出する費用のうち支出の効果がその支出の日以後一年以上に及ぶもので政令で定めるものをいう。 」とし、

所得税法施行令第七条(繰延資産の範囲)第一項第三号ホで、「 自己が便益を受けるために支出する費用」を繰延資産の範囲に含めています。

ご質問の車検費用は、「支出の効果がその支出の日以後二年に及び」、かつ、「 自己が便益を受けるために支出する費用」であるので、繰延資産に該当します。

従って、車検費用を費用としてではなく繰延資産として計上し、その後2年間に亘って毎月、均等に償却すれば良いわけです。

ですから、車検費用を24カ月で割って、毎月、ひと月分の「償却費」を計上しましょう。そうすれば質問者の狙いどおりですね。

Q5.1chで楽しめるレンタルDVD

お世話になっています。
5.1chのホームシアターのスピーカーを購入して嬉しくてしかたありません。
そこで、皆さんのおすすめで、5.1ch効果が高いレンタル作品はないでしょうか?結婚してから映画などほとんど見なくなりました。
オンラインDVDレンタルランキングを見てもよくわかりません。
ジャンルは問いませんので、教えてくれたら嬉しいです。

Aベストアンサー

私も以前は、音響バリバリの映画を買ってました。
一部ですが紹介させていただきますと、

『ツイスター』 ・・・ 竜巻が圧倒的です。ぜひdtsで!
『アルマゲドン』・・・ 全体的に迫力満点。
『パールハーバー』・・・ 40分にも及ぶ戦闘シーンは圧倒的
『プライベートライアン』・・・ とにかく凄まじい。
『エア・フォースワン』・・・ 戦闘機の音がポイント。

まだまだ沢山ありますがこの辺で。

Q法人決算時の前払費用、未払費用は計上しないといけない?

法人が決算を行う時は、地代家賃の前払費用や光熱費の未払費用は計上しな
いといけないのでしょうか?
継続適用を要件として、現金主義を認められるのは青色申告の個人事業者だ
けなのでしょうか?

Aベストアンサー

会計上は、重要性の原則の適用が可能な場合であれば、計上しなくても構いません。

税務上も、短期前払費用の特則などがあるため、おおむね同様に考えて大丈夫かと思います。

QDVDのレンタルについての悩み相談です。

邦画だけでなく、洋画やアニメの劇場版などもよく観ます。
僕は劇場では観ないタイプなので、借りる際に参考にするのはTV番組の王様のブランチや、DVDレンタル店の売上、レンタルランキングなどです。
そしてここからが本題なのですが、流行りの作品は確かに余すところなくチェックが出来るのですが、少し前の作品やあまりPRされていなかった作品(特に洋画)などはどうしてもチェックから漏らしていると感じています。

しかしYahoo映画やAmazonのレビューは、残念ながら作品自体の批評より他れビュワーや出演者の誹謗中傷が多く、あまりあてになりません。
皆さんもレンタルする機会があると思うんですが、何か参考にしたりされますか?
ある方は、具体的に教えてください。

Aベストアンサー

ピンポイントの的確な回答になってないことを、ご了承ください。

TBSラジオの金曜午後3時から
「伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう」という番組で、
ゲストがおススメしている作品を観ています。

番組は、2週間でワンサイクルの形式です。

1週目 Aさんゲストで、おススメの映画αを紹介。
2週目 Bさんゲストで、おススメの映画βを紹介。
3週目 Aさんゲストで、映画αを見たあとの感想を語り合う。
4週目 Bさんゲストで、映画βを観た後の感想を語りあう。

上記のような形式の映画紹介番組です。

私は好きで、録音して聴いて、映画もレンタルしてみて、感想を語り合う回までにみて、かなり楽しんでいます。
録音して聴く必要は無いとおもいますが、Wikipediaに、紹介されてきた/されていく作品は、載せられていくと思うので、参考にされると良いと思います。

但し、一番肝心な最近の見逃した洋画では無いケースが多いので、申し訳ありません。

昨日の金曜日は、八代英輝弁護士がおススメした『完全なる報復』(確か2011年:アメリカ)の作品の感想を述べ合う回でした。
フィラデルフィアを舞台にしたサスペンス映画(R15)でした。R15なのは、ホラー映画よりも、はるかに怖い残虐なシーンが、いくつかあるためです。
衝撃的なシーンの連続で、どうしてこの映画が、日本では、無名だったんだと思う作品でした。主観まみれの感想を繰り返しますが、怖いところもありましたが、サスペンス映画の枠を超えた良い映画でした。

こんな感じで、私は、映画の情報を集めています。

ピンポイントの的確な回答になってないことを、ご了承ください。

TBSラジオの金曜午後3時から
「伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう」という番組で、
ゲストがおススメしている作品を観ています。

番組は、2週間でワンサイクルの形式です。

1週目 Aさんゲストで、おススメの映画αを紹介。
2週目 Bさんゲストで、おススメの映画βを紹介。
3週目 Aさんゲストで、映画αを見たあとの感想を語り合う。
4週目 Bさんゲストで、映画βを観た後の感想を語りあう。

上記のような形式の映画紹介番組です...続きを読む

Q開業前に中古資産(車)を購入しました。青色事業を開業しました。これについての取得価額と耐用年数についてご教示下さい。

よろしくお願いします。概要は次の通りです。 19年1月に開業した青色個人事業者です。
I)(1)サラリーマンの時代に耐用年数6年の初期登録12年4月の車を15年6月(実質3年3ケ月経過)に200万円で購入しました。
(2)個人自家用車として15年6月~18年12月(2年7ケ月使用)使用後19年1月より事業用として使用してます。 (3)この車の事業用資産としての取得価額(帳簿価額)及び耐用年数はどのようにしたらよろしいですか? 
II)上と同じですが、初期登録16年2月に耐用年数4年の軽自動車を17年3月(1年2ケ月経過)に130万円で購入しました。自家用車として9ケ月使用後19年1月より事業用として使用しています。
これについても「I」同様取得価額、耐用年数をご教示お願いします。

Aベストアンサー

>私が質問した最大の問題は初年度登録の中古車を購入してその後に事業転用ですから結局中古車の中古車ですから経過年数の基点を何処にするかに迷ったのです。条文は何処を見ればよいのか解かりません、それらしき条文があればご教示下さい。

私も実際にこのような事例にあったことがないのですが、少なくともこれに合致した条文というものは無いと思います。

私が処理する場合には、中古資産を取得し私的に使用後事業に供用したという事実を考慮して、事業転用時の簿価計算において取得価格から減価の額を引く際の計算上1.5倍する耐用年数を、15年6月に中古資産を取得したことによる中古資産の見積耐用年数(簡便法)にしたがって計算した耐用年数を適用すると思います。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5404.htm

一応税務署に確認なさって下さい。

Q携帯ランキングサイトの有料レンタル又はプログラムを探しています。

携帯ランキングサイトを運営しようと思っています。

携帯ランキングサイトのレンタルをしようと探したのですが、無料のもの(広告が挿入されるもの)ばかりでした。
有料でもよいので、広告挿入のない、使いやすい携帯ランキングサイトレンタルを探しています。

また、レンタルでなくても、CGI等のダウンロードでもかまいません。何かよいものはないでしょうか。
※TheRoomは存じておりますが、複数カテゴリが作りにくいので、別のものを探しております。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も広告を自由に使える有料版探して結構苦労しました。
せっかくだったら自分の思うままのものを作りたいと思いました。
それで探し続けて見つけたのがここでした。
携帯ランキングレンタル「チャレンジcom」というところでした。
ご参考までに。

参考URL:http://kranks.web.fc2.com/

Q取得価額

取得価額についてご質問致します。

以下の条件で、契約書上の売価は取得価額になりますでしょうか?
ちなみに棚卸資産ではなく、固定資産(減価償却資産)の場合です。

(1)市場価格とほぼ同じ価格の場合
(2)低価の場合
(3)ゼロ円の場合(単独で契約書を交わすことはないですが、例えば他のものと抱き合わせの契約だった場合などです。)

質問がへたですみませんが、宜しくお願い致します。。。

Aベストアンサー

No.1の者です。

会計上の取扱いも税務上の取扱いも、私法上の取扱いを基本にして決定されます。私法上の取扱いが会計目的(財務諸表の有用性確保など)や課税目的(公平な課税など)に反し若しくはこれを著しく歪める場合、又は会計諸則や税法に別段の定めのある場合に限り、私法上の取扱いから乖離します。

そして私法では、財産権の移転とその代金の支払とを互いに約することを、売買契約と定義しています(民法555条)。ここでいう代金に「ゼロ円」は含まれないと考えられていますから、対価「ゼロ円」の『売買契約書』の定めは私法上売買契約とみなされません。それは、無償で財産を与える贈与契約(549条)になります。

そして、対価「ゼロ円」の財産権の移転を贈与として取り扱ったところで、会計目的や課税目的に反することも著しく歪めることもありません。これを贈与として取り扱わないとする別段の定めも置かれていません。

そのため、会計上も税務上も、贈与による無償取得資産として取得原価を決定しなければなりません。従い、「公正な評価額」(企業会計原則 第三 5 F、法人税法施行令54条1項6号なども同旨)によるべきこととなります。

No.1の者です。

会計上の取扱いも税務上の取扱いも、私法上の取扱いを基本にして決定されます。私法上の取扱いが会計目的(財務諸表の有用性確保など)や課税目的(公平な課税など)に反し若しくはこれを著しく歪める場合、又は会計諸則や税法に別段の定めのある場合に限り、私法上の取扱いから乖離します。

そして私法では、財産権の移転とその代金の支払とを互いに約することを、売買契約と定義しています(民法555条)。ここでいう代金に「ゼロ円」は含まれないと考えられていますから、対価「ゼロ円...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報