社会保険の加入条件は、所定労働時間の4分の3以上ということですが、
役員の場合、労働時間という概念があいまい(タイムカードや出勤簿はない)なので、
この場合の判断はどのようになるのでしょうか?
また、非常勤であれば加入する義務はないのでしょうか?
社会保険事務所で加入しなくても良いと納得してもらうためには
どのような資料を提示すれば良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#1の追加です。



>役所に対しては、非常勤を証明するものの提出などはいらないのでしょうか?
また、必要ならどういうものを提出すれば良いのでしょうか?

新規に加入されるのでしょうか。
その場合は、加入するする人だけを記載して提出すればよろしいので、特に、非常勤を証明するものを提出する必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分かりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/01 13:58

 非常勤役員は、加入する義務がありませんので、会社と本人の判断によることになります。

社会保険事務所への手続きには、氏名、生年月日、資格取得年月日、異動事由程度の記載内容ですので、非常勤であることの証明書は必要がありません。会社や事業所の責任で資格を取得させたり、資格を喪失させることになります。バイトの方が3/4以上の勤務実態があっても、社会保険に加入するときに添付資料を必要としないのと同じです。社会保険事務所には、加入させる方のみを手続きすれば良いことになります。加入しない方の名簿を提出する必要は、ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
よく分かりました。

お礼日時:2002/04/01 13:59

社会保険の加入については、法人の常勤役員は加入する必要がありますが、非常勤の役員については加入する必要がありません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
もし、よろしかったら、次の点も教えていただければうれしいんですが・・・。
役所に対しては、非常勤を証明するものの提出などはいらないのでしょうか?
また、必要ならどういうものを提出すれば良いのでしょうか?

お礼日時:2002/04/01 09:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q常務執行役員は役員使用人?

当社には取締役執行役員(5人)、常務執行役員(5人)、執行役員(10人ぐらい)がいます。
このうち役員使用人になるのは常務執行役員と執行役員でしょうか?
執行役員と役員の違いについても教えてください。

Aベストアンサー

執行役員とは、通常は、取締役でなく(すなわち従業員)、業務執行の権限および責任を有する者のことを指します。

役員とは、取締役、監査役、会計参与の総称です。

さて、お書きの「役員使用人」というのは、一般的な用語ではないようです。これは、いかなる意味でしょうか。それにより、「役員使用人になるのは常務執行役員と執行役員でしょうか?」の答えも出てくるかと思います。

Q私の所属する派遣会社では2ヶ月間は社会保険がありません 週に所定労働時

私の所属する派遣会社では2ヶ月間は社会保険がありません 週に所定労働時間が20時間以上あるときは雇用保険を自分でかける事は出来るのでしょうか 

Aベストアンサー

派遣会社に常用雇用が決まったら、健康保険・厚生年金・雇用保険は強制加入です。基本的に保険料金の半額以上は会社が負担します。2ケ月間社会保険が無いというのは、健康保険/厚生年金のことでしょうか?それとも雇用保険のことでしょうか?いずれにしても未加入は違法行為です。

Q役員と執行役員の違いってなんなんですか? 役員だと凄くて、執行役員だとただのサラリーマンだ。と言われ

役員と執行役員の違いってなんなんですか?

役員だと凄くて、執行役員だとただのサラリーマンだ。と言われていました。

そんなに役員肩書きにランク違いがあるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

http://chigai-allguide.com/%E5%8F%96%E7%B7%A0%E5%BD%B9%E3%81%A8%E5%BD%B9%E5%93%A1%E3%81%A8%E5%9F%B7%E8%A1%8C%E5%BD%B9%E5%93%A1/
http://subaru-juku.com/board-director-operating-officer-329

単に役員という場合は執行役員も含んでいう会社が多いように思いますね。
取締役と執行役員は全くことなりますし、ランク的な違いもありますが。
だから役員と執行役員の違いというより、取締役と執行役員の違いという観点でしょう。

Q変形労働時間制と所定労働時間

一ヶ月単位の変形労働時間制の会社に勤務しています。
基本 9~18時 休憩 1時間で実働8時間です。
忙しい時期は深夜まで残業することもありますが、
夜勤はありません。

この変形労働時間制の所定労働時間について
ご質問させて下さい。

2月の所定労働時間が160時間でした。

出勤日20日×実働8時間=160時間
公休日8日
--------------------------------
合計 28日

と 大変分かり易いたのですが、
実は2月に知人に不幸があり葬儀のため
公休日以外に1日欠勤扱いで休みました。
(我社では親・子・兄弟・祖父母・孫までしか慶弔休暇が認められていないようです)

そうすると てっきり
160時間-1日分の実働時間 8時間=152時間
が所定労働時間になるものかと思っていましたら
勤怠担当者から1日欠勤した場合、
つまり27日間では所定労働時間は154時間になると
算定表のようなもの見せられ説明を受けました。

なぜこのようになるのでしょうか?

この算定方法は何かに基づいている作られているものなのでしょうか?

一ヶ月単位の変形労働時間制の会社に勤務しています。
基本 9~18時 休憩 1時間で実働8時間です。
忙しい時期は深夜まで残業することもありますが、
夜勤はありません。

この変形労働時間制の所定労働時間について
ご質問させて下さい。

2月の所定労働時間が160時間でした。

出勤日20日×実働8時間=160時間
公休日8日
--------------------------------
合計 28日

と 大変分かり易いたのですが、
実は2月に知人に不幸があり葬儀のため
公休日以外に1日欠勤扱いで休みました。
(我社では親...続きを読む

Aベストアンサー

 追記します。

(1) ご質問者は所定160時間に対して、欠勤1日(=8h)より、実労152時間働いた。よって賃金は152時間に対して払われれば問題ない。

(2) 154時間勤務した場合、これが欠勤日当日なら2時間分の賃金を払うか、賃金控除は欠勤6時間として154時間分の通常賃金を払う。要は6時間の遅刻、早退の場合です。

(3) 154時間勤務した場合、これが欠勤日以外の勤務なら、その日の所定労働時間超(8h)か、土日出勤なら週所定の所定労働時間(40または48h)を超えるので、時間外労働の割増賃金が必要。

(4) 『154時間を超えた分から残業手当がつく』は誤り。月の所定160時間を超えた場合と、一日の所定(8h)、週の所定(40または48h)を超えたところから時間外対象です。一日の所定を超えると週、月の所定も超えます。

 担当者は所定と実労働時間の区別が混乱されているように感じます。個々の社員が欠勤しても、その所定労働時間は変動しません。ただこの大きな誤解はご質問者でも担当者に説明しきれないと思うのですが。

Q執行役員

執行役員と役員とは、どのような違いがあるのでしょうか。
また、執行役員は役員と比較して
メリット、デメリットはどのようなものが、あるのでしょうか。

Aベストアンサー

通常の役員は取締役会に意思決定者として参加します。
しかし、執行役員は取締役会には参加せずに業務執行に専念するのが
通常です。
わかりやすく言うと、
役員(取締役以上)=意思決定・経営監督機能
執行役員=業務執行代表者
となるかと思います。
したがって、役員は従業員ではありませんが、執行役員は従業員です。
(取締役執行役員である場合はその限りではありません)
どちらがどうというメリット、デメリットはありませんが、
両方の機能を明確に分けることによって、役員は経営監督機能に
専念し、執行役員は業務執行に専念できるというメリットがあります。
経験で言うと、経営に専念すべき役員があたかも特定部門の
利益代表の顔を持ってしまい役員会が紛糾してしまうとケースが
見られます。執行役員制度はそうした役員会での弊害を軽減する
役目を担っているかもしれません。
ただし、安易な考えでこの制度を導入すると、役員と部長職の間の
ポストを悪戯に増やしただけになり、部長、執行役員の責任や
権限が曖昧になってしまうことがあります。
これがデメリットと言えるかもしれませんね。

通常の役員は取締役会に意思決定者として参加します。
しかし、執行役員は取締役会には参加せずに業務執行に専念するのが
通常です。
わかりやすく言うと、
役員(取締役以上)=意思決定・経営監督機能
執行役員=業務執行代表者
となるかと思います。
したがって、役員は従業員ではありませんが、執行役員は従業員です。
(取締役執行役員である場合はその限りではありません)
どちらがどうというメリット、デメリットはありませんが、
両方の機能を明確に分けることによって、役員は経営監督機能に
...続きを読む

Q変形労働時間制を採用している場合の短時間労働者の所定勤務について

長いタイトルになって申し訳ありません。
タイトルのままでありますが、具体的に記入しますと
・正社員の1日の所定勤務時間---7:25
・短時間労働者の1日の所定時間--個別契約による
・1箇月単位の変形労働時間制を採用
上記のような条件下である場合、短時間労働者の
1日の所定労働時間を8Hとすることができますか。
なお、この8Hは一週平均して40Hの範囲内で
おさまっている前提でお願いします。

Aベストアンサー

1か月単位変形労働時間制
○質問者さんのおっしゃるとおりできます。その条件は次のようなものです
○労使協定又は就業規則その他これに準ずるものにより、1か月以内の一定の期間を平均し、1週間の労働時間が週法定労働時間を超えない定めをした場合には、その定めにより、特定の日において8時間(1日の法定労働時間)を超えて、特定の週において週法定労働時間を超えて労働させることができます。
○この場合、あらかじめ、労使協定又は就業規則その他これに準ずるものにより、各週、各日の労働時間の長さを特定することが必要です。

Q自社の執行役員の敬称

部長や課長なら○○部長、○○課長とメールに書きますが、執行役員の方の場合
はなんて書けばいいのでしょうか?
○○執行役員 でいいのですか?
というか、「○○執行役員からお電話ありました」というメールを部長に送っちゃったのですが。

Aベストアンサー

別に呼び方としては問題ないと思いますが、一般的には略して「○○役員」と呼んでいるケースが多いのではないでしようか。
もしくは、「執行役員の○○さんから・・・・」という使い方でしょうね。

Q法定労働時間を超える所定労働時間について

他の件でも質問出してますが、わからないのでお願いします。
特例事業場に勤めているのですが、
就業時間が9時~18時まで休憩1時間、週1回の休みです。
法定労働時間は44時間、所定労働時間は48時間です。

36協定の話は聞いてないし、多分会社側が知らないです。

これってダメですよね…?

Aベストアンサー

ダメですね。そもそもこの会社は、1か月単位の変形労働時間制にして週1日は所定労働時間を4時間にしないと週44時間の法定労働時間を守れません。その上で36協定を結んで週44時間を超える“残業”には割増賃金の支払いが必要になります(隔週休日2日制にすると例えば第1週48時間、第2週40時間となり平均すると週44時間を守れます(この時間内なら割増賃金の支払いは不要です)。念のため)。

なお、36協定は所轄の労働基準監督署に届け出て従業員には「周知」させる義務があります(念のため)。

Q執行役員と役員はどう違うのか?

執行役員と言う肩書きの人がいますが、執行役員は取締役または役員とどう違うのですか。
ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_155.html

このサイトに分かりやすく書かれています。 

Q所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金とは?

誰かご存知の方がいましたら教えてください。

私は派遣職員で9.5時間拘束で8.5時間の仕事を行っており、時間給ベースで給料を頂いております。(契約書上8時間労働ですが、毎日8.5時間仕事をしており8時間で帰ることは100%ありません)その条件で有給を取得した場合、8時間×時間給分しか払えないと言われました。私の会社の有給の支払方法ですが、労働基準法39条6項にある

>所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金を支払う

形態を取る会社ですが、8.5時間分の有給を受け取ることは困難なのでしょうか?また契約書を正しい労働時間(8.5時間の契約書)で作成することも拒否されました。法定労働時間に抵触するからと思われますが、私個人としては、何となく腑に落ちない感じがするのですが会社の言っていることが正しいのでしょうか?

要点を記載します。

(1)8.5時間分の有給を受け取ることは可能か?
(2)契約書を正しい労働時間(8.5H)で作成してもらうことは可能か?
(3)所定労働時間の概念は?

ちなみに私が8.5時間働く事に労使間で争いはありません。
可能であれば法務関係者から意見を頂けるとありがたいです。

誰かご存知の方がいましたら教えてください。

私は派遣職員で9.5時間拘束で8.5時間の仕事を行っており、時間給ベースで給料を頂いております。(契約書上8時間労働ですが、毎日8.5時間仕事をしており8時間で帰ることは100%ありません)その条件で有給を取得した場合、8時間×時間給分しか払えないと言われました。私の会社の有給の支払方法ですが、労働基準法39条6項にある

>所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金を支払う

形態を取る会社ですが、8.5時間分の有給を受け取ることは困難なのでし...続きを読む

Aベストアンサー

>現在相手は払わないと言っています。と言うことはもう交渉の余地は無いのでしょうか?差支えないという表現は私は請求することができるということでしょうか?相手の善意に任せると言うことでしょうか?

交渉の余地は無いでしょう(適法です)。
そうです“相手の善意に任せる”と言うことです(0.5時間分プラスする義務は法的にはありません)。

>36協定を結んだ上、8.5時間を標準労働時間とする契約書を交わせば有休使用時に8.5時間分の金額を払ってくれるということですかね?

いいえ、0.5時間は時間外労働ですから、通常の賃金には入りません。
8.5時間を標準労働時間(?)とする契約書はそのままでは違法です(1日の法定労働時間8時間を超えています)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報