当社では売上計上(出荷)と同時に在庫が落ちるというコンピュータのシステムとなっています。通常はこれで何の問題もないのですが,販売単価未決定で出荷せねばならないことも多く,その場合はシステムを通さず手書き伝票にて対応しています。(売価未決のため売上計上できないため)。
 しかし,実在庫は減っているのに,コンピュータ上は在庫は減ってないため,そこに差異が生じます。そこで,棚卸の時など,どっちが本来の数字かわかりません。
 私の考えでは,当社はA倉庫,B倉庫の2つがありますが
そこに架空のC倉庫をつくり売価未決分の出荷のしょうひんをC倉庫へ仮に移動したことにし,売価決定後,架空のC倉庫より出荷したことにすれば,A,B倉庫の実在庫とコンピュータ上のA,B倉庫在庫数が合致するので良いかと思うのですが・・・・。
 税務調査において問題ないでしょうか。また,何か別の手段はないでしょうか?
 もし,上の方法であった場合の仕訳を教えてください。

A 回答 (1件)

ご苦労をお察しいたします。


さて、出荷時に売上計上をしないで、
データ上は架空倉庫(C)へ出荷したことにしても、
実際の商品は客先に届いている訳ですから、
これも「棚卸差異」ということになりませんか。
また、架空倉庫(C)の存在を税務上伏せていても、
貴社の経理上の期末在庫金額と棚卸金額が一致しないと
思います。そうなるとC倉庫は商品隠しに使った架空倉庫で
あることが判明して、もっとマズイことになりますよ。

また、出荷時に売上を計上しておかないと、
貴社の財産のままで商品が客先に納入されますが、
売価が確定するまでの間の保全責任はどちらにありますか。
また、売上債権の発生時期が売価が確定するまで延びて、
結果、支払サイトも伸びすとすると、
貴社経理部では、これを問題にはしませんか。
あるいは、貴社が商品に動産保険を付保しているとしたら、
その保険とのとの兼合いは問題ないですか。

お悩みのような場合ですが、通常売価で売上計上を行い、
後から価格訂正を行う旨を客先と確認の上、出荷時に売上計上する
ことをお薦めします。
貴社が取り扱っている製品は不明ですが、
価格改定が定期的にあるような業界では、
旧価格で売上を立てておいて、
あとから新価格に訂正するという方法もあります。
税理士さんともご相談されたら良いと思いますが。
ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当社は,スーパーやホームセンターに商品を卸しています。 この業界は広告チラシに載せるたびに売価が変わり変化の頻度が高いです。 頻度が低ければ売価訂正で対応したいのですが事務処理が多くなるし・・・
 でも,やっぱり架空の倉庫なんかは良くないでしょうから,hansinさんのアドバイスを参考に売価訂正でやっていこうと思います。

お礼日時:2002/04/06 10:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関税の仕訳教えてください!!

輸入した際にかかる関税についての仕訳なんですが・・

立替金 運賃 94,930
    ターミナル 4,044
    保険料  4,482
    関税   77,400
    消費税  82,400
    地方消費税  20,600

通関諸掛  通関料 11,800  
      取扱料 6,000  
      貨物配達料 5,500

支払い合計 307,731円

なのですが、仕訳が解りません・・

輸入運賃なのか?輸入仕入なのか?宜しくお願いします。

    

Aベストアンサー

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取得価額)
第三十二条 第二十八条第一項(棚卸資産の評価の方法)又は第二十八条の二第一項
(棚卸資産の特別な評価の方法)の規定による棚卸資産の評価額の計算の基礎となる
棚卸資産の取得価額は、別段の定めがあるものを除き、次の各号に掲げる資産の区分に
応じ当該各号に定める金額とする。

一  購入した棚卸資産   次に掲げる金額の合計額

 イ 当該資産の購入の代価(引取運賃、荷役費、運送保険料、購入手数料、
   関税(関税法 (昭和二十九年法律第六十一号)第二条第一項第四号の二
   (定義)に規定する附帯税を除く。)その他当該資産の購入のために
   要した費用がある場合には、その費用の額を加算した金額)

 ロ 当該資産を消費し又は販売の用に供するために直接要した費用の額

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取...続きを読む

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q売上計上について

製品を出荷しないまま(商製品を預かったまま)、売上を計上することができる要件(預かり売上の要件)としては何がありますか?根拠となる条文等あれば併せて教えてください。

Aベストアンサー

実務上は引渡が完了していることを証明する書類が必要になると思います。通常は預かり証なんかを作成するものと思います。(税務調査時に引き渡し後預かっているだけってことを証明できるようにする為)

完成時期の判定についての基本通達を解説したものを添付しておきます。
こんな書類の整備が必要なんていう条文はないと思います。(多分)

あとは通常の完成基準にしたがって考えればいいと思います。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~kigawa/taxnews/zaimu/houjin/nyumon15-2.htm

Q仕訳について【商品(在庫)と売上原価(仕入れ)、買掛金の関係性】

はじめまして。
4月から社会人をしております。配属は簿記経験はないですが経理になり、仕訳に悪戦苦闘しております。

うちの会社では在庫を「商品」、仕入れを「売上原価」の勘定科目にしております。
先輩に

*「売上原価が立つのは物が売れたとき、粗利がでたとき」
*買掛金の増減明細の仕入れ欄を見ると借方に売上原価と商品、貸方に買掛金という仕訳ができる

とのことなのですがいまいち理解ができません。
本やwebで探しても参考になるものが少なく四苦八苦しております。

精通された方、どなたか御享受のほどをお願いいたします。

Aベストアンサー

仕入れ時
1.商品  1000  / 買掛金 1000

売上時
2.売掛金 2000    / 商品 1000
             /商品売買益 1000
  
ですが、質問者様の会社は、売上時の仕訳を
下記のようにされていると思います。


A.売掛金  2,000  売上  2,000

B.売上原価 1,000 商 品 1,000

C 売上   2,000 売上原価 1,000
             商品販売益1,000

Aの仕訳は売上代金を収益計上します。
Bの仕訳は引き渡した資産である商品を費用に
振り替えています。つまり販売する事によって資産が
費用となった訳です。
Cの仕訳は文字通り収益から費用を差し引いて儲けで
ある利益を求めています。

借方・貸方を相殺消去した仕訳が上のほうの仕訳になります。


 


人気Q&Aランキング