レールガンの実用性と汎用性についてお聞きしたいです。
たしか戦車に搭載されていると聞いたことがありますそれについても教えていただきたい
ハンドガン並みとは言いません、レールガンを小型化できます?

A 回答 (3件)

レールガンはまだ実用化レベルには技術的に達していないはず(電力・スペース・耐久性など)なので戦車などには搭載されていません。


小型化の件ですが人間が使う携帯火器としては、不可能です。というかやってはいけません。
そのわけは、レールガンじたいにあります。
レールガンとは、ミサイルなど目標を内蔵の火薬の爆発力で破壊する兵器とちがい発射時のスピードによる運動エネルギーによって目標を破壊します。
そのためその初速は音速の15倍(マッハ15)ぐらいのスピードです(これは大気圏を突破できるほどのスピードです)。
これは、電磁石の磁力を使って加速させます。そのため発射には大量の電力を使います。その電力の問題が小型化の障害になっています。
もう1つ あまりに速いので摩擦で大気がプラズマ化するほどの熱が発生します。そのため銃身が融けてしまい連射ができません
これは、兵器としては致命的です。そのため融けないように銃身を冷やさなければなりません。この冷却システムの小型化も問題です。
それらが解決できればとてつもない威力の秒間何万発も連射の出来る兵器になります。
さて音速を超えると当然衝撃波が発生します。
そんなものを生身の人が持ったら挽肉になってしまいます。
将来は、軍艦の艦載砲や戦車などに載せられると思います。
    • good
    • 0

母校(高専)では私が入学する前に卒業研究でレールガンを打っていたという話でした。


ただし打つために使うコンデンサがすごく大型(数MAクラスで、放電させれば普通の鉄板に穴が開くそうな)だったので、今の技術では小型化するのは難しいのではないかと…。
    • good
    • 0

ちょっと知識が古いかもしれませんが、レールガン自体は小型なのですが、発射に要する


電力がかなり必要になるため、携帯兵器としての実用は難しいのではないかと思います。
そもそも、レールガンの原型は、WW2時にドイツで製造された火薬式の長距離砲(発射前に爆撃で破損)や、空母アドミラルグラフシュペーの火薬式カタパルトですが、ともに初速の速さを求めたものです、これらは、現在ミサイルや蒸気カタパルトに成ってしまいました。地上では、残念ながらレールガンの必要性は薄いですが、宇宙空間では、非常に有効です、構造が簡単で、弾が軽いプラスチックで良いこと、電力の心配要らない原子炉搭載型の衛星に装備すれば、大陸間弾頭ミサイルの迎撃に非常に有効です、私見ですが、
既に実用している可能性はかなり高いと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本製鋼所のレールガンが3億2400万円って安すぎませんか? 一応、レールガンは最新兵器なわけですよ

日本製鋼所のレールガンが3億2400万円って安すぎませんか?


一応、レールガンは最新兵器なわけですよね?

3億2400万円の兵器を載せる勇気が日本の自衛隊にありますか?

Aベストアンサー

そりゃ最新兵器に見えるかもしれないけど、開発が始まったのはレーガン政権のSDI計画時で、もうほとんど開発済みですけどね。あんときゃ他にレーザーやら荷電化粒子ビームやら、要は成層圏をアメリカ大陸に迫るICBM弾頭を撃ち落とすのが目的だったから、真空下で使えるような兵器ということで開発が進んだ。
 その3億2400万だって、一丁の値段なのかね。開発費は込みなの?まさか自分の懐を基準にしているとか?

Q今の戦車を昔の戦車で倒せますか?

例えば、自衛隊の10式戦車を第二次世界大戦時の戦車で倒せますか?

装甲を貫通できますか?

Aベストアンサー

 現在の戦車を昔の戦車で破壊出来るかという問題ですが、絶対に不可能というわけではないだろうと思います。もっとも、弱点を狙って集中砲火を浴びせるとか、無茶な行為をおこなわなければならないでしょうし、反撃されたら終わりでしょうけれど。

 現在の戦車は正面装甲が厚く、頑丈に出来ているので、正面から攻撃を加えたのでは絶対に勝てないでしょう。

 しかし、側面や背面から至近距離で砲撃を受けた場合は、必ずしも耐えられるとは限らないだろうと思います。エンジン排気口付近を狙って砲撃を加えれば、壊れる事もあり得るでしょう。

 ですが、第二次世界大戦当時の戦車はT34やキングタイガーでも現在の戦車と比べると装甲が薄く、火力が貧弱なものですし、射程距離が短いので、かなり接近して攻撃しなくてはならず、まともに戦ったら勝てないでしょうね。

 映画で見ると面白いテーマですが、隠れ場所が多い都市部での戦いなどの障害物が多い場所でないと、不意打ちを加えるのは難しいでしょう。

Q【科学・天文学】宇宙空間でレールガンは発射可能か? レールガンの威力は落ちませんか?そもそも撃てま

【科学・天文学】宇宙空間でレールガンは発射可能か?

レールガンの威力は落ちませんか?そもそも撃てますか?

Aベストアンサー

電磁誘導を用いて加速するので宇宙空間で使用出来ます。
 宇宙空間では打ち出された物は空気抵抗を受けないので、打ち出された時の速度のまま進みます。ただし、他の物体(天体)の影響を受けた起動の変化、速度の変化はあります。

 ご存じとは思いますが、レールガン(超電磁砲)の原理や構造については以下のような解説ページが参考になります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%B3

参考まで。

Qレールガン

 レールガンは電磁力で弾を超加速して発射しますけど、これが目標物ににあたったらどうなるのですか?物凄い速さで飛ぶ点から見ると貫通性だけに優れているのでしょうか?それとも爆弾やミサイルのように爆発性や破砕性といった面も持ち合わせているのでしょうか?

Aベストアンサー

結論から申しますと爆発します。これはレールガンに限ったことではなく数km/sの速度で衝突した場合はすべて同様の結果となり、また硬さも問題ありません。液体でも、固体でも一緒です。対戦車用などの徹甲弾では1km/s程度であり速度が足りないので貫通力だけとなります。
物体中の音速以上の速度で衝突した時に物体内部に衝撃波が生じます。衝突物がめり込むときに音速より速いと圧力は衝突物より前方に広がることができないからです。圧力が高まればその周辺は高温高圧になって気化します。これは物体を破壊するとともに空中に急激に開放され更に空中にも衝撃波を生じることになります。つまり爆発するのです。

Qレールガン

レールガンとは、いったいなんでしょうか?
話には聞いたことはあるんですが、イマイチ想像できません。
もしよろしければ、教えていただけないでしょうか?
あと、レールガンは実在するんでしょうか?

Aベストアンサー

電磁誘導で加速するものでは有りません。

電磁場中に発生する「ローレンツ力(電磁場に対して「直交する方向に発生する力)」を使って物体を加速させる装置です。

リニアモーターの原理で「物体を電磁誘導によって加速させる装置」は「リニアガン」と呼ばれます。

レールガンとリニアガンの決定的な違いは、リニアガンが原理的に最大速度に上限がある(磁場の切り替え速度に左右される)のに対してレールガンでは投入したエネルギーに比例した速度が得られ「理論上」速度の上限はないということです。もちろん実際には「投入可能な電力量や、空気などの抵抗、製造技術、相対論による上限があります。

Qレールガンについて

今、卒業研究でレールガンの研究をしています。このレールガンがロケットやスペースシャトルのカタパルトとして利用できるか考えているのですが、どうなんでしょう?あと、渦電流による発射速度の低下なんてあるんでしょうか?自分で考えてみたのですが、なぜ渦電流が発生するのか、またその渦電流によって発射速度に影響が出るのか全くわからず困っています。わかる方いたら回答お願いします。

Aベストアンサー

この道の専門家ではなく唯のSF好きですが、lefty10さんの言っているレールガンとはローレンツ効果を使った一般的なレールガンでしょうか?これであれば、まずロケット程の質量を第1宇宙速度(7.9km/s)や第2宇宙速度(11.2km/s)へ加速する為に必要な電力が莫大である上、その際に発生する熱処理(レールの電気抵抗による発熱)が大きな問題であるはずです。現時点でこれらを解決する策は見つかっていませんので将来性は難しいでしょうね。

一方、磁石の反発力を使ったリニアモーター式のものは、上記の物よりは実現性が高いと(個人的には)思っています。但し、こちらも大量の電力を消費しますのでその確保が一番の問題です。ちなみに、アメリカ(だったと思う)ではこちらの研究が実際に行われています。又、参考にはなりませんが、多くのSF作品に登場するのもこちらのタイプのマスドライバーとなっています。

両者共、人間を搭乗させる為には長距離のレールが必要となりますので、この確保も問題になると思います。(人間を考えなければそれ程の長さは必要ないでしょう)
又、過電流と直接関係があるのかは分りませんが、理論上電力量を上げる事で光速まで可能なはずの加速が、現在の実験ではある程度の速度で頭打ちになる事も判明しているようです。但し、この具体的な原因は分りません。

この他、No.1さんの回答にある軌道エレベータもSFではよく登場します。但し、こちらは建築と言うレベルで上記の方法以上に難しいと思われますが、現在、国際会議でその実現性を検討するプロジェクトがあるようです。こちらはここ数年のうちに実現性の可否を判断すると言っているようなのでちょっと楽しみですね。ちなみに軌道エレベータを考案したSF作家(名前は忘れました)はマスドライバーよりもこちらの方式のほうが実現性が高いと言っており、これに賛同する方も大勢いるようです。

あまり参考にならない回答だと思いますが、もし役に立てば幸いです。

この道の専門家ではなく唯のSF好きですが、lefty10さんの言っているレールガンとはローレンツ効果を使った一般的なレールガンでしょうか?これであれば、まずロケット程の質量を第1宇宙速度(7.9km/s)や第2宇宙速度(11.2km/s)へ加速する為に必要な電力が莫大である上、その際に発生する熱処理(レールの電気抵抗による発熱)が大きな問題であるはずです。現時点でこれらを解決する策は見つかっていませんので将来性は難しいでしょうね。

一方、磁石の反発力を使ったリニアモーター式のものは、上記の物よりは実現...続きを読む

Qレールガン

レールガンの実用性と汎用性についてお聞きしたいです。
たしか戦車に搭載されていると聞いたことがありますそれについても教えていただきたい
ハンドガン並みとは言いません、レールガンを小型化できます?

Aベストアンサー

レールガンはまだ実用化レベルには技術的に達していないはず(電力・スペース・耐久性など)なので戦車などには搭載されていません。
小型化の件ですが人間が使う携帯火器としては、不可能です。というかやってはいけません。
そのわけは、レールガンじたいにあります。
レールガンとは、ミサイルなど目標を内蔵の火薬の爆発力で破壊する兵器とちがい発射時のスピードによる運動エネルギーによって目標を破壊します。
そのためその初速は音速の15倍(マッハ15)ぐらいのスピードです(これは大気圏を突破できるほどのスピードです)。
これは、電磁石の磁力を使って加速させます。そのため発射には大量の電力を使います。その電力の問題が小型化の障害になっています。
もう1つ あまりに速いので摩擦で大気がプラズマ化するほどの熱が発生します。そのため銃身が融けてしまい連射ができません
これは、兵器としては致命的です。そのため融けないように銃身を冷やさなければなりません。この冷却システムの小型化も問題です。
それらが解決できればとてつもない威力の秒間何万発も連射の出来る兵器になります。
さて音速を超えると当然衝撃波が発生します。
そんなものを生身の人が持ったら挽肉になってしまいます。
将来は、軍艦の艦載砲や戦車などに載せられると思います。

レールガンはまだ実用化レベルには技術的に達していないはず(電力・スペース・耐久性など)なので戦車などには搭載されていません。
小型化の件ですが人間が使う携帯火器としては、不可能です。というかやってはいけません。
そのわけは、レールガンじたいにあります。
レールガンとは、ミサイルなど目標を内蔵の火薬の爆発力で破壊する兵器とちがい発射時のスピードによる運動エネルギーによって目標を破壊します。
そのためその初速は音速の15倍(マッハ15)ぐらいのスピードです(これは大気圏を突破...続きを読む

Qガンによる塗装について質問です、ネットで調べたら三回に分けるとあったのですが 一回目はワザとガンと塗

ガンによる塗装について質問です、ネットで調べたら三回に分けるとあったのですが
一回目はワザとガンと塗装物の距離を離してザラザラ、2.3回目は20センチくらいで本気塗りって感じで良いんですか?
コツを教えてください。

Aベストアンサー

ガンによる塗装は塗装対象物にもより塗り方は変わるのでしょうが、

一回目、砂吹きして塗料を素材にくっつける。

二回目、砂吹きした塗料の隙間を埋める様に、尚且つ、平面になる事をイメージして吹く。

三度目、仕上げのイメージを意識して吹く。

決してたれるまで吹いてはいけません。

万が一ウレタン塗装でしたら垂れる直前が最高のツヤをもたらしてくれます。

でも、たれると…乾燥時間+研磨時間がかかりますので

塗膜が厚くなりますと、仕上がりが 丸っぽくなってツヤが上がるのですが、その分ディテールが崩れます。

塗料が少ないとムラの発生も考えられます。

色々な素材の「いいところ」を出すためには、

経験のみが頼りになります。

と言いますより、どの様な素材ににどの様な塗料をどの程度のコンプレッサーの口径どの程度のガンで吹くのか教えていただけましたら、違ったご回答もいただけるのでは…と思います。

ご参考まで。

Qとある科学の超電磁砲のレールガンの定義について。

とある科学の超電磁砲のレールガンの定義について。

wikipediaでレールガンについて調べたのですが、
記述を見るとコイルガン(電磁投射砲)に近いような気がするのですが・・・。
ご意見をお聞かせ下さい。

「レールガン」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%B3

「コイルガン」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%B3

Aベストアンサー

大きな物体を飛ばすシーンも
在るので空中に電流を流して
いるのでしょうね。

指ではじくのは電磁場に投入
しているだけだと思う。

Qたしかこんな格言あったような…

前に聞いたことあるのですが、

゛一人になることをおそれるな ゛


このような格言?名言?を残した人がいたような気がします。

わかる方いますでしょうか??

Aベストアンサー

私も昔聞いたことが有るような気がして調べてみました。
座右の銘にしたい名言集というサイトを見つけ。
「人」、「おそれ(恐れ)」、「人+おそれ」、「我」で検索しました。
残念ながら該当する格言は有りませんでした。

世の中の人は何とも言わば言え。我が成すことは吾のみぞ知る。

坂本龍馬

が強いて言えば、一人になることを恐れず行くと言う点で似てると
言えないこともありません。

もっと漢語的な表現だったのかも知れません。
興味有ったら下記URLを他のキーワードで調べて見てください。

参考URL:http://za-yu.com/


人気Q&Aランキング