質問です。
マイクロ波を受信する際の利得アンテナって存在するのでしょうか?
(アンテナ自体の仕組みは変わらないのでしょうか?)
また、マイクロ波特有のマルチパス現象って何ですか?
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

聞いたことないですね。

 ほとんどお皿のアンテナですね。
2.4ギガ帯まではあったはずです。(細長い円柱形のもので、八木アンテナみたいに
先端を電波が来る方向に向けるやつ)

>>マイクロ波特有のマルチパス現象・・・マルチパス干渉のことでしょ。

これはUHF帯でもおきますよ。 デジタル方式のケータイ電話を東京都心オフィス街
ビルの谷間で使うと声がゴロゴロしたり通話が切れたりするのは回線の輻輳のほか
にこれも原因の一つとされています。

受信アンテナ到達時にビルの壁面反射や高層建築物からの回折などで反射された電
波は直進波にくらべて遅延しているので復調の際に干渉し、それが通信の品質を落
としています。 それがマルチパス干渉です。
パラボラを使って通信する分に関しては地表面からの反射による影響も考慮して
できるだけ高く配置してお互いのアンテナ間に干渉物がないようにすれば品質劣化
を抑えることができるでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング