はじめまして。高3で陸上をやっている者です。

さて、アイシングとは果たして有用なのでしょうか?

まず、僕がアイシングに不信感を持った経緯を述べます。
僕は、以前はアイシングは非常にいいことだと思っていました。
僕の信頼するOBの先輩の話によると、アイシングで代謝レベルが押さえられて
そんでアイシングの後に血流が良くなって疲労が回復するということなんですね。
それでアイシングを信頼していたわけです。
実際その時僕はアキレス腱を痛めてまして毎日冷やしてましたし。
しかし、3ヶ月ほど経っても事態はいっこうに改善されず、ついにシーズンイン直前。
そして、先生に、とある接骨院(一応言っておくと、大阪鶴橋駅近くの矢田接骨院と言うところです)を紹介されましてそこに行ったわけです。
するとあっさり痛みはなくなり、正直びっくりしました。
その時は確かに、メンタルな面で痛みが残っていたというのもあったかもしれませんが、それで、その接骨院に絶対の信頼を置くようになりました。
そして、毎週通うようになり、ある日、アイシングについての話題になって、
「アイシングをしたら動きが悪くなるからしない方がいい。
冷やしたら血流も悪くなるし、良くなるとしてもそれは二次的な物。」
と言われ、単純に納得するわけです。
それはそれで筋が通っていて、そして例の先輩が言うことも筋が通っている。
これはどっちが正しいの?と言うのが僕の聞きたいことなんです。

また接骨院に行くんでその時再び詳しく聞こうと思いますが、
みなさんの意見をよろしくお願いします。
あ、そういえば、その例の先輩は小山先生のワールドウイングのトレーニングについて結構知っていて、それで僕も小山先生の本を読んだりしたんですが、
たしかアイシングについては辛口だったような。
ワールドウイングに詳しい方、そこら辺も聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

専門知識があるわけじゃないですが、「アイシング」と言っても使う場面が色々あるのではないですか?



一般に(スポーツで)怪我をした場合の応急処置はI.C.Eと呼ばれ、Ice/Compression/Elevation(/Immobilizaion/Rest)が必要と言われます。
つまり怪我が炎症を起こしている時には患部を冷やす事が有効であると私は理解しています。
炎症が治まった後は冷やすのではなく患部(及び周辺)の新陳代謝を促し治癒を早めるために温めることが有効だと思っています。
一方、怪我ではなく練習後、試合後など筋肉・関節などが過熱状態にある場合に
アイシングにより代謝レベル(血量?)を下げる事により炎症を押さえる効果と乳酸の発生を押さえて疲労を少なくする効果があると理解しています。

以上はあくまでも本を読んだだけの独学での知識なので誤りがあると思いますが、言いたい事は「アイシング」が万能ではなく必要に応じて使う手段であると言う事です。
正しい知識は接骨院の先生に伺ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございます。
また、お礼がおくれてすいません。

過熱状態にある=炎症、なのでしょうか?
ていうか炎症になるのを防ぐためですか。
そもそも炎症って何なのでしょう。
そこらへんが引っかかりますが。

お礼日時:2002/04/08 18:47

アキレス腱を傷めてから三ヶ月間もずっと冷やし続けたのですか?  一部断裂ですか?


基本的に違っていますから、それでは効果は有りません。

怪我したり、運動で筋肉を多く使った場合に、局部的に炎症反応がおきますが(原因により反応時間が違います)、そこに集まってくる体液中の数種の細胞から出る各種の炎症促進の反応物質(ケミカル・メディエータ)の放出を押さえるために行うのが基本的目的ですから、行うのは精々数日です。

日数は年齢にも、又炎症・免疫に関係する各細胞の反応速度、体力にもよります。(其の為、体力・免疫が老化して落ちてくると筋肉痛が数日後・・・忘れた頃にやってくる事になります)。

その後は代謝を良くし、細胞を作っている基本物質や酵素の元や体内で作れない物質などなどを口から摂取し、患部の血行を良くする方法をとります。 学校には指導員はいないのですか? 

昔々は運動はうさぎ跳びなど、今ではとんでもない運動もやっていましたし、運動中は水分摂取は厳禁・・・根性強化とかをやっていましたから、先輩からの話だけとか、一部の治療家の話を、宗教の様にそのまま信じるのではなく、今は情報が充満している社会ですから、自分でしっかりと科学的な方法を掴んで実行しましょう。(科学的と言われるものでも、更に研究が進むと変化するのですから・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご指摘ありがとうございます。
お礼遅れてすいません。

下と同じになるのですが、炎症ってそもそもなんなのでしょう?
筋肉痛は炎症?
そこら辺お願いします。

お礼日時:2002/04/08 18:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウイングの速さ

こんにちは
僕は高校でラグビーをやりたいと思っています。
ポジションはウイングをやりたいのですが
足の速さは50m走でいうとどのくらい必要ですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1年前に引退するまで高校でウイングを務めていた者です。足の速さに関しては、もちろん速ければ速いほうがいいですが、あなたの高校のレベル、あるいはその高校が参加する大会(10人制or15人制)によるでしょう。自分の高校は、進学校という部類に属していたためレベル的にも弱く、高3も春で引退という学校です。大会も10人制で参加してました。

自分のベストタイムは6.8でした。うちのチームのバックスの中ではちょうど真ん中でしたが、自分の武器がステップでしたのでオフェンス面では特にきつく感じることはありませんでした。もし追いつかれそうになってもコースを換えるだけで避けられますし。。
ただ、ディフェンスに関しては、最後の大会の最後の試合で力不足を感じましたね。相手ウイングの足が速く、2度ほど外を足で抜かれてしまいました。フルバックに助けてもらいましたが、結構つらかったです。一応普段より外側を守ることで防げましたけどね。

というのが自分の経験ですが、正直あまり50m走のタイムはあてにならないと思います。むしろ、20mなどの短距離でのスピードがモノをいいます。一度独走態勢に入れば、多少遅くともコースを換えるなどすればたいていはそのままいけます。相手に化け物がいなければの話ですが。。
相手を抜くのに必要なのはやはり瞬発力でしょう。相手を抜けなきゃ独走もできませんし。。守ってるときに相手が急に加速したらビビりますよ スピードに緩急をつけることが大事です。

…なんかだらだらと長文すみません。書いてるうちに自分でも訳分かんなくなってきたのでこの辺で。。まぁ何がいいたいかって言うと多少遅くても構わないから頑張れと。。それに練習すれば速くなりますし。でわでわ レギュラー目指して頑張ってください

1年前に引退するまで高校でウイングを務めていた者です。足の速さに関しては、もちろん速ければ速いほうがいいですが、あなたの高校のレベル、あるいはその高校が参加する大会(10人制or15人制)によるでしょう。自分の高校は、進学校という部類に属していたためレベル的にも弱く、高3も春で引退という学校です。大会も10人制で参加してました。

自分のベストタイムは6.8でした。うちのチームのバックスの中ではちょうど真ん中でしたが、自分の武器がステップでしたのでオフェンス面では特にきつく感じること...続きを読む

Qスポーツ後のアイシングについて

アイシングについて教えてください。
アイシングは筋肉を傷めた時のみで、なるべくやらないほうが良いのでしょうか?

それとも、運動後は積極的にやった方が良いのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ケガをしたとき以外のアイシングのことは「クーリング」と呼ばれますが、現在では、練習後も積極的にやったほうがいいと考えられているようです。

クーリングには、代謝を下げることで、疲労物質の分泌を抑えたり、余計なエネルギーの発散を抑える。あるいはトレーニングで傷ついたごく微細な炎症を冷ますといった作用があり、疲労回復や筋肉痛の軽減に効果を発揮します。

また、筋肉は体温・筋温が上がりすぎると収縮が悪くなり、十分なパフォーマンスを発揮することが出来なくなるので、練習中でも短時間でいいので、頭部や脚、肩、背中などを冷やすといいでしょう(特に夏場)。

ただし、ケガの時のように20~30分も冷やすのではなく、せいぜい5分程度。ほてった筋肉を冷ます程度にします。やり過ぎれば、筋肉が固まってパフォーマンスが落ちたり、凍傷になったりします。野球のピッチャーなどは特に注意が必要です。

あくまでも「短時間」でさっと終わらせることが大切です。

Q小山ちれさんの近況を★

卓球の小山ちれさん(池田銀行?)の近況を知りたいのですが。
日本で頑張っておられるのでしょうか。 
どんな些細なことでも結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

小山ちれさんは今現在も池田銀行所属の現役選手です。3年前に国際試合からの引退を表明しましたが、国内ではまだまだ実業団の公式試合に出場し、上位に位置する選手です。

Qアイシングに冷えピタ

こんにちは。
テニス肘になりかけたのでサポーターをし、いつもアイシングをしています。
しかしいつもバイクで行く為大きい水筒などを運べず毎回氷を用意するのが難しいので代用の物を探していたら風邪を引いた時に使用して余ったひえぴたが出て来ました。
ひえぴたでは駄目なのでしょうか?
おでこに貼っていた時はカキ氷を一気食いした時の様に痛い位冷たく感じていたのですが、冷えているのではなく冷たく感じているだけの様な気がします。
また、コールドスプレーは効果あるのでしょうか?
アイシングは20分位やらないと駄目だと聞いているのでスプレーでは×ですか?

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴6年。

●「アイシングに冷えピタ」十分に効果あると思います。
但し、クーラーボックスに入れて5℃くらいに冷やさないと効果はないと思います。

クーラーボックスを持って行くのであれば、氷を持って行けます。

そうであれば、氷嚢を作ってアイシングの方が効果が高いです。

●私は、ベンチプレスで上腕二頭筋の腱鞘部を痛めて整形外科に行きました。
その時、医師にアイシングの時間は5分で十分効果あるといわれました。

野球での肩のアイシングは30分とも聞きます。

場所により、熱容量(冷やす範囲、冷やす深さ)が違うので時間も変わるのではないかと思います。

ちなみに、上腕2頭筋の腱鞘部は鎖骨の肩関節側の深部です。

●コールドスプレーは、瞬間性はありますが、持続時間が問題です。
打ち身など速効性の使い方は良いと思いますが、アイシングには不適当と思います。

Qアイシングについて教えてください

肩や脚などはよくアイシングしますが、腰の痛みにもアイシングは効果があるのでしょうか?それとも腰のアイシングはやらない方が良いのでしょうか・

Aベストアンサー

怪我の内容にもよりますが、いためた直後のものは冷やしたほうがいいと思います。でも慢性的に痛いものはその限りではないです。むしろ暖める場合もあります。自分で判断は難しいので、腰は医者やトレーナーに聞いたほうがいいと思います。

アイシングからそれますが、体育すわりみたいに腰を丸めるのはいいらしいですね。逆にそったりするのはよくないと。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報