書店で永田農法についての本を立ち読みしたのですが、基本的には原産地の環境に合わせるのが理論の根本ぽいのですが、どうも水を控えるというのがそれに優先していると思うのです。湿地にもともと自生していたサトイモなどは、原産地の環境に従えばかなり湿気の多い土で育てることになると思うのですが...
原産地農法としてはトマトなどでは確かに適切ですが、熱帯湿潤気候原産のものでは理論と実際が矛盾していると思います。この理論の指導をされている方は、この矛盾はどうとらえられているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

だいぶ前の質問で、もーどーでも良いかもしれませんが・・・・


「水を控える」のは糖度を優先する果樹やトマトといった“嗜好品”です。
原産地農法は“嗜好品”には極めて有効です。とゆーのは「なぜ、『ミカンはあんなに甘くて美味しくなったのか?』、『トマトもあんなに赤くて甘くなったのは?』」と考えてください。
植物の進化上重要なのは“花”と“果実”を作ったことです。
“花”は有性生殖を効率よくするのに昆虫をはじめとする他の動物の力を借りるために編み出した手法でした(風媒花のような風まかせでは多量の花粉(エネルギー)を必要とする上、その生殖は文字通り風まかせで、とても“効率”を名のれるようなものではありませんでした)。“花”は有性生殖(=遺伝的な多様性)を効率良く行うための植物の大発明でした。
“果実”は地理分布の多様性を生み出す植物の大発明です。地理的に偏った地域に分布している植物は地域の条件変動(洪水等の天変地異)に弱く、全滅の可能性が高くなります。そこで、「子孫を遠くに分散しよう」と思うのですが、タンポポのように風まかせよりは、サルや鳥などに遠くに運んでもらう方が効率がよいのです。そのサルや鳥に運んでもらうためには、できるだけ美味しくなければ食べてもらえません。で、美味しくなったのです。その地域の気候に合わせて。乾期・雨期のはっきりしているインド原産のミカンやアンデス原産のトマトは“乾期”をはっきりさせた方が美味しくなります。“低温”で糖度が高くなる日本原産のカキは雨が降っても大丈夫。といった考えで他の植物も考えてみては?
    • good
    • 0

永田農法については、輪郭ぐらいしか知りませんので直接の論評は避けます。


植物を栽培する上で原産地の気候や環境土壌を知る事は大変重要だと思います。
知らない事を極端に書けば、ライオンにごはんと野菜しか与えないような事になります。

植物の各生育段階でのその地域の気候はどうであるかを知らなくてはなりません。
具体的には温度はどうであるか、雨量は、日照はなどになると思います。
それと同時に土地は乾いた所か湿地なのか、肥沃なのかやせているのか、また特別な成分が多いのかなどを
知る事が大切です。

その中でコントロールしにくいのが、プラス側の状態すなわち過剰がやっかいです。
特に温度と雨量が問題で、人にたとえると寒ければ厚着をすれば相当耐えれますが、服を脱ぐのは限界が
あり冷房の効いた部屋に逃げるしかありません。
日本では原産地に比べて高温での多雨を避けるためにハウス栽培や雨除け栽培が盛んに行われています。

それと品種自身も原種や在来種からは相当変化した交配種になっています。

人間の要求やわがままに合わせた形で多くの作物や植物は栽培されていますのが、それが植物にとってベストで
ストレスがないかといえば違うと思います。
「道端の雑草は強いなー」とよく言いますが、他の植物からしたら劣悪な環境の道端でしか生き残る事が
できないのが別の面から見た事実です。
たとえば、つくば科学万博でのトマトは水耕栽培で大きな藤棚のようになり最終的には1株で13,000個も
収穫できたそうです。
私はこれの方が素直な栽培のような感じがします。ただ味の方は物足りないのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。水耕栽培も永田農法も、化石燃料の力を間接的にせよ露地栽培より多く使うだろうから、「自然食品」にこだわればNGですね。

お礼日時:2002/04/11 20:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q究極の農法?糖分密度を高めるために「生かさず殺さず」農法、植物が放散する物質とは?

生物のカテと重複するかもしれませんが、先日、NHKの科学の番組で面白いナレーションがありました。

恐竜が急速な地球温暖化を経験した結果に遭遇した事実です。温暖化により植物の成長は著しく速まりますが、その分、葉などに蓄積される栄養分の密度が落ちたそうです。その結果、恐竜は大型化していったとか。

興味を引いたのは(1)「温暖化」が「蓄える栄養の密度を下げる」ことです。

緑化で有名な遠山先生の著書によれば、(2)水は一気にたくさん与えるよりも、少しずつ何度も与えたほうが、いい結果がでるそうです。

ワインはアイスワインやシュペートレーゼなどは、(3)等分濃度が高い葡萄だから人気があるそうです。

(3)を目指すなら、作物を育てる段階でいかに栄養密度を高めるかを目指すか、ということを考えます。(2)の理由は、厳しい環境のほうが栄養を蓄えようとする適応が働く、ということでしょうか。
(3)を目指している以上、(2)の状態を恒常的に作物に与えるのが目指す農法だと考えました。そこで質問です。そうするためには、作物のメッセージに注目すべきでしょう。作物の栄養濃度を高めるには秀吉のことばを借りるなら「生かさず殺さず」の厳しい状態を維持するべきでしょう。でも調整が難しいかもしれません。人間なら弱音を吐くのですが、植物は何かの成分を発散しているのでしょうか?エチレンは果実が熟すときに発散すると聞きました。

もし、植物が出すそういったシグナルをキャッチし、「生かさず殺さず」の状態を維持できれば、栄養密度の濃い作物の収穫が望めると思うのです。そういった研究はなされていますか?{(1)に関する質問は生物のカテでさせていただくことにしました。}

生物のカテと重複するかもしれませんが、先日、NHKの科学の番組で面白いナレーションがありました。

恐竜が急速な地球温暖化を経験した結果に遭遇した事実です。温暖化により植物の成長は著しく速まりますが、その分、葉などに蓄積される栄養分の密度が落ちたそうです。その結果、恐竜は大型化していったとか。

興味を引いたのは(1)「温暖化」が「蓄える栄養の密度を下げる」ことです。

緑化で有名な遠山先生の著書によれば、(2)水は一気にたくさん与えるよりも、少しずつ何度も与えたほうが、いい...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。小生も以前この手の農法や砂漠緑化に興味を持ち独学で調べたり大学の先生に会いに行ったりしました。恐らく、質問者さんにとって植物生理学の本を読まれてみると面白いと思います。小生が生理学の本を読んだときに書かれていたのですが、植物は乾燥や塩分、低温などのストレスに遭遇すると体内成分を高めて対処しようとするそうです。例えばほうれん草などの葉物であれば冬に凍らないように糖分を蓄えるようです。
恐らく、植物に関しても体内伝達物質のような物がありストレスなどを感じるとそれが作用し防御態勢に入るのではないかと小生は考えています。こういう点では植物のアレロパシーに関する本なども読まれてみると面白いと思います。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4540922254/250-2888119-1473858?v=glance&n=465392&s=gateway
http://www.ox-tv.co.jp/yoji/yoji-2/joho040331.html

Q苺の原産地はどこ

苺は江戸時代にオランダから渡来したらしいのですが、原産地はどこなのでしょうか。学校の宿題なので教えてください。

Aベストアンサー

イチゴは学名Fragaria ×ananassaといいます。
「×」は交雑種を意味しています。

北アメリカに自生する野生種バージニア種と
南アメリカに自生する野生種チリー種の交雑により、
オランダで育成されました。

原産地として1つの地域を指定することはできません。

宿題に間に合ったかな?

Q蕎麥の原産地など

  蕎麥の原種はどんな地形、もしくは、どんな氣候の所に生えるか、教へて下さい。
  また、我が國での「蕎麥の實もしくは蕎麥の加工食品など」の古い發掘遺物は、いつ頃の物がありますか。
  國内で、農作物としての蕎麥について、歴史、考古學、植生などを研究調査してゐる施設も教へて下さい。

Aベストアンサー

栽培ソバの原種に関しては、一般向けの読み物ですと、

栽培植物の自然史. (2001). 北海道大学図書刊行会.

の中の、「ソバ属植物の種分化と栽培ソバの起源(京都大学・大西近江)」がとても詳しいです。

中央アジアでひじょうに広範囲にフィールドワークをおこなっている他に、原種の自生環境のカラー写真も表紙に載っていますし、原産地での民俗学的調査についてもふれられています。

Qバイオダイナミック農法(シュタイナー農法)

北海道でバイオダイナミック農法(シュタイナー農法)で、農作物を作り販売している人たちを教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
 すでに情報としてお持ちかもしれませんが,参考までにご紹介します。
 北海道伊達市の「ひびきの村」では,この農法について,教育の一環として取り組んでいます。
 下記は,同組織のホームページからの抜粋です。
「ウインディヒルズ・ファームとは、人智学共同体「ひびきの村」にある、ルドルフ・シュタイナーが提唱したバイオダイナミック農法を学び実践する教育ファームです。畑作(自給と販売のための野菜作り)、ハーブ作り、農産物の加工、家畜(馬、ヤギ、鶏など)の飼育作業をとおして、地球と地球上に在るすべての生命を癒す農業を実践しています。」
 ご質問について,ここへ問い合わせればなにか分かるかもしれません。
 同組織のホームページのURLは下記のとおりです。
画面の左側の項目「WINDY HILLS FARM」をクリックすると関係する内容が示されます。

参考URL:http://www.hibikinomura.org/#

Q自生の稲

稲の原産地(中国奥地や中央アジアなどといわれてますが)には、
われわれが食卓で口にするご飯(コシヒカリやササニシキ)の素となった稲
が自生しているのでしょうか?
(まあ、我々の食べている米も卑弥呼の時代のものとは違うと思いますが)

教えて下さい。

Aベストアンサー

かの地には古い品種や野生種も自生しているはずです。

詳しくは岩波新書 藤原宏志著 「稲作の起源を探る」 を参考になさって下さい。

参考URL:http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000028394507


人気Q&Aランキング

おすすめ情報