「変形性頚椎症」と診断され、約2年通院。
4週間に1度の診察と1週間に3回程のリハビリ(現在は頚引と温湿布)通院です。

この4月から医療費が改正され、保険診療の負担が2割から3割になりました。

今回の医療費改正に伴い、保険診療によるリハビリの回数は月8回(2/週)が限度である旨、リハビリ科の責任者から言われました。
 # 自己負担をすれば治療が8回以上受けられるかどうかに
 # ついては聞きそびれています。

実際に、今回の医療費改正により、保険診療によるリハビリ科での受診回数に制限が設けられているのでしょうか?
もし設けられているとすると2年間という長期通院者だけに設けられた制限なのでしょうか?
保険診療に精通されていらっしゃる方からのご回答をお願いします。

整形外科の担当医からは、なるべく回数多くリハビリに通うようにと指導されています。
実際にシステム上は、リハビリ科を受診するには、整形外科からのオーダーが必要です。オーダーが無ければ受診はできないことになっています。

しかし、リハビリ科からは、保険診療での受診限度を言われ、ストレッチ体操でもするようにしたら良いのでは、とも言います。

この件については、リハビリ科から整形外科担当医の方へ連絡をすると言うのですが、整形外科担当医の頭越しの物言いも気になる所です。何か釈然としません。

また今後のため、参考になる保険診療に詳しいURLあるいは書籍等をご存知でしたら、こちらの方もお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

保険診療は専門家でないと難解な部分がありますが、私が認識している限り、牽引と温湿布のみ実施するのであれば、回数の制限はなかったはずです。


ただし、月に5回以上受けると、診療報酬が半額になる、つまり、病院の収益が半分になるシステムだったはずです(200床以下の病院)。
(ここからは私の考えですが、病院も人件費などの関係から、儲けの少ないことはしたくないという論理が働いたのか、その責任者の勘違いか、ではないでしょうか)ちなみに月8回が限度となるのは、集団療法という運動(訓練)をした場合です。
いずれにしろ、病院や保険の種類によってシステムが違うかもしれないので、疑問点がある場合はその病院の医療相談か医事科などに尋ねるのが一番かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
確かに保険診療は難しく、チョット変だな、おかしいなと首を捻りつつも、言われるがままであることが多いものです。
偶々今回は、事情を説明する時の曖昧さが気になり、どうにも判然としなかったのです。

200床以下の病院では、月に5回以上受けると、診療報酬が半額になるとなれば医療機関としては、利の薄い診療は避けたいと考えるようになるのでしょうか?!
 # 因みに通院中の病院は250床以上です。
 # するとまた診療報酬が違ってくるのかも知れません。

ご説明の「月8回が限度となるのは、集団療法という運動(訓練)をした場合」と言うことであれば、診療内容の変更が行われている可能性もありそうです。

ご回答下さった方々のご助言の通り、一度尋ねて見るべきかもしれません。
大変参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/11 23:34

 No1です。

今年の4月から、リハビリの回数が制限されるようになりました。ただし、リハビリの治療は何回でも受けることは出来るのですが、診療報酬として請求できる金額に上が設けられていますので、一定回数以上のリハビリ治療を実施しても診療報酬として請求できる金額は同じですので、医療機関としては回数制限をしていると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hanbo様
重ねてのご回答ありがとうございます。
今回の受診制限についての話があった時、まず浮かんだことは診療報酬の問題が絡んでいるのではないかと言うことでした。しかしあくまでも憶測でしかなかった為、何かすっきりとしなかったのです。
改めてなるほどと言う思いです。
医療機関は医療を最優先するものと考えがちですが、決してその様な事ばかりではなさそうですね。
リハビリの治療を何回でも受けることができると言うことが分かって安心しました。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/11 22:48

私は、昨年に整形外科でリハビリを受けましたが、毎週3回、いろいろな理学療法のリハビリを受けて、何ら、その様な話はなく、全て健康保険が適用になりました。


今年の改正でも、その様な話は聞いていません。

社会保険事務所の話では、針・灸などの東洋医学の関係では、効果が医学的に証明されていないので、週に2回という制限があるそうですが、一般の整形外科では、制限がないということです。

ただ、組合健保の場合、稀に、健保組合独自に、診療内容に制限を設けている場合が あるとのことです。

直接、病院の事務局に電話で確認されたらいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
確かに3月までは、何ら、リハビリの受診に制限がある、と言う様な話を聞いたことがなく、すべて健康保険が適用されてきました。
ご回答にあるように一般の整形外科でリハビリを受けた場合には制限がないとすると、リハビリ科として独立した外来診療科である故の制限なのか、あるいは、稀にあると言われる、健保組合独自に設けた制限と考えた方が良いのでしょうか?

直接、病院に問い合わせれば良いのかも知れませんが、今後のこともあり、多少の躊躇いがあります。
参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/11 22:22

 今回の改正以前から、リハビリには週(月)単位での回数が制限されていて、その回数を超える場合には保険が適用になりませんので、医療機関も診療報酬が請求できない治療を行ないません。

また、この回数制限は長期通院者に限らず、適用になります。
 保険で制限されている回数以上のリハビリを受けたい場合には、保険適用になりませんので自費による診療となりますが、それを医療機関が受け入れてくれるかどうかは個々の医療機関の判断になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
今回の改正以前からリハビリに週(月)単位での受診制限があったとは知りませんでした。
今年の1月までは、リハビリの内容は頚牽引、温湿布に低周波でした。低周波は皮膚が潰瘍状態になった為、中止してもらったものです。
8回以上/月受診したにも拘らず、支払った治療費からも、ご回答にあるような自費診療であったようには思われないのですが…。

お礼日時:2002/04/11 21:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心臓リハビリ指導士の資格について

心臓リハビリ指導士資格を目指したいと思っています。就職状況など、現在はどうのような状況であるかを知りたいのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

お役に立つかどうかわからないのですが、
受験資格(医師、看護師、理学療法士、臨床検査技師、管理栄養士、薬剤師、臨床工学士、臨床心理士、健康運動指導士、作業療法士のうちいずれかの資格を有す)があるのでしたら、一年以上心臓リハを積極的に導入している機関で実地経験を積んでから、日本心臓リハビリテーション学会が主催する講義(単位制?)を受けてから受験という運びになると思います。

心臓リハビリテーション
以下に自験例報告や実地経験の際に参考となる実地経験内容を記す
1) 主たる疾患が冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症)または開心術後である
2) 急性期・回復期・維持期の時期は問わない
 発症後または術後6ヶ月以内が望ましい
3)経験内容
 運動療法(処方ならびに指導や監視)
 運動負荷試験(実施、解析ならびに患者説明)
 冠危険因子に関する指導・教育
 心臓リハビリテーションに関するADL評価やADL訓練
 日常生活指導、服薬指導や栄養指導
 ストレスコントロール  (HPより抜粋)

上記の実地が出来て、その成果(症例の報告、結果など)を提出しなければならないので、どこの機関でもというわけにはいかないと思います。心臓リハに理解があり、積極的参加している施設が望ましいと思います。

大学病院や循環器を主体とする医療施設、総合病院などでは配置されているようです。
高度な循環器治療を実施している施設では(心臓リハの重要性を認識している)コ・メディカルで働きながらその資格を取るようですね。

http://square.umin.ac.jp/jacr/list_of_hospitals.htm
心臓リハ指導士がすでに配属されている病院などに入る方が情報が集まり易いですし、先輩方からアドバイスなども受けれると思いますよ。

この資格のみで働けるものではなく、医師や看護師、理学療法士などで就業して、循環器科等で働きながらスキルを上げる(他にも医療点数が望める、資格手当てが付く、肩書きが付く等)学識を深めるなどの目的で取る資格だと思われます。

以前は虚血性心疾患や循環器のオペ後は長期安静が常識みたいな所がありましたが、現在では患者さんの早期離床、
社会復帰、運動療法、患者教育、指導の為には、様々な医療従事者の連携の重要性も含め、これから心臓リハもその専門性として浸透していくのではないでしょうか。
比較的新しい資格なので、人数的には800人強位しかいないようです(公的資格ではないようです)

情報交換会などでは、これから受けようとする人の為に会などもあるようですから(今年度は終了したようです)
一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
詳細はサイトに記載されています。
もしわからない事があれば、主催している機関などに聞いてみる方が確実だと思います。
http://www.c-rehamaster.jp/
http://www.sunpla-mcv.com/JACR/sidoushi7yo-ko-2.html
http://www.saitama-med.ac.jp/hospital/division_info/53_heart-rehab.html
http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~cardiovasc_med/kanjyasama/kanjyasama_rihabili.html
http://www.sogo-igaku.co.jp/eshopdo/refer/refer.php?sid=izvsrv9&cid=10&vmode=&wab=3& (専門書です)

参考URL:http://square.umin.ac.jp/jacrreha/topix03.htm

お役に立つかどうかわからないのですが、
受験資格(医師、看護師、理学療法士、臨床検査技師、管理栄養士、薬剤師、臨床工学士、臨床心理士、健康運動指導士、作業療法士のうちいずれかの資格を有す)があるのでしたら、一年以上心臓リハを積極的に導入している機関で実地経験を積んでから、日本心臓リハビリテーション学会が主催する講義(単位制?)を受けてから受験という運びになると思います。

心臓リハビリテーション
以下に自験例報告や実地経験の際に参考となる実地経験内容を記す
1) 主たる疾患...続きを読む

Q脳外科医や心臓外科医より美容外科医の方が儲かるっておかしくないですか?

近々廃止されるようですが長者番付に登場する医師や医療関係者は例外なく美容整形外科医です。当然美容外科は健康保険が効かずすべて自由診療ですのでいくら値段をつけようがかまいません。自分の技術が100万だと思えば100万円、200万円と思えば200万円付けられます。資本主義としては何も間違っていません。しかし人命に関わり更に高度な医学知識、技術が必要な脳外科医や心臓外科医の方が収入が低いというのはおかしくないですか?日本の医療は国民皆保険制度という社会主義の公的価格で運営されているのは分かります。それでしたら国が技術をきちんと評価しそれなりのお金を支払うべきです。それが出来ないのでしたら市場に委ね適正な報酬(少なくとも美容外科より高くなければおかしい)を得られるようにすべきだと思います。自分は‘私の心臓外科医としての腕は日本でも5本の指に入ります。手術を受けたければ5000万円お支払いください‘という事があってもおかしくないと思います。平等に医療を受けさせる為に価格を無理矢理抑え続ける日本の医療制度は歪みがでてくると思いますがいかがでしょうか?

Aベストアンサー

あなたのおっしゃることはよくわかります。
ただし美容外科は自由診療なので、他の業種と同じで勝ち組、負け組みがはっきりします。また、最近の医学生の中には、困っている人を救おうという高邁な思想ではなく、てっとりばやく稼ぎたいという思想を持つものも大勢おり、現実に眼科や皮膚科、形成外科の希望者が増えてきています。そうなると美容外科医が増えることは確実で、競争が激しくなる結果ダンピングも激しくなるでしょう。つぶれるところもでると思います(知り合いの開業美容外科医の先生は有名な大学できちんと形成外科の研修を受けていますが、美容だけではやっていけず、内科や皮膚科などの病気の人も診療しています)。若いうちは良くても、年をとったら独立しないと勤務できないような気がします。今が一番いい時期なんじゃないでしょうか。
臨床医については、脳外科医、心臓血管外科に限らず医療の保険点数が低いのはそのとおりです。ただし、単一に報酬を上げるのではなく、個々の医師の技術をきちんと評価して、メリハリをつけるシステムにしないとお金がいくらあっても足りないです。
たとえば日本では医師になって、希望すればどの科にでも入れます(一部の人気のある病院を除く)。それに対してアメリカでは医師になるのも他の学部を卒業してからですし、厳しい研修制度を終えて、専門に進むときも、実力が無ければ希望の科に進めないことも多々あります。うまく進めても、本人の実力が無ければ、独立後も患者が集まらないので満足のいく報酬は得られません(自由診療なので患者も保険会社もシビアです)。
今の日本はみんな横並び、超一流の人が診察しても、研修医が診察しても診療報酬は同じですから、アメリカほどの差はつかない、いわば資本主義の中でも社会主義に近いですよね。それでは点数を上げるのは難しいのではないでしょうか。

あなたのおっしゃることはよくわかります。
ただし美容外科は自由診療なので、他の業種と同じで勝ち組、負け組みがはっきりします。また、最近の医学生の中には、困っている人を救おうという高邁な思想ではなく、てっとりばやく稼ぎたいという思想を持つものも大勢おり、現実に眼科や皮膚科、形成外科の希望者が増えてきています。そうなると美容外科医が増えることは確実で、競争が激しくなる結果ダンピングも激しくなるでしょう。つぶれるところもでると思います(知り合いの開業美容外科医の先生は有名な大学...続きを読む

Qリハビリ職の資格取得について

現在、介護職に就いていますが、将来的に作業療法士か言語聴覚士の仕事に就きたいと考えております。
しかしながら養成校に行く費用も膨大で、資金を作るにはかなり時間が掛かるかと思われます。

なるべくお金を掛けずに資格を取るには働きながら夜間課程の養成校に行く事しか思いつきませんが、例えばそれ以外に、看護師のように見習い奉公の形でリハビリ業界に入る、のような道はあるのでしょうか?

無知で申し訳ございませんがご教示頂けませんでしょうか。

Aベストアンサー

それは難しいですね…
同じ医療・福祉の分野で働く職種ですが、それぞれが専門性を持っていて、養成校で学ぶ内容が全く異なります。

費用や通う年数、学校の特色も様々ですが、私が行っていた学校の先生が言っていたのは、『本気で目指すなら、色んな学校をみて、自分がここで学びたい!と思った学校に進むのが良いよ!』とのこと。

Q整形外科・リハビリなどの料金の違い

A医院   ~ リハビリのみの時、1回1300円。月が替わるごとに1回診察900円

B総合病院 ~ リハビリのみの時、1回540円

C医院   ~ リハビリのみの時、1回770円。


A医院の、必ず月1回の診察をするというのは、その医院の決めごとなのでしょうから良しとして。

リハビリの料金って決まりはあるのですか?
決まりがないから、3医院とも違うのか、内容によって違うのか。

(3医院とも、同じケガに対してのリハビリで、引越しやらの不可抗力的事情での転院です。
リハビリの内容は、それぞれ大きな差はなく、あえて言うならAのみが施術内容が少なかったです、、、のに高かった。)

Aベストアンサー

疾病などによって1時間でいくらとか決められている。
さらに1時間あたりの費用は施設基準(病院のスタッフの人数、経験や施設の充実度など)によって異なる。
従って病院によって違ってくる。
また、診察料がかかってくるのは本来仕方がない。
ちゃんと患者を診る医師ならば毎月診察はするはず。
むしろ診察しないでリハ科に任せっきりの方が怖い。

Qリハビリ助手について

リハビリ助手の仕事について興味を持っています。仕事につくためには
やはり資格を持っていたり、リハビリの
学校に通っていなければできない仕事なのでしょうか?
リハビリの学校には、金銭的な問題などがあり行けそうにもありません
。しかしリハビリ関係の仕事をしてみたいと思っています。

Aベストアンサー

こんにちは^^
以前医療機関(職員数400名あまり)に勤めていました。

その病院のリハビリ科には、当時理学療法士が4名、作業療法士が2名、言語療法士が1名、リハビリ助手が1~2名という規模でした。
助手は40~50代の女性で、何の資格も持っていなかったです。
書類作成や記録付け、簡単な器具の作動等療法士さんの補助なので、正直難しい仕事には見えませんでした。
あとは、作業中に出た汚れ物(タオル等)の洗濯や掃除等雑用もありましたね。
看護助手と違って、汚れる仕事ではありません。
有給も結構消化していました。

資格はなくても出来ます。
ただ、病院や医院全てにリハビリ科は設置されていませんし、『リハビリ科』の『助手』と限定されてしまうと需要があまりないので、あてがなければ就職は難しいと思います。
外来・病棟の看護助手ならもう少し需要はあるでしょうが…。

まず職安等で、求人がどれぐらい出ているかを調べてみる事をおすすめします。
あとは、良いと思う病院の人事に「リハビリ科助手の求人募集はしていないか」を聞いてみる。
医療関係者に知り合いが居れば聞いてもらう。
受け入れの箱がなければ、希望も通りません。
頑張って下さい^^

こんにちは^^
以前医療機関(職員数400名あまり)に勤めていました。

その病院のリハビリ科には、当時理学療法士が4名、作業療法士が2名、言語療法士が1名、リハビリ助手が1~2名という規模でした。
助手は40~50代の女性で、何の資格も持っていなかったです。
書類作成や記録付け、簡単な器具の作動等療法士さんの補助なので、正直難しい仕事には見えませんでした。
あとは、作業中に出た汚れ物(タオル等)の洗濯や掃除等雑用もありましたね。
看護助手と違って、汚れる仕事ではありません。
有給も結...続きを読む

Q診療報酬改正(リハビリ)について

医療事務を始めて1ヶ月の者です。
診療報酬の改正に伴いリハビリが個別療法のみとなってしまいました。
今まで私の勤務する個人病院は集団療法も行ってきました。今後このような集団療法を行ってきた患者さん達はどのようなるのでしょうか?病院で治療していくことは可能でしょうか?

Aベストアンサー

個人病院ですと、いままでどの理学療法とっていたんでしょうか?
常勤のPTがいない理学3,4では今度の改正に対応できませんので、消炎鎮痛処置で算定でしょう。
また、発症からの日数制限もできましたので、たいてい大病院で日数を消化してしまい、紹介されて来るころには点数とれない患者さんも増えてくるでしょうね。

>今後このような集団療法を行ってきた患者さん達はどのようなるのでしょうか?病院で治療していくことは可能でしょうか?

治療は出来ますが、リハビリは出来ない(してもお金にならない)可能性はあります。
個別療法で施設基準を満たし、なおかつリハの算定要件にあてはまらない患者さんは消炎鎮痛処置でしょう。

消炎鎮痛の逓減性は廃止なので高いリハに力を入れていくか、リハをあきらめて安い消炎鎮痛で回数稼ぐか…。悩みますね。

Q病院のリハビリの先生って?

病院のリハビリの先生ってどうやってなるのでしょうか?そういう専門学校があるんですか?大阪府内であるなら教えてください!(授業料もだいたいでもいいので分かれば教えてほしいです)リハビリの先生の資格を取るのはかなり難しいものなのでしょうか?資格を取ってからの就職率はいいですか?またお給料はどれくらいなのでしょう?(病院やキャリアによってかなり違ってくるとは思いますが・・・)たくさん質問ありますが、リハビリの先生について知っておられる事があれば何でも教えてください!よろしくお願いします♪

Aベストアンサー

bigskyさんのイメージしてるリハビリの先生というのは多分「理学療法士」の人のことですよね。
専門学校のほかに大学で理学療法士の学科を設けているところがありますよ。
授業料などは学校(大学か専門学校か/私立か公立かなど)によって異なるそうです。
検索エンジンで「理学療法士」で検索してみると、けっこうたくさん学校案内などが引っかかりますよ。

理学療法士は僕ら素人が想像する「リハビリ」の先生ですけど、他に作業療法士とか言うのも有って、こちらの人は、実際に家事が出来るように練習するとか、細かい作業が出来るように机上でパズルみたいなのでリハビリする、という感じの「リハビリ」の先生です。

お給料や就職率は、地域や病院によってマチマチだそうです。高齢者の多い離島などでは、看護婦、医師などと同じくらい求人が多いみたいですし。
#ダイビング雑誌に求人が出てたりしますよ。休日は南の島でダイビングしながら働きませんか?ってコトなんでしょうけど。

あと、ぶっちゃけた話、ハッキリ言って(友人も言ってるけど)肉体労働です。
でもその分、患者さんが回復していくとすごい達成感がある、って言ってました。

この分野はまだまだ専門家が足りない上に、高齢化などで需要は増える分野なので、将来性はあると思いますよ。

bigskyさんのイメージしてるリハビリの先生というのは多分「理学療法士」の人のことですよね。
専門学校のほかに大学で理学療法士の学科を設けているところがありますよ。
授業料などは学校(大学か専門学校か/私立か公立かなど)によって異なるそうです。
検索エンジンで「理学療法士」で検索してみると、けっこうたくさん学校案内などが引っかかりますよ。

理学療法士は僕ら素人が想像する「リハビリ」の先生ですけど、他に作業療法士とか言うのも有って、こちらの人は、実際に家事が出来るように練習す...続きを読む

Q整形外科のリハビリの治療代

整形外科で膝のリハビリをしています(10分間の電気です)
3ヶ月前くらいまで、同じ症状で別の整形外科のリハビリに通っていたのですが、転居した関係で今の整形外科に通っています。
ところが同じリハビリなのに、以前は個人負担額で160円(処方箋が出ると290円)でしたが、今のところでは確か350円でした。(処方箋が出ると390円らしいですが)
今の整形外科で、治療も医師にも、それなりに満足しているのですが、治療費が2倍も違うとなると、ちょっと通院をためらいがちになってしまいます。
なぜ、このような差が出てくるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.4・5です。 こんにちは。
 この時期、痛みなど出てくるんですよね、寒くなってもでますよ。多分!
 run27さんの膝は、この疾患だと関節の運動学的には問題はないと思います。しかし、解剖学的には膝周囲の軟部組織(靭帯・筋肉など)を少し損傷しているかも知れませんね(遊離骨のあった場所によって変わる)。
 で、その対処方法なのですが、まず痛みに対しては、サポーター(温熱・保温効果のあるもの)がいいと思います。さらに温シップ(あったかいやつ)もいいと思います。温熱は鎮痛効果もあり、また循環の改善も期待できると思います(サポーターの締め付けすぎ注意)。run27さんの今やっている物理療法と大差は無いと思います(医療費の無駄かも)。
 次に、筋力強化が必要だと思います。多分run27さんの悪いほうの足の筋力は弱っていると思います。方法は椅子に座ってその膝を伸ばす、何か錘があるといいですね、ついでに膝を伸ばしたときに一緒に足首も起こすと効果的でしょう。
 ついでに、ストレッチ体操をお勧めします。もちろん膝周囲ですが、特に太ももの筋肉とふくらはぎの筋肉です、方法は、膝を伸ばした状態で足首を起こす(20秒間保持)。太ももの筋肉は説明しにくいのですが、まずベッドか何か台に腰掛る、片足(痛いほう)をベッドの上に伸ばしてあげる、上げた足はしっかり伸ばし両手を上げた足のつま先を触る、このとき膝が曲がるようであれば片手で抑える。これも20秒保持。
 などです。 よかったら試してみてください。

No.4・5です。 こんにちは。
 この時期、痛みなど出てくるんですよね、寒くなってもでますよ。多分!
 run27さんの膝は、この疾患だと関節の運動学的には問題はないと思います。しかし、解剖学的には膝周囲の軟部組織(靭帯・筋肉など)を少し損傷しているかも知れませんね(遊離骨のあった場所によって変わる)。
 で、その対処方法なのですが、まず痛みに対しては、サポーター(温熱・保温効果のあるもの)がいいと思います。さらに温シップ(あったかいやつ)もいいと思います。温熱は鎮痛効果もあり...続きを読む

Q介護福祉士の受験資格について

現在介護老人保健施設にて、リハビリ助手をやっています。特に資格は持っていません。介護福祉士の資格は実務経験が3年以上あると受験できると聞いたのですが、リハビリ助手でも大丈夫なのでしょうか? すみません。介護福祉士のHPを見たんですけど、よく分からなかったので‥どなたか教えてください。

Aベストアンサー

http://www.sssc.or.jp/shiken/index.html 資格制度の概要を見て下さい
施設側の証明で行ける筈です、大丈夫です。合格の健闘をお祈りします。

Q他科受診の際、精神科を受診していることを伝えるべきか

精神科に通院して久しいのですが、医療関係者でもこういう病気には偏見が根強いように感じるのですが、もし、もし大きな疾患になり、開腹手術が必要な時、他科の医師や看護師に、病歴があることや服薬していることを伝えますか。
精神科の医師は、手術前後数日服薬をやめ、再び服薬し始めればよいと言うし、他科の医師にも話してよいといわれるのですが、精神科の患者だと知られるだけで、不利益な扱いや、不遇な待遇を病院内で受けるのではないかと危惧しています。
本当のところはどうなのでしょうか。医療関係者の方、ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

伝えるべきでしょうね。
数日服薬中止できるならそれほど病気が重い状態ではないのだと思いますが、万一の際に迅速に対処できるにはあらかじめそういうことがわかっていないとだめと思います。
いまどき精神科だから差別的な扱いをする病院というのはほとんどないと思いますし、むしろわかっていることでより適した対応をしてくれるでしょうから伝えるべきと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報