ウォーキングを始めて3ヶ月がたちます。
始めは足取りも重かったのですが、最近では軽くなり
歩く時間も20~30分だったのが、朝晩2回に分けて
40分ずつ(計80分)を歩いています。

最近ウォーキングをしていて思うのですが
慣れてきたせいか?あまり汗もかかないし、息も弾んでこないのです。
こんな状態でも効率良く脂肪は燃焼しているのでしょうか?

よく筋トレの場合でも筋力が付いてくるのにしたがって
常に負荷をアップしてないと体が出来てきませんよね。
これと同じようにウォーキングも負荷をアップしないといけないのでしょうか?
そもそもウォーキングの場合の負荷とはどんなものなのですか?
(距離?ダンベルを持つ?ランニングを取り入れる?ets)

効率良く脂肪は燃焼しているのであれば問題無いのですが
もし負荷を付けた方が良いならば、1回の歩く時間はこれ以上増やせないので
それ以外の負荷のかけ方を知ってる人がいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

とってもがんばっていらっしゃるんですね!


私は最近サボリ気味なので、羨ましいです。

 皆様の回答と重複してしまいますが、特にダンベルを持ったりとか、しないでもいいのではないかな?と思います。膝に負担がかかるといけませんからね。

 私の使っている万歩計で「ピッチウォーク」というんですが、イヤホンがついてまして、心拍数などを設定してそのピッチに合わせて心拍数を保って歩くというのがあります。
 maco55さんもおっしゃっている通り、心拍数を上げることによって、運動強度も上がるんです。もちろん、健康に害がない程度で。
付属の説明書にも計算方法が書いてありますし。
私の場合は段々物足りなくなってきたら、心拍数を少し高めにして、また慣らしていく、という方法をしています。
 ウォーキングだけに時間を割くこともできないでしょうから、やはり、運動強度、この場合、早めにピッチを上げるっていう方法がよいのではないかなと思い、書かせていただきました。

 これからも頑張って、続けてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
前から心拍計付きの時計が欲しかったのですが
結構良い値段するし、胸に心拍計を巻いたりと面倒臭そうだったので
手を出せないでいたのですが、「ピッチウォーク」良いかもしれませんね。
ちなみにこれって心拍をどうやって計るのですか?

お礼日時:2002/04/11 15:31

#3のyopieです。



心拍数の測りかた。
うーん、これがお手軽値段所以のくせものですね!
自分で脈を測るのです。ちょっと残念でしょ?
私も、自分で測るのは安静時はいいんですが、歩きながらだと、ちょっと不便かなとは思ってました。だから、腕にまく携帯用の心拍&血圧計を買おうとしたら結構高価だったのでやめました。
今はピッチウォークを使う時は、安静時で一応適正な心拍数&負荷を加えた心拍数を入力して、歩き出したら、胸の薄い部分や手首に時々手を当てながら確認して歩いています。
こんな回答ですが、ちょっとガックリかな?
    • good
    • 0

身体はジョギングをしたくてうずうずしているんですよ。


1日1回40分でジョギングに切り替える事をお勧めいたします。
    • good
    • 0

こんにちは。


毎日計80分ウォーキングされているんですね。
私もウォーキングをしています。私もmacoさんと同じで効率upを計りたいと思い、アシックスのシェイプウォーカーという運動靴を履いて歩いています。普通の運動靴よりかかとが少し上に上がっていて、通常の1,5倍の負荷がかかり効率upになるのです。シェイプウォーカークリエイトは更にかかとの角度が大きく負荷も大きくなります。見た目はゴツイかもしれませんが、とっても軽いんですよ♪私は今3足目です。(笑)
一例なのですが、下記アドレスにシェイプウォーカークリエイトがあります。
良かったら見てください。

参考URL:http://www.asics.co.jp/news/elite.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
こんな靴があるのですね。初めて知りました。
効果のほどはどうですか?
この靴はスポーツ店に行けば普通に売ってるんですかね?

お礼日時:2002/04/11 12:35

特に負荷は必要無い様に思われます。


と言うのも、今までは同距離を歩くのに長時間かかっていたのが、今では慣れて短時間で歩けるようになったので、今度は時間長くと言う風にしているわけですよね。
という事は、それ自身が立派に「負荷」をかけてる事になると思いますよ。
それに、逆に無理な「負荷」をかけても、体を壊す原因にも為りかねません。

また、息が上がらないからといって、代謝が出来ていないかと言えば別の話だと思いますので、、、

この回答への補足

この前記事で脈拍がある程度上がらないと(180-年齢前後)
脂肪の燃焼が効率悪いって書いてあったので
これ以上時間や距離で負荷をかけられないし
どうしたらいいんだろうって思ってたんです。

確かに今までは体が楽になるにつれて、距離や時間を延ばしてきましたが
なかなかウォーキングばかりに時間をさけないし
競歩になればもっと歩けるのでしょうが、ウォーキングとなると
時間が制限されてる以上、歩ける距離って
ある程度決まってきちゃうじゃないですか。

あんまりにも最近楽になってきちゃって
脈拍もそんなに上がってる感じじゃないのですが
それでも負荷は必要ないのですか?

補足日時:2002/04/11 11:53
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどちらがダイエットに効果的?(ウォーキング or ジョギング)

ダイエットのことを考えた場合、
 (1)5kmのウォーキング
 (2)5kmのジョギング
距離は同じですが、どちらが効果的でしょうか?または同じでしょうか?
ダイエットのために1日5kmのウォーキングをしています。普通に歩くより少し早歩きで歩いて1時間弱くらい。終わった頃にはそれなりに汗をかいていますが、息切れするほどしんどくはありません。先日、思い切っていつもの5kmのコースを休み休みジョギングしてみたところ、ウォーキングに比べて息切れや汗がものすごく、体のほてりもウォーキングよりもすごかったです。
あと、ついでに、
 ・ダイエットに効果的なウォーキングやジョギングのやり方
 ・ウォーキングやジョギング以外にダイエットに効果的な
  運動や食事
についても教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

有酸素運動の効果ですが、基本的には心拍数と時間を目安としていただくのがいいかと思います。

参考URLに掲載されていますが、心拍数を大体120くらいでキープして20分以上の運動をすると効果があるといわれています。

質問者様の場合、(1)の方が効果があるのではないでしょうか?(2)の場合、息切れをしているということを考えると無酸素運動の割合が多くなっている可能性もあり、また5kmと距離が一定ですので運動する時間自体は短くなっているのではないでしょうか?

有酸素運動は実際「何だこれくらいでいいの?」というぐらいが効果が高かったりするのです。

しかし慣れてくると心肺機能が向上してくるなどして、心拍数がなかなか上がらなくなってくるかと思いますので、そうした場合に運動の強度をあげていく(質問者様の場合、ウォーキングからジョギングに変える)などすればいいと思います。

あとは筋トレなどをして基礎代謝を上げると脂肪燃焼により効果があるかと思います。最初は腹筋や太ももの筋肉を鍛えるのがいいかと思います。

参考URL:http://yuusanso.com/yarikata.html

有酸素運動の効果ですが、基本的には心拍数と時間を目安としていただくのがいいかと思います。

参考URLに掲載されていますが、心拍数を大体120くらいでキープして20分以上の運動をすると効果があるといわれています。

質問者様の場合、(1)の方が効果があるのではないでしょうか?(2)の場合、息切れをしているということを考えると無酸素運動の割合が多くなっている可能性もあり、また5kmと距離が一定ですので運動する時間自体は短くなっているのではないでしょうか?

有酸素運動は実際「何だこれくらいで...続きを読む

Qウォーキング 30分づつ2回歩くのと1時間続けて歩くのは効果は違う?

ウォーキングについて質問します!

合計1時間歩くとします。
・2回に分けて、30分づつ歩く
・1時間続けて歩く
これは効果が違うのでしょうか?
やはり、1時間続けて歩いたほうが効果はあるのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

下記のサイトの記事によると

>最近の研究では、十分間ずつ三回に分けても、ほぼ同じ効果があると分かってきた。十五分間を二回にしても、朝と昼、晩の三回に分けてもいい

ということのようです。

ちなみに「運動 分けても」などで検索すると、他にもいろいろ記事が出てきたので読んでみてください。

参考URL:http://www.kobe-np.co.jp/kurashi/kaigo340.html

Qウォーキングの方が脂肪燃焼効果が高いと聞きました。

先日ネットでウォーキングとジョギングでは、ウォーキングの方が脂肪燃焼効果が
高く、ジョギングの方が時間当たりのカロリー消費量が高いという書き込みを
目にしました。

後者の時間当たりのカロリー消費量がジョギングの方が高いというのは
納得なのですが、ウォーキングの方が脂肪燃焼効果が高いというのは
初めて聞いたので、本当にそうなのかしらと思った次第です。
なおその方は、ウォーキングの強度はできるだけ早歩きをするのが
おすすめとのことでした。

それを書かれた方は専門家ではなく、かつその具体的な根拠も書かれては
いませんでしたが、目下ダイエット中で一日一万歩を目指してウォーキングに
励んでいますが、そろそろスロージョギングに切り替えようかと思案していました
ので、もしウォーキングの方が脂肪燃焼効果が高いのであれば、今のまま
ウォーキングを続ける方がいいのかなと思っています。

もし「ジョギングよりもウォーキングの方が脂肪燃焼効果が高い」ことを
根拠を踏まえて説明できる方がいらっしゃいましたら、教えていただけない
でしょうか。もしくは反論でも結構です。よろしくお願いいたします。

先日ネットでウォーキングとジョギングでは、ウォーキングの方が脂肪燃焼効果が
高く、ジョギングの方が時間当たりのカロリー消費量が高いという書き込みを
目にしました。

後者の時間当たりのカロリー消費量がジョギングの方が高いというのは
納得なのですが、ウォーキングの方が脂肪燃焼効果が高いというのは
初めて聞いたので、本当にそうなのかしらと思った次第です。
なおその方は、ウォーキングの強度はできるだけ早歩きをするのが
おすすめとのことでした。

それを書かれた方は専門家ではなく、かつその...続きを読む

Aベストアンサー

嘘ですよ。ジョギングのほうが脂肪燃焼効果が高いです。

ダイエットには間違った情報なのに常識のように一般に浸透してしまっているものが数多くあります。あなたは初耳だったようですが、軽い運動のほうが脂肪が落ちると信じている人は、ジムのトレーナーみたいな人なんかにもたくさんいます。
ウォーキングのほうがジョギングより脂肪燃焼効果が高いというのは、そのうちのひとつですが、むしろ逆にウォーキングではなかなか脂肪が落ちませんから、かなりたちの悪い話。そう聞いたらそれを続けるだろうし、本当なら走ればすぐに目標達成できたものを、信じたばかりにダイエットが進まなかったり、はては運動じゃ痩せないんだと諦めて仕舞う人もいるわけですから、かなりたちが悪い情報です。

「脂肪燃焼効果が高い」というのが、嘘ってわけでもないんです。人の体は筋肉に蓄えられている糖質由来のエネルギーと、脂肪を分解して作るエネルギーの両方を燃やして生きています。同じぐらいの割合です。

ところが、運動が激しくなるとたくさんのカロリーを消費しますね。脂肪のほうは酸素が無いと代謝できないのですが、人には酸素を取り込む心臓や肺、循環器系の機能に限界がっていくらでも酸素を送れるわけではありません。つまり脂肪を十分に燃やせなくなる。そのため、酸素が必要ない糖質のほうをエネルギーにする割合が高くなるのです。

だから、寝ている時や、ウォーキングなどの軽い運動では脂肪を優位に使い、激しい運動になるにしたがって糖質を優位に使うようになると言った事が起こります。「脂肪燃焼効果が高い」というのは、これの事を言っています。これがそのまま、軽い運動のほうが贅肉が落ちるのだと誤って広まったのです。

現実には、これはダイエットする人には何の関係も無い事なんです。
というのも、痩せる時に大事なのは消費カロリーの合計であって、運動中に脂肪が使われる割合は何の関係もないんです。脂質を減らさなきゃ痩せられないなどという事自体があり得ないのです。運動中に糖質が使われようと、脂肪が使われようと、たくさん消費した分だけ痩せていきます。

炭水化物を減らすと痩せますよね。炭水化物は糖質です。糖質を減らしても、贅肉は減るでしょ?それと同じことで、運動中にどっちを燃やそうと何の関係も無いんですよね。運動で糖質が使われると、その糖質の不足分を補うためには結局脂肪を多めに使うことになり、最後は関係なくなるんです。

痩せるために必要なのは、カロリー消費量。これを覚えておいてくださいね。実際、ウォーキング1時間と、ジョギング1時間では、運動量はジョギング1時間のほうが多いですよね。速度が速い分、同じ時間運動し続けたらより長い距離を運動することになる。運動距離が少ないのに、早く痩せるなんてあり得ないのです。


次に体脂肪率という観点でも、やっぱりジョギングのほうが効率が良いです。
大抵の人は、痩せる時は贅肉だけが減っていくと思っていますが、筋肉も分解されて脂肪と同じようにエネルギーとして代謝されてしまうんです。ただし、筋肉は強い力を出す習慣があると減りにくい。筋肉が減らない場合、代わりに脂肪がより多く減ります。

さて、ウォーキングなどの軽い運動や食事制限ばかりやってカロリーを消費していくと、筋力をほとんど使わないのでどんどん筋肉ばかりおち、脂肪はほとんど減らないんです。筋トレなどで筋力を酷使するような運動を僅かにでも加えたり、早く走ったりしているとその筋力を発揮するだけの筋肉は守られて、贅肉が代わりに落ちていきます。

ジョギングでも軽く走るほうが効率的だと言ってる人も同じく間違い。乱暴な言い方かもしれませんが、早く走れば走るほど脂肪は効率よく落とせます。



以上の事は、実はよくよく考えたり、実際に本気で数週間スパンで比べた人なら誰でもわかることで、あまり議論の余地が無い話です。もしもウォーキングや軽いジョギングのほうが脂肪が効率よく落とせるとしたら、程よく歩いている普通の主婦やダイエッターのほうが、部活やスポーツやってる人よりも体脂肪率が低く、シャープな体つきになっていますよね。あり得ない話です。

現実にはごくごく単純で、より強い力を発揮し、短距離走などの激しいスポーツをする人ほど体脂肪率は低く、軽い持久的な運動の選手ほど体脂肪率は高くなる傾向があります。
これに加えて、運動量や食事量と言ったことも影響するので簡単には言えませんけどね。例えばマラソン選手はとても細いですし、ダイエットする人の手本みたいにみられるところがありますが、実際にはスタイルが良いマラソンランナーなんていないでしょ。モデル兼スポーツ選手などがいますが、男女共に高跳びや短距離、幅跳び、体操などもう少し負荷の高い競技の人ばかりです。
それに、マラソン選手は意外にもアスリートの中では体脂肪率がとても高い。痩せているのは運動量が圧倒的に多いスポーツだからであって、運動内容が脂肪燃焼に効果的だからではありません。

本来、長距離を何十キロも走るというのは脂肪をたくさん使いますから、そういう運動をするためには脂肪を溜め込みやすい体質になって行きます。逆に全力で走ったり強い力を使ったりしないため、筋肉は必要最小限の量になります。

ウォーキングのほうが効果的だとか、軽い運動のほうが効果的だというのは「脂肪燃焼効果が高い」という意味を誤って理解したことによる迷信です。

今後ジョギングにして、さらにそれに慣れたら、今度は頑張って10分20分でも少し本気で走るような習慣を取り入れてみれば、体型が劇的に締まっていくのがわかりますよ。

嘘ですよ。ジョギングのほうが脂肪燃焼効果が高いです。

ダイエットには間違った情報なのに常識のように一般に浸透してしまっているものが数多くあります。あなたは初耳だったようですが、軽い運動のほうが脂肪が落ちると信じている人は、ジムのトレーナーみたいな人なんかにもたくさんいます。
ウォーキングのほうがジョギングより脂肪燃焼効果が高いというのは、そのうちのひとつですが、むしろ逆にウォーキングではなかなか脂肪が落ちませんから、かなりたちの悪い話。そう聞いたらそれを続けるだろうし、本当...続きを読む

Q真夏に30分歩くのと、真冬に1時間歩くのでは、どちらが脂肪燃焼できますか?

ウォーキングを半年ほどやっているんですが、最近だと5分もしないうちに汗が滝のように出て、30分歩くので精一杯です。ただ、汗をかいたからといって、実際カロリー消費(脂肪燃焼)してるのでしょうか?
逆に真冬なら1時間歩こうが汗ひとつかきません。

Aベストアンサー

日々ジョギングしています。
夏は確かに暑くて走りにくいですが、体内に熱がたまっているだけで、脂肪燃焼はまた別問題のような気がします。

真冬じゃないですかね~。

ちなみに、この時期(6~7月)は毎年ウォーキングなどの女性が増えますね。(しかも厚着だったりする!)

理由はおそらく「肌を見せる時期」+「汗をかくので痩せたような気がする」ってことでしょうか。

↓↓ ここからは皆さんに健康に痩せてほしいので一言。。。


真夏でも体内に熱をためないように涼しい格好で(日焼け対策も)、そして飲み物を腰に下げるなどして、かならず定期的に補給しましょう。

そりゃー飲まないほうが家に帰ってから一時的な体重減を楽しめますが、継続する意思があるなら、「水を飲みながら涼しい格好で」続けてください。

こっちのほうが当然楽です。楽だから長続きするし、長時間歩けるし、痩せるんです。

水分が不足すると血液ドロドロで筋肉に酸素供給も効率が下がり、脂肪燃焼効率だって下がるでしょう。いいことなんてひとつも無いですよ。

長文失礼しました!

日々ジョギングしています。
夏は確かに暑くて走りにくいですが、体内に熱がたまっているだけで、脂肪燃焼はまた別問題のような気がします。

真冬じゃないですかね~。

ちなみに、この時期(6~7月)は毎年ウォーキングなどの女性が増えますね。(しかも厚着だったりする!)

理由はおそらく「肌を見せる時期」+「汗をかくので痩せたような気がする」ってことでしょうか。

↓↓ ここからは皆さんに健康に痩せてほしいので一言。。。


真夏でも体内に熱をためないように涼しい格好で(日焼け対策...続きを読む

Q体重を落とすのにはウォーキングは効果的?

とても痩せたいのですが、ウォーキングは体重を落とすのには効果的なのでしょうか。

うちは田舎なのでウォーキングをしていると近所の人に見られて少しはずかしいです。「○○さんちの○○ちゃん、歩いてるんですって。」「あらまあ、どうしたのかしら、そういえばすこしふっくらしてるわね・・・」と思われそうで・・・。
以前に見られたくないので早朝の4時30分から歩いていたのですが、それでも近所の人に見られています。(皆さんとても早起きみたいで・・・)

それでも効果があるなら少しくらいはずかしくても頑張ってウォーキングしたいと思っています。

ウォーキングを続けていれば、効果がでるのでしょうか。するとなればどのぐらいの時間を歩くのでしょうか。

どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

過去にウォーキングで体重を落としました。
有酸素運動の中でも、ウォーキングは最も効果的な運動の一つです。

歩く場合、最低でも1時間は歩かないと意味がないです。というのは、最初の30分間は、脂肪の燃焼ではなく、糖質やたんぱく質がエネルギー源として使われてしまうからです。
理想的には、1時間半のウォーキングです。

歩くときは、ペースが大事です。急ぎ歩きぐらいがよく、正確には、平時の脈拍数の1.5倍だそうです。
私は、10キロを1時間半で歩きました。

これを行うと、1日(1回)に70gの脂肪を燃焼します。
1ヶ月間に2.1kgの脂肪が落ちます。
遅いと感じるかもしれませんが、健康を害することなく、無理のないダイエットです。

水分をしっかりと摂りながら歩いてください。
水分不足は危険です。

Qウォーキングの前後に摂取することで体脂肪の燃焼をサポートするようなサプ

ウォーキングの前後に摂取することで体脂肪の燃焼をサポートするようなサプリメントはありますか??


近々10kmのウォーキングをする機会があるのですが、せっかくなので更に効果を上げるためにウォーキングの前後にサプリメントを摂取したいと思います。

なんのサプリが効果がありますか?

自分で思いついたのは“VAAM”や“カルニチン”などです。

薬局などで売っている物で、出来れば商品名も教えていただけると嬉しいです。

サプリの摂取自体に意味がないという意見もあると思いますので、その場合は理由を教えていただきたいです。

Aベストアンサー

現役アスリートがたまたま横に居たので聞いたところ



運動前→脂肪の燃焼効果があるカプサイシン、カルニチンなど

運動中→代謝を上げるヴァームウォーターなど

運動後→燃焼を助けるヘルシア緑茶など



を摂取してはいかがでしょうか

だそうです。

Q食事前後でのウォーキングの効果

ダイエットのためウォーキングを1ヶ月前から始めました。
実施後、身長172cm:体重76kgから73kgに減少しています。私は、帰宅が遅く、夜、食事を取るのが21:00~23:00の間です。
今日、会社の人から、食事前にウォーキングするとダイエットの効果がなく、ウォーキングを止めるとかえってリバウンドすると聞きました。
ダイエットのためのウォーキングは、食事の前の方が効果的なのでしょうか?
帰宅が遅く、少しでも早く寝る前に食事を取った方が良いと思うのですが、食事前後のどちらが効果的なのでしょうか?
参考になることがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もっとも肝心なことは、やるかやらないかであり、いつやるかは最優先事項ではありません。食事前でも後でも続けていれば、遅かれ早かれ効果がでます。

そのうえで、考えていくとすると、まず押さえておきたいことは、体を動かすエネルギーとして最初に使われるのは、炭水化物であり、脂肪が使われるのはしばらくしてからだということです。

そのため食事前だと体にエネルギー(=炭水化物)があまり存在しない状態ですから、脂肪が早く燃え出すということになります。

ですが、あまり空腹で運動するとかえって脂肪の燃焼効率が落ちたり、低血糖で倒れてしまったりするなどのリスクがあります。
ですから、運動30分~1時間前にコップ1杯の果汁100%ジュースやバナナを1本摂って適量の炭水化物を摂って運動することが望ましいとされます。

次に食後の運動は、体に十分なエネルギーが行き渡っている状態で始めるわけですから、安全かつ長時間運動することができます。そして、その結果として、より脂肪を燃やすことができるというわけです。
ですが、食後すぐの運動は、消化が悪くなったり、わき腹が痛くなりますから1時間程度はあけたほうがいいわけです。

ただ夜遅くの運動は寝つきを悪くする可能性がありますから避けたほうが無難です。ただ、ウォーキングで大きく息が切れるほどのペースで歩くことはないでしょうから、あまり心配しなくてもいいでしょう。

いずれにせよ、質問者様の好みで決めてしまってかまいません。
きちんとした運動を続けて適量の食事を摂っていればしっかり中身の詰まったリバウンドしにくい、きれいな体が出来上がっていきます。
無理をせず、長く続けることを最優先にしてください。

もっとも肝心なことは、やるかやらないかであり、いつやるかは最優先事項ではありません。食事前でも後でも続けていれば、遅かれ早かれ効果がでます。

そのうえで、考えていくとすると、まず押さえておきたいことは、体を動かすエネルギーとして最初に使われるのは、炭水化物であり、脂肪が使われるのはしばらくしてからだということです。

そのため食事前だと体にエネルギー(=炭水化物)があまり存在しない状態ですから、脂肪が早く燃え出すということになります。

ですが、あまり空腹で運動するとか...続きを読む

Qウォーキングとランニングならどちらのほうが痩せやすいですか?皮下脂肪を燃焼させるならどちらがオススメ

ウォーキングとランニングならどちらのほうが痩せやすいですか?皮下脂肪を燃焼させるならどちらがオススメでしょうか。

Aベストアンサー

どちらが効果的?ウォーキングとジョギングの違い

「30分のジョギングより1時間のウォーキング」という言葉を聞いたことがありませんか?ウォーキングとジョギングは、どちらも有酸素運動なので脂肪燃焼効果が期待できます。
しかし、脂肪が燃焼し始めるまでには、運動を始めてから約20分ほどかかることも覚えておかねばなりません。
これは、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」が、20分以上運動して、体温が上がった状態でないと活性化しないから。
そのため、強度の高いジョギングを短時間だけ行うよりも、強度の低いウォーキングを長時間行った方が、ダイエットには効果的なんです。

私たちの体に脂肪がついているのは、骨や内臓など、体を守るためでもあります。そのため、ハードな運動で急激に脂肪を落とした場合、脳が危機感を感じて、身体を維持しようと、脂肪を蓄積しやすい状態になります。
一時的に運動を行っても効果が得られなかったり、リバウンドしてしまうのはこのような生物としての機能が原因の一つ。
脂肪を効果的に落とすには、毎日少しずつでもいいので運動を続けること。
続けることで、脂肪を燃焼しやすく蓄積しにくい体が作られるのです。
ですから、今回のテーマ「歩くVS走るやせやすいのはどっち」の答えは、「自分が長続きさせられる方」ということになります。

https://moteco-web.jp/diet/25846

どちらが効果的?ウォーキングとジョギングの違い

「30分のジョギングより1時間のウォーキング」という言葉を聞いたことがありませんか?ウォーキングとジョギングは、どちらも有酸素運動なので脂肪燃焼効果が期待できます。
しかし、脂肪が燃焼し始めるまでには、運動を始めてから約20分ほどかかることも覚えておかねばなりません。
これは、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」が、20分以上運動して、体温が上がった状態でないと活性化しないから。
そのため、強度の高いジョギングを短時間だけ行うよりも、強度の...続きを読む

Qウォーキング効果の一番良い実施時間について

まさにタイトル通りなんですが、今月から朝20分のウォーキングをしようと思っています。
ただ、体温も低いしそのウォーキングいがいは
筋トレとかも行っていないし、結構職場付き合いの飲み会とか多いです。
毎日23分くらいのウォーキングでも効果ありますか??

Aベストアンサー

もしあなたが肥満体か、普段は何もしてないままでしたら、効果はあるでしょう。もう既に健康体か、普段も活動的であるならば気休めにしかならないです。この場合はジョギングに切り替えるべきです。ほんの少し早起きされて、せめてその倍の時間を費やすことができたなら、無問題でしょう。

Qウォーキングとランニングの脂肪燃焼効果の違い

趣味でランニングを毎日1時間するようにしているのですが、

最近膝が痛くて、
ウォーキングをしています。

しかしウォーキングだとあまり汗をかかなくて脂肪を燃焼していないような気がします。

太ももの筋肉がランニングよりしんどい気がしますが、
脂肪は燃焼できているのでしょうか?

ウォーキングを1時間するのとランニング1時間するのとでは
どちらが脂肪燃焼効果が高いのでしょうか?

Aベストアンサー

1分以上続く運動は、何でも有酸素運動となります。

>ウォーキングを1時間するのとランニング1時間
ランニングに決まってます。
激しい運動ほど、消費エネルギーは多いし、体は鍛えられます。
鍛えられた体は、日常生活でもどんどん脂肪を使ってくれます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報