【映画】『グリーンブック』アカデミー賞作品賞!!傑作の理由 >>

学生実験で、クッキーに含まれる水分含有率を測定しました。同じクッキーを使用して、カールフィッシャー法と加熱乾燥法の2つの方法で測定しました。
すると、カールフィッシャー法では7.54%、乾燥法では6.79%と0.75%の差が出てしまいました。

この差の原因がわかりません。
学生実験のため、実験者として未熟だっただけでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

乾燥法は昔行ったことがあるのですが


カールフィッシャー法は調べてみた知識で推測してみました。

カールフィッシャー法は化学的に水分容量を計測するので
かなり正確に出せるのではないかと思います。

乾燥法は物理的に変化させて計測しますね。
重量変化で恒量になったと推測して終了ですから
油脂等にに保護されて蒸発し切れなかった水分や
デシケータで乾燥状態を維持し切れなかったとか
計測中の水分吸収でわずかに増えてしまったとか
ありそうですね。

あと計測は同じ天秤で行う方が良いと思います。
天秤によって微妙に数値が違ったりする時がありますから。

他の人のデータを見せてもらって0.75%が極端な値ならば
何かしらのミスがあった可能性があるでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

天秤は同じものを使用しました。
でも、測定中に測定値が定まらなかったりして、イライラすることもありました。やはり、実験者として、未熟なのですね。
また、デシケータは、10班で1つを使っていたため、開閉が激しく、乾燥状態が維持できていなかったように思えます。

明日、他の人のデータを見せてもらおうと思います。

大変参考になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/01 01:00

こんばんは



水分含有量の測定は、操作自体は簡単ですが最も難しい定量の1つだと思います。
空気中にも呼気中にもあるし、道具の表面には少しばかりの水分が必ず付着していると言ってもいいくらいですしね。
勝手に吸湿したり、いつの間にか放湿したりしてしまうので定まった値を求めるのは大変に難しく、大胆な決断力が必要になることもしばしばです。

さて、0.75%の差が出てしまったとのこと、測定法の特性による誤差やサンプル中の水分の偏在性については他の方が丁寧に説明してくださっています。
0.75%というと小さな違いのようにも見えますが7.5%から見れば1割も誤差があるということもできます。
測定結果のばらつきはどの程度だったのでしょうか。
決められた手順で数値処理をして出た結果だけでなく、どのような傾向のデータだったかも併せて検討するほうが有益だと思います。
棄却検定もされたそうですが、棄却前のデータのばらつきと棄却後のデータのばらつきはどの程度でしたか。
2種類の測定結果にどの程度の重なりが見られますか。

実際には納得がいくまで多くの試料を分析して傾向を把握していくのですが、学生実験では1回の授業の中での測定で何らかの結果をまとめなくてはいけませんから、あまり追求はできないかもしれませんね。

ですから、結果をまとめるのに平均値にこだわらず、ばらつきの範囲に注目し、測定法の特性を加味してレポートの考察になさるといいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

データのばらつきの方に重点を置いて考えるのも、原因を考えるひとつの手段なのですね。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/11/01 01:10

こんにちは。



カールフィッシャー法の原理は、水がヨウ化物イオンを酸化することを原理にしています。故にクッキーに含まれていた水以外の成分がヨウ化物イオンの酸化を引き起こしたと考えるのが自然でしょう。

もちろん別の考えもできます。
「クッキー中の水分の偏在」もあるかもしれませんし、「乾燥法では水分以外の成分(例えばアルコールとか?)も蒸発してしまった」なんてのもアリでしょう。

結果ずれの原因はこれら挙げた内のどれかかもしれないですし、全部かもしれません。要は実験とはそういうものであり、実験原理と結果の因果関係をよく考えて、その上で次の課題を見つけていく必要があるのです。
水分定量法が複数ある理由を考えてみてください。もし本当に正確な水分含有量がわかるのであれば一つの方法しか残りません。要はKF法も乾燥法も不完全なんです。差がでて正しいのです。ではどうしたらより正確な水分量が定量できるのでしょうか?これを考えるのがあなたの課題なのです。がんばってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カールフィッシャー法の反応式
H2O + I2+SO2+3塩基+CH3OH → 2塩基・HI+塩基・HOSO2OCH3
を参考に考えてみます。
また、乾燥法では、水分以外のアルコール分も蒸発してしまうのですね、これも原因の1つとして考えておきます。

ご指摘、ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/01 00:54

第一に統計学的に有意なだけの回数行いましたか?


第二に他のサンプルでも同じ傾向が現れますか?
水分測定には素人なのでそれ以上細かい指摘は出来ません。

この回答への補足

測定は各方法とも10回ずつ行い、データの棄却検定も行いました。
他のサンプルでは測定していないので、同じ傾向が現れるかどうかはわかりません。

早速の指摘、ありがとうございました。

補足日時:2006/10/31 21:59
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水分定量について。

きなこで常圧加熱乾燥法(135度30分)と赤外線水分計法(120度15分)で水分定量を実験したところ、常圧加熱乾燥法と赤外線水分計法では約1.1%差が出ました。

・恒量を0.3mg以下になるまでという精度の高い実験ではない。
・食品に含まれる水分には差がある。
ということは無い設定です。

理由をお願いします。

Aベストアンサー

135度30分と120度15分であれば、条件が違うのですから、出てくる値が違うのは当たり前でしょう。時間も短いですしね。実験誤差の可能性もあります。
異なる条件で、平衡に達したかどうか分からない時点でのデータを比較して、違いが生じた理由を問うことには、殆ど意味がないと存じます。

Q含水率の測定

 私は、現在タラの落とし身を細かくしたものの含水率をしております。今のやり方は試料に海砂(試料の表面積を増やします。)を用いて、105℃、2時間の常圧加熱乾燥法を行っております。
 これは指導教官から借りた本から見たやり方なのですが、正直言って、この方法は時間がかかります。(容器や海砂の乾燥した重量を測るのに最低4時間、さらに試料を入れるのに最低4時間かかります。)
 ちなみに、最低4時間かかる理由は、1回目に2時間加熱した後、30分減圧で冷却して重量を量り、2回目は、1時間加熱した後、また、30分減圧で冷却して重量を量ります。それを繰り返して前回の測定値に較べて5%以上減らなくなったら終了です。
 魚肉において、もっと、効率のいい含水率の量り方をどなたかご存知ありませんか?
 なお、凍結乾燥法は指導教官からデータとして使えないと言われました。あれも時間がかかりますし。
 どうぞよろしくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

同じ容器を使用しているなら、次回からの使用には
前の恒量値(乾燥重量)を用いて構わないと思います。
毎回、恒量しなければならないのなら、測定日の前日から
乾燥機で加熱しておくというのはどうでしょうか。
(帰宅前に乾燥機に入れてから帰る、といった感じです)
恒量に達するまでの操作回数が少なくてすむと思います。

乾燥助剤である海砂(ケイ砂のことでしょうか?)の精製は
別の日にある程度まとめて行うことはできないでしょうか。
それを密閉容器に保存しておけば、水分測定の際に
1,2時間加熱乾燥するだけですぐ使用できると思います。
測定容器と一緒に、前日から乾燥機に入れておくのもいいかと。

冷却は減圧冷却でなくデシケーター中でも可能だと思います。
測定容器がふたつきならば酸化の影響も少ないと考えられるので
デシケーター中で1日静置し、
翌日に重量測定する、といった方法がとれます。
実験は数日に及ぶかもしれませんが、1日の拘束時間は短いです。

Q水分定量

水分定量の実験を行うたびに疑問思っていたんですが、水分定量の実験をやる目的は何ですか!?また、水分以外の成分は除去されるのは微量だと聞いたんですが、それは測定の結果に影響を与えたりしないんですか!?インターネットで検索してみても答えらしいものが見あたらなかったので教えてください!!お願いします。

Aベストアンサー

>水分定量の実験をやる目的は何ですか!?
そもそも、水分定量の実験の直接の目的は水分を定量することです。何の実験をしているかわからないのに、それ以上のことがわかるはずがありません。

>また、水分以外の成分は除去されるのは微量だと聞いたんですが、それは測定の結果に影響を与えたりしないんですか!?
揮発性の成分が水のみであれば除去されるのは微量ということになるでしょうが、水以外の揮発性成分があればそうはなりません。測定の結果に影響するかどうかについても、何の実験をしているかわからない人にわかるはずがありません。そもそも、インターネットでも調べようがないと思います。

Q糖質と脂質の定量分析

食品実験で、きな粉中の糖質(ベルトラン法)と脂質(ソックスレー抽出法)の定量を行ったところ、実験結果が成分表と比較すると、結構差が出ました。成分表というのは代表値であって、全ての試料の実験値を表しているわけではないので、誤差が生じているからだというのはわかるのですが、それ以外にこの誤差の原因は何が考えられるでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>>誤差が生じているからだというのはわかるのですが、
こういうのは「誤差」とは呼ばないと思います。特に。
>>結構差が出ました
と言う場合。
このような事が起こったときまず「一方方向にずれていないか」を考えます。
両方とも多いか、または少ないか、の場合「分析手法」に問題があったのではないか。あるいは個人的な「癖」があるのではないか。と疑うのが賢明です。
しかし、もし多人数で別々に行って、皆同じ方向にずれたりした場合、「試料の選択」が問題になるでしょう。きな粉の原料は「大豆」です。大豆の糖質や脂質に「種別」「国別」があるのは既知の事実で、大企業の品質管理者はいつもそれに悩まされているからです。
「誤差」は「同じ試料」を分析したときに初めて使える「用語」だと考えてください。つまり「真の値」がある場合に「その廻りにばらつく」(無作為なら正規分布か?)分けです。

Qソックスレー

授業で粗脂肪の定量をソックスレー抽出器を使ってやったんですけど、
レポートの考察は何を書けばいいのかわかりません・・・。
きなこの粗脂肪%がわかっただけで、どんなことをかいたらいいのでしょうか??

Aベストアンサー

月並み?かもしれませんが 乾燥時間と測定重量の変化、あるいは食品成分表の値と照合してみるとか、生大豆からの加工法の推定とかはいかがでしょう?

実験からは数値しか出ません。あとは複数でやったのなら数字のばらつきのような統計的手法も処理としてありますね。

自分はどう考えるか?が考察です。ディスカッションのたねを提供すると考えればいいのではないでしょうか?

Qクッキーの水分は??

クッキーを作っていますが生地がまとまりませんでした。
薄力粉300g、バター150g、ベーキングパウダー小さじ1/4、卵黄3個、水大さじ1です。
何度もこのレシピで作っています。元々まとまりにくいレシピではありましたが、冷蔵庫で寝かせる内にまとまっていました。
卵のサイズなどは今までと変わっていないと思うので、温度の問題かなと思うのですが、今回は2時間寝かせても粉のままで、どうにもまとまる気配がありませんでした。
なので、全卵1個を加えると少々ベタベタしてしまいましたが、寝かせる内に変わるかもと思い、粉などは足さないであります。

で、まだどうにでもなると思っているのですが、どの程度の固さが良いのか迷って来てしまいました。
クッキーは水分の少ない方がサクサクするし、水分が多いと固くなると思っていたのですが、柔らかめの方が美味しいという意見を見て驚きました。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310453698
確かにアメリカンクッキーなどはスプーンで作りますね。私もやっていました。
でも固くは仕上がらないですよね。何故でしょうか?
クッキーの水分は仕上がりにどう関係するのでしょうか?
また、まとまらない場合卵を足すというのは合っていますか?
水やバターの方が良かったでしょうか。

クッキーを作っていますが生地がまとまりませんでした。
薄力粉300g、バター150g、ベーキングパウダー小さじ1/4、卵黄3個、水大さじ1です。
何度もこのレシピで作っています。元々まとまりにくいレシピではありましたが、冷蔵庫で寝かせる内にまとまっていました。
卵のサイズなどは今までと変わっていないと思うので、温度の問題かなと思うのですが、今回は2時間寝かせても粉のままで、どうにもまとまる気配がありませんでした。
なので、全卵1個を加えると少々ベタベタしてしまいましたが、寝かせる内に変わ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。パティシィエです。

まずレシピにあまり問題は、感じられません。
で追加するにしても「全卵一個」は、多すぎると思います。1/3個程度から初めて少しずつ
生地がまとまる程度でいいと思います。

ただ生地がであがってから水分を足すのは、あまりよくないので
やはり生地ができあがった状態が ちょうどいいように製法を注意するのがよいかと思います。

> クッキーの水分は仕上がりにどう関係するのでしょうか?

ご存じだと思いますがクッキーの食感は、薄力粉などのグルテンが大きく影響します。
グルテンは、小麦粉に「水分」が加えられ そこに力が加わったときに出てきます。

ですから水分の少ないレシピは、サクサクします。

またグルテンは、油脂の中では出てきにくい性質があるので小麦粉に対して
バターなどの油脂が多いレシピは、やはりサクサクします。

この場合は、生地は、柔らかくなり扱いにくくなります。

もしご参考になったなら幸せです。
ジルより

Q水分測定方法について

クッキーなどの製造過程で水分測定を迅速かつ正確に水分測定することのできるできるだけ低価格の装置をご存じの方がいらっしゃいましたらお教え願えないでしょうか?近赤、高周波など・・宜しくお願いします。

Aベストアンサー

クッキーの水分含量のオーダーが分からないのですが、1%以上なら↓が最も早いと思います。精度はカールフィッシャーに比べると落ちると思いますが。

マイクロ波は早いですが、機械が高いです。
赤外線水分計は、比較的安いですが、それなりに時間が掛かります。

カールフィッシャーをお持ちであれば、マイクロ波や赤外線より早いと思うのですが...

機械の立ち上げで、ちゃんと系の無水を保っておけば、後はサンプリングした試料を乳鉢で手早く粉にして、秤量し、脱水溶媒でメスアップして、マイクロシリンジでインジェクションし、スタート!
2分ほどで結果が出るはずです。
滴定フラスコを下口つきのタイプにしておけば、連続測定も可能ですよ。

参考URL:http://www.kett.co.jp/products/pro1/1_6/hb200.html

Qバーフォード反応について

 バーフォード反応を行うとなぜ二糖類は単糖類よりも遅れて反応するのですか?本には『反応が弱いため』としか記述がなくて困っています。教えてください。

Aベストアンサー

二糖類、例えばしょ糖などは、そのままでは還元性がありません。
(単糖同士を繋ぐ炭素が還元性の元となる部位でもあり、そこが切れた状態でないと直鎖型の構造となって、還元性の元となるアルデヒド基の形にならない)

バーフォード反応では酸性下で加熱した状態で銅(II)イオンを作用させるため、二糖類の加水分解が起こります。
この結果、単糖同士を結合していた部位もアルデヒド基の形をとれるようになり、還元性を示せるようになるわけです。

つまり、二糖類は「二糖類の加水分解→単糖類」という段階を経てから銅(II)イオンと反応するため、即座に反応を始められる単糖類に比べると、反応が遅い、ということになります。

Qケルダール法の原理についていくつか質問があります(xox)

ケルダール法の原理についていくつか質問があります(xox)

学校で土壌の実験をしていて、ケルダール法を用いて窒素を定量しています。
ここでレポートを書くにあたっていくつか質問がありますm(__)m

1つ目はケルダール蒸留装置の蒸気発生用フラスコに水と濃硫酸数滴、メチルレッドを加えて酸性にしたのですが、
なぜココを酸性にしなければいけないのか?と疑問に思いました。本で調べても酸性にするとしか書いてなく、詳しい原理が書かれていません。
先輩から聞いた話では、「蒸留するときの分解液は塩基性だから、酸のあるところに塩基は逆流できない」と言われました。
これが答えなのかもしれませんが、なんで酸のあるところに塩基が逆流できないのかがイマイチ理解できませんでした。

2つ目は蒸留器に分解液(土壌、硫酸、分解促進剤)と40%水酸化ナトリウムを加えたときに、液の色が濃い茶褐色になりました。
ここで起きている反応は硫酸アンモニウムと水酸化ナトリウムが反応してアンモニアが発生しているのは分かっているのですが、この反応とこの茶褐色の色は関係があるのでしょうか?
それとも全く違う反応が起きているのでしょうか?

以上2点についてどなたか回答お願いしますm(__)m

ケルダール法の原理についていくつか質問があります(xox)

学校で土壌の実験をしていて、ケルダール法を用いて窒素を定量しています。
ここでレポートを書くにあたっていくつか質問がありますm(__)m

1つ目はケルダール蒸留装置の蒸気発生用フラスコに水と濃硫酸数滴、メチルレッドを加えて酸性にしたのですが、
なぜココを酸性にしなければいけないのか?と疑問に思いました。本で調べても酸性にするとしか書いてなく、詳しい原理が書かれていません。
先輩から聞いた話では、「蒸留するときの分解液は塩基性だか...続きを読む

Aベストアンサー

1つ目のご質問、蒸気発生用のフラスコ内を酸性に保つのは、蒸留系の水、器具からのアンモニアのコンタミを防ぐ為かと思います。

2つ目のご質問、分解フラスコ内の茶褐色のは分解促進剤に含まれている銅が水酸化物となった為でしょう。ケルダール蒸留はアルカリ条件下で行う必要がありますので、分解フラスコ内の溶液の色はその指標にもなります。

Qミクロケルダール法における誤差について

たびたびお世話になっております。

ミクロケルダール法を用いて、飼料(粉砕した大麦)中の定量実験を行います。

そこで質問なのですが、ケルダール法で求めることができる粗蛋白質量は多少の誤差を見込んだ数値ですよね?
その上で誤差範囲を小さくするには、操作する際にどのような点に気を付ければいいのでしょう。
原理・操作を調べてみたのですが、中和滴定の際に中和点を過ぎないように気を付けることくらいしか思いつきませんでした。

どなたか回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず分解そのものが定量的かつ再現的におこるようにすること.ここがすべての基本.
次いで,蒸留時にロスを発生させず,かつ,試料から完全にNH3を追い出しきること.
そして滴定.


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較