里崎智也さんからビデオメッセージがもらえる

バラはミニバラをプランターで育てている程度の初心者です。

今回憧れの「アーチにバラ」を実現したいです。色々調べた結果”モッコウバラ(白)”と”つるバラサマースノー”に絞られてきました。自分で調べた中では比較的強い・棘がない(サマースノーは棘が少ないですが)・庭への入り口のアーチのため白もしくは淡い色が好みという共通点です。

1.単純にこの2つの候補についてどう思われますか?(探しきれてない欠点など)

2・株元にあまり植物を植えるのは良くないようで冬の保温や夏の保湿もかねてマルチングはする予定ですが、どれくらい離せば他の植物を植えてもいいでしょうか?(同じ花壇の続きにスペースがあるため)

3.冬の間枝ばかりで枯れてるような状態も寂しいので反対側から常緑のつる植物を這わせたいです。そちら側はバラを植える方とは逆に隣接する家の影響でほとんど日が当たりません。アイビー・オカメズタ以外で条件にあった植物はありませんでしょうか?

以上です。沢山すみません。^^;よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


私はマンションのベランダで8鉢ほどバラを育てていて、
(ミニ、イングリッシュローズ、ハイブリッドティーなどいろいろ)
この年末に念願の庭持ちになるので、今あれこれ研究しています。
バラのアーチもそのひとつなのですが・・・
なのでまだ未経験者です。あまりお答えにならないかもしれませんが。

1.バラの品種選びはアーチの大きさとアーチの設置位置により
慎重に選んだほうがいいようです。
つるサマースノーや黄モッコウはとげがなくて人がとおるときに
邪魔にならないのですが、かなり大きくなるので、
花後(特に枝が伸びる夏)のシュートの管理が大変なようです。
大きなアーチやアーチからフェンス、家の壁にシュートが逃がせると
いわゆるつるバラでもいけるようですが、
小さなアーチにはブッシュ系のバラ(半つる性)の方がいいということで、
私はコーネリアとバレリーナでアーチを作ることにしました。
(バレリーナはたまたま今育てているということもあって)

2.バラの足元ですが、つるバラは伸びた枝の先に花をつけるので、
アーチの上部には花がつきやすいけれど、足元が寂しくなるようです。
クレマチスや他の草花をけんかしないように植えるとか、
伸ばさないようにピンチしながらブッシュ系のバラを植えると
寂しくないようです。

つるバラについては村田晴夫さんの本などが丁寧に誘引方法などが書いてあって勉強になりました。
お互い来年には満開のバラを楽しみたいですね!

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/483544115X/re …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました♪
村田先生のHPはこちらの過去の質問で見つけて覗いていたのですが本は知りませんでした。早速注文したいと思います。^^でも「アーチの大きさ」は頭から抜けてました。そうか~、うちのは大きいのかしら?大人が手を伸ばしても届かないくらいの高さですが?
>かなり大きくなる
実はこの特長さえ素人的には「良いな♪」と思ってしまった要因でもあるんですよ。そうですよね、管理が行き届かない......納得(;;)
バレリーナ!小花が可愛いですよね~。候補には入ってたんですが、知らない人が見ても「バラ」って分かるのがいいな~と言う事で外れたんですけど(見栄っ張り?)また考え直したいと思います。

悩みますが楽しみ~♪来年のバラを頑張りましょう♪

お礼日時:2006/11/07 11:05

No2です。

参考URLですが、
ここから左側にある「つるバラの庭」をクリック⇒スクロールして下の方にある「第4章 つるバラの仕立て方 アーチ つるバラとアーチ
関係は単純ではない 特別編集 2001/10/09」をご覧ください。

参考URL:http://muratabaraen.jp/mb-top-frame01.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。
#2にてまとめてで申し訳ありません。

お礼日時:2006/11/07 11:19

1 モッコウバラ(白)もつるサマースノーもどちらも銘花ですね。

すばらしいバラだと思います。でも、No1の回答者様がおっしゃるとおり大きくなりすぎるのでアーチには向かない品種です。いろいろ手を加えればなんとかなりますが。村田先生の話が出てきたので、参考URLに村田先生のHPを入れておきます。

2 うちの場合はほとんどがバラ専用花壇なんですが、一部ツルバラは混植しています。その場合株元から20-30cmは何も植えていないというか植えられなかったですね。

3 これもうちの場合ですがジャスミンを這わせています。

以上、ご参考まで。

参考URL:http://muratabaraen.jp/mb-top-frame01.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
村田先生のHPは楽しく読んでおりました。が、都合のいい事しか見てなかった様で改めて勉強しなおします。(^^;)

2ですがやはり近くには無理のようですね。株元が寂しいかな?と思っておりましたが、プランターの植物などでカバーしたいと思います。

3.ハゴロモジャスミンてどうかしら?と思っていたんですが良さそうですね♪ただ本によって「常緑」ではない様に書かれているんで悩んでたんですが、地域によるのでしょうね。こちらは東京とあまり気候が変わらない所ですが大丈夫かな?

とにかく大変参考になりました。ありがとうございました。 

お礼日時:2006/11/07 11:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q常緑のバラを探しています

先日購入したローズキングがとても綺麗に咲いて以来、とてもバラの魅力にはまってしまいました。

今、道路側の目隠しで、きんもくせいを植えていますが、きんもくせいを移して、バラのアーチか何かに変えようと思っています。

そこで質問ですが、目隠しになるように、ある程度は大きくなるバラで、四季咲き、冬の間は葉がある常緑の物で、初心者向きの何かおススメは無いでしょうか?

ピエールドロンサールは、常緑ですか??

すみませんが、アドバイス頂けると助かります

Aベストアンサー

こんにちは

ロンサールを育てていますが(鉢植えです)
冬場は葉が減りますよ
緑色だったとは思いますが

Q日当りの悪い庭で、バラは育ちますか?

あまり日当りのよくない庭で、バラを育てたいなあと構想しています。
南向きですが隣接した建物の影になっていて日中はほぼ日陰。
東側は隣の家の大きな庭があるので、そこから朝日がさ仕込みます。
まだちゃんと計ってないのですが、多分日照時間は今だと2時間くらいでしょうか。
それも日当りのいい部分だけ。夏に植木が茂ともっと陰るし。横長なんですが西側は朝日もあまり入りません。

こんな庭でも育つバラってありますか?

Aベストアンサー

私の家の庭も同様です。
芝生も上手くいかず、小さな花を植えても良く育ちませんでした。
が、ツルバラは一杯花を咲かせてくれます。
アーチやフェンスで高くなりますので、太陽を多く受けます。
日当たりの少しでも良い方が、立派です。
家ではバタースコッチやカクテル、ロココ、アンジェラ、パパ・メイアン、アイスバーグ、新雪が良く咲きます。
ピース他場所が悪いものは、咲きますが数が少ないです。
スーパーの前で売っていた、300円のツルバラを5本買ったのが始まりです。
はまりますね。美しいのです。
ツルバラは冬に剪定・誘引や肥料やりも必要ですが、枝の引き方で庭の景色が変わります。
最初は必死に世話をしていて、枯れたりするとがっかりしましたが、今は挿し木他で、増えて人に差し上げています。
土が大切です。
硬い粘土質の土を変えることが大変です。
土をフカフカにしてやることと、肥料年数回です。
京成バラ園でアクセスすると育て方等載っています。
バラの庭は美しいですよ。
是非是非、挑戦してみて下さい。

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qバラと一緒に植える植物(バラとの相性)

バラを植える為に庭にスペースをとりました。
思ったより大きくスペースが出来たので、バラの
手前に丈の低い花を植えようと思います。

今考えているのはアネモネやスノードロップなんですが、
バラと一緒に植えても大丈夫でしょうか。

その他、バラと相性の悪い植物などありましたら
教えてください。

Aベストアンサー

バラにはアブラムシがつきやすいのですが、フィーバーフュー(別名:ナツシロギク、マトリカリヤ)をそばに植えておくと、アブラムシを防いでくれます。
我が家では毎年、バラのそばに植えています。
フィーバーフューは、ハーブの仲間で、カモミールに似た白い花が春~夏にかけて咲きます。
バラ同様、切り花やドライフラワー(私はまだ試した事はありませんが)としても楽しめるそうです。

Q鉢植えのバラが枯れたのを復活させる方法

鉢植えのバラ(つる性)を購入し、水のやりすぎに注意するように言われました。
これから花が咲き、その後、花壇に植え替える予定でいました。

しかし、ふと気が付くと、枯れたような感じ(茎は青々としているんですが、葉がしおれ、カレカレになっているところも多い)になってしまったんです!
もちろん、土は乾いています。。。

おととい気が付き、水は欠かさずやっていますが復活する兆しがありません(泣)

どうしたらいいのか、何か方法がありましたら教えていただきたいのです。
復活は無理でしょうか??

Aベストアンサー

水のやりすぎかもしれません。表面が乾いたら下から水が流れるくらいたっぷりとやってください。どのくらいの大きさの木かわかりませんが枯れかかっていると思われます。えだを30CMくらいまで切り詰めた上で新しい鉢に植え替えて、来年の芽ぶきを期待しましょう。

Q白いつるバラでパーゴラを作りたいと思いますが、つるアイスバーグとつるサ

白いつるバラでパーゴラを作りたいと思いますが、つるアイスバーグとつるサマースノーは 一つの花の花持ちはどちらが長いでしょうか?
また、時々、四季咲きとの記載を見かけますが つる性は一季咲きなのですよね?
アルバ・メイディランドもかなり気になっているのですが、どれか一つならお勧めはどれでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

白い花は実際に見ないといけませんね。写真等では特徴が判り憎い物です。
同じ条件で一緒に撮影した写真が有れば、傾向くらいは判断出来るでしょう。

さて、ざっくりとWEB検索してみましたが、
「つるアイスバーグ」は返り咲き、苗が若い時は春1回咲きの傾向のようですね。
「サマースノー」は1季咲きですね。
「アルバ・メイディランド」は四季咲きと言われますが、寒冷地の冬は咲きませんね。

ところで、パーゴラですか、、、

花は日当りの良い上面に咲くと思いますので、下面は枝と葉しか見えなくなりそうですね。

トゲも少なくて手入れ管理が楽なのはサマースノーのようですし、一斉に開花した時は見応えも大きいと思います。
一般的に四季咲き品種は花数がそれほど多くなくて、全体のボリューム感より一輪ずつの花を観賞する感じでしょうかね。
返り咲きとは、開花後の剪定で次期の開花を促します。剪定方法により比較的短期に開花させる事も、1シーズン間を置いて開花させる事も出来ます。 この場合も春、夏、秋と開花させようとしますと、花数は少なめに成りやすく、春と秋に開花するようにすると、多少花数が多くすることが可能でしょう。

実際に見た時の印象は花の大きさや花弁の数、葉の大きさや色などで感じ方は人それぞれですから、私が好きな品種がご質問者様にベストとは限りませんね。

ちなみに、私なら違う性格の苗を左右とか前後に分けて植えますねぇ。全体的にベストの時期は得られないかもしれませんが、移り変わり等を楽しむ事も好きですよ♪

はじめまして♪

白い花は実際に見ないといけませんね。写真等では特徴が判り憎い物です。
同じ条件で一緒に撮影した写真が有れば、傾向くらいは判断出来るでしょう。

さて、ざっくりとWEB検索してみましたが、
「つるアイスバーグ」は返り咲き、苗が若い時は春1回咲きの傾向のようですね。
「サマースノー」は1季咲きですね。
「アルバ・メイディランド」は四季咲きと言われますが、寒冷地の冬は咲きませんね。

ところで、パーゴラですか、、、

花は日当りの良い上面に咲くと思いますので、下面は枝と葉しか...続きを読む

Qバラの葉の色が薄くなってきた

昨年の2月ごろ、種苗会社からバラの苗を購入しました。

すくすく育ち、つぼみもたくさんついたのですが、

一部の葉の、縁のあたりの緑がうすくなっているのに気づきました。
丸く斑点のような感じですが、白くなるほどではなく、ウドンコとも違います。

慌ててベンレートを噴霧しましたが、どんどん広がっています。

つぼみは今のところ元気ですが、どうすればいいでしょうか。

今のところ、アブラムシやイモムシ、他の病気はないようです。

Aベストアンサー

今日、私の母からもちょうど同じ質問を受けました^^;

葉が生い茂って蕾がつく時期になるとよく起こるんですが、
風通しが悪くなって株が蒸れてしまったのだと思います。
薬剤は必要ありませんよ^^
バラが「ちょっと~風通しが悪いよ、このままじゃ病気に
なっちゃうよぉ!」と教えてくれてるんです。
そのままにしておいてたくさんの葉が黄変して落ちてしまうと
開花に影響しますので、風通しをよくしてやりましょう。

やり方は、株の内側に向かって生えている枝や葉を風がスッと
通り抜けることができる程度に間引くだけです。
作業時には棘に十分に気をつけてください。
あと、バラの置き場所(鉢植えですか?)を変えられるようなら
できるだけ日当たりと風通しがよい場所に移動してあげてください。

かなり葉っぱがとれてしまっても蕾から数えて3,4節目ぐらいまで
残っていれば開花します。
葉が少ない状態で開花させたあとは株が消耗していますので
ちょっと短めに切り戻してしっかり肥料をあげてくださいネ。

今後は梅雨の時期もありますので、なるべく内芽は伸ばさないようにし
蕾が上がる頃になったら株元近くや葉が込み合っている部分の内側の葉は
間引いてやってください。
美しい花を見るまでには、ホント手がかかります(苦笑)
でも花を見たら咲かせるまでの苦労も忘れちゃうんですけどネ。

今日、私の母からもちょうど同じ質問を受けました^^;

葉が生い茂って蕾がつく時期になるとよく起こるんですが、
風通しが悪くなって株が蒸れてしまったのだと思います。
薬剤は必要ありませんよ^^
バラが「ちょっと~風通しが悪いよ、このままじゃ病気に
なっちゃうよぉ!」と教えてくれてるんです。
そのままにしておいてたくさんの葉が黄変して落ちてしまうと
開花に影響しますので、風通しをよくしてやりましょう。

やり方は、株の内側に向かって生えている枝や葉を風がスッと
通り抜けることができる程度...続きを読む

Q暑さに強く、生命力のある草花

去年、家を購入したことをきっかけに、プランターにいろいろ植えましたが、
夏バテをして、水やりをあまりしなかったせいで、ほとんど死んでしまいました。
もともと、体調を崩しやすく、きっと来年もそんな状態になると思います。
そのため、あまり水やりしなくても大丈夫な草花を探しています。
できれば、毎年花を咲かせてくれるものがいいです。
あとハーブや葉っぱものでもかまいません。

今、ちゃんと咲いているのはサザンクロスと、かろうじて生きているニオイザクラ。あとウインターコスモスです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら適していると思います。
 それから暑さが強いという事は関東かそれ以西にお住まいの方でしょうか?宿根や多年草の場合越冬できるかが鍵になりますので、寒さの厳しい所でしたら条件にあてはまらない場合がありますので、予め御了承下さい。
【宿根草、多年草】
●ベゴニアセンパフローレンス
 道路の植栽に植えられるぐらい丈夫で乾燥にも強いです。安価で100円ぐらいで売られています。ただし冬は室内に取り込むか軒先などに置いてください。霜に当たるとグッタリして一度に駄目になります。
http://yasashi.info/he_00002.htm
●カランコエ
 今頃から花屋さんに並び始めます。多肉(サボテンの仲間)ですので、乾燥には強いです。ただしベゴニアセンパと同じで霜には当てられません。
http://yasashi.info/ka_00005.htm
●ゼラニウム
 花が綺麗な昔からのゼラニウムと、匂いが特徴的なセンテッドゼラニウムがあります。こちらも冬は室内に取り込んでください。暖地なら戸外越冬可能です。
http://yasashi.info/se_00002.htm
http://yasashi.info/se_00008.htm
●ローズマリー
 寒さに強く乾燥にも強い丈夫な花です。ただし成長が早いので、プランターに植えても2年に一度ぐらいは植え替えの必要があります。乾燥には強いですがハーブですので、蒸れに弱いです。蒸れないように若干風通しを良くしてあげて下さい。
http://yasashi.info/ro_00002.htm
●ミント
 ミント類は丈夫で手間いらずで、ティーやバスにも使え重宝します。冬は地上部が枯れますが、春には芽吹いてきます。ただし相当成長力がありますので、1つのプランターには1種類しか植えてはいけません。他の植物を侵食します。また1つのプランターに2種類のミントを植えると雑種化しますので、必ず同じ種類のものを植えて下さい。成長が著しいので1~2年に一度は植え替えの必要があります。蒸れには弱いので(蒸れたからといって枯れませんが、見栄えが悪くなります)、梅雨入り前にバッサリ刈り取ってやると良いです。刈り取った物はティーやバスに使えます。
http://yasashi.info/mi_00003.htm
●メキシコマンネングサ
 相当強い植物ですが、プランターにコレだけ植えるというのは何となく華がないです。ただし多肉ですので乾燥には強く手間はかかりません。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/mannengusa0.htm
●マツバギク
 暖地なら越冬します。こちらも多肉ですので暑さと乾燥には強いです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Matubagiku.html
●アイビー
 割と強いですが、地味です。2年に1度は植え替えが必要です。
http://yasashi.info/he_00008.htm←こちら以外も色々な種類があります。
●オリズルラン
 暖地なら越冬できますが関東や西日本でも山間部なら難しいかもしれません。
http://yasashi.info/o_00009.htm
●アロエ
 乾燥には相当強いです。また花も咲きます。我が家では地植えですが、越冬基準はオリズルランと同じです。
http://yasashi.info/a_00020.htm

 多年草、宿根草でも丈夫なものは大抵成長も早くどのみち植え替えは必要です。そうしたら暑くなる前の6月頃に夏の乾燥に強く丈夫な花を植えて12月頃まで楽しむというのもテだと思います。
【1年草】
●ポーチュラカ
 カラフルで安価な夏の花です。乾燥には相当強いです。
http://www.yasashi.info/ha_00021.htm
●マツバボタン
 代表的な夏の花です。
http://yasashi.info/ma_00002.htm
●リビングストンデージー
 上の3つと同じ多肉系で丈夫で乾燥に強く、華やかです。
http://yasashi.info/ri_00006.htm
●ガザニア
 我が家では西日が当たる所に植わっていますが、元気に花を咲かせます。暖地なら越冬します。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●メランポジウム
 小さなヒマワリといった感じで単植でも見栄えがします。
http://www.yasashi.info/me_00001.htm

 これらの花達は今は終りですので、売られていません。またこの時期は夏の花と冬~春の花の境目の時期ですので、花屋さんに行ってもあまりないです。中旬から下旬ぐらいに行くとパンジー、デージー、アリッサム、ノースボール、ムルチコーレなどの丈夫で花期の長い花達が店頭に並び始めます。それまでにプランターを洗って太陽光線に当てて乾かし、土と鉢底石を買って準備をしておけば、苗を一気に買って一日で準備が終わります。
 また夏にある程度楽をしたいなら
(1)西日には当てない
(2)下がコンクリやアスファルトならレンガなどで下からの熱を防ぐ
などの対策が必要です。特に夏の西日は相当強烈ですので、これにも負けずに尚且つ多年草、宿根草というのはハーブではまずありませんし、乾燥に強いものでも越冬が難しかったりすると思います。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら...続きを読む

Q四季咲きつるバラのシュート処理について教えて下さい。

四季咲きつるバラのシュート処理について教えて下さい。
昨年2月に四季咲きのつるバラ「アメリカ」の長尺大苗を購入し露地植えにしました。ベイサルシュート1本、サイドシュート3本が3m以上伸びましたので、昨年の12月にオベリスクに螺旋状に誘引しました。
今年の4月初旬からサイドシュートが3本勢いよく伸び始めたので真直ぐ上に誘引していますが、現在120~140cmほどの長さに伸び先端が2~3本に分かれ、それぞれに房状の蕾を沢山付けた状態てす。

そこで質問ですが、
(1)つるバラのシュートは、教科書通り「ピンチせずに上に上に伸ばす」というように育てていますが、四季咲き性の強いものでもこれでよろしいのでしょうか?

(2)このようにシュートの先端が箒状になった場合の処理を教えて下さい。
花がらを早めに取り、房が全部咲き終わったら分かれた枝の下でカットしようと思っていますが、これでよろしいでしょうか?

初めてのつるバラで、昨年のシュート先端はこのようにならなかったためチョット戸惑っています。
どうぞご指導下さい。

Aベストアンサー

開花枝とサイドシュートを混同 取り違えているみたいな気がする

ツルバラは シュートは 開花養成枝(幹)で 各腋芽を均一に伸ばすために なるべく水平に誘引する
が原則だとおもうが・・・

水平が斜め螺旋状に誘引された幹からでた腋芽は 花を咲かせるため 勢いを良くするために垂直に伸ばす

枝先に 角度をつけるほど生長は衰えるので ベイサルシュートは長く伸ばしたいので なるべく垂直に伸ばす
四季咲き性が強いと ベイサルシュートの先端にも花が来ることもあるだろう
普通の薔薇の場合は 花は咲かせず 1/3に切りますが ツルバラでも 花は咲かせず 少し切り 長くしたい時はそのまま1~2本の腋芽を伸ばし いるだけの長さを確保する




サイドシュート  幹から伸びた強い腋芽   

サイドシュートにばかり栄養が行くと 他の腋芽(開花枝)が貧弱 伸びなくなるから
強過ぎる腋芽は 有る程度伸びたら角度をキツめにつけて誘引すべきだろう
そうすれば枝の伸びは押さえられ さらに腋芽が伸びて それに咲くはずだ

花が咲いたのなら せっかくなので咲きおわるまで鑑賞して 花茎がでたところは切って 直に誘引
今の時期は 枝の付け根で裂けやすいので 針金などで補強してから行うといい

開花枝とサイドシュートを混同 取り違えているみたいな気がする

ツルバラは シュートは 開花養成枝(幹)で 各腋芽を均一に伸ばすために なるべく水平に誘引する
が原則だとおもうが・・・

水平が斜め螺旋状に誘引された幹からでた腋芽は 花を咲かせるため 勢いを良くするために垂直に伸ばす

枝先に 角度をつけるほど生長は衰えるので ベイサルシュートは長く伸ばしたいので なるべく垂直に伸ばす
四季咲き性が強いと ベイサルシュートの先端にも花が来ることもあるだろう
普通の薔薇の場合は 花は...続きを読む

Qつるバラ『アンジェラ』のシュートについて

大鉢でつるバラの『アンジェラ』を育てています。
現在たくさん花が咲いている状態ですが、株元から1メートルほど伸びたシュートが2本あり、それぞれ先端に蕾がたくさん付いています。(シュートはまっすぐ伸ばしています)
このシュートの蕾は咲かせてもよいのでしょうか?切った方がいいのでしょうか?

よく分からないので教えて下さい。

Aベストアンサー

種類によって多少の違いはありますが、大体1年で1~3m程度まで
シュートが伸びます。花芽はシュートの先にしか付かないので、12
月中旬から1月末までに3~4節残して切り戻しをします。
すると春には新しい新枝が出ますから、この新枝に花芽が付き開花を
します。

開花が終わった時点で、開花していた部分の枝を半分程度切り戻しを
します。これが夏の整枝です。冬は先程に書いたように冬の剪定を行
って下さい。

切る時の注意ですが、芽の上から5ミリの位置で真横に切ります。
芽に近い位置で切ると芽が乾燥して枯れてしまい、芽から離れ過ぎた
位置で切ると切り口から乾燥を生じ枝枯れを起こします。
ハサミは必ず剪定鋏を使用し、油分を良く拭き取ってから枝を潰さな
いように真横に切ります。

ツルバラの場合は開花を4回させると5回目からは新芽が出にくくな
る傾向がありますから、開花を4回終えたら根元の地際から切り戻し
して新しいツルを出させるようにします。


人気Q&Aランキング