親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

大昔の中国の映画や再現ドラマを見ますと、何千年も前には胡坐か正座のような座り方をしているようですが、
中国ではいつから椅子生活が一般的になったのですか?

また、日本人の脚が短い傾向にあるのは、椅子生活ではなかったから、
草食傾向が強く、腸が長いからだと言われますが、
韓国の歴史ドラマでは胡坐や正座をかいている映像もよく見ます。
日本人よりは肉類を食べる歴史があったようですが、野菜類も豊富に食べていた朝鮮系は、
全体的に日本人よりも脚が長い方が多いように感じます。

支離滅裂な文で申し訳ありませんが、椅子生活や食生活と脚の長さ(胴の長さ)について、
何かお分かりになる方、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

たしかに、身長との対比で世界で一番足が長いのは中国人という調査結果もありましたよね。

(ちょっと前のことなので、もしかしたら変わってるかもしれませんが)漢民族の手足が長い、ということみたいですね。これはもうすでに世界通念として定説ですよね。

民族性の差もあるんじゃないかな?と思いました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>身長との対比で世界で一番足が長いのは中国人
それは知りませんでした。
漢民族でも○○人と分かれていて、ジャッキー・チェンなんて他の香港広東人と比べて、
元は山東人なためか、顔立ちがまるで違いますけど、確かにどの方でも日本人よりは脚が長い感じですよね。
日本でも地域で民族の違いがありますが、朝鮮半島にも多少の民族差(?)のようなものがあるのでしょうか。

ちょっと違いますが、この3つの国でしたら、私は香港か澳門か台湾に産まれたかったです。
ご回答、どうもありがとうございました!

お礼日時:2006/12/13 13:13

こんにちは。



すごく自信がないのですが、私が読んだ事のある本などでは、椅子かどうかというよりも、日本における稲作の形態に、短足の原因がある、という記述がありました。

実は日本の稲作というのはすごく珍しいスタイルなんです。
腰をかがめて稲を植えていきます。これを長時間続けていると、どうしても足が長いと苦しいです。しかも長時間にわたって中腰の姿勢を続けて、しかも死ぬまでそれが続くのが近代以前の農民の姿です。
私はこれが短足の原因じゃないかと思ってます。

一方、大陸側では基本的に主食は小麦だったと思います。
さらに、日本よりも南の地域の稲作は、水田に水をはっていますが、その水田は人が立っても充分なくらいの深さです。タイやベトナムの稲作はこうしたスタイルです。

明治以前の日本は国民の大多数が農民で、稲作スタイルはずっとそれこそ弥生時代くらいから続いていると考えられます。

ちなみに椅子生活ですが、日本でも高僧などが椅子に座っている像や図(鎌倉時代)があったりします。
平安時代初期も貴族は大陸の生活様式の模倣をしていた時期があるので、椅子に座っている天皇の姿の絵が残っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

稲作と関係があるかもしれないというのも、面白いですね。
つまり稲作に適した進化(?)を遂げてきたということになるのでしょうか?
中国では、北の方は冷涼で土地が痩せている為、小麦を使った主食が多く、
土地が豊かで温暖な南の方は、米食が一般的だと聞いたことがあります。

詳しくありがとうございました!

お礼日時:2006/12/15 17:21

食生活の改善で日本人の体格も良くなる、と言われて随分の時間が経過しました。

 私は65才の男性です。 子供の頃は成人男子の平均身長が165cm前後でした。 それが21世紀に入り、172cmと7cmも伸びています。 

私には四人の子供がいます。 長女は小学生のとき、地域のミニバクケ部に入り、トレーニングをしました。 そのお陰かどうかわかりませんが、身長は180cmを遥かに越えています。 しかし、他のバスケ部の子は普通です。 特別に大きい子はいません。 

我が家の他の二人の女の子は165cm前後で、男の子は175cmと普通です。 同じ物を食べて育っても180cmの子になったり、165cmだったり。 どうしてそんなに差が出るのか不思議です。 食事の精でも、運動の精でも椅子に座るからでもない。 実に不思議です。 長女の座高は身長の半分以下です。 胴体より脚の方が長いのです。

私が高校生だった1960年当時より身長は7cm高くなっていますが、座高は2cmくらいしか違わないでしょう。 今の若い人達は脚が長く、美しいプロポーションの人が目立ちます。 先日、長野市のビッグハットで開かれたフィギュアスケート女子シングルで優勝した浅田真央さんは手足が長く、ひとつひとつの動作に華がありました。 身長は163cmと報道されており、そんなに長身というわけではありません。 しかし、均整の取れたプロポーションで、実に大きく見えました。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごいですね!
ご回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/12/15 17:18

 椅子文化と足の長さの関係は、直接的にはわかりませんでしたが、人間を含む恒温動物の手足の長さには、一般に「アレンの法則」として知られているものがあります。

同じ種類の動物なら、温暖な地域ほど、熱を逃がすために手足を含む突出部が大きくなるそうです。検索サイトで調べてみると、色々と出てきますので、調べてください。参考URLは、アレンの法則と日本人の手足の長さについて解説しています。
 中国での椅子の使用は、下記サイトの「日本の椅子文化」の3-5行目が解りやすいです。宋の時代には、一般の人も椅子が主流になったようですね
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%85%E5%AD%90

参考URL:http://www.shin-ei-corp.co.jp/lab/lab03.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
アレンの法則というのは知りませんでした。

お礼日時:2006/12/13 13:09

どうもこんちは。



肉食が足の長さに影響があったと言うのは聞いた事なかったですが。

>朝鮮系は、全体的に日本人よりも脚が長い方が多いように感じます。

気のせいでしょう(^^;
日本のTVで見掛ける在日系の人達は私には足が短い人が多いように見えるし、
3年ほど前に日本vs韓国のアメフトの試合を見に行きましたが
日本人より圧倒的に横に大きくどちらかと言えば足が短いように見えましたよ。
韓国の芸能人を見ておっしゃっているならそう言う人が芸能人になっているだけですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
質問文には書かなかったのですが、友人達と話題になったことから質問させていただきました。
芸能人ではなく「どうして韓国人って街のおばさんみたいな人も脚が長いんだろうね~」
という話になりました。
実際、街行く人のインタビューなどを見ますと、日本人よりも明らかに男性も女性も肌がきれいで、
ホクロがほとんどないのです。顔立ちは普通のおばさん、普通の若い女性なのに、シミ、ホクロがなく、
アバタのようなものも見られません。
脚も、明らかに一般的な日本人よりも長く、「何故~?」という話題になりました。

お礼日時:2006/12/13 13:04

参考意見ですけど


一緒に働いていた中国人に
「あんな小さな羽根蹴りが
得意なのにどうしてサッカーはだめなの」と
聞きましたら
「おおきなボールはだめなんだ」と
答えました。
不思議ですねえ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中国に羽根蹴りなんてあるのですか?
ご回答、どうもありがとうございました!

お礼日時:2006/12/13 13:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本人の足はなぜ短いのでしょうか。

特に、膝(すね坊主)からかかとまでの長さが短いように思います。同じ背丈の外国人と並ぶと、背丈の全体は同じなのに、膝(すね坊主)からかかとまでの長さは日本人の方が短いです。テレビのバレーボールの試合など脚全体がよく見えるスポーツで見るとよく分かります。中国人と比べても短いですし、西洋人と比べるとずっと短いです。

もちろん、個人差があるので絶対に例外なくそうだとは言えませんが、たくさんの例を見ると多くの人が短いです。

魏志倭人伝にある「倭人」の「倭」は「背が曲がってたけの低い小人」、「なよなよした人」という意味で、「倭人」も「背が曲がってたけの低い小人」、「なよなよした人」という意味だそうです。そんな昔から中国人は「日本人は中国人より小さい」と認識していたようです。

ですので、多分その頃から、(もちろん背丈全体も小さいのですが)、同じ背丈の人同士を比べると、膝(すね坊主)からかかとまでの長さは西洋人よりも中国人よりも日本人の方が短かったのだと思います。

朝鮮人と比べると、あまり差が無いように思えますが、それでも僅かに短いように感じます。

膝を折って座るから短くなったのかなとも思いますが、膝を折ることによって短くなるほど昔から膝を折っていたのでしょうか。中国にも朝鮮にもそのような生活習慣はあまりないので、昔から膝を折っていたとも考えにくいです。

それとも、短い人がたくさん日本に渡来してその人達の子孫が繁栄したのでしょうか。

なぜ日本人は脚(特に膝(すね坊主)からかかとまで)が短いのでしょうか。

特に、膝(すね坊主)からかかとまでの長さが短いように思います。同じ背丈の外国人と並ぶと、背丈の全体は同じなのに、膝(すね坊主)からかかとまでの長さは日本人の方が短いです。テレビのバレーボールの試合など脚全体がよく見えるスポーツで見るとよく分かります。中国人と比べても短いですし、西洋人と比べるとずっと短いです。

もちろん、個人差があるので絶対に例外なくそうだとは言えませんが、たくさんの例を見ると多くの人が短いです。

魏志倭人伝にある「倭人」の「倭」は「背が曲がってたけの低い...続きを読む

Aベストアンサー

>「それとも、短い人がたくさん日本に渡来してその人達の子孫が繁栄したのでしょうか。」
だと思います。

>「膝を折って座るから短くなったのかなとも思いますが、膝を折ることによって短くなるほど昔から膝を折っていたのでしょうか。中国にも朝鮮にもそのような生活習慣はあまりないので、昔から膝を折っていたとも考えにくいです。」
まず獲得形質は遺伝しません。足が長すぎて正座がしづらく生きて行けないとなれば影響しますが、膝を折り続けてもその習慣による影響は遺伝子に組み込まれません。
ちなみにシナ人(漢人)も大昔は正座をしていたといわれます。蛮族の中国支配によってシナ人は椅子の文化になりました。

私は脚の短さに合理性を求めるべきではないと思います。品種改良した犬ではないのですし。

短いヒトによる短い民族が、長いヒトを交えることなく、栄えて、今や一億人になってしまったのだと思います。

日本は異民族のDNA的征服を受けていません。60年前に進駐軍がいましたが、混血は進んでいません。南米などは混血民族ですね。脚が長いか知りませんが、南米の人の大元はモンゴロイドですが、もはや先祖はヨーロッパ系と言えるのです。日本史にも白人によって皆殺しにされるような時期があれば脚は長かったでしょう。しかしそれは混血民族であり今の日本民族とは別になります。
日本人の脚の短さは少なくとも脚の長い民族によって混血の進むような支配を受けていない証拠になるでしょう。
ですから脚の長い遺伝子が外部から入ることはなかったので日本人自らが作り出さないといけません。そのためには脚の長いヒトを配偶者に選びたがる文化が必要です。日本人は有色人種の中では異様に肌が白く見えます。白人とは原理的に(遺伝子的に)違う内容の白さだと思うのですが、日本人の白さは日本人が作り出したものだと思います。日本人が色の白いのを選ぶ傾向がなければもっと白くない肌色をしていたはずです。東北の色白美人はロシア系などという奇説もあるようですが、私の説は、東北が貧しかったせいで美人(色白)とブスとの間に厳しい運命の差があった、というものです。昭和になるくらいまでの日本は非常に閉鎖的(地域的)だったし美人は地元に残る傾向があったと思いますので、有意差が生じるというか名物化するほど色白が目立つ地域が生じたと考えます。統計的事実は知りませんが(笑)東北美人の仮定の対しては私はそのように理由付けします。
では脚の長さはというと、現代では、手足の長いのがカッコいい事になっていますが、それは石原裕次郎あたりからの戦後スタイルであって、過去においては手足の長さは(身長にも相関するでしょうが)喜ばれていなかったと思います。たぶんですが、クモやバッタのようにキモチワルイものだったでしょう。したがって色は白くても手足の短い形質が日本人にとって安心できるルックスとして支配的になったのだと思います。つまり黒くて手足の長いのは排除される短足民族の村社会だった為に長くなる芽がつまれていたのです。という傾向があったと思います。
現在は手足の長いのが好まれるので、今後は日本人も統計的に徐々に手足が長くなってくると思います。貧しくなれば民族の美人化は加速するかもしれません。
したがって生物学としては質問者さんが仮定されたように短足人間が出発点にあり、まるで伸びなかったということになると思います。生物学的事実として頼りになるのは「獲得形質は遺伝しない」という事くらいでしょう。形態に関する既出の「法則」は統計的な傾向であり(学者による後付けであり)、ヒトにとっての生物学的必然性があるものではないと個人的に思います。「同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく」となると寒冷地用に平坦な顔をしているモンゴロイドは大きくないといけません(そういうヒゲ学者を私は認めませんが)。寒い地方の白人は短足なんでしょうかね。熱の損失部位を動物的に考えれば、目鼻立ちだけではなく、足の指や耳たぶが小さくなる必要もありませんかね。私は寒さに対抗するための淘汰圧は外形よりも血管や脂肪など皮膚の構造を伴う解剖的な変異が生じるべきだと思います。骨格の違いは、非科学的にも目に付くテーマだから、隙間産業の人類学者などにとっての人文科学的着眼点になっているのであり、本物の生物学的には(機能的には)種に対して決定的な要素ではない思います。形の合理性よりも単に運命的な親の容姿の違いですね。ヨーロッパにモンゴロイドが住んで、極東に白人が住むことに生物学的な支障はないと思います。これは人類の”生物学”ではなく人類の”歴史学”ですね。日差しの強いオーストラリアに白人が生息していますが生物学的理由は求めません。歴史を考えるからです。しかし他の地域の白人が有史以前に絶滅していれば、多くの専門家がその生物学的理由を探すでしょう。生物学的理由はないのに、創れば、それは間違いです。
民族差は風土などのその土地を条件にした科学よりも、文化(選り好み)や歴史(征服)が大きくかかわってくると思います。

>「それとも、短い人がたくさん日本に渡来してその人達の子孫が繁栄したのでしょうか。」
だと思います。

>「膝を折って座るから短くなったのかなとも思いますが、膝を折ることによって短くなるほど昔から膝を折っていたのでしょうか。中国にも朝鮮にもそのような生活習慣はあまりないので、昔から膝を折っていたとも考えにくいです。」
まず獲得形質は遺伝しません。足が長すぎて正座がしづらく生きて行けないとなれば影響しますが、膝を折り続けてもその習慣による影響は遺伝子に組み込まれません。
ちなみに...続きを読む

Q戦争して良い事も有るのではないでしょうか? ネアンデルタール人や北京原人は人類です。彼らは火を使って

戦争して良い事も有るのではないでしょうか?

ネアンデルタール人や北京原人は人類です。彼らは火を使っていました。彼らがなぜ滅んだのか?現代の人類が滅ぼしたのです。

彼らを滅ぼす事で、現代の人類が有るのです。これは何も珍しい事ではありません。南北アメリカ大陸、オーストラリア大陸の原住民は絶滅寸前です。タスマニア島では絶滅しました。これらは人類の歴史では最近の事でです。

これらの事は人類の歴史にとっては、良かったと言わざるを得ません。例えば、南北アメリカ大陸に、アメリカ原住民が住んでたって、面白くもなんともないからです。

野球もバスケットボールも飛行機もコンピュータも生まれなかったでしょう。

これらが生まれたのはインディアン絶滅戦争の結果なのです。ですから、戦争して良い事もあるのではないでしょうか?

Aベストアンサー

「戦争にチャンスを与えよ」エドワード・ルトワック著
訳者による解説動画
https://www.youtube.com/watch?v=zWrVUmV1Ux4

朝鮮半島を考えると、戦争の影響には、良い事もあるかもと思う。

Q中国人の脚の長さ が、気になりました。 なぜ日本人より脚長が多いのですか?スタイルがよく、かっこいい

中国人の脚の長さ

が、気になりました。

なぜ日本人より脚長が多いのですか?スタイルがよく、かっこいいです。鼻筋も通ってます。

漢民族が主流と聞きましたのであれは、漢民族特有ですか?

また、漢民族の他にも民族があると聞いたのですが、

脚の短い中国民族も存在しているのでしょうか?

Aベストアンサー

中央アジアをお馬さんでパカパカしてた人の末裔(子孫)の遺伝子は足がながいです(その他の特殊能力として痔になりにくい)。
肩幅もでかくて戦闘民族だった頃の特徴を受け継いでいます。

しかし古代の頃は皆短足だったそうですが。

朝鮮半島を含めた中国大陸にはそのような遊牧民の血が多いらしいです(その人たちはB型とO型ですって!)

日本は海があって渡来が難しく、中々そのような遺伝子が少ないので大陸人よりちっこいのが多いです・・・(尚、モンゴルの侵略を阻んだ歴史が日本にはあるんですよ、あの強大なモンゴルを退けたのです)。

>漢民族が主流と聞きましたのであれは、漢民族特有ですか?

中央アジア人です。漢民族との混血も多いので現代では両方の遺伝子があると思いますがね。

Q北朝鮮が日本列島を核ミサイルで沈めると、公式報道で言ってます。北朝鮮はなぜそこまで暴言を吐くのか、い

北朝鮮が日本列島を核ミサイルで沈めると、公式報道で言ってます。北朝鮮はなぜそこまで暴言を吐くのか、いや、吐く事が出来るのか全く理解出来ません。今や世界から孤立し、民は飢えに苦しんでいます。北朝鮮にとっては全く利の無い行動であり、そこまでして得たいものは何なのか?
核実験とICBMの開発をやめ、今まで培ってきた技術を、原発や宇宙開発などの平和利用に注ぎ込めば、世界の国々から賞賛されるとさえ思います。
米国と戦争して勝てると、本当に思っているとしたら、井の中の蛙。
冷静かつしたたかな分析のもとに行っているのか、それとも単なる暴挙なのか?
いずれにしても理解不能です。
皆さんのご意見をお待ちしてます。

Aベストアンサー

嘘・捏造、大言壮語は、南北朝鮮人に共通の民族的資質。
議論の内容は関係なく、ただ大声で早口で居丈高に話し、相手が
何も言い返せなくなれば勝ちだとする文化。

国内では絶大な権力を振るっているのに、世界的に見れば大した
国でないと知られれば、自分の権力基盤が損なわれてしまうので、
軍事・経済力が共に世界一の米国に、喧嘩を売る事でその強さを
アピールして、且つ米国が実力行使してこないのは、弱いから・
北朝鮮を恐れているからだと精神勝利で満足しているのです。


人気Q&Aランキング