AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

去年11月に買ったばかりのバッテリーが上がってしまいました。
状況は1週間車に乗らなかったので、しょうがないと言えばしょうがないのですが・・・

1)新品バッテリーでも1週間で上がってしまうものでしょうか?
2)一応30分エンジンつけっぱ&10分ドライブで充電してきましたが、大体どのくらいで満タンになるのでしょう?(42-19L)
3)一度上がると性能が落ちて使えないと言われているようですが、買い換えるべきでしょうか?


排気量は小さい(1300)車ですが、コンポやアンプやウーハー等、
結構電気を使うモノをつけています。

アドバイスお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ご参考になると良いのですが・・・・・


私もバッテリーを購入して1ヶ月で上がってしまいました。
私の場合はテレビ・ステレオ・ライト点灯(早朝出勤と遅い帰宅)で充電よりも使用電力の方が多かったですね。
夜に車を駐車させて朝エンジンが掛かりませんでした。
バッテリーを購入した時は私の車に載せられるサイズ・最大容量の物を購入しました。(メーカー指定の2サイズ上の品/本当は駄目みたいです。)
同じ駐車場の早朝出勤の方にケーブルでエンジンを掛けさせていただきました。(あの時はありがとう)
それで休みの日にオートバックスやオートウェイブみたいなところで良い物を見つけました。
ソーラー式のバッテリー充電器です。お値段は3000~6000円で販売しております。
お値段が違うので充電バッテリー容量によりお選び下さい。

これは本当に簡単に自分で設置できバッテリーの保ちが全然違います。昼間の駐車時はなるべくお日様に当たる位置に設置して下さい。当然車も駐車位置を考えて下さい。
これを装着してから一度もバッテリー上がりは有りません。
新品から4~5年は保ちます。でも私は2回車検を受けたとき交換しました。(未だ使えたのですが・・・・・) 

ご参考になれば。。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

みなさん、回答ありがとうございます。
まとめて回答する失礼、お許し下さい。

>#1さん
発電量よりも消費が多い。>バッテリー電気量が車が動いても補えない。

その可能性はあるかもしれませんね。一応標準より一段階上のサイズを積んでるんですが・・・(^^;)



>#2さん
エンジンが掛かってる状態でチャージランプの警告点いてないですよね
車内灯 スモールランプの消し忘れ
最近 多いのはカーセキュティでのバッテリー上がり ・・・

一応すべて大丈夫なんですよね。
1週間くらいで上がらないのであれば、やはり充電<使用電力ということかなぁ?



>#3さん
商品の回転が早い店を選ぶことも大切です。

M-1のスポンサーのところの店で、地域でも一番大きな所で買ったんですけどねぇ。やはりおっしゃるとおり買ったばっかなので、買い換えるのは気が引けます。出来ることなら今のを再生させて使いたいものです。



>#4さん
長距離を乗るようになってからバッテリー上がりも無くなり今だそのバッテリーは健在です。

おっしゃるとおり短距離でかつ週末にしか乗らなかったのが、この年末年始の休みで上がってしまったのだと思います。



>#5さん
暗電流をディーラで調べてもらってください。

暗電流という言葉をはじめて聞いたので、ググッて調べてきました(^^;)
私の車も結構あるかもしれませんね。調べてもらおうかな・・・



>#6さん
ソーラー式のバッテリー充電器です。お値段は3000~6000円で販売しております。

いいものを教えていただきました。
さっそくネットで調べて6000円くらいのヤツを買おうかと迷っています。



本音を言うなら1週間で上がるようなバッテリーを作ったメーカーか、
売った店に文句の一つでも言いたい所なんですが、原因が分からないもので躊躇してしまって・・・(笑)
だって自分のせいだったらかっこ悪いですもんね。

ほんと、みなさんありがとうございました!

お礼日時:2007/01/04 21:01

アイドリング&10分程度の短距離走行では逆に電力を消費してしまいます。

オーディオやエアコンつけていたらなおさらです。
私も前のバッテリーを2回ほど上げてしまいましたが、けっこう持ちました。気になるのでしたら買い換えてもいいでしょう。
ウーハーなど消費電力の多いものを積むのであれば、載せられるサイズで容量の大きいものを探してはどうですか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答遅れて申し訳ありません。
ここ数日乗車していませんが、毎日10分づつアイドリングをしています。
とりあえず今のところは大丈夫なようです。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2007/01/08 23:00

私も2ヶ月でバッテリー上がってしまいました。


週末しか乗らなく、容量も少ないバッテリーで、スターターとセキュリティをつけています。

電装品の待機時の消費電流がどのくらいか調べてみてはどうでしょうか。

暗電流をディーラで調べてもらってください。
私は0.5Aも暗電流がありました。

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~sw-auto/aunden.html
    • good
    • 1

 エンジンが掛かっていても 車の発電機で補い切れない場合はバッテリーより


車の電装品へ供給されます 、アイドリング状態ではバッテリーは充電されない?と思いますので ドライブするたびにバッテリーを消耗させていたと 思います
 一度スタンドなどででフル充電してから
ライトを付けて アクセルを吹かしてみて ライトの明るさが変化する様でしたら バッテリーは 変えたほうが良いと思います

 同じ様な経験をして車検時バッテリーの交換を進められましたが 長距離を
乗るようになってからバッテリー上がりも無くなり今だ そのバッテリーは健在です。
    • good
    • 2

新品のバッテリーでも、長期在庫品は、ある程度放電してしまっている可能性があります。

商品の回転が早い店を選ぶことも大切です。
「30分エンジンつけっぱなし」はバッテリーを消耗させてしまう可能性が高いです。バッテリーを交換したら、ひたすら充電に心がけましょう。
ところで、1回上がったからといって、新品ですからまだまだ使えるはずです。買い替えはもったいないです。
    • good
    • 1

1週間ぐらいでは上がらないでしょう


エンジンが掛かってる状態でチャージランプの警告点いてないですよね
車内灯 スモールランプの消し忘れ
最近 多いのはカーセキュティでのバッテリー上がり
あとは#1さんと同じかな
バッテリーは性能が落ちてるかもしれないので・・
    • good
    • 1

>排気量は小さい(1300)車ですが、コンポやアンプやウーハー等、


結構電気を使うモノをつけています
>
このような状況ですと、バッテリー新品云々とかではなく、消費電力が多い可能性はあります。

発電量よりも消費が多い。>バッテリー電気量が車が動いても補えない。
コンポ等のへの常時電源接続での消費が多い。>動いていない間にどんどん消費する。
配線方法が間違っている可能性もあり。

それ以外には発電機が製品足りえる発電をしていない。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q買ったバッテリーが充電されてないことってある?

素朴な疑問なんですが、車のバッテリーってエンジン掛けずにいると放電していつかバッテリー切れになりますよね。
で今うちの車がそのような状態です。

それで店やネットで売ってるバッテリーってずっと保管されているから放電した状態だと思うんですが、商品が売れたら充電してから売るんでしょうか?

いちおうネットで買おうと思うんですが、もし充電されずに送られてきたら自分で充電しないといけないんですか?



ちなみに、うちのはトヨタ車なんですが新車で買ったときについていたバッテリーが5年持ちました。55D23Lです。
でバッテリーが上がったので店でアトラスの75D23Lを買ったら2年半で逝きました(いまここ)。
ちなみに年間走行距離3000kmほどです。

単純に55より75のほうが高性能のようですが、どのへんが75のほうが高性能なのでしょうか?

Aベストアンサー

>車のバッテリーってエンジン掛けずにいると放電していつかバッテリー切れになりますよね。

数千円のバッテリーでも、数十万円のバッテリーでも同じ症状が出ますね。
バッテリーは、常時自然放電を行なっていますから・・・。
自動車バッテリーに関しては、値段と性能は比例しません。

>店やネットで売ってるバッテリーってずっと保管されているから放電した状態だと思うんですが、商品が売れたら充電してから売るんでしょうか?

バッテリーに関して「知識を持っている店」の場合は、在庫保管の時点では(メンテナンスフリー(M/F)バッテリーを含めて)バッテリー液(希硫酸)を入れていません。
バッテリー液が入っていなければ、「プラスチックと電極のただの箱」に過ぎません。
ただの箱は、バッテリーとしての機能はゼロですから放電はしないのです。
注文を受けてから、担当者がバッテリー液を入れて「バッテリーとして初期充電」を行なうのです。
量販店の場合は、販売予測に基づいて予め決まった個数のバッテリーにバッテリー液を入れた状態で店頭に並べています。
この場合でも、注文があった時点で30分程の初期充電を行ってから引き渡します。
通販でM/Fバッテリーを購入しても、バッテリー箱とバッテリー液は別々に届きますよ。
ユーザー自らバッテリー液を入れて、バッテリー液投入口を密封します。^^;

>ネットで買おうと思うんですが、もし充電されずに送られてきたら自分で充電しないといけないんですか?

ネット業者次第ですが、多くの場合は「取り付け前に、初期充電を行なって下さい」との注意書きがあります。
自動車用バッテリーは「使った分だけ充電する」のが基本です。
ですから、基準点まで初期充電を行なった方が良いのです。
充電器を持っていない場合は、電装部品(オーディオ・エアコンなど)をOFFにしてアイドリングを30分ほど行なって下さい。
※オルタネータ(発電機)の発電量は、エンジン回転数に比例します。

>単純に55より75のほうが高性能のようですが、どのへんが75のほうが高性能なのでしょうか?

バッテリー記載の容量(と一般的に呼びますが、実際は容量では無い)数値が大きいと「高性能」と認識する方が多いです。
55D23Lも75D23Lも、同じ12Vに過ぎません。
バッテリーを水槽とすれば、55・75の数値は「ホースの太さ」と思って下さい。
ホースが太ければ、一度に大量に水が出ますよね。
質問者さまの車に付いているオルタネータ(発電機)は、水槽に水を溜めるポンプです。
このポンプの能力は、パイプ55前後に対応しています。
55のホースから出た水量は、このポンプでも充分補給する事が出来ます。
が、75のホースからでる大量の水量は、このポンプで完全補給する事は出来ません。
自動車の取説・整備手帳などには、ここまでのバッテリーは交換可能と記載があります。
仕様に合ったバッテリーを選ぶ事です。

>車のバッテリーってエンジン掛けずにいると放電していつかバッテリー切れになりますよね。

数千円のバッテリーでも、数十万円のバッテリーでも同じ症状が出ますね。
バッテリーは、常時自然放電を行なっていますから・・・。
自動車バッテリーに関しては、値段と性能は比例しません。

>店やネットで売ってるバッテリーってずっと保管されているから放電した状態だと思うんですが、商品が売れたら充電してから売るんでしょうか?

バッテリーに関して「知識を持っている店」の場合は、在庫保管の時点では(メ...続きを読む

Q自動車用バッテリー 新品で放置した場合の寿命

自動車用のバッテリーを新品で2個購入し、
片方は車に取り付け、片方は自宅保管とします。

バッテリーにも再生バッテリーや純正新品などありますが
ここは国産純正新品の10,000円前後のものとします。

自宅保管しているほうのバッテリーですが、
寿命というか有効期限はどれくらいあるものでしょうか。

使っていなくても日々劣化していっているものと思いますので
製造年月からこれ以上の期間過ぎているものは使わないほうがいい、
あるいは、
これくらいの期間以内に使い始めたほうがよいなどありましたら
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

自動車のエンジン始動用バッテリーを魚釣りのナイター(夜釣り)照明用やキャンピングのDC・ACインバーター電源などに30年以上前から利用してる者です。

その、実践的経験上からですが、バッテリーを放電し切らない(深放電させない)内に「補充電を行う」ことに心掛けてれば、エンジン始動用バッテリーでも10年程度は楽に持ちます。

なお、自動車用のバッテリーは、ご存知のように鉛蓄電池ですから「鉛電極に希硫酸の電解液が化学反応を起こすことで起電(放電)する」仕組みです。

そして、充電とは化学反応を起こした鉛電極と硫酸電解液を「電気分解することで鉛電極に付いた硫酸成分を分離させる」ことをいいます。

しかし、バッテリー電流容量の能力一杯近くまで深放電をさせてしまうと鉛電極に付いた硫酸成分が電気分解しても完全に分離しなくなり残ってしまうことを「サルフェーション」といいバッテリーの寿命を左右させますが、鉛電極に付着した部分は電気的に絶縁され電流が流れなくなるためバッテリー電流容量が著しく減少してしまうと寿命を迎えたということになります。

この、サルフェーションを起こさないように深放電になる前に補充電を適時行っていれば、10年間程度は電流容量の著しい減少はなく寿命を迎えることはありません。

但し、新品バッテリーに比べると若干の電流容量減少が認められることはやむを得ないと思います。

実際、10年以上前に購入したバッテリーが、今でも普通自動車のセルスターターを楽々と廻せるほど電流容量が残ってる元気なバッテリーを現実に自宅の物置小屋に幾つか保管されてますから、新品未使用のバッテリーなら深放電にさえ注意すれば10年程度の寿命は楽勝だと思います。

ちなみに、深放電してもサルフェーションを起こし難い鉛蓄電池として「ディープ・サイクル・バッテリー」というものがありますが、エンジン始動用バッテリーに比べると鉛電極が大型で重くなり価格も高くはなりますけど、充・放電の繰り返しが頻繁に行われる使い方をされるバッテリー式フォークリフトなどに利用されてます。

こんにちは。

自動車のエンジン始動用バッテリーを魚釣りのナイター(夜釣り)照明用やキャンピングのDC・ACインバーター電源などに30年以上前から利用してる者です。

その、実践的経験上からですが、バッテリーを放電し切らない(深放電させない)内に「補充電を行う」ことに心掛けてれば、エンジン始動用バッテリーでも10年程度は楽に持ちます。

なお、自動車用のバッテリーは、ご存知のように鉛蓄電池ですから「鉛電極に希硫酸の電解液が化学反応を起こすことで起電(放電)する」仕組みです。

そし...続きを読む

Qバッテリー交換したのですが。。。。

車のバッテリーが上がってしまったようで、充電してもらったのですがすぐダメになってしまったので、寿命かと思いバッテリーを交換しました。

ちゃんとエンジンもかかりホッとしたのですが、乗らずにそのまま放置して二週間。乗ろうとしましたらウンともスンともいいません。。。。

これは冬だからでしょうか?バッテリーを交換したばかりでこのような現象はあるものなのでしょうか?宜しくお願いします(*_*)

Aベストアンサー

こんにちは。
先ずは、他車に協力してもらってブースターケーブルで繋いでエンジンが
かかるかお試しを。

購入されたバッテリーは、適合品ですか?
バッテリーは規格があるので、変な店員にあたると適当に付けられてるかも。
適合規格は、ご愛車のメーカーのWEBページで確認できます。

【バッテリーに関して】 例 : 46B24L のバッテリー規格の場合。
(1)46・・・バッテリーの性能、ランク。
(2)B ・・・[  ] ← この長方形をバッテリーとすると、幅(たて長線)と、この  
   [  ]では表示されてない部分の高さの区分。(大きさは A<B<C となります)
(3)24・・・[  ] の長さ(横長部分)の区分。
(4)L ・・・RとLの規格に分かれます。
   ボンネットを開ると、+(手前) と - (奥) のバッテリー端子の極性の位置が
   [  ] のどちらにあるか。 L [  ] R になります。 ご愛車で確認を。

【事例】
46B24L 適合車に、40B19R の新品を取り付けても、車は走ります。
但し、不具合発生率(バッテリーがあがり易い等)が高くなります。

46B24L > 40B19R です。
40の部分は、上記(1)ご参照、適合品下の数字の物はエンジンがかかりにくい、
逆に55のように大きくすれば高性能に、とはならず46までの性能しか発揮しません。

B19の部分は、上記(2)(3)のように、見た目の大きさが違い、取り付け可能でも
運転中に段差で乗り上げた時などに、ズレたりして危険です。

Rの部分は、(4)のように 左L [  ] R右 となるので、バッテリーから繋がれている
相手の部品からコードが抜けてしまう危険があります。
L 、R でコードの長さが違います。
これに関して日産の場合、走行可能は確認済でも、安全確認はされていません。

【その他、バッテリーに関して】
・中古バッテリー
いくら充電しても元々が劣化・へたっている為、お勧めできません。

・新品バッテリー
(A)取り付け後、2週間に一度、時速50キロで10km以上走らせると、OKです。
この場合、エアコン・オーディオ等の電装品はONにしてください。
これは、バッテリーだけでなく、車自体の性能維持の為に必要です。

(B)バッテリーは放っておいても、暗電流などの影響で、勝手に放電されています。
暗電流とは、暫く運転してなくても、常時流れている電流のことです。
これは、時計・ナビ・オーディオなどの誤作動を防ぐ目的を主とし、これらは常に
電気が通っていて、メンテされています。
20~30ma(マイクロアンペア)等の単位で消費され、テスター等で測れるようです。
※すみません、今まで測定したことがないので。

(C)車を長期間走行させないと、バッテリーは放電される一方で、充電されません。
また、バッテリーの性能が発揮されなくなってきます。
週一で乗っても短い距離の繰り返しでは、充電不足になるので、たまに(A)を実行
してください。
これをしていかないと、材質の劣化が進行し充分な充電ができなくなります。
勿論、走らせるごとによる劣化もありますが、走らせないことの劣化もあるのです。
どちらかというと、あまり乗らない方が危ないです。

【その他】
新品を取り付けられて、動かなければどこかで漏電している可能性があります。
これは、ディーラーに確認された方が良いです。
漏電は、車両火災の原因になりうるので、お早めの対処を。
判断基準は、バッテリーの減り方が異常に早ければ、要注意です。

詳しいことは分かりませんが、電機は冬場に弱い傾向にあります。
身近な物で例えるなら、携帯電話の充電も冬の方が減り方が早いですね。
ウインタースポーツを趣味にしている人は、この辺りに敏感です。

ご参考になれば幸いです。

こんにちは。
先ずは、他車に協力してもらってブースターケーブルで繋いでエンジンが
かかるかお試しを。

購入されたバッテリーは、適合品ですか?
バッテリーは規格があるので、変な店員にあたると適当に付けられてるかも。
適合規格は、ご愛車のメーカーのWEBページで確認できます。

【バッテリーに関して】 例 : 46B24L のバッテリー規格の場合。
(1)46・・・バッテリーの性能、ランク。
(2)B ・・・[  ] ← この長方形をバッテリーとすると、幅(たて長線)と、この  
   [  ]では表示されて...続きを読む

Qオルタネータ故障の予兆

オルタネータ故障の予兆

10万kmを越えてオルタネータが心配になってきました。

オルタが死ぬ時は「突然」と聞きますが何か予兆はあるのでしょうか?

あれば見方(電圧?異音?)を教えてください。(月1-2回の車を動かす毎にチェックする予定です)
発電不足とオーバーチャージ それそれで。
現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

またレギュレータ故障と、ブラシ磨耗以外にも結構起こる故障はあるのでしょうか?
(この2つでほとんど、と考えて良さそうでしょうか?ブラシ磨耗が故障というのかわかりませんが、「発電できなくなる」ということで、、)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限界近くまで摩耗すると、たいていの場合は、発電したり、しなかったりの状態が暫く続くので、ときおりチャージランプが点灯するような場合は、10万kmを超している車では、ブラシの寿命を疑ってもよいでしょう。
ブラシの寿命は、2000年度以降の車はだいたい20万kmはもつのではないでしょうか。
1990年代、タクシーは年間10万km超えるので、少なくとも1年間はブラシを換えずにすむようにブラシの長さは当時から長くなっています。
一般車にも応用されています。
なお、ブラシ部に水やオイルが入ると、寿命は著しく短くなります。
エンジンルームのスチームクリーナ洗浄は要注意です。


オーバーチャージの原因の一つに、車種によっては、車両側ハーネスの不具合(接触不良)の場合があります。
この場合も、電気負荷の大小によってチャージランプが点灯したり消えたりすることがありますこと、申し添えます。

チャージランプが点灯する例としては、レクチファイア不良のケースがあります。
このケースでは発電量はかなり少なくなりますが、昼間でエアコンなしの状態では走行できます。

>現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

これは正常値です。
では、それぞれ13.0V、14.0Vなら、あるいはもう少し低い場合はどうなのか、と言えばだんだん判断できなくなりますね。
アイドリング回転数の変動、エンジンをかけてから何秒後に測定したか、バッテリ充電状態・液温などで電圧は変動するので、電圧を見て予兆をつかむのは困難だと思います。

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限...続きを読む

Qクルマに1ヶ月乗らないとバッテリーって上がるのですか?

クルマに1ヶ月ちょっと乗っていない間にバッテリーが上がってしまいました。

バッテリーは1年~1年半くらいまえに交換したものです。
けっこうハイパワーのものだと思います。
クルマは1ヶ月に1度乗るか乗らないかみたいな感じで
使ってきました。

現在の状況は、キーレスエントリーは反応してドアが開きましたが、イグニッションキーを回すと、「カタカタカタ」という音が鳴るだけで、エンジンが始動しません。

質問です。

・クルマに1ヶ月乗らないと、バッテリーは上がってしまうのでしょうか?(特に今は寒いから?)

・バッテリーの充電を、近所のガソリンスタンドでやってもらおうと思います。充電したら、これまでと同じようにこのバッテリーは使えるのでしょうか。

Aベストアンサー

バッテリーは日本語で言うと蓄電池ですよね。つまり1ヶ月に何回乗ったかはあまり関係なくて1度でも乗った時に充分、、充電できたかどうかによります。夜、雨、エアコンを使った、10分位しか乗らなかった、では蓄電するよりも放電する方が多くて、次に乗る時にセルモーターを回すだけの電力が足りない。と言う結果になります。(セルモーターを回すのにはかなりの大電力が必要)
新しいバッテリーなら1度乗った時に充分、充電出来た(昼間1時間以上乗った)状態でなら、次の1ヶ月位は充分エンジン始動できるはずです。充電出来たと思われる位乗ったのにダメになっていたとすれば、発電機に問題があるかも、あるいは発電はしているけどバッテリーまでの系統に問題があると考えられますね。一度修理工場で診断してもらう必要がありますね。

Qバッテリーが充電されない!

新品・充電済みのバッテリーをかってきて車につけました。
そのときは普通にエンジンもかかり、無事に走れたんですが、かなり長距離を走ったにもかかわらず、次回にはエンジンがかかりませんでした。ランプなどをつけても光が弱々しく、どうやらバッテリーがカラになってる様子。
ブースターケーブルを使ってとりあえずエンジンをかけることは出来るんですが、走っても充電されないみたいなので、気を抜いて回転数が下がるとすぐにエンストしてしまします。
この『バッテリーが充電されない』という症状は、何が悪くなっているのでしょうか?
出来れば修理屋さんにたのまず、自分でなんとかしたいのですが、原因がわからなくてお手上げです。
車に詳しい方、助けて下さい~。

ちなみに、車は日産のセダンです。
一応チャージランプは点灯してないみたいですが、ランプ自体壊れている、という可能性も考えられなくは……。

Aベストアンサー

まず間違いなくオルタネーターの不良でしょう。以下に点検方法を書きますので参考にしてください。

点検に入る前にベルト類に異常が無いかをまず点検します。緩みや損傷がある場合は調整または交換が必要です。以下はこれらに異常が無いことを前提にしています。

キースイッチをオン(エンジンはかけない)でシャージランプが点灯していますか?この状態でチャージランプが点灯しない状態であれば、まず最初にオルタネーター(発電機)の不良を疑ってみるべきでしょう。オルタネーターの点検には電圧計(テスターでも可)と電流計(こちらはテスターでは不可)が必要です。車種によっていくつかのタイプがありますので、代表的なタイプでの点検方法をお知らせします。まずキースイッチオフの状態で、オルタネーターのB端子(オルタネーターの後部にあるネジ式の端子で日産社の場合は白色の太い配線がつながっているはずです)にバッテリー電圧が掛かっているか、バッテリーのマイナス端子とB端子間の電圧を測定します。この端子に電圧が掛かっていない(又はバッテリー電圧よりも低い)場合は、充電用のメインヒューズが切れているか、B端子~バッテリーの+端子間の配線に問題があります。次にエンジンキーをオン(エンジンはかけない)にしてオルタネーター後部の差込端子のL端子(端子の位置はオルタネーターの形式ラベルに記載されています。)の電圧を点検し2V程度の電圧が掛かっていることを確認します。この時点でL端子の電圧がバッテリー電圧を示す場合はオルタネーターの不良です。0Vを示す場合チャージランプ回路(ランプを含む初期励磁回路)の不良が考えられます。残りのS端子(RやIG端子がある場合も同様)にバッテリー電圧が掛かっていることを確認してください。

次にエンジンを始動しB端子とバッテリーの+端子間の電圧を測定します。ほぼ0Vを示すはずですが0.5V以上の電圧差がある場合は、B端子~バッテリーの+端子間の配線に問題がある可能性があります。同様にオルタネーターのケース(アルミの部分)とバッテリーの-端子間の電圧も測定します。この電圧もほぼ0Vを示すはずですが0.5V以上の電圧を示すようであれば、オルタネーターのアース系統の配線に問題がある可能性があります。次にバッテリー端子で電圧を測定し、13.5V~15.0Vの範囲にあることを確認します。上記のテスト結果が正常で、この範囲に無い場合はオルタネーターの不良です。次にヘッドランプ、エアコンなどの負荷をかけた状態で同様のテストをします。この場合は少々エンジンの回転を上げる(1500rpm程度)必要がある車種もありますが、この状態で上記の電圧範囲に無いばあいはオルタネーターの不良でしょう。

オルタネーター自体の修理はできれば専門家に任せることをお勧めします。車両からのオルタネーターの脱着作業をご自身で行う程度にしておくほうが良いでしょう。これとても車種によっては専門家でも数時間を要するものもあります。また、配線関係のトラブルでも断線などの場合見つけ出すのは専門家でも難しい場合もありますし、端子の圧着には専用の工具が必要ですし、大きな電流が流れる回路でもありますので不完全な修理では、配線の焼損などの二次的なトラブルを生む場合もあります。

これらの点検・修理は一般の整備工場やディーラーよりも電装整備工場の得意分野ですので、そちらでの点検・修理をお勧めします。

まず間違いなくオルタネーターの不良でしょう。以下に点検方法を書きますので参考にしてください。

点検に入る前にベルト類に異常が無いかをまず点検します。緩みや損傷がある場合は調整または交換が必要です。以下はこれらに異常が無いことを前提にしています。

キースイッチをオン(エンジンはかけない)でシャージランプが点灯していますか?この状態でチャージランプが点灯しない状態であれば、まず最初にオルタネーター(発電機)の不良を疑ってみるべきでしょう。オルタネーターの点検には電圧計(テ...続きを読む

Qバッテリーを交換したのにエンジンがかかりにくい

バッテリーを交換したのにエンジンがかかりにくいので、原因はバッテリーでは無かったのではないかと考えております。
お詳しい方、考えられる原因を教えて下さい。
【自信のある方のみお願いします】

■事実関係
(1)12月27日・・・昨年、車に乗った最終日
(2) 1月 9日・・・今年、車に乗ったはじめの日
エンジンをかけると「キュルキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュ」と5秒くらいなりつづけ、「ブルンーーー」となんとかエンジンがかかりました。
その際、ライト、ルームライト等つけっぱなしではありませんでした。
半ドアでもありませんでした。
バッテリーが無いのだと思い、エンジンを切らずに修理屋でバッテリー交換をしてもらいました。
すると、エンジンはかかるようになっていました。

(3) 1月11日・・・今年、乗車2回目
バッテリー変えたので、安心して車に乗ったところ、2日前と同じように、エンジンをかけると、またもや「キュルキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュ」と5秒くらいなりつづけ、「ブルンーーー」となんとかエンジンがかかりました。
その際、ライト、ルームライト等つけっぱなしではありませんでした。
半ドアでもありませんでした。
2kmほど走りガソリンスタンドで、ガソリンを入れるためにエンジンを切りました。するとその後エンジンをかけるとすんなりと「キュルキュブルーン」とすぐにかかりました。何故でしょう?

その後、エンジンを止め、1時間くらい置いた後、再びエンジンをかけると、またもや「キュルキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュ」と5秒くらいなりつづけ、「ブルンーーー」となんとかエンジンがかかりました。

これらの状況からどういった原因が考えられるでしょうか?
よろしくお願い致します。

バッテリーを交換したのにエンジンがかかりにくいので、原因はバッテリーでは無かったのではないかと考えております。
お詳しい方、考えられる原因を教えて下さい。
【自信のある方のみお願いします】

■事実関係
(1)12月27日・・・昨年、車に乗った最終日
(2) 1月 9日・・・今年、車に乗ったはじめの日
エンジンをかけると「キュルキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュ」と5秒くらいなりつづけ、「ブルンーーー」となんとかエンジンがかかりました。
その際、ライト、ルームライト等つ...続きを読む

Aベストアンサー

 点火系か燃料系ではないでしょうか。燃料ポンプが調子悪いとかパイプ、フィルターが詰まっているとか。万一燃料漏れを起こしていたとなると危険なのでちゃんと見てもらったほうがよいかもしれません。実写を見ていないので何ともいえませんが。参考URL:のblogを読むと少し触れられています。

参考URL:http://syaken-yasan.seesaa.net/

Qバッテリーは一度あがると、あがりやすくなるって聞きましたが本当ですか?

バッテリーは一度あがると、あがりやすくなるって聞きましたが本当ですか?
理由も併せて回答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

聞いた、調べた話の総合ですが。

バッテリーが上がってすぐに充電すればとりあえず問題ないそうなのですが、
完全放電してしまった状態が長時間続くと、バッテリーの電極の硫酸鉛が
厚くなってきてしまいます。これは電流が流れている時は状態が保たれて
いるそうです。硫酸鉛は絶縁体なので、厚くなってくることにより、電気が
どんどん通りにくくなっていまいます。

上がることによってその絶縁体が厚くなり、完全に満タンにはならなくなって
しまい、結果的に上がりやすくなる、といった流れだと思います。


もっと詳しい専門的な解説は、車専門のサイトなどを覗いてみるとあるか
も知れません。

Qバッテリー上がり ジャンピングスタート後の充電走行

コンパクトカーで、丸2日室内灯を点けっぱなしで放置し、バッテリーを上げてしまいました。

救援車はあるので、ジャンピングスタートで始動しようと思うのですが、
その後、どれくらい走れば、ひとまず次回の始動は問題ないだろう
というところまで充電できますか?

バッテリーの状態によりけりなのは分かりますが、
ざっくり2~3時間なのか、いや足りない5~6時間なのか、はたまた30分も走れば充分なのか、
走らずアイドリングで置いておけば良いのか、
一般論で教えて下さい。
新車で2年目点検直後、走行16,000km、初めてのバッテリー上がりです。

Aベストアンサー

>どれくらい走れば、ひとまず次回の始動は問題ないだろうというところまで充電できますか?

他にも回答がありますが、原則「バッテリーは、エンジン始動用」です。
エンジンが始動すれば、発電機からの電気で充分賄えますからね。
じゃ、どの位走れば良いの?
発電機は、エンジン回転数で2500回転前後(一般走行)が発電量が大きい様です。
ですから、30分程度走行して下さい。
※AT車の場合は、ODをOFFにして3速で走行すればもっと効率的。
アイドリングの場合(エンジン回転数700回転前後)は、オーディオ・ナビ・空調など全てOFFにして約60分。
一番良いのは、充電器で3時間程充電する事ですが・・・。
その後、2時間程エンジンを停止。再度エンジン始動でOKでしたら、問題ありません。

>新車で2年目点検直後、走行16,000km、初めてのバッテリー上がりです。

2年程度だと、一度のバッテリー上がりでは交換の必要はありません。
もちろん、バッテリ上がり前よりも性能が若干落ちますが・・・。

Q車のバッテリーがすぐあがってしまいます。

 中古で車を購入しました。
非常に安かったのですが(車両価格1万)バッテリーが非常にあがりやすいです。
 前はエンジンを切ってしまってからもライトをつけてしまっていたのであがってしまったのですが、つけていたといっても10~20秒ぐらいです。
 そのためバッテリの持ちをよくしたいのですが、どういった物を購入したらよいのでしょうか?
 またはこのようなバッテリーがあがりやすいということを購入したところにいってなにか対処してもらった方がよいのでしょうか?
 

Aベストアンサー

バッテリーは、バッテリー液が少ない状態で長く使用していると、極板がむき出しになり、極板が劣化します。
バッテリー液(蒸留水)を補充して、充電器で充電しても、極板が劣化しているので、あがりやすくなります。(一度、あがったバッテリーは、充電しても、またあがりやすいというのは、ここから来ています。)

また、ブースターケーブルを繋いでエンジンをかけたのなら、なんの解決にもなっていません。

たぶん、この状態になっていると思いますので、バッテリーを交換しましょう。
この状態でオルタネータなどの充電装置を修理、交換しても、またバッテリーが上がりますし、バッテリーが正常で充電しない時に、充電装置を疑うのが普通です。

あと、エンジンのかかっていない時は、ライトやハザード、オーディオなどの電装品は使わない方がいいと思いますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング