親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

電源開発株式会社について中学生でも分かるように教えてください。
電源開発株式会社(以下、電発と呼ぶ)と一般電気事業(関西電力や東京電力)とはどう違うのでしょうか?詳しく教えてください。
また、電発はもともと特殊法人なのですか?今は民間になったとお聞きしたのですが、民間になってどうかわったのですか?

また、最近2007年電力小売完全自由化、発電・送電部門の分離!?などといわれていますが、電発にはどのような影響があるのでしょうか。

これから電発のすすむべき道はどこなのでしょうか?
教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まずは補足質問への解答を。


前回の内容を少し詳しくは書き直しましたが、それでも完璧に正しくはない(この難しい問題を、この限られた文章量で平易に正しく書くことは私には無理っぽいので)あらずじ程度で捉えてください。

【電力小売り自由化とは?】
日本の電力会社の特徴は、供給義務(※)を背負っており、その代わりとして地域独占が認められている、更には、発電から配電までの全ての事業が同じ会社という枠組みでまとめられている点です。

 ※供給義務
   離島および著しい山間僻地でない限り、もしくは
   需要家が電気料金の対価支払いを怠らない限り
   電気事業者は電力を供給する義務と、供給する電力
   の品質保持に勤める義務がある。

この様なところに、海外との比較で日本の電気料金が高いのではないか?という声があがり、その解決策として(主に)アメリカの電力自由化モデルが参考とされました。(アメリカ型モデルの説明は割愛)

この結果、日本の電力自由化モデルは

 ・従来、卸供給事業者は、ある一定規模以上の需要家
  に対してのみ供給が認められていましたが、将来的
  には、一般家庭も含めた「全ての需要家への供給」
  が認められそうな流れです。
 ・この際問題となるのは送電/配電設備です。
  これはアメリカでも問題となりましたが、特に配電
  設備などは、開発が進みきった現在の都市圏では
  新規事業者が自前の設備を新設することは、コスト
  対効果の面から不可能(に近い)です。
  そこで、新規発電事業者は、既存の電力会社の送電
  配電設備を、一定のリース料を支払うことで利用でき
  る制度が確立されました。(託送料ともいい、金額は
  電力量によって決まります。)
 ・既存の電力会社への供給義務は存在

という形になります。


【発電・送電部門の分離とは?】
新規発電事業者が参入しようとした場合、先に書いたように、既存電力会社は発電設備と送電設備を自社で持っているために不当に有利となるのではないか?という懸念が出てきました。
上で書いた新規参入業者が既存電力会社に支払う託送料金は、当該電力会社が算定した「自社の送電コスト」が採用されています。
つまり、「既存電力が発電部門のコストの一部まで送電コストであると主張した場合、託送料は上がってしまい、しかも、第三者からはそれを適切に指摘できない」という懸念ですね。

 ※:実際は、悪意を持ってこういうことをするのは
   まぁ無いでしょう。(安全サイドにコストを見積
   もる場合はありますが、これは電力会社が自社で
   すべてをコントロールするなら、非常の場合には
   一定の発電所を自由に起動・停止して凌ぐことも
   可能なのに、新規事業者にはこれが出来ない...
   なんて事もありますから、客観的に見ても、まぁ
   やむを得ないでしょう)

そこで、発電・送電を別の会社として、その会社の費用と収益を全て明らかにし、適正な送電コストを算出しようという考えが出てきました。 これが発・送電の分離です。


【小売り自由化の影響】
まず、確実に電力単価は低減します。
ただし、安定供給(供給義務)が確保されるかは不明。
といいますのも、既存電力は供給義務が存在する限り、どんなにコストがかかる相手(山間部、僻地)でも、料金回収不可能が予想される相手(超赤字会社)でも、需要家から求められたら送電をしなくてはなりません。
ところが、新規参入者は、相手との送電契約交渉が(料金面などで)不調に終われば、送電を拒否することができます。
すろと、「儲かる美味しい部分を新規参入者が取り、既存電力には、確実に美味しくない部分が回ってくる」ということになりますね。
ところが、既存電力は従来から「安定供給」を保持するためと、景気対策への協力として、多額の借金(各社数兆円規模)をして電力設備の充実(土木等工事の発注)を行ってきましたから、収入が少なくなると、例えば利息支払い等の面で経営が一気に悪化します。(この借金が電気料金を上げている要因とも言えますが)
つまり、「地域独占があったからこそ、いままで色々な厳しい要求にも従ったが、それを外されるなら供給義務も外してくれ」という意見が既存電力から上がっていまして、現在までは、電力各社もさほど強く要求していませんが、これも追々強くなるでしょうし、仮に供給義務が外れないと電力会社の倒産にも繋がる可能性があります。
つまり、供給義務(需要家から見たら供給して貰える権利)は風前の灯火でしょうか....?

また、コスト競争は確実に発生します。
となると、例えば石炭等は炭酸ガス排出量が多い割に発電単価が安いので、各社ともこの方式を大々的に導入するでしょうし、太陽光等の研究関連費用、新エネルギーの導入に関しても、送電事業者が取り入れる動きは遅くなるでしょう。

【発送電分離の影響】
これは上と同じ様な影響でしょう。
供給義務が送電会社に降りかかるか、発電会社に降りかかるか....ですが、仮に送電会社だけに降りかかった場合、発電会社はコストの良い発電所だけを動かせば良く、結果として電力量の不足の可能性があります。
実際、アメリカの一部でもこれに似た(これだけが原因じゃなく、他の要因も複合しました。 ただし、この要因も深刻でした)形で停電騒ぎが起きていますね。
逆に、既存電力が分離して出来た発電会社にもかかって来た場合、その会社は原子力発電の膨大なコストを負担しつつ、発電コストの良い新規発電所建設も昨今の情勢から不可能であり、一気に経営危機(供給力の不足)となる可能性があります。


長いのでまとめを。

なんというか、いくら公平に見ようとしても、これは相当危ない流れに載っています。(これは確実に断言可能)

他国と比較することは(色々な場合で)有効ですし、それ自体は否定しません。 また、既存電力各社の数年前のコストが安かったとも言えません
ただ、上で書いたような理由で電力が高コストになった面も否定できません。 そして日本の電気メニューは、実は弱者や節電をする人々には非常に手厚という事があるんですね。

 ※:例えば、普通は物を沢山一気に買えば安くなります
   よね?(缶飲料とか食料とか)
   ところが、日本の電気メニューは「使用量が少ない
   と安く、使用量が多いと高い」って変わった料金体
   系です。
   これは、オイルショックの時に「省エネを図らない
   者からはガッポリ取るべき」「電気代が負担になる
   弱者(当然、消費電力量も小さい)には優しくある
   べき」という社会要求から生まれた制度です。
   他には、全く電気代を払わなくとも、1Aの電力
   だけは供給してもらえる権利ってのも存在します。
   (定かではないですが、昔々、電気を止められて
    ロウソクで生活していたために火事になったと
    いう事例があったそうで、その防止の為に生ま
    れたと聞いています。)

で、今回の自由化の流れは、主に電力を多く使う製造業各社からの要望で出てきましたから、実は料金メニューを「多く使えば安く、少なければ高い」っていう一般常識並に改訂することでも乗り切れた可能性は存在しました。

でも、電力各社はこれをやらなかったと。
つまり、(裏には色々な理由もあるでしょうが)曲がりなりにも弱者保護の精神は守られた訳ですな。

ところが、コスト低減のために自由化(競争原理)を導入するというのは、これは破綻する可能性を何時までも引きずるでしょうし、導入の手法も相当疑問です。

 ※:例えば、アメリカの電力会社も、上で書いたのと
   同じ様な理由で多額の借金を抱えていましたが
   アメリカの自由化移行では、「その謝金は安定
   供給等にやむを得ないコストだったのだから
   それを支払うに足だけの料金的優遇措置を既存
   電力に認める」って措置がありました。
   でも、日本の自由化シナリオでは認められそう
   にないですね。

結局、今のシナリオで導入すれば、(自覚するしないは別にして)弱者が泣くか、既存電力各社が潰れるか、環境面への悪化が出るか、大規模停電が発生するか、どれか一つは避けられないだろう、下手すると2つ3つと重なるのは確実だろうって予測が成り立ちます。

まぁ、delpieroさんが就職されるときには、状況はハッキリとしていますから、当面は状況を新聞等で注目しながら、夢は夢として持ちつつも、決定するのはもう少しあとにした方が無難とも思います。
(この部分は電力で生きてきた人間としての老婆心から)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなりました。
ありがとうございました。
kennchinさんの返答はいつもすごくわかりやすいです。
私は、いつも大人の人みたいにうまく返事できないけれど、
ごめんなさい。

もう一つ聞きたいことがあります。

IPPやPPSについて、どうしても分かりません。
ほんと中学生でも分かるように教えていただけませんでしょうか?

そして、今度、電源開発の見学に参加したいと思っています。
でも、小論文が通らないと行けません。

そこで、小論文についてkenchinさんに少し手伝ってほしいと思って。

「エネルギー業界の今後」「電源開発の進む道」「電源開発の社会的役割」というキーワードを織り交ぜながら良い小論文を教えてください。参考になるHPなどもあれば教えてください。

お礼日時:2002/06/03 19:06

参考URLをweioさんが紹介してくださってますので、それを見ながら、補足程度に見ていただければ良いと思います。




以下は中学生向けに

【電発と一般電気事業者とは、どう違うか?】
電力等エネルギー事業の多くは、「国の根幹的機能」という考えから、国の認可制・免許制となっています。
その免許には大別すると三種類ありまして、

 1.一般電気事業者
   一般需要家や他電力等、誰にでも売れる免許
 2.卸電気事業者
   一般電気事業者にのみ売れる免許
 3.卸供給事業者
   ある一定以上の消費量(主に大規模工場)に限って
   供給側と需要が売買契約を締結して販売できる免許

となり、電発や日本原電は2に該当します。


【電発が民営化されてどう変わったか?】
平成9年の閣議決定を受けて民営化されました。
これで、一応は「倒産の可能性も出た」ことから、現在は自社の意志で電源の開発計画を左右させたり、海外での電力関係事業やコンサルティング事業に力を入れています。

 ※:国の大きな影響力を受けながらも、或る面では
   自らの意志を通していた既存電力会社に対して
   民営化前の原電は、より一層国の影響力が高く
   一種「国が発電所を作る」って感じでしたが
   そういう面が少なくなりつつあります。


【電力小売完全自由化はどう影響するか?】
電発の発電設備は石炭火力(海外炭)が主力なので発電コストの低減も期待でき、先行きは安心だろうという楽観論、(どちらかというと)供給力が西日本に偏っていて、この地域の影響(不況、大規模消費地が少ない等)を受けて経営が苦しくなるだろうという悲観論まで種々の予測がありまして、正確には読み切れていないでしょう。
なお、発送電の分離自体は、そう大きな影響は(既存電力に比べて)出ないでしょう。(送電部門の規模が小さいですから。)


【電発の進むべき道】
今まで、電発は「石炭火力」っていう技術の維持と、エネルギーの多様性の維持って意味が大きかったと思うんですね。
今後はそういう足かせが外れるので、一種自由にやることができますから、それと石炭火力の優位性等を活かして(経営者が決断して)動けるかどうか....。
ただ、「株主がライバル」って特殊性も出てきますが...。

極論すれば、既存電力と合流するって手も有りですね。
(ただし、両者ともに大規模な指名解雇が行われるでしょうが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 本当にありがとうございました。
電源開発のHPよりすごく分かりやすかったです。
 私はまだ、中学生で、将来土木工学を勉強して発電所などを構築してみたいと思っています(夢ですけど!!!)そのうえで、将来、電発で働きたいなって漠然と考えていました。
今回は強がってたくさんの質問をしてみましたが、でも、実は、「電力小売自由化、発電・送電部門の分離」も私にとって意味がわからないんです。もしよければ教えていただけませんか。
そして、電発について、もしくは電気業界についてなんでも良いので教えてくれればありがたいです!お願いします。

お礼日時:2002/05/06 15:18

もう見たかもしれませんが、とりあえずこういうのもあるということで。



参考URL:http://www.jpower.co.jp/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。でも、このHP難しすぎて分かりません!
だからここで質問してみたのです(笑)
でもありがとうございました。

お礼日時:2002/05/06 15:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電力会社への就職したいのですが、地方四大卒で技術職は厳しいでしょうか?

初めまして。私は現在、中国地方の国立大学に通う3年生です。
私は工学部の電気系学科に所属していて、学科では毎週1コマ電力会社から来て下さった社員の方の講義があります。その講義では発電所や管理施設の見学もあり、それがきっかけで電力会社への興味が湧き、夏休みを終えて就職を希望するようになりました。
中国電力か四国電力(地元が四国なので)の技術職を希望しています。
しかし電力会社は四大卒ではかなり難しいとウワサを見て不安になっています。旧帝大や早慶の人たちには学歴で敵わないし、私は家庭事情で大学院にも進学出来ません。さらに私は大学の成績もあまり良くないです・・。
今まで特に目標もなく留年しない程度に適当に大学生活を過ごしてきました。今は電力会社を希望していて取りあえずTOEICの勉強を始めてますが、他に何をしたら効果的なのかサッパリ分かりません。
学部卒で電力会社を目指すには何をするのが効果でしょうか?教えて頂きたいです。
というかそもそも私の様な学生が電力会社から内定をもらえる事なんてあるのでしょうか?万が一あっても出世からは遠そうですね(^^;)

初めまして。私は現在、中国地方の国立大学に通う3年生です。
私は工学部の電気系学科に所属していて、学科では毎週1コマ電力会社から来て下さった社員の方の講義があります。その講義では発電所や管理施設の見学もあり、それがきっかけで電力会社への興味が湧き、夏休みを終えて就職を希望するようになりました。
中国電力か四国電力(地元が四国なので)の技術職を希望しています。
しかし電力会社は四大卒ではかなり難しいとウワサを見て不安になっています。旧帝大や早慶の人たちには学歴で敵わないし、私...続きを読む

Aベストアンサー

中国地方に在住のメーカの技術者です。
地方での就職を希望される大学生にとって、電力会社は安定感・待遇面でも優れているため、就職希望者が多いのは事実です。中国地方の国立大学に在住されるということで、お気持ちはよく理解できます。

一般論として、よほど大量採用している企業以外の、大手のメーカーの技術職で就職しようとすると、国立大学の修士卒が条件になると思います。ただし、早慶理大は別として私立大学は若干不利になるかもしれません。
電力や地方大手メーカーでは、地元の大学との繋がりが深くなりますので、お住まいの地区の電力も近々の採用は技術系は全員が修士卒で、半数は中国地区国立大学と旧帝大の卒業生だったと聞いています。

前置き長くなりましたが、電力会社の場合、Uターン希望学生にとっては、正に就職したい会社のTOPであり、kumakkさんの言われる通り、旧帝大や早慶の人がかなりエントリーしてきます。
まだまだ未来は明るいですよ、本当に電力会社に入りたいなら、これからもっと勉強して旧帝大の大学院を目指されたらいいと思います。

頑張ってください。

中国地方に在住のメーカの技術者です。
地方での就職を希望される大学生にとって、電力会社は安定感・待遇面でも優れているため、就職希望者が多いのは事実です。中国地方の国立大学に在住されるということで、お気持ちはよく理解できます。

一般論として、よほど大量採用している企業以外の、大手のメーカーの技術職で就職しようとすると、国立大学の修士卒が条件になると思います。ただし、早慶理大は別として私立大学は若干不利になるかもしれません。
電力や地方大手メーカーでは、地元の大学との繋がり...続きを読む

Q「採用担当御中」か「採用担当様」、どちらが正しいか。

会社にエントリーシートを郵送する時、宛先が「~株式会社 採用担当宛」となっていたら、「採用担当御中」ではなくて、「採用担当様」と書いて送った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御中」は 担当部署宛 担当者不明の場合。
今回の場合は担当者がわかっているので「○○様」とします。

QJ-POWERはどうやって利益を上げている会社?

電源開発(J-POWER)という企業は、
たくさんの発電所などを保有していますが、
いまいちどういう会社なのか分かりません。

電気を電力会社に売っているのでしょうか?
でも東京電力とか各電力会社は自前の発電所がありますよね。
足りない分をJ-POWERから購入するのでしょうか?

どのようなビジネスモデルなのかを
わかりやすく解説いただきたく質問いたします。

Aベストアンサー

”ビジネスモデル”としては、既にご回答されているとおりです。
蛇足ながら、ご質問にある「自前の発電所がありますよね?」の部分へ
の回答として、以下のとおり補足させていただきます。

 戦後日本は、経済急成長で電力需要が大きく伸び、電気が不足してました。
要するに 需要>供給(発電所) の構図です。
今では考えられないほど頻繁に停電していた時代です。

これに対応できない電力会社を援助するため、国は『電源開発促進法』を施行。
“特殊法人”電源開発 を設立して、各地に発電所を建設しました。
“特殊法人”とは、国が株主の株式会社で、これが最近、“民営化”され現在(J-Power)に至ります。

電力会社も、自前の発電所を多数保有していますが
最も経済的で合理的に電気を作ることを目的としているため、
価格などの面で、J-Powerの電気を買っている ということです。

なお、「価格の安い電気を電力会社に売る」というビジネスモデルは
J-Powerに限定されたものではなく、規模の違いはあれど、他の民間会社も行っていることです。

”ビジネスモデル”としては、既にご回答されているとおりです。
蛇足ながら、ご質問にある「自前の発電所がありますよね?」の部分へ
の回答として、以下のとおり補足させていただきます。

 戦後日本は、経済急成長で電力需要が大きく伸び、電気が不足してました。
要するに 需要>供給(発電所) の構図です。
今では考えられないほど頻繁に停電していた時代です。

これに対応できない電力会社を援助するため、国は『電源開発促進法』を施行。
“特殊法人”電源開発 を設立して、各地に発電所を建設...続きを読む

Q技術系の地方上級公務員(電気職)について

こんにちは

私は大学で電気を専攻しています。
将来は地元の市役所で公務員になろうと思っています。
採用が無い年になってしまったら、院に行き次の年で受けるつもりです。


先日友人たちとその話をしたのですが、やめた方がいいと言われました。

友人曰く、土木ならともかく電気系の公務員はポストも少ないため昇進もできないし、インターネット等でよく見る平均収入よりも実際は低く、長い目で見ると民間とすごく差がつくとのことです。
ポストが少ないのも電気職の扱いが低いからとまで言っていました。

それを聞いて気持ちが揺らいでしまっています。


行政職を目指すことも考えました。しかし大学で学んだことの大半を無駄にしてしまうのもちょっと悔しいです

実際に電気は軽く見られていて昇進は遅いのか、年収は実際はどれくらいなのか、実情を知っている方教えて下さい。

Aベストアンサー

>実際に電気は軽く見られていて昇進は遅いのか、
一般的な話として、技術系の公務員というのは、そもそもポストを目指して働くような職種ではないですよ。もともと配置される職場が少ないのですから、より上のポストに就けるチャンスが少ないわけです。
ポストが欲しいなら、そもそも地方公務員にならない方がいいです。
国1を受験して、国土交通省等の技術職での採用が多い省庁で働いた方がいいんじゃないですか。

>インターネット等でよく見る平均収入よりも実際は低く、
いや、公務員の給与はもともと低いことは分かりきっているでしょう。
じゃぁ、何に魅力を感じて仕事をするかと言えば、やはり、ある程度「行政」に対して興味を持っているとか、地元が好きだからそこに住み続けたいとか、雇用が安定しているからとか、もともとそれほど高収入に興味がないとか、休暇を取りやすいとか、そういう部分でしょう。

>それを聞いて気持ちが揺らいでしまっています。
高収入が欲しい人・エリート志向が強い人は、そもそも地方公務員になってはいけません。

>行政職を目指すことも考えました。しかし大学で学んだことの大半を無駄にしてしまうのもちょっと悔しいです
仕事の内容が大学院までの専門領域と直結しないという点ですか?
それは、社会に出て仕事をすればごく一般的なことでしょう。
メーカーの研究職として就職した方にしても、大学院の内容をそのままやれてる人の方が圧倒的に少ないわけですし。
大学院までの経験が、社会で活きるわけです。
自分で考えて作業を進めていくとか、他人とコミュニケーションをとりながら問題を解決するとか、限られた時間でどのように成果を出すのかとか、そういった経験が社会で活きてくるわけです。
まぁ確かに、どうせ公務員になるなら行政職を目指した方がいいとは思いますが。

>年収は実際はどれくらいなのか、
東京都や政令市、その他の地方によってかなり変わってくると思いますが、、一般的な地方の場合、「基本給+ボーナス」だけで時間外を考えないならば、30歳以下は確実に年収500万以下だと思います。

>実際に電気は軽く見られていて昇進は遅いのか、
一般的な話として、技術系の公務員というのは、そもそもポストを目指して働くような職種ではないですよ。もともと配置される職場が少ないのですから、より上のポストに就けるチャンスが少ないわけです。
ポストが欲しいなら、そもそも地方公務員にならない方がいいです。
国1を受験して、国土交通省等の技術職での採用が多い省庁で働いた方がいいんじゃないですか。

>インターネット等でよく見る平均収入よりも実際は低く、
いや、公務員の給与はもとも...続きを読む

Q面接後、連絡が遅いのはダメのサイン?

転職活動中の女30代です。

転職活動に疲れ気味です。

先日受けたところは、書類審査に時間がかかり
1か月も返答がなかったのでダメなんだろうなーと思いながら
待っていたところ、突然、面接したいと連絡があったので
時間を作っていきました。
しかし面接後もなしのつぶてで毎日不安です。

(ちなみにそこはブラックと呼ばれるような企業ではなく、
伝統ある会社です。雰囲気はとてもよかったです。)


面接後、1週間も連絡がないのはやはり不採用でしょうか。
今まで受けた面接では、[1週間以内に連絡します] 等いわれたのに
今回は、面接中にいつまでに連絡します、という話は一切なく、
質問があれば、人材紹介会社の担当者を通してなんでも聞いて
ください、とおっしゃっていました。(直接応募ではなく、
人材紹介会社が面接のアレンジを
しているためです。)

私自身も採用にかかわったことがあり
本当にだめだこりゃ、と思った人は
すぐお断りすることが多かったのですが。こういう場合も
やる気なし、ってことでしょうか。
なんでもいいのでアドバイスやコメントいただけませんか。

お願いいたします。

転職活動中の女30代です。

転職活動に疲れ気味です。

先日受けたところは、書類審査に時間がかかり
1か月も返答がなかったのでダメなんだろうなーと思いながら
待っていたところ、突然、面接したいと連絡があったので
時間を作っていきました。
しかし面接後もなしのつぶてで毎日不安です。

(ちなみにそこはブラックと呼ばれるような企業ではなく、
伝統ある会社です。雰囲気はとてもよかったです。)


面接後、1週間も連絡がないのはやはり不採用でしょうか。
今まで受けた面接では、[1週間以内に連絡...続きを読む

Aベストアンサー

採用を担当されたことがあれば、おわかりでしょう。

人材は生ものだから、内定でも不採用でもさっさと決めなければなりませんね。
トマっている蝶をつかまえていなければ他の家の葉にいかれてしまいます。
だから採用を決定したら極力早めに動く必要がある。

断りは郵便で出し、内定は電話でお知らせするのが多いのはそのせいですよね。
不採用を極力早くお知らせする意義は会社にとっては何もありません。蝶が逃げてもいいから。
あなた言われるようにトンデモ野郎の場合は門前払いだから早くだすことはありますけど。
だから、連絡が遅いと不採用かと疑われるのは自然です。

でも、無意味に返事を遅らせることはない。あなたが担当していた時もそのはずです。

では、内定なのに返事をしばらく待っていたのはどういう場合だったか、思いだして下さい。
受け入れセクションの準備の問題ではありませんでしたか。
こういう場合、直接訊かれてもお返事できませんね。

ラブレターの返事を待つような感覚では神経を痛めます。

もし紹介会社が間に入っておられるなら、そこに相談して、ダメだったときの次の手を相談されておいたほうが精神衛生にはよいと思いますよ。

採用を担当されたことがあれば、おわかりでしょう。

人材は生ものだから、内定でも不採用でもさっさと決めなければなりませんね。
トマっている蝶をつかまえていなければ他の家の葉にいかれてしまいます。
だから採用を決定したら極力早めに動く必要がある。

断りは郵便で出し、内定は電話でお知らせするのが多いのはそのせいですよね。
不採用を極力早くお知らせする意義は会社にとっては何もありません。蝶が逃げてもいいから。
あなた言われるようにトンデモ野郎の場合は門前払いだから早くだすことはありま...続きを読む


人気Q&Aランキング