プロが教えるわが家の防犯対策術!

お寺さんに聞いても曖昧な返事しか有りません。
祖父の50回忌を単独で行うにあたりお供えの「のし」をどうするか悩んでいます。
私達の地域では「付茶」と言って親族がお供えして参会者に渡す物が有ります。金封とお菓子等をお供えとして持参されます。
紅白と黄白とどちらにするか悩んでいます。
経験された方か住職さんのお返事をお願いします。

A 回答 (2件)

 五十回忌を「弔い上げ」と言ったり,「先祖代々の仲間に入られる」と言ったりしますね。

五十回忌の次は百回忌ですから,次の法事の時には,故人を知っている人がいなくなるので,最後の年忌法要とされる場合があるようです。所によっては三十三回忌を最後の年忌法要とされていることもあるそうです。
 五十回忌の法事ができるということは,その家も子孫も繁栄している証しのようなもので,めでたいことです。
 さて,五十回忌法要の際に紅白の水引を用いられる地域もあるとは聞いていますが,昨年,祖母の五十回忌の際には,私どもは黄白にしました。
    • good
    • 22
この回答へのお礼

やはり黄白が無難ですね。
有難う御座いました。

お礼日時:2007/01/29 09:47

紅白を使うところもありますが、黄白が無難です。



http://www5f.biglobe.ne.jp/~koushouji_gikuu/situ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難う御座いました。
黄白でする方が無難みたいです。

お礼日時:2007/01/29 09:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!