電子書籍の厳選無料作品が豊富!

昨年夏、個人経営のエステサロンと100万円の契約を結びました。
でも私はそのとき大学生、夏の短期アルバイトをしていました。
それでも融資してもらえるとのことで年収を多めに書いて(サロンの人のアドヴァイス額)書類手続きをしました。
つきに3万円。
しかし、同、昨年9月に妊娠がわかり学生結婚の末、5月に出産しました。
生活は消して楽ではなく、エステなどに行く余裕などなく
結果的に、契約を取りやめたいと思っています。
でもん、サロンと支払いをしている会社は別みたいだし
サロンの人に相談しにくいし・・・

もともとそのサロンも地下街で買い物をしているときに
男性に声をかけられ、アンケートに答えて
今夜、プレゼントの抽選があって
連絡先教えてくれれば、当選後連絡できるといわれ
その場で携帯電話の番号を教えました。
その夜早速電話があり、サロンのコースが
安価で受けられるとのことで、私もうれしくなり
行った最後に、説得の末、契約を交わしました。

今から考えると必要のない契約であると考えていますし
利用額をもっと使うようにすすめられるし
最新の機械や、マッサージの効能もあまり信用できないし・・・
これから支払能力がないため契約解除したいことを
どうやって話そうか迷っているし
可能なのかも分からないので
どなたかアドヴァイスお願いします。

A 回答 (2件)

#1の回答のように、長期にわたるエステサロンの契約は「訪問販売等に関する法律」の改正により、解約料を支払えば中途解約ができるようになりました。


ただ、解約料がかなり高くなるようです。
詳細は、参考urlをご覧ください。

一度、消費者センターに相談されるとよろしいでしょう。

相談先の電話番号は、下記のページをご覧ください。http://www.ddart.co.jp/shouhisha/shouhisha.html

参考URL:http://www.gifu-consumer.or.jp/consults/c-0007.h …
    • good
    • 0

長期にわたるエステサロンの契約は継続的役務取引といい、「訪問販売等に


関する法律」の改正を受け、一定の損料を払えば中途解約ができるようになりました。国民生活センターに相談してみましょう。

参考URL:http://www.kokusen.go.jp/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!