介護休暇について、取れるのでしょうが、私の会社には介護休暇の規程がありません。どうしたら、取れますか。手続きの方法等教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「介護休業」についてですが、現在、全ての事業所で介護休業制度を導入しなければいけないはずです。

(平成11年の4月からだったと思いますが)その意味では受けることができるでしょう。

もし、会社に規定が必要ならば、最寄の労働基準監督署(省庁再編で名前が変わったかも・・・)やハローワークでも冊子を作っていました。相談されてはいかがですか。
労働省のホームページにものっていましたので、参考URLをどうぞ。

ただ、個人的に思ったことですが、会社とはお話されているのですか?
やはり、kyaezawaさんの言われるように、会社の担当者に相談されることが必要かと思います。
会社には正当な理由により請求を拒んだり、変更するともできるようです。
(無条件にではないと思いますが)

会社の理解を得て、休業を認めてもらえたら良いですね。

参考URL:http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/josei/hourei …
    • good
    • 0

会社に規定がないのでしたら、会社の担当者や上司に聞かれるのが一番早いのではないでしょうか。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q男性で育児休暇をとることに賛成?反対?実際に男性で育児休暇をとっている方などの意見をお願いします!

皆さんは男性の育児休暇に反対?賛成?どちらですか?
今、私は学校の研究テーマでこの事について考えています。
男性の育児休暇というのはまだまだ認められてない所が多いですが、育児を男性がするというというのはあってもいいことだと思ってます。
今までの日本が男性は仕事、女性は育児という固定観念があるから男性で育児休暇をとる事に違和感があるのだと思ってます。
皆さんの意見を聞かせて下さい!!

Aベストアンサー

総論賛成、各論反対です。
育児のために必要があれば、男性が休暇を取ってもまったく不思議ではないし、現に私は「休暇」をとりました。
出産から産院(お産婆さんの自宅)を退院するまでは、会社帰りに様子を見に出かけ、退院して、床上げするまでの二週間ほどの期間、休暇をとりました。
会社では当時、このような行動を取るものは珍しかったので、理解は得られませんでしたが、自分の家族の健康のためには引き下がれないので、周囲の白い目は気にせずに、しっかりと休みました。
自分の仕事に自信があったので、「暴挙」に出られたのだと思います。
長期間に渡り、計画を練り上げるプロジェクト要員だったので、極端なことを言えば、仕事さえ終わせられば、どこにいようが何をしていようがそれほどとやかく言われない立場だったから、可能になったのだと思います。
後にも先にも、私以外で育児のために長期休暇をとったものの話は聞きません。
長期休暇をとるために、前年から休暇に余裕を持たせておくことも怠りませんでした。
会社で万人に許された権利である、『休暇』の範囲ならば、正当な権利として要求しても何も無理が生じない土台を作っておいたわけです。

さて、反対の各論です。
今申し上げたことの逆に、しっかり通常の休暇をとっておきながら、「育児」を錦の御旗にして会社に迷惑をかけて「育児休暇」をとることには、反対です。
自分勝手な、「サラリーマン」の取る行動だと思います。
経営者の身になって、自分の行動を見ることなく、自分の都合だけを優先していることの表れだと思うからです。

つぎに、父親は母親の代わりはできない。という側面からの反対です。
父親は出産できません。母乳も与えられません。天から育児の才能を基本的に授けられていません。
授けられているのは母親です。
母親が、育児困難な避けがたい状況がある場合は別として、仕事のため、ライフスタイル、経済的な理由、などで母親が働き、父親が育児休暇を取ることは、自分勝手なエゴだと思います。
子供の生育環境にとって、本来何物にも変えがたい母親という存在を取り上げてまで、実現しなければならないものがあるとは思えません。
子供を生んだら、万難を排して子育てに全力投球するべきだと思っているからです。
「米百俵の精神」にあるように、子供の教育、養育は社会としての最重要課題だと思っています。
その重要課題の当事者である『親』が、自分の都合を優先させて育児の条件をそれに合わせようとすること自体が「エゴ」だと申し上げたいと思います。
古い考え方だと非難されそうですが、私は新しい視点で母親の育児能力に注目しているのです。母性本能に望みを託しているのです。
説明が長くなりますので、この辺で切り上げます。
私の人生観、社会観、人類観については、過去の回答を参照していただきたいと思います。
一般社会で通用している概念とは別の次元で人間社会の問題点に迫ろうと努力していますので、研究テーマとして調査されているのなら是非参考にしてください。
そして、多いに議論の対象にしてください。

総論賛成、各論反対です。
育児のために必要があれば、男性が休暇を取ってもまったく不思議ではないし、現に私は「休暇」をとりました。
出産から産院(お産婆さんの自宅)を退院するまでは、会社帰りに様子を見に出かけ、退院して、床上げするまでの二週間ほどの期間、休暇をとりました。
会社では当時、このような行動を取るものは珍しかったので、理解は得られませんでしたが、自分の家族の健康のためには引き下がれないので、周囲の白い目は気にせずに、しっかりと休みました。
自分の仕事に自信があった...続きを読む

Q外国人の介護福祉士等の候補生について

こんにちは。
候補生の専門知識についてではなく、語学に関しては日本語の読み書きどころか殆どゼロからのスタートのようですね?
候補生の人達の今後の取り組み方次第だという事は当然なのですが、私が感じるのは日本の介護現場の人手不足に利用しているにしか見えないんですよね?
昔の中南米等への移民された方々の問題とダブって捕らえてしまうのは、私だけでしょうか?
皆さんの御意見をお聞かせください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も同じような危惧を抱いています。
今次の景気後退に際して外国人労働者の切り捨て問題が
大きな問題となっています。
(国へ帰るお金もないという惨状も)

自動車産業などで働くのとは大きく異なります。
看護士という高度な専門知識の試験に合格しなければなりません。
母国語でも看護士は難しい試験なのに大丈夫?、という
疑問を持たない方がむしろおかしいのではないでしょうか?
(疑問を持たない人へ、すみませ~~ん)

日本人は普段何気なく漢字を使っていますが
外国人になったつもりで漢字というものをもう一度見直した場合、
極めて複雑なグリフに気がつきます。
日本通で日本語がペラペラの方でも漢字憶えてみますか?
と聞くとにっこり笑って、ノー,サンキューです。
今想定されている制度では合格率は極めて低いと
当然予測されます。
不合格だからといって、お帰り下さいでは
やはり一時的に利用するだけの制度ではないか、
そのような疑問が起こって当然でしょう。

話は少し離れますが、食料も、資源も、エネルギーも
現在ほとんど輸入です。
この上、人も外国人に頼る、
こんなことをしていて大丈夫なのでしょうかね?
(おろかな人間の素朴な疑問です。お許しを、、、)

私も同じような危惧を抱いています。
今次の景気後退に際して外国人労働者の切り捨て問題が
大きな問題となっています。
(国へ帰るお金もないという惨状も)

自動車産業などで働くのとは大きく異なります。
看護士という高度な専門知識の試験に合格しなければなりません。
母国語でも看護士は難しい試験なのに大丈夫?、という
疑問を持たない方がむしろおかしいのではないでしょうか?
(疑問を持たない人へ、すみませ~~ん)

日本人は普段何気なく漢字を使っていますが
外国人になったつもりで...続きを読む

Q会社に出勤を強要され死亡した場合どうしたらよいのでしょうか?

弟の友人の父親が亡くなり、一昨日、お通夜だったのですが、そこで弟が信じられない話を聞いてきました。

そのお父様は12月1日の朝、インフルエンザによる体調不良のようなので休ませて欲しい、と会社に電話したところ、仕事の忙しさを理由に認めてもらえず、仕方なく出社したのですが、その日、会社のトイレで倒れてしまい病院に運ばれ、12月2日に亡くなってしまったそうです。

どうやら弟の友人がかかっていたインフルエンザが、父親にうつったようなのです。その子はまだ中学生なのですが、責任を感じ、とても落ち込んでおり、お母様も突然の悲劇に打ちひしがれ、途方にくれているようです。

出勤を強要した会社に責任を取ってもらうためには、この場合、どういった手続きをとれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

責任、というものが法的意味を指すならば、少なからず面倒な事態ですね。こういったケースはおおむね、民事で争われるのでしょうが、いかんせん「会社が出社を強制した事実」を証明するのが難しい…。過労死の認定基準に入るかどうかも微妙なところがありますし、会社側との雇用契約の内容(休暇・有給などの取り扱い)も見てみないとよくわかりませんが…。とりあえず、彼が会社側に強制的に出社を要求された事実を示す証言をできるだけ収集してください。時間とともに記憶や証拠は薄れるものです。初動の遅れがこういったケースでは致命的です。彼の同僚でもいいです。当日彼の体調が明らかに悪かったことを示す証言を記憶媒体を使って残しておくこともおそらく後に役立つでしょう。最近は小型の録音機材もありますし、気は引けますが今のうちにやれることはやっておくべきでしょう。後になって「気づかなかった」「そういった事実はわれわれの方では確認できなかった」と主張する厚顔無恥な連中は悲しいことに意外と多いものです。
時期も時期ですし、先立つものも入用でしょう。まずは無料法律相談所で相談を受けることをお勧めいたします。参考URLに入れときますので。
長文で、失礼を。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/amano/matsuo/oh/00law/sinkijun.htm,http://www.houterasu.or.jp/

責任、というものが法的意味を指すならば、少なからず面倒な事態ですね。こういったケースはおおむね、民事で争われるのでしょうが、いかんせん「会社が出社を強制した事実」を証明するのが難しい…。過労死の認定基準に入るかどうかも微妙なところがありますし、会社側との雇用契約の内容(休暇・有給などの取り扱い)も見てみないとよくわかりませんが…。とりあえず、彼が会社側に強制的に出社を要求された事実を示す証言をできるだけ収集してください。時間とともに記憶や証拠は薄れるものです。初動の遅れがこ...続きを読む

Q私は52歳で自動車会社へ入社して時の課長が入社3年後に退職しました。私

私は52歳で自動車会社へ入社して時の課長が入社3年後に退職しました。私はその課長グループで
研究していてので大変お世話になり退職後も交流があります。 毎月ランチしながら交流して.時
にはお酒の交流もありました。 その課長さんは身内が少なく子供はいません。嫁さんとアパートで
二人暮らしです。 嫁さんは癌で他界し等々課長は一人暮らしになりました。私は何時もと同様
毎月ランチして課長の健康状態を見てました。70歳になりエレベーターが無い4階アパートで高齢に
なり転倒が度々あり市役所へ相談したところ結果は役立たずで本人で安全なアパートを探して下さい
とのことです。次第に時間が経過して86歳になっても何時も通りランチしてました。 そして私は
本人に年金も多いので.一人暮らしは危険なので前々から進めてましたが.86歳になりようやく
施設へ入る決心をしました。公の施設は何処も何時入れるかわからないほど待ってる人がいて.取り合えず市役所へ相談したら施設の紹介だけでコンタクトは自分でして下さいでした。 一件10人待ちで少なく
入れそうな施設があったので説明を受けた所.保証人と本人が亡くなった時の引受人との面接が必要
ですと言われ.課長が借りていた市営アパートの保証人しか身内がいないので課長から見るとと姪に
なります人に施設の保証人.引き取り人をお願いしたら断りでした。 後は私の知識内はNPOに頼む
しかないと思い相談したらOKになり最終的身元引き受けまでNPOに頼むことで課長は施設へ入り良かった
と思いますが。私と課長の関係が突然溝が入ってしまいました。 施設へ入ってからも毎月行ってましたが.課長は今後来なくても言いと言い出し突然絶縁です。 今年正月に会いに行こうと思い電話をしたら
何も困ってないので来なくて良いとのことです。 なぜ30年近くの交流が突然絶縁になったのか私は
不満ですね。 その施設もナイスタイミングでNPOに登録したら今直ぐに入れる施設があるので見学
しますか? と言われ早速NPO手続きをして施設見学をして課長本人がお気に入りで即答して入居することになりました。本人の年金は26万円/月で施設は三食付きの老人アパートです。 12万円/月です。
役所は全く動きません。役に立ちません。 なぜ突然来なくて良いのかわかりません。私が課長に聞いた
ところ何もかも間に合っているとのコメントです。 だったら施設へ入るまでの30年のランチはなぜ
お供したのかなぁ?

私は52歳で自動車会社へ入社して時の課長が入社3年後に退職しました。私はその課長グループで
研究していてので大変お世話になり退職後も交流があります。 毎月ランチしながら交流して.時
にはお酒の交流もありました。 その課長さんは身内が少なく子供はいません。嫁さんとアパートで
二人暮らしです。 嫁さんは癌で他界し等々課長は一人暮らしになりました。私は何時もと同様
毎月ランチして課長の健康状態を見てました。70歳になりエレベーターが無い4階アパートで高齢に
なり転倒が度々あり市役所へ相談し...続きを読む

Aベストアンサー

86歳の人が在職中は、自動車会社は絶頂期でした。
課長の退職金はもちろん年金も、厚生年金、企業年金あなたが書いた額の少なくみても数倍です。市営アパートは、年収が多すぎて入居出来ません。
退職後の生活も会社の庶務課か厚生課で相談に乗っています。

Q有給休暇が付いているのに会社側から知らせてもらえないのは違反ですか?

有給休暇が付いているのに会社側から知らせてもらえないのは違反ですか?

私は、アルバイトなので有給休暇がつくとは思っていませんでしたが、他の課の人と会話する機会があって、その課のアルバトの人は有給の日数を教えてもらっていて使用もされていました。
私も総務に連絡したら有給がついていました。でも私のように知らない人は知らないままです。
退職時に使えるのに知らなかった人は使えず退職されています。
これは、違反でしょうか?
違反だとしたら、どこに言えば、会社側の違反を知らせる事ができるのでしょうか?

また知った時点で上司に使用願いを申し出た所、常識の範囲で使いなさい・・・と言われました。
我社はどこの課も人材不足です。有給など使える立場でないのはわかりますが、当方が折れるべきでしょうか?使用方法は病気休暇、家族の病気介護、旅行・・・などで使用して下さい。とは言われましたが、人材不足と知っていて使うのは常識はずれなのでしょうか?規定だから・・・とつっぱねて使用願いを提出し使用する人の方が正しいのでしょうか?
会社や回りの人たちの事を考えて我慢する人と権利を利用する人とでは、どちらが正しいのでしょうか?

文章がわかりにくいかもしれませんが、詳しい方、教えていただけると幸いです。宜しくお願い致します。

有給休暇が付いているのに会社側から知らせてもらえないのは違反ですか?

私は、アルバイトなので有給休暇がつくとは思っていませんでしたが、他の課の人と会話する機会があって、その課のアルバトの人は有給の日数を教えてもらっていて使用もされていました。
私も総務に連絡したら有給がついていました。でも私のように知らない人は知らないままです。
退職時に使えるのに知らなかった人は使えず退職されています。
これは、違反でしょうか?
違反だとしたら、どこに言えば、会社側の違反を知らせる事が...続きを読む

Aベストアンサー

1.有給休暇は「付与しなければならない」とはありますが、
  「知らせなければならない」とはなっていないので、
  伝える義務はありません。
  自由に聞く事が出来る以上、何の法律にも違反していません。
  労働者の権利なので、権利は自分で守ってください。

2.使用に当たっては、常識で判断してください。
  「会社や回りの人たちの事を考えて我慢する人」も
  「権利を利用する人」も両方正しいです。
  結果として「我慢する人」は出世したり会社で重きを置かれるようになる人です。
  対して「権利を利用する人」は「それだけの人」になりがちです。
  どちらを選ぶかは自己判断です。

アルバイトであるか正社員であるかどうかには関係がありません。
会社/企業を構成する為の人員としての心構えの問題です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報