システムメンテナンスのお知らせ

外務省の大使の序列について質問します。
よく聞くのが序列のNO1がアメリカ大使で、NO2がイギリス大使だということを聞きますが、それ以下はどうなっているのでしょうか?

また、事務次官になる人は、アメリカ大使を経験している人が
なることが多いのでしょうか?教えてください。

gooドクター

A 回答 (1件)

>また、事務次官になる人は、アメリカ大使を経験している人がなることが多いのでしょうか?教えてください。



逆です。
事務次官経験者が駐アメリカ大使になることが多いのです。
現在の加藤良三駐米大使は、次官経験者ではありません。元外相の田中真紀子衆議院議員が起こした混乱の結果、次官を経ずして駐米大使になりましたが、これは例外です。
その他の例外としては、現国際司法裁判所判事の小和田氏(雅子妃殿下の父君)は、次官経験者ですが駐米大使にならず、国連代表部大使になっています。
次官から駐独大使になった外交官もいますが、これも例外。
外務省と法務省の場合、次官が出世双六の最終ポストではないのです。
外務省の場合、基本的に駐米大使。
法務省の場合は、検事総長が最終ポストです。
    • good
    • 9

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング