グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

不動産関係の求人に関して質問があります。
業界にお詳しい方、お教えいただきたくお願い致します。

よく不動産仲介の求人に「完全反響営業」や、「反響営業」って記載を見受けます。「当社は月間★★★万円の広告費を使って集客率抜群!」「効率的な営業が可能!」みたいな感じで月間に担当者一人当たり、平均★★人を担当していただきますみたいな広告。また、飛び込みは一切無し!とか。

実際は、実態としてどうなのでしょうか??求人広告上の建前?
本当に完全な受身の営業で会社が成り立つのでしょうか??

新聞やポストに沢山入っている不動産のチラシなんて、そのままゴミ箱行きの現状が多いのではないでしょうか?
業界の実態はどうでしょうか?

また、仲介営業と、注文住宅営業や建売戸建住宅の販売や、マンションの販売はどのような営業に違いが有るのでしょうか?
お詳しい方お教え下さい。お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

なかなか回答がつかないようですので、私が知っている範囲で宜しければ参考にどうぞ。



以前、私が不動産関連の会社(アパート・マンションの仲介がメイン)に勤めていた時は(といっても私は仲介営業とは違う部署で勤務していたので詳細は分かりませんが・・・)、結構反響の電話は入っていましたよ。

ですから、反響だけでも成り立つ場合もあるのではないかなと思います。
ただし、私が勤めていたのは一般には知名度がある会社でしたので、その影響も大きかったかもしれません。
ですから、全ての不動産業者がこのように、たくさん反響があるかどうかは、私も実情は分かりませんので、その点はご注意下さい。

参考までに書いておくと、不動産情報誌を見たお客様、そして建物に掲示してある問合せ先をみて直接かけてこられたお客様がメインでした。
また、こちらで以前仲介した入居者の方から、引っ越すことになったので、また新しい物件を紹介して欲しいと依頼されることもよくありましたよ。

あと少し補足しておくと、物件を探しているお客様については、反響営業であっても、アパートやマンションの家主さんや管理会社に、お宅の物件を仲介させて下さいとお願いに行く場合もありますが、これは飛び込み営業になる場合も多いので、こういう営業活動も含めると、全て受身の営業ばかりとは限らないかもしれません。
(でも、飛び込みで大家さんを回るといっても、大家さんだって出来るだけ入居率は上げたいでしょうから、特別邪険にされる事もないでしょうから、そうご心配の必要はないのでは?と思いますけどね。)

そして、仲介営業と戸建住宅・マンションの販売の違いですが、仲介営業の場合は、お客さんが自分から進んで電話したり来店してくれますが、住宅・マンションは自分から積極的に売り込んでいくことが必要だと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

natto5338さま、書込み頂きまして感謝いたします。
大手の会社でしたら確かに「完全反響営業」でも成り立つのかもしれませんね。
求人広告に、「完全反響営業」とか、「飛び込み一切無し」との記載があるのは、「賃貸の仲介」より「売買の仲介」に多いように見受けられます。
賃貸にせよ、仲介にせよ、やっぱり大手でもなければ完全に受身な営業では難しいですよね。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/26 04:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産会社の人って怖いですか?女性が働くのって・・

 私は現在41歳、女性です。 小さな建設会社で事務をしています。今の会社は個人会社で、社長は高齢で後継者もいないため、いつまで続くかわかりません。
 宅地建物取引士の資格を取って、不動産関係の会社に入りたいと他の人に言うと、怖い人ばかりだからやめたほうがいい、と言われました。
 でも、私は母子家庭で自分で食べていかなくてはならなので、就職率のいい資格を取って、しっかりやらなくては、と思うのです。
 不動産関係の方、正直どうですか? 私にとっては一生に一度の大きな買い物である、家を売ったり買ったりすることに携わる仕事には魅力を感じます。 販売士2級の資格は持っていて、販売の仕事も長く続いたことがあります。皆さん宜しくお願いします。

Aベストアンサー

当方41歳、宅建主任者、不動産業界20年弱。
同じ年という親近感からざっくばらんな話を。

宅建主任資格は不動産業界では車の普通免許のようなもの。
不動産業界に限らないが、募集広告に「要普通免」とよく書いてあるでしょう?
それと似たようなものと考えるといい。
とはいえ、主任者資格がなくても不動産営業はできるので、主任者資格よりも車の免許の方が重要だと思う。
都心の業者を除いて、ほとんどの不動産屋はお客さんを車で案内するから。
ペーパードライバーは難しいけど。

余談だけど、インターネット求人サイト(DUDAとか)に登録すると、宅建主任者資格者へメールが結構来る。
一斉送信だから何ってコトもないが、無資格者には届かないのだから、考えようによっては資格保持はメリットだ。
採用されるかどうかは別だろうけれど。
こういう意味では宅建資格はないよりはマシなので、1年間勉強して来年10月の試験を受けてみてもいいと思う。(今年の試験はおとといだっけ? 終わったんだよね)

また、不動産会社の従業者なら宅建資格試験の5点免除の講習会を受講できるので、本当に不動産業界を考えるのであれば、どこでもいいからまずは不動産会社へ入るのも手だ。
資格を取ったら転職してもいいだろうし、そのままその会社で働いてもいいだろう。
宅建主任者資格手当で3000~5000円くらいつく会社も多い。


不動産業界は細かな業種に分かれているが、全般的に言えるのは、大手どころでは41歳業界未経験者の正社員採用はまずナイ。
採用は主に経験者だし、それでも契約社員扱い。
中小企業になると思う。

しかし、中小企業だと未経験41歳を持てあますと思う。
新人研修制度のないところも多いだろうし、街の不動産屋の社長では未経験者にイチから教えるなどまずできないと思う。
募集広告見ても、営業を使い捨てるような会社(=入れ替わりが多い)が目立つし。


不動産業界は、女性の営業職がそもそも難しい。
優秀な女性営業さんもいるが、彼女たちは中身が男みたいだったり、異様なほど押しが強いとか、ある意味天性の素質持ち。
業界が男性上位なところもあるが、どちらかというと、論理的に説明することにおいては女性は苦手な人が多いことが影響している。
端的に言えば、「共感させる」事が得意でも、「納得させられない」事が多いのだ。
一晩寝るとお客さんの盛り上がった気持ちがリセットされてしまうので、共感では買わない。
エンドユーザー相手の売買では難しい。
買う場合の最終決定権者は奥さんということが多いのだが、奥さん(女性)目線で女性営業というのはあまり頼りがいがないと見えるらしい。


それでも女性営業職は賃貸だと意外と伸びる。
共感とか親しみやすさとか、女性らしいソフトな営業が好まれるからだ。
若い女性の初めての一人暮らしなどの担当では圧倒的に女性営業が強い。
ただ、給料は安い。
賃貸専門の有名不動産会社の営業マンがみんな20代から30代前半という理由は、仕事が厳しいからだけではない。
基本給15~17万で歩合が1件2,000円とか聞いた事があるな。
歩合の多い春先でも月給25万がいいところで、年収300~350万くらいだとか。

まあ売買の営業では売れなかったら月給10万とか、それでは食っていけないし、2~3ヶ月でクビか退職に追いやられる。
基本給高めの賃貸の方が安定はするかも知れない。
売買に比べれば契約はとんでもなく楽だし。


質問者は販売の経験が長いそうなので、売り込みに自信があるようなら、売買の方向で考えてみてもいいと思う。
営業一人でこなせる契約件数は時間的に限られているので、単価の高い売買の方が稼げる可能性は高い。
「怖い人ばかり」という偏見(?)がある業界でも、売ってさえいれば怖い物はない。
とはいえ、41歳と若くはない(←ごめんね)女性がやるとしたら賃貸の方が無難だと思う。
40代女性の売買部門の営業職は少ないけど、賃貸部門では多い。
別に女性軽視の結果ではなく、女性の賃貸営業職は相性が良いのだと思う。

長文失礼。ご参考までに。

当方41歳、宅建主任者、不動産業界20年弱。
同じ年という親近感からざっくばらんな話を。

宅建主任資格は不動産業界では車の普通免許のようなもの。
不動産業界に限らないが、募集広告に「要普通免」とよく書いてあるでしょう?
それと似たようなものと考えるといい。
とはいえ、主任者資格がなくても不動産営業はできるので、主任者資格よりも車の免許の方が重要だと思う。
都心の業者を除いて、ほとんどの不動産屋はお客さんを車で案内するから。
ペーパードライバーは難しいけど。

余談だけど、インターネッ...続きを読む

Q履歴書の職歴って、誤魔化してても後でバレるの?

 29歳で、ただいま求職中です。昨日、職業安定所で良さそうな求人があったので、応募を申込みました。
まずは履歴書を郵送してその後に面接なのですが、これはおそらく面接を行う応募者をまずは履歴書から見出すのだと思います。私の場合これまでに4つの会社に就職しており、次に勤める会社が5つ目になります。自分ではこの年齢でこの数は多いと感じ、先方にとっては「この人はあまり長続きしないのではないだろうか…。」と思われそうで不安です。

そこで、職歴の1つか2つを記入せずに、記入する職歴の在籍期間を長く書き空白の期間を埋めてしまおうと思うのですが、これってどうなんでしょう。
仮に応募した会社に入社したとして、後になって履歴書に記入してあった職歴に偽りがあったとバレてしまうのでしょうか?

わかる範囲でかまいませんので、みなさんのご意見をお待ちしています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

過去の4社が、社会保険のある会社で、正社員となっていたのであれば、厚生年金手帳を会社に提出することで、バレると思います。

4社が多いというのは、hero0124さんの「ものさし」でしかないです。

退職の理由が、4社とも同類であれば、採用担当者は、また、すぐやめるかも...と思うかもしれません。

自分が将来、どんな35歳、45歳となりたいかを人生設計する必要があろうかと思います。

わたしは、IT系企業の地方都市の営業所長をしています。採用面接にも同席させてもらうこともありますが、面接に来られる人に、前職の退職理由は、必ず、伺います。
その、退職理由が、いかにも自分勝手というレベルの説明をされると、私は、必ず、不採用の欄に署名するようにしています。

転職の回数を問題と考えるのではなく、自分がどんな仕事をしていきたいか、そして、過去4回の退職したくなるシチュエーションが今度の会社であったとき、今度はどう対処するかをきちんと考えておくことが大事です。

ちなみに、私は、「同じ状況になったら、また、退職されますか?」という質問は、必ず、するようにしています。もち、みなさん、耐えます!と返答されます。

わたしは、「そうなってしまったらおしまいと考え、そのような状況にならないようにする覚悟を決めています」くらいのことを言って欲しい、と思っています。

過去の4社が、社会保険のある会社で、正社員となっていたのであれば、厚生年金手帳を会社に提出することで、バレると思います。

4社が多いというのは、hero0124さんの「ものさし」でしかないです。

退職の理由が、4社とも同類であれば、採用担当者は、また、すぐやめるかも...と思うかもしれません。

自分が将来、どんな35歳、45歳となりたいかを人生設計する必要があろうかと思います。

わたしは、IT系企業の地方都市の営業所長をしています。採用面接にも同席させてもらうこともありま...続きを読む

Q一部上場とは??

タイトル通りなのですが、一部上場企業とはどういう意味でしょうか?していない企業と比べて何が違うのでしょうか??現在就活中でして、この意味がよく分からないので教えていただけますでしょうか?又、その企業が上場しているか、していないかはどうやって見分けるのでしょうか??
お返事ください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買う人がいなければなりません。このような株の売り買いをするところが株式市場です。株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。
日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。
ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。
この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。
東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。
色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。

>今までどんな勉強をしてきたのでしょうか?
>そんな事も分からないような人を企業が採用するとは思えませんが?

ひどいことを言う人もいるものです。私も就職するときは、大学が理科系だったので一部上場企業とか資本金とかまったく意味が分かりませんでした。今でも私の周りには一部上場企業の意味を正確に知らない人がたくさんいますが、ボーア半径とか熱力学の第二法則とかは良く知っています。それでいいのです。就活がんばってください。

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買...続きを読む

Qフルコミッションの不動産仲介をしようと思ってますが、どうでしょうか?

フルコミッションの不動産仲介をしようと思ってますが、どうでしょうか・・?

不動産売買の仲介会社に勤めて3年程たちます。もっと給料が良い不動産会社に勤めようかと思ってるのですが、なかなかありません。
フルコミッションの不動産仲介の仕事に応募しようと思ってます。
仲介会社に働いていても固定給+歩合なので、もっと稼ぎたいところです。今の会社は歩合も少ないので。

チラシや広告・オープンルームなど自由にできるのであれば、チャレンジしてみたいところです。
フルコミ経験者の方、どうですか? フルコミを経験して、良かったこと悪かったことはありますか?
もちろん、人それぞれだと思いますが、、自分のモチベーション管理次第では稼げそうな気がします。

Aベストアンサー

私はフルコミ営業しています。ただ、私の場合は独立してる不動産会社の知人が多く売主物件を販売活動しています。仲介手数料に対する歩合でなく物件価格のマージンを業務委託料としてもらってるので稼げてます。物件によりますが。横のつながりは大事ですよ。コネクションを活用できるのであれば稼げるでしょう。やり方次第です。
不動産業で稼ぐには仲介手数料だけだと稼げません。物件情報の仕入れやリフォームや保険など色々なところに稼ぐアンテナをはっておくことが大事ですよ。
稼げる人は稼げます。稼げない人は稼げないです。

参考までに、下記サイトのように歩合率重視してる不動産会社もあるようです

http://matome.naver.jp/odai/2144180845992498901

http://www.home-way.jp/Recruit2.html

Q退職金が出ない会社は良くない会社なのでしょうか

私は今就職先を探してハローワークに通っているのですが
求人票を見ていると雇用 労災 健康 厚生などの
保険はしっかり入っているのですが
退職金がでないという求人票をよく見かけます。
辞めることを前提に就職先を探している訳ではないのですが
万が一辞めることになったとき退職金がでないのが不安です。
退職金が出ない会社は避けた方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的に言うと、いいとはいえないと思います。
ただし退職金の出る会社にしても、勤続3年以上。という条件付です。
質問者さんがどれくらいお勤めして退職する予定なのかわかりませんが、自分が職安通いしていた時はほとんどがそうでした。
ところで安倍晋三官房長官の著書、「美しい国へ」に興味深いことが書いてありました。

ある会社は退職金制度などの福利厚生を廃止し、その分を給料に上乗せしたそうです。(No.1さんがいっていたことですね)
とても有名な会社です。
アメリカ式の実力主義的な制度で、日本に浸透するのは難しいと感じましたが・・・。
興味があったらぜひ読んでみてください。

話しが脱線しましたが、要するに求人表に書いてあることをよく吟味してから就職したほうがよさそうです。

Q派遣会社の営業職は大変と聞きますが

人材派遣会社の営業マンて大変な仕事らしいが、本当の所を教えて頂きたいです
派遣業界に転職を考えています。

Aベストアンサー

派遣の営業は残業が異常に多いですよ。毎日夜11時なんて当たり前の世界です。派遣者や希望者に連絡取るのに日中は不在や他で就業したりしてますから、どうしても夜になります。派遣者が突然辞めたりなどして急募の仕事が舞い込んだりしたら、血眼になって登録者に電話をかけまくります。某会社は残業代不払いで問題になりましたが、今は何処も残業代が全部出るのかは疑わしい部分もありますね。

また企業と派遣者の間に入るわけですから、企業からのクレーム、派遣者からの相談で神経をすり減らします。なので胃潰瘍などの神経性の病気になるひとも多いので、よほど精神的にタフな人でないと務まりません。なので離職率も高いです。

はっきり言ってあまりお奨めできない仕事かと思います。まぁ実際経験しないとピンとこないかと思いますけど、多くの営業さんをみた限りでは私は絶対やりたくない仕事です。

Q不動産業に転職したいのですが、ブラック企業が多くて困っています

不動産業に転職したいのですが、調べてみるとブラック企業が多いらしく、うまくやっていけるのか不安です。
そこで質問なのですが、不動産に勤めるならどういうところにした方がいいですか?(おすすめ企業でも、ブラックの見分け方でも、あるいは条件でもかまいません)
また、ほかにも勤めるにあたって注意点やアドバイスなどがありましたら、よろしくお願いします。

ちなみに学歴は高卒(大学中退)、宅建などの資格はまだ取っていません。

Aベストアンサー

確かにブラックの基準って難しいですよね。
ただ自分も不動産業にいるのですが、今は第2次バブル崩壊の時期であり、これからはどんどん業界自体が冷え込んでいくと思います。
またhino_1984さんの行きたい業種がわからないですが、今はどこも企業も昨年や2年前くらいに買ってしまって抱えてる不動産を売却するので必死です。『赤字は覚悟だけど、あまり多額は…』って感じで売るに売れずどんどん目減りしています。
確かに財閥系とかは別格ですが、普通の不動産会社はどんな資産をもっているかで一発爆発ってのも充分ありえます。転職後1ヶ月で倒産なんてのもたまに聞きます。
ですので評判は気にしてもブラックは全部と思ったほうがいいと思います。

Q保険営業経験者の方 教えてーー!

生命保険の営業職に転職したいと思っています。
保険営業経験のある方に是非教えて欲しいことがあります。離職率が9割とか、在籍期間が1年~3年がほどんどとかいろいろ怖いことを聞きますが、実際保険営業ってどうですか。自分はマンション営業しています。周囲の社員は、成績を全く出せなくても、自分はどんなにきびしい物件でもひたすら電話営業、飛び込み、チラシ配りと努力を続けて成約を出し続けています。
そこで聞きたいのですが、
知人親戚などに営業する事が保険業界では当たり前らしいのですが、それをしないことをカバーするために
(1)営業方法は週5日 毎日飛び込み200件もしくは電話営業200件、チラシ配り毎日1000件を継続、(もちろんトーク内容とかは練り直しを続ける)。たまに道路許可を取り、駅の近くでチラシ配りなどをする。
上記を継続して続けても駄目なのでしょうか?知人親戚に頼る営業はしたくないため私が保険営業をやるなら先述のようにしたいと思います。不動産営業をしていますが、断られて当たり前というのはよく分かっています。ただ、それ以上に保険業界は厳しく飛込みなどで数字を挙げるのが難易度が高いのでしょうか?
保険の営業に対しての拒否はそこまですごいのですか?
ちなみに努力は怠らないほうです。
どうしても聞きたいことは2~3年で業界を去らざるを得なくなる人はやはり皆さんしっかりと営業活動をした上でののことなのでしょうか。まじめに活動を続けても、飛び込み1日100件~200件しても、チラシ配りとかもひたすらやってきてもそれでも数字を出すことが出来なかった人たちなのでしょうか。
離職率8割とか9割とかその方達はそんなに努力してもだめなのかが知りたいのです。それなら私にも無理でしょうし。
妻子がいるため試しに挑戦なんてことが絶対に出来ないから失敗が許されないのです。私は圧倒的な才能を持っている事はないです。ただ努力を続けた結果、現職では周りの営業マンに全く負けない不動産営業マンにはなっています。知人にはごく親しい人5~6人ぐらいしか売れる自信がありません。親しい人には自信を持って薦められないのに、他人にはそれを平気で売るのかという点については、今回は置いておいてください。
どうか保険営業現職の方、保険営業経験者の方教えて下さい。
仕事としては本当にしたい仕事です。

生命保険の営業職に転職したいと思っています。
保険営業経験のある方に是非教えて欲しいことがあります。離職率が9割とか、在籍期間が1年~3年がほどんどとかいろいろ怖いことを聞きますが、実際保険営業ってどうですか。自分はマンション営業しています。周囲の社員は、成績を全く出せなくても、自分はどんなにきびしい物件でもひたすら電話営業、飛び込み、チラシ配りと努力を続けて成約を出し続けています。
そこで聞きたいのですが、
知人親戚などに営業する事が保険業界では当たり前らしいのですが、それ...続きを読む

Aベストアンサー

私の弟が先月生保営業に転職しましたし、妻が過去に生保の営業をしていました。

皆さん書かれていますが、生保の営業と言っても個人相手(飛び込み)や企業周りが有りますし、営業所や代理店だったり、エリアの割り当てもあったりします。

エリアが決められれば、質問者さんが書かれている「飛び込みもしくは電話営業200件」もそのうち底をつきます。
チラシ配り毎日1000件と言いましても、その費用を自分持ちでいつまで続くか?と思います。


家電や自動車等の生活必需品や今必要な物と違い、保険は万が一の将来の為に月々ローンを払うようなものです。
住宅や自動車など、保険加入対象者のうち多くの人はすでに何かしらのローンを組んでいると思います。
それらは支払う対価をすぐに手に入れられるローンであり、購入価格の多少の差はあれ、同じ物を買った人は同じ金額を払います。

保険は違います。
手にするのは契約者の死亡時(生保なら)に指定した受取人ですし、同じ保証でも支払う金額が全然違う場合もあります。(5年後だったり20年後だったりしますからね)
そういう商品のために更に月々ローンを追加するというのは、今の世の中では簡単な事ではありません。

15年前くらいまでは予定利率も高く終身保険に入る人も結構いましたし、外交員も良い仕事だったと思います。
しかし、預金金利も低く株安不景気格差貧困など、今の社会情勢では当時のような保険商品はありえませんし、気軽に入ると言うものではありません。
新規契約が難しくなったと思います。

転職後の新規契約がいかに早い時期に多く取れるか?で続けるか続けられないかが決まると思います。
1年でそれなりに契約が取れ収入があれば、数年続けながらも地道に契約を増やす事も可能でしょうが、それまでに撃沈される人が多く「離職率9割」と言われるのだと思います。
契約が1件も無ければ、下手すると最低賃金さえ下回ってしまい、他業種でバイトなり派遣していた方が断然収入が多かったりします。
ですから、まず身内に頼るのは当たり前だとさえ言えます。


妻の場合は、自分の会社ではなく業務提携先の生保が破綻し、その煽りを受けて得意先の企業や商店街から出入り禁止とされたり、相次いで解約され収入が激減してしまい辞めました。
外交員としての能力はあり、地道なチラシやプラン作りなどで顧客を増やしていた時期にこういう経験をして保険業界から去りました。
(個人の努力能力でも、どうにもならない場合もあるという一例です)


私の個人意見としては。
今入っている保険と同じ保証内容で月々の支払い金額が安くなるなら話も聞きますし、変更や新規も考えます。
弟が先月営業員に転職しましたが、出来る事なら身内や知り合いには勧めたくない業種No1です。

私の弟が先月生保営業に転職しましたし、妻が過去に生保の営業をしていました。

皆さん書かれていますが、生保の営業と言っても個人相手(飛び込み)や企業周りが有りますし、営業所や代理店だったり、エリアの割り当てもあったりします。

エリアが決められれば、質問者さんが書かれている「飛び込みもしくは電話営業200件」もそのうち底をつきます。
チラシ配り毎日1000件と言いましても、その費用を自分持ちでいつまで続くか?と思います。


家電や自動車等の生活必需品や今必要な物と違い、保険は万...続きを読む

Q人材紹介会社の営業ってどうですか?

人材紹介会社の営業で内定がもらえました。自分としては悪い仕事ではないと思っていますが正直悩んでいます。現在人材紹介会社の営業をしている方、もしくは以前やっていたかたがいらしたら人材紹介会社の営業の良い点・悪い点をお聞かせ願えませんでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まずは、おめでとうございます。
以前人材派遣会社で勤めていたことがあります。私の場合は小さい会社ということもあり、法人営業、面接、コーディネート全てを担当していました。営業は、以前取引のあった企業への再アプローチの他、電話帳やフリーの求人広告・雑誌を集めて電話をかけまくり、反応のあった企業へ伺うという手法をとっていましたので、飛び込みはしてないです。
さて、良い点・悪い点ということですが、まずは悪い点から。私自身は、電話が嫌いでしたのでアポイントを取るまでが苦痛でした。営業電話に対して汚い言葉を返されることも日常です。営業先で受注へもっていけたとしても、企業側の派遣に対しての要望が強すぎるので、条件を並べると笑っちゃうくらいスペシャルな人間を求められたりします。そこでの取捨選択させるコミュニケーション能力がなければ、営業先でも苦痛だと思います。
また、扱う商品が人間ってこともとてもリスキーです。登録スタッフの中からこの人なら大丈夫と思い紹介しても面接当日にドタキャンされたり、採用が決まって勤務3日で行方不明になったり、とクレーム対応も必要になります。登録スタッフも常に条件のいい勤務先を探しているのでなかなか信頼関係を築くのは難しいです。それから登録スタッフは派遣会社の募集情報を見て応募してくるのがほとんどですが、中には既に募集していない情報もあります。派遣会社は登録スタッフありきなので、条件のいい募集で釣っておいて、登録させて他の職を案内するなんてこともあったりします。これはさすがに面接していても気持ちのいいものではなかったです。ただ、勤めていた会社があまり大きな会社でなかったので登録スタッフが不足していたってだけで、もしかしたら大手はそんな姑息な手段をとらなくても集まるのかもしれませんが・・・。

良い点ですが、コミュニケーションが非常に大事な職場ですので、自己成長にはいいですかね。実際アドリブには強くなりました(笑)。それに様々な職種の人事と話して世界が広がりました。登録スタッフに仕事内容から職場の雰囲気まで詳しく説明するのは営業の仕事なので取材っていう意識で話しをしていたのは結構楽しかったです。

人間不信になることも度々あるとおもいますが、人間が好き!って思えるなら是非挑戦してみてください。

まずは、おめでとうございます。
以前人材派遣会社で勤めていたことがあります。私の場合は小さい会社ということもあり、法人営業、面接、コーディネート全てを担当していました。営業は、以前取引のあった企業への再アプローチの他、電話帳やフリーの求人広告・雑誌を集めて電話をかけまくり、反応のあった企業へ伺うという手法をとっていましたので、飛び込みはしてないです。
さて、良い点・悪い点ということですが、まずは悪い点から。私自身は、電話が嫌いでしたのでアポイントを取るまでが苦痛でした。営...続きを読む

Q入社1ヵ月半で辞めた会社の職歴

ちょっと長いですが、お付き合いください。

私は大学卒業単位が足りず半年留年をしました。
その際、新卒採用として内定をいただいていた企業から、在学中であっても9月に必ず卒業をするということで、そのまま入社を致しました。(学生だけど、社会人という二束の草鞋状態)
ただ、そんな厚情をいただいたにも拘らず、職場環境が合わず体調を崩したため、1ヵ月半ほどで退社しました。厚生年金・社会保険には加入していました。

昨日転職webサイトよりとある企業に応募をし、急遽明日に面接があるのですが、その際に履歴書と職務経歴書の提出を求められました。

それ自体問題ないのですが、上記した正社員として入社し1ヵ月半就業した職歴を、「3ヶ月未満なら特に職歴として書かなくてもいい」とどこかで見聞きしたので、
webで応募した際には加えませんでした。

ただ、転職サイトなどを色々見ていると、
「例え1ヶ月で辞めても、正社員として入社したなら書くべき」
とありました。

そこで質問ですが、
この場合、面接に持参する履歴書・職務経歴書には上記事実を加えて、
職歴等の話をする際に訂正させてもらうほうがいいのでしょうか。
それとも、このまま黙秘するべきでしょうか。

アドバイスをいただけたらと思いますので、よろしくお願いします。

ちょっと長いですが、お付き合いください。

私は大学卒業単位が足りず半年留年をしました。
その際、新卒採用として内定をいただいていた企業から、在学中であっても9月に必ず卒業をするということで、そのまま入社を致しました。(学生だけど、社会人という二束の草鞋状態)
ただ、そんな厚情をいただいたにも拘らず、職場環境が合わず体調を崩したため、1ヵ月半ほどで退社しました。厚生年金・社会保険には加入していました。

昨日転職webサイトよりとある企業に応募をし、急遽明日に面接があるのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

あなたのされたことは、経歴詐称ではありません。
詐称というのは、嘘をつくことです。
何も嘘をついてはいませんよね?
履歴書というのは、なかったことを有ったと書いたら「嘘」になります。これは法的にも詐称という罪になります。
が、有ったことを書かないのは「嘘」にはならないのです。
多くの人が勘違いをしていますが、履歴書というのは「書かない」分にはまったく問題ないのですよ。
すべてを書かなければならないという法的な義務はありません。
(空白期間があると評価が低くなるという問題があるだけです)

それともうひとつ大事なことですが、履歴書というのは一度提出してしまったら訂正してはいけない書類なのです。
なぜなら、訂正するということは、先に書いたものは「嘘」であったということになるからです。
あなたは嘘をついたわけではないのですから、履歴書を訂正したり出し直したりしてはなりません。
履歴書もビジネス文書のひとつですが、ビジネス文書は一度出したら訂正することは一番の非常識であることを知りましょう。

私もWEBで応募などする時、WEBで申告した内容と、持参する履歴書の内容に矛盾がないかを、いつも一番気をつけています。
それが一番大事なことなんですよ。

仮に、入社してから、何かの拍子に申告しなかった経歴が会社に知られることになったとしましょう。
私も実際にありましたが、「一ヵ月も勤めていないので、履歴書には書きませんでした」こう言えばまったく問題ありません。
私はこういう時、いつも堂々と言います。
短期間で辞めたことをうしろめたいと思っているから、それを隠すべきか言うべきか悩むのですよね。
すぐ辞めたか長く続けたかは確かに、社会人としての評価は違いますが、別に珍しいことではありません。
私は人事部にいた経験もありますが、常識的に考えて、短期間しか在籍しなかった会社を履歴書に書かないのは、まったく問題ないことです。
法的にも間違ったことはしていないのだから、堂々としていていいのです。

あなたのされたことは、経歴詐称ではありません。
詐称というのは、嘘をつくことです。
何も嘘をついてはいませんよね?
履歴書というのは、なかったことを有ったと書いたら「嘘」になります。これは法的にも詐称という罪になります。
が、有ったことを書かないのは「嘘」にはならないのです。
多くの人が勘違いをしていますが、履歴書というのは「書かない」分にはまったく問題ないのですよ。
すべてを書かなければならないという法的な義務はありません。
(空白期間があると評価が低くなるという問題が...続きを読む


人気Q&Aランキング