あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

カテゴリ-違いだったらすいません。

建築関係の人と話をしてて「PΔ効果」っていう言葉を聞きました。
その人に説明してもらったんですがいまいちわかりません。
詳しくわかる方、丁寧に説明してください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

(1)軸力と曲げを受ける柱の耐力は,


柱の耐力=軸方向の耐力+曲げ耐力
この式を変形して,
軸方向の耐力=柱の耐力-曲げ耐力
で表すことが出来ます。ここで,軸力のみが作用する場合は,曲げ耐力は必要ないので,当然,
軸方向の耐力=柱の耐力
になります。

(2)例えば,柱頭に水平力が作用すると,水平方向の変位を生じます。この水平変位によって,この柱に,水平方向力により生じるる曲げと別の軸方向にのみ着目した
曲げ=軸方向力×水平変位
の曲げが生じます。

(3)ここで生じた曲げは,柱自身が負担しなければならないので,軸方向の耐力は,柱が負担しなければならない曲げにより生じた応力を差し引いた耐力になります。つまり,
軸方向の耐力=柱の耐力-曲げにより生じた応力
となります。

(4)以上の事をまとめて,ここで,本題ですが,
軸方向の耐力のみに着目した場合,柱頭に水平変位(Δ)が生じたことによって,軸方向の耐力(P)が見かけ上,低下してしまいます。これが,PΔ効果です。

(5)通常,水平力による水平方向変位は微小なので,この軸方向耐力の低下は無視することが出来ます。が,特殊な場合,例えば,柱が長い場合は,無視できないほど水平変位が大きくなり,当然,軸方向耐力の低下も無視できなくなります。これをPΔ効果により生じた長柱効果と言います。

(6)因みに,「効果」というのは,軸方向力と関係ない水平方向の変位が,軸方向の耐力に「影響を与える」という意味です。

以上,専門的にはもっとややこしいのですが,概要を記述しました。参考にしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

皆さんありがとうございました

お礼日時:2007/04/17 17:21

建物に水平力(Q)が加わると、水平変位(δ)が生じます。


そうすると、建物の自重(P)によって、さらに倒れ込もうとします。

水平変位δが0ならば、そういう余計な力はかかりません。
水平力を加えなくても、建物が傾けば、その距離に応じて自重で倒れようとします。

この、自重と水平変位との効果によって余計にかかる力(鉛直方向の力)のことをPδ効果といいます。
    • good
    • 0

 

http://www.kozosoft.co.jp/gijyutu/s13.html
>島課長「すなわち、次のような片持柱を考える。A図の場合には、Pという鉛直力により柱に軸力が生じるだけだ。
>ところがB図のように柱に大きな層間変形角があると、軸力だけでなく、柱脚にP・△という曲げモーメントが生じるのがわかるね。」
(何の話なのかはわかりませんが...)
    • good
    • 0

 こんにちは。



 私には、全部説明することはできません。

 PΔ効果 
について検索してみれば参考になるかも知れませんね。

 http://www.yahoo.co.jp/ 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンクリートの単位容積重量はいくらぐらい?

一般的なコンクリート塊の単位容積重量はおよそどれぐらいですか。
できたら、Kg/立方mで教えてください。

Aベストアンサー

コンクリートの単位容積重量(正式には単位容積質量)はコンクリート中の
砂、砂利、の質量とコンクリートの乾燥具合によって変わってきます。

現在日本で使われてるセメント、砂、砂利の比重から考えて2300~2400Kg/立方m
と考えて良いでしょう。

特殊な用途があれば軽いコンクリート、重いコンクリートも作ることが出来ます。
元生コンクリート技術に従事していました。

Q鉄骨構造部材の座屈(局部座屈、横座屈、圧縮座屈)について

座屈に関してのレポートを書かなくてはいけないのですが、どの資料をみても、あまり詳しく載ってませんでした、どなたか座屈について詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

局部座屈:例えば梁端部の曲げが終局強度に達したとき、梁端部圧縮側のフランジが波を打つように座屈することを言います。簡単に言えば局部的にグネッと曲がるということですかね。

横座屈:H型鋼などのように強軸、弱軸があって強軸周りに大きな曲げを受ける場合、鉄骨は弱軸方向に変形しようとします。つまりねじれてしまうわけで、このねじれを横座屈といいます

圧縮座屈:オイラー座屈のことです。細長い(細長比の大きい)柱に軸力をかけると、応力度が材料強度に達する前によこにグネッと変形してしまうことを圧縮座屈といいます。

Q塑性率

保有耐力法等で塑性率の照査があり、以下の式ですが

応答塑性変位÷降伏変位(応答塑性率)<最大塑性変位÷降伏変位(許容塑性率)

ここで荷重-変位(P-σ)曲線ではなく曲げ-曲率(M-φ)でも塑性率のチェックはできるのでしょうか?
例えば、最大M<降伏MでOKとか

Aベストアンサー

少しばかり誤解を与えてしまったようで申し訳ないです。

比較するのは塑性率です。すなわち
μd<μu
 μd=φd/φy:応答塑性率
 μu=φu/φy:許容塑性率
 φd:応答曲率
 φy:降伏曲率
 φu:最大塑性曲率

上式の両辺に降伏曲率φyを乗じれば曲率同士の比較と同じ意味になりますが...
あくまで比較対象は塑性率であるべきと考えます。

ところで、曲げ曲率関係(M-φ)は非線形になると思われます。
もっとも単純なモデルがバイリニア型ですよね。
降伏ヒンジが発生するまで(すなわちφ<φy)を
 φ=M/(EI)
と仮定すると、降伏ヒンジが発生した後(φy<φ)は
 φ=φy+(M-My)/(αEI)
で表わせると思います。ここで、αは剛性低下率です。

降伏後は一般に剛性が低下し、降伏前の比例関係を保ったままM-φが推移することはありません。
なので、曲げで比較することは意味をなさないと考えます。

QH形鋼の強軸方向とは

H形鋼は強軸と弱軸がありますが
強軸方向、弱軸方向とは
強軸方向 ↑H
弱軸方向 →H 
の向きでOKですか?

Aベストアンサー

2代目cyoi-obakaです。

質問者さんの質問意図が、何となく理解出来ました?!

『中心軸の方向』として考えれば、質問者さんの指摘は正解ですね。
ただし、構造力学的な分野での慣例的に用いられている強軸方向及び弱軸方向は、指摘とは逆ですね。
これは、#7さんの回答が的を得ていると小生は判断します。
力学上、断面2次モーメントや断面係数等は、どの方向の軸を中心とした応力の拘束力の大小で論じている訳ですからね!
ですから、「強方向」とか「弱方向」とかの表現であれば、混乱しませんね!
変に『軸』を入れるから、文言としては ? と成るのです。

強軸はどの方向に有るか? とかの質問であれば、utindaiさんの指摘でOKな訳ですね。

こんな回答で、ご質問の的を得てますでしょうか?
違ってましたら、ごめんなさい!

追伸
>他の回答者さんは軸そのものの解釈が間違っているのではないですか?
との指摘は、失礼ですよ!
どなたも、力学上間違えた事は申していないと思いますから。

Q配筋補強の要らない床貫通スリーブの最大サイズ及び根拠

新築の鉄筋コンクリート作りの建物で、配線用に床(厚さ400から500mm)に貫通穴を設けたいのですが、配筋の補強等をしたくないので、補強しないで済む最大のサイズと、その法(建築基準法?)的根拠あるいは、何かの基準、指針等を確認したいのですが、教えてください。当方 電気技術者で、建築、土木関係は、ほとんど知識がありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~40mm程度)を確保して更に施工誤差なども勘案すると100mm以内の径の開口であれば鉄筋などに影響を与えず、コンクリートの欠損としても軽微なため、仮に構造計算を行なったとしても今ある鉄筋だけでもってしまう事が多くなり、よってもって開口補強はしなくても良いとされていたりします。実際に、わが社の構造の基準図でも直径100mm以下の開口は補強不要としていますが、それもこれも床の構造設計時にそういった開口が開いても大丈夫なように設計をする事になっているからです。

また、古からの慣習で100Φ以下は補強不要というのもありますが、恐らく上記のような理由により影響が極めて小さいと判断できる場合が多いのがそのいわれの元だと思います。

法的根拠たるものはこれまでには見たことがありません。
建築基準法には、構造計算により適切に構造部材の断面を決める事になっています。

ちなみに、スラブ厚400mm~500mmというのは一般的な用途の一般的な構造の建物ではありませんので、きちんと設計図書になんて書かれているかを読んで、分からなければ設計者に質疑をあげてきちんと理解すべきだと思います。

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~4...続きを読む

Q引張鉄筋比が釣り合い鉄筋比以下の場合とは

釣合い鉄筋比とはコンクリートと鉄筋が同時に許容応力度に達するときで
「引張鉄筋比が釣り合い鉄筋比以下の場合」とは
引張側鉄筋が圧縮側コンクリートより先に許容応力度に達すること、
とあります。

ここまではわかります。
さて、これからなのですが

この理屈はコンクリートが先に許容応力度に達するともろい破壊
となるためねばりのある鉄筋が先に許容応力度に達するようにする。
と言うことのようですが、ここからが疑問です。
許容応力度に達した時点ではまだ安全率があるので
実際の降伏に至るまではまだ先がありますよね?
なのになぜ
「引張り鉄筋の降伏が圧縮コンクリートの降伏よりも先に達するようにする」と言う考え方ではないのでしょうか?
そうでないとお互いの許容応力度の時点から降伏の時点に至るまで比例関係でなければ
崩壊時の安全性がなりたたないような気がするのですが。

あとこの理屈は
梁の強度はねばりのある鉄筋で決まれば安全と言うことですが
なんとなく逆にPt≧Ptbにしてやればコンクリートが圧壊したあとに
鉄筋が粘りよく踏ん張ってくれそうでこっちの方がよさそうな気がするのですがなぜこの理屈ではだめなのでしょう・・・

以上、長文ですがよろしくお願いいたします。

釣合い鉄筋比とはコンクリートと鉄筋が同時に許容応力度に達するときで
「引張鉄筋比が釣り合い鉄筋比以下の場合」とは
引張側鉄筋が圧縮側コンクリートより先に許容応力度に達すること、
とあります。

ここまではわかります。
さて、これからなのですが

この理屈はコンクリートが先に許容応力度に達するともろい破壊
となるためねばりのある鉄筋が先に許容応力度に達するようにする。
と言うことのようですが、ここからが疑問です。
許容応力度に達した時点ではまだ安全率があるので
実際の降伏に...続きを読む

Aベストアンサー

今日は cyoi-obakaです。

>靭性崩壊と脆性崩壊の意味はわかるのですが、これは相反する意味ですが、
>片や「(靭性)させる」で片や「(脆性)させない」と言うことなので
>結局片方を否定させることで同じ意味になってしまうような気がしました。

正解です!!

>なるほど終局破壊時にどっちを先行させるのかではなく
>崩壊パターンを瞬時破壊ではなく時間差破壊させると言うことですね。

大正解です!!!

鉄筋コンクリート造は、鉄骨造のように部材自体が塑性変形能力を持っていませんから、厄介な構造なのですヨ!
つまり、鉄筋とコンクリートの複合部材(構造材)ですから、計算のモデル化が難しいのですネ。
その点では鉄骨は単一部材ですから、変形や崩壊系の把握が単純で解析しやすいです。

一度に全部理解するのは、誰でも困難な事です!
入りは、大まかな流れが理解出来れば充分ですヨ。
私なんか、20年以上前に構造設計の実務から手を引いていますから、
現在の実務がどのようなものかは、正直判らないです。
現役の構造屋さんが話している内容を聞いて、その意図を理解する程度です。
ただ、昔勉強した事自体が変ってしまったのではありません。
例えば、終局設計も私が学生の時に学んだ内容と全く同じです。
コンピュターの普及で、一般実務で行えるように成っただけの事です。
基礎をしかり理解していれば、未来は明るいと思います。
あなたが構造屋さんに成るのか?意匠屋さんに成るのか?は別問題として、一歩一歩前進しようとする気持ちを大切にして欲しいです!!
最近の設計屋さんは、資格を取る事に目標を置いている方々が多過ぎるように感じられます。
「焦らずマイペース」で行きましょう!
さすれば自然と資格があなたの手に舞い降りてくる筈です。
頑張って下さい。
実力の有る設計士に成って下さい。

>あと、いつも解決後すぐに締め切らないのはまだ他の方の回答を待っているのではなく、お礼と共にすぐに締め切っちゃうと、
>もし解釈等の間違いがあれば是正回答できないかと思うので、しばらくたってからの締め切りにさせていただいてます。

このような事は気にしなくて良いのです!
私の回答が全て正解とは思ってません。
どなたかが、それは違う!とダメ出ししてくれた方が、私の勉強にも成りますから…………

以上です。

今日は cyoi-obakaです。

>靭性崩壊と脆性崩壊の意味はわかるのですが、これは相反する意味ですが、
>片や「(靭性)させる」で片や「(脆性)させない」と言うことなので
>結局片方を否定させることで同じ意味になってしまうような気がしました。

正解です!!

>なるほど終局破壊時にどっちを先行させるのかではなく
>崩壊パターンを瞬時破壊ではなく時間差破壊させると言うことですね。

大正解です!!!

鉄筋コンクリート造は、鉄骨造のように部材自体が塑性変形能力を持っていません...続きを読む

Q突き合わせ溶接と隅肉溶接について勉強しているのですが、突き合わせ溶接は

突き合わせ溶接と隅肉溶接について勉強しているのですが、突き合わせ溶接は「部材厚が同じ材料をほぼ同じ面内で溶接する方法」隅肉溶接は「直行する二面の隅部を溶接する方法」という認識で良いと思うのですが

それぞれの溶接方法の使用箇所の制限やメリット、デメリットがいまいちわかりません。
調べた感じだと、突き合わせ溶接は部材が一体化するもののせん断力に弱そうですし、隅肉はその逆で引っ張りには弱いものの、せん断力には強そうですが、これらも自信がありません。

これらの溶接方法にはどのような長所、短所及び使用箇所の制限があるのでしょうか?

Aベストアンサー

(社)日本溶接協会より引用

溶接継手の強度を求める基本式は,突合せとすみ肉の別なく,次式で与えられる。すなわち,溶接継手の強度は,のど断面あたりの強度として求める。
のど断面は,のど厚と有効溶接長さを掛け合わせたものである。
Pmax=σw・a・ef
ここで,σw:溶接継手の強度(N/mm2)
Pmax:最高荷重(N)
a:のど厚(mm)
ef:有効溶接長さ(mm)

http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0010020040
http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0040020020

参考URL:http://www-it.jwes.or.jp/qa/sitemap.jsp

Q構造設計の勉強のために、おすすめの参考書を教えてください。

構造設計の勉強のために、おすすめの参考書を教えてください。

現在、工務店で雑事務及び設計補助などをやっておりますが、自分でも構造設計ができるようになりたいと思い、勉強を始めました。
これまでは、木造住宅の壁量計算やN値計算程度しか経験がなく、本格的な構造設計は初心者です。
仕事の依頼としては、木造住宅のリフォームが多いのですが、まれに1階S造+2階木造といった感じで、増改築なども出ます。
その際に私が構造設計ができれば、外注することもなくなるので、経費&時間節約になります。

自身で調べてみて、購入を検討しているのは、上野嘉久先生の構造設計シリーズです。
他には『初めての建築構造設計~構造計算の進め方~』という本を購入し、勉強中です。
他にも参考にするとよい本がありましたら、紹介してください。

できるだけ多くの資料をもとに勉強していきたいと思っているので、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

上野嘉久先生の構造設計シリーズ とは 実務から見た シリーズ?。
それとも 構造計算書で学ぶ シリーズ?。

私は今から30年位前まで手で計算やっていまして再挑戦しているところです。
しかしなかなかです。知らないことが多すぎるし、
だいたい『難しく』なりましたねえ。(^-^;;。

私が思うには、何でもいいから最初から最後まで通して一度やってみることだと
思います。
『1階S造+2階木造』が適当な例にはならんでしょうが
構造計算書で学ぶ の鉄骨は勉強になるのでは。
大筋がつかめてからNo.1の先生がおすすめの規準本等を購入されては
いかがですか。
いきなり規準本よんでもまず理解できません。
それと、
構造計算書で学ぶ の木造はグレー本が主流になるのであれば、ほとんど
役に立たないと思います。
手計算で偏心率を計算するくだりくらいですか、使えるのは。
木造はグレー本で充分です。しっかり『手を動かしながら』読んでください。
基礎は『小規模建築物基礎設計指針』がいいですね。

どちらにせよ手計算では今の構造は厳しいものがあるようです。
木造ですら、というか私には鉄骨3階建6本柱程度の小住宅と木造3階建
在来工法なら鉄骨のほうが手計算しやすいです、手計算はすごい面倒な
状況です。
よく、木造ぐらいは手計算でしなさい、なんてこのような
掲示板でみかけますが、よほど考えられたエクセルシートでもないと
計算したところで間違いだらけになりそうな気がします。
本気ですすめるならばソフトの購入も早期にかんがえたほうがいいでしょうね。

上野嘉久先生の構造設計シリーズ とは 実務から見た シリーズ?。
それとも 構造計算書で学ぶ シリーズ?。

私は今から30年位前まで手で計算やっていまして再挑戦しているところです。
しかしなかなかです。知らないことが多すぎるし、
だいたい『難しく』なりましたねえ。(^-^;;。

私が思うには、何でもいいから最初から最後まで通して一度やってみることだと
思います。
『1階S造+2階木造』が適当な例にはならんでしょうが
構造計算書で学ぶ の鉄骨は勉強になるのでは。
大筋がつかめてからNo.1の先...続きを読む

Q第一章→第一節・・・その次は?

よく目次で
第一章○○○
 第一節△△△
 第二節□□□
第二章◇◇◇~
とありますよね?その第一節をさらに分けたい場合、第一何となるのでしょうか。
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たまたま手元に「公用文作成の手引き」という冊子があります。
役所で使用する文書規定の本です。

これによると、章、節、項までは皆さんのおっしゃる通り。

さらに、「項目を細別する見出し符号は以下による。」とあります。

第一章 第二章・・・
 第一節 第二節・・・
  第一項 第二項・・・
   第1 第2
    1 2 3
     (1) (2) (3)
      ア イ ウ
       (ア) (イ) (ウ)
        A B C
         (A) (B) (C)
          a b c
          (a) (b) (c)

注1:「第1」を省略して「1」からはじめても良い。
注2:「イ」「ロ」「ハ」「ニ」は用いない。


以上のように書いてありました。
しかし、何にせよ法律で決まっているわけでもないし、通常は
自分の好みで選択して、問題ないと思います。

Q静的・動的の意味

よく静的解析、動的解析という言葉を耳にするのですが
いまいちイメージがつかめません。

そもそも力学的に「静的」、「動的」とはどういう意味を持つのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

検索エンジンで調べてみますと、「動的解析」や「静的解析」という用語は、それが使われる分野によって意味が違っています。ソフトウェアの分野では、ソフトウェアを動作させずに調べることを静的解析、動作させて調べることを動的解析と言うようです。また、建築の分野では、建築物の風力や重量などに対する耐性を調べることを静的解析、地震のときの揺れなどに対する耐性を調べることを動的解析と言うようです。

力学は、静力学と動力学に分けることができます。静力学では、”力の釣り合い”を、動力学では、”運動”を扱います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング