ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

「核酸」のサプリメントを友人に紹介されました。
説明を聞くと、ダイエット効果があり、美肌効果があり、疲労回復、
ガンの抑制、糖尿病の改善、アトピーの改善・・・と、良い事尽くめ!

肝臓の核酸生成機能を助ける為、肝臓にも良いとの事。

もし、本当に糖尿病に効果があるのならば、知人が糖尿病で苦しんで
いるので、教えてあげたいのです。
また、アトピー性皮膚炎のお子さんを持つ方にも、お勧めしたいと考えて
います。
ダイエット、美肌、疲労回復に効くならば、私も是非、活用してみたい
と思っています。

私が、あまのじゃくなのか、友人のように100%信用する事が
出来ません。(苦笑)
本当に副作用なんかは無いのでしょうか?
副作用とまではいかなくても、核酸のサプリメントを摂る事での
トラブルは無いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

新陳代謝の促進、血流がよくなる、抗酸化作用、資質吸収の低下(つまりはダイエット効果)などなど、いろいろな働きがあるとされています。



でもあくまでもサプリメントです。効果があるのかもしれませんが、根本的に病気が治るようなものではないはずです。
たとえば、シミをとりたいからってビタミンCのサプリメントを飲んだりしますよね。でも、それできれいにしみが取れますか?人によっては多少薄くなったりしますが、ほとんど効果のない人もいるはずです。
核酸(DNA,RNA)だってその程度かもしれませんよ。

もともと体内にある物質なので副作用の心配はほとんどないと思われます。
効果がどれだけあるかは、人によってまちまちですが、適量の無分には、体に悪いことはないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
どんなに良いものでも過剰摂取は良くないですよね。

私のように疑いを持ちながら飲んでも、さらに効き目は期待出来ない
かもしれない・・・って思いました。(苦笑)

お礼日時:2002/06/04 10:07

過剰な核酸は分解されて.尿酸になります。

つまり.とりすぎると痛風(尿酸が間接に度に蓄積して発生する痛み等)になります。
へんなもの買うよりも.核酸の多い食品としては.イカとかタコとかエビとかいのしん酸系化学調味料(いの一番等).いろいろありますので.高い買い物なんてせずに.スーパーの海産物を食べていたほうがやすいのではありませんか。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

摂り過ぎた核酸は尿酸になることは説明されました。
でも、痛風の可能性は説明が無く、尿となって出て行くので、大丈夫・・・と
いうものでした。

やはり、食品から摂ることにします。

疑いの気持ちがあると、効き目も半減しそうですし。(苦笑)

ありがとうございました。

お礼日時:2002/06/04 10:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • アトピー性皮膚炎のまとめページ

    アトピー性皮膚炎とはどんな病気か  アトピー性皮膚炎は、増悪(ぞうあく)・寛解(かんかい)を繰り返し慢性的に経過する、かゆみのある湿疹と定義されています。患者さんの多くはアトピー素因をもっています。乳幼児から成人まで、あらゆる年齢層で発症する病気です。 原因は何か  アトピー素因(アトピー体質)とは、気管支喘息(きかんしぜんそく)、アレルギー性鼻炎・結膜炎(けつまくえん)、アトピー性皮膚炎などの病気にかか...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今、評判のガンでもやっつけるというサプリメント「核酸」で、会員制?の団

今、評判のガンでもやっつけるというサプリメント「核酸」で、会員制?の団体の正式名又は商品名をご存じでしたら誰かお教えください。インターネット、店頭販売なしで口コミで人気があるようです。720ミリのボトル入りということだけ分かっています。小さな肺ガンを持っているという人に勧めたいと思いますので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
核酸サプリ系のHPを見ました。


「核酸は消化酵素でどのように分解されるのですか?」
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1359930.html

「★☆Q&A そこが知りたい「核酸」の疑問★☆」
http://www.syatyu.net/shop/530/p02.htm

「がん・生活習慣病の健康情報サイト」
http://www.jttk.zaq.ne.jp/kenko_info/det_kak/det_kak_1gaiyou.html


最後のサイトには「好転反応」という言葉が使われていますが、
Wikipedia「好転反応」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%BD%E8%BB%A2%E5%8F%8D%E5%BF%9C
>好転反応(こうてんはんのう)とは東洋医学(按摩や鍼)で使われる用語で、治療の過程で起こる予期しない激しい身体反応のこと。 またいわゆる健康食品や健康器具のセールスの場にて、しばしば副作用、不適応をごまかすための用語として使われるので、注意が必要である。

ということで、私はこの言葉が使われる商品は信用しません。

No.2です。
核酸サプリ系のHPを見ました。


「核酸は消化酵素でどのように分解されるのですか?」
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1359930.html

「★☆Q&A そこが知りたい「核酸」の疑問★☆」
http://www.syatyu.net/shop/530/p02.htm

「がん・生活習慣病の健康情報サイト」
http://www.jttk.zaq.ne.jp/kenko_info/det_kak/det_kak_1gaiyou.html


最後のサイトには「好転反応」という言葉が使われていますが、
Wikipedia「好転反応」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%BD%E8%BB%A2%E5%8F%8D%E5%BF%9C
>好転...続きを読む

Q核酸は消化酵素でどのように分解されるのですか?

核酸を分解する酵素は、なんと呼ばれ、どの消化器官から分泌されるのですか?消化された後、どのような物質になり体に吸収されるのでしょうか?
(核酸のサプリメントの説明を聞いたのですが、しらこの核酸以外の不純物をいくらか取り除いたものと、しらこをそのまま食べる事とで、消化にどのように違いがあり、体に及ぼす作用がどのように違うのか私にはまったく理解できなかったのですが。)

Aベストアンサー

核酸の消化・吸収は,赤とんぼさんの回答通りに,膵臓で合成されたヌクレアーゼが十二指腸に分泌され,小腸でシチジル酸,ウリジル酸,イノシン酸,グアニル酸,アデニル酸といったヌクレオチドに分解され,吸収されます。

ヌクレオチドというと難しく聞こえるかもしれませんが,イノシン酸は名前を聞いたことがあるのではと思います。核酸系調味料と呼ばれます,カツオの本ダシの主成分です。

しかしながら,消化は完全に行われないケースが多いようで,このことが食物アレルギーを引き起こしたり,また反対に成体に極めて有用なことがわかってきました。

例えば,何方かが質問されていましたが,コラーゲンを食べることにより,完全にアミノ酸まで消化分解されないで吸収されたものが(ペプチドといいます)成体でのコラーゲン再生に有用なようです。回答者の方の回答はこのことが残念ながら欠落していますが…

同じく核酸も完全に分解されることなく断片で吸収されるものが多いようです。そしてこれらが肝臓で核酸を全く新しく合成(デノボ合成)するよりも,再利用合成(サルベージ合成)するほうが効率がよいですし,腸粘膜のようにサルベージ合成核酸しか利用できない細胞もあります。ガン細胞は反対にサルベージ合成核酸は利用できないといわれているようですね。

しかし,私はサプリメントには反対です。核酸を多量に摂取すればそのうち痛風になりますよ。バランスの良い食事から栄養を摂取することが健康には一番良いのではと思いますが…

核酸の消化・吸収は,赤とんぼさんの回答通りに,膵臓で合成されたヌクレアーゼが十二指腸に分泌され,小腸でシチジル酸,ウリジル酸,イノシン酸,グアニル酸,アデニル酸といったヌクレオチドに分解され,吸収されます。

ヌクレオチドというと難しく聞こえるかもしれませんが,イノシン酸は名前を聞いたことがあるのではと思います。核酸系調味料と呼ばれます,カツオの本ダシの主成分です。

しかしながら,消化は完全に行われないケースが多いようで,このことが食物アレルギーを引き起こしたり,また反...続きを読む

Q体をアルカリ性にするには?

こんにちは。
先日病院にて血酸値だか尿酸値が高いとの事で
体をアルカリ性にしなさいと言われました。
そのお医者さんの先輩が痛風持ちの方だったらしいのですが
毎朝バナナを1本食べて酸の値が下がって健康になったとの事で
バナナを勧められました。
ですが買い物に毎日行けない為、バナナは買いだめになり
痛みが早くて困っています。

さてバナナ以外に体をアルカリ性に出来る
食べ物って有りませんでしょうか?
どうか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。
要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。

そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。
ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。


さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。

具体的には、以下の表を参考にしてください。
http://www.wellba.com/wellness/food/contents/00301/table.html

表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。
例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。
一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。

こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。
一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。

逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか?

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。
以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。
http://www6.plala.or.jp/yamaski/fruits/alkaline.htm

「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。など)ことが大切だと思います。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010117.html

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...続きを読む

Q低脂肪牛乳を毎日のんでますが健康にいいですか?

毎日飲んでたコーヒーから低脂肪牛乳を飲むようにしました。健康にいいでしょうか?

Aベストアンサー

低脂肪乳には2つのタイプがあります。

1つは、生乳に脱脂粉乳などと水を加えて味を調整したもの。値段が安いものはだいたいこれです。
もう1つは、生乳から脂肪分だけを取り除いたものです。値段は普通の牛乳とあまり変わらないか若干高いです。

前者は自由に成分を調整できるので、カルシウムを多く含ませたりする、牛乳でお腹がゆるくなる人のために乳糖を分解する、ビタミンやミネラルを追加する、といった加工が可能なため、製品ごとに特徴があります。

後者は、脂肪分を抜いた以外は、栄養的に牛乳と同じで、味も近いです。

このようなことを踏まえて考えると、低脂肪乳は、「低脂肪(低カロリー)」「お腹の弱い人やアレルギーのある人でも飲める製品がある」「カルシウムをはじめとする栄養価が、通常の牛乳よりも高い製品が多い」といったことが特徴です。

ただ、「ものによっては水っぽかったりして味が落ちる」ほか「調子に乗って飲みすぎてしまいカロリーのとりすぎや下痢になる危険がある」といった欠点もあります。

つまりは適量飲むなら体にいいが、飲みすぎれば体に悪いという当たり前の結論に落ち着くわけです。

自分が求めるタイプのものを、毎日コップ1~2杯飲む分には特に問題ありません。

ちなみにコーヒーについても摂りすぎは胃を荒らしたりしますが、適量摂るなら体によい影響を与えるとされます。

なお、製品については厳しい検査をクリアしないかぎり流通しませんし(生乳から基準を超える抗生物質などが見つかろうものなら大問題になります)、BSEが牛乳が原因で感染するなどということはありえないとされていますから(これは常識の範囲内の知識ではありますが)、過剰な心配は無用です。
それでも不安なら通販などで購入するといいでしょう。

どんな食べ物にもメリットとリスクがあります。無神経なのもいけませんが、過剰に心配するのも愚かです。最近は、不安を煽り立てる記事や発言ばかりが乱立していますが、冷静になって調べれば笑ってしまうような、無知や偏見に満ちたものばかりです。

いずれにしても低脂肪乳ばかりに頼らず、多様な食品を少しずつ摂るという食事の基本を守るようにしてください。

低脂肪乳には2つのタイプがあります。

1つは、生乳に脱脂粉乳などと水を加えて味を調整したもの。値段が安いものはだいたいこれです。
もう1つは、生乳から脂肪分だけを取り除いたものです。値段は普通の牛乳とあまり変わらないか若干高いです。

前者は自由に成分を調整できるので、カルシウムを多く含ませたりする、牛乳でお腹がゆるくなる人のために乳糖を分解する、ビタミンやミネラルを追加する、といった加工が可能なため、製品ごとに特徴があります。

後者は、脂肪分を抜いた以外は、栄養的に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報