こんにちは。
私は今、とある高専の4年生です。高専卒業後は、大学編入を考えています。
将来的には、人工知能について研究したく、大学院進学もしたいと思っています。
そこで、質問なんですが、人工知能について学ぶ為には、どのような
学科に進学するべきなんでしょうか?
一番近いところで、『知能情報』系の学科かなぁと思い、九州工業大学か
名古屋工業大学・・・などを検討しています。

どなたか、アドバイスよろしくお願いします。

補足ですが、人工知能といっても、エキスパートとかの応用よりも、
知能そのもの、人間の知能そのものを人工的に再現(プログラムなど)する
っていうほうに、特に興味があります。学科的には、一緒なんですかね??

すいません、分かりにくくって!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

K-K2-k(質問者)さんはやりたいことが決まっているようですので、大学は、大学や学科名でなく、みなさんが回答されているように、研究室(その大学で研究している内容)で選んだほうが良いと思います。



で、そうなると次は、研究室の探し方についてとなりますが、高専の先生に尋ねてはいかがでしょうか。高専については詳しくないのですが、高専の先生(教授など)はいろいろな学会に所属していて、他大学の先生(教授など)と交流があるので、いろいろアドバイスしていただけるのでは、と思います。
あと、最近ではWebに大学のページがあるのでそれをみたり、あとは、大学案内や学生便覧をみるのも良いかな、と思います。

ただ、研究室で大学を選んで入学する、ということでひとつ気をつけなければならないことは、研究室を探してそこの大学に入っても、そこの研究室に行けるとは限らないということです。その研究室にいくことを希望する学生が多ければ選抜が行われて、その研究室に入れない学生もでてきます。

そう考えると、K-K2-k(質問者さん)が入りたい研究室(興味のある分野を研究している研究室)が1つしかない大学よりも複数ある大学のほうが良いかもしれません。
#そういう意味では、九州工業大学の知能情報は結構良いかもしれません。(これは、私がそこの出身だから言えることであって、他の大学のことはわかりません。あしからず。)
    • good
    • 1

皆さんの仰っているように、研究室や教員で選んだ方が良いですよ。



ただ、一点気になるのは『知能そのもの、人間の知能そのものを人工的に再現(プログラムなど)する』という研究課題は、情報学分野においてはかなり時代遅れで、セピア色に見えます。貴方の生まれる前に盛んだった学問です。年配~中堅の先生だったら、かつてそういう研究をしていた方もいらっしゃるかもしれませんが、現在もそれに取り組んでいる人は、あまり居ないかもしれません。

というのも国はかつて『知能そのもの、人間の知能そのものを人工的に再現(プログラムなど)する』をお題目に500億円以上の研究費をかけた国家プロジェクトをした事があります。でも、何も生み出しませんでした。今では業界の『苦い過去』です。(まぁ研究者は沢山生み出したかも・・・)。『第五世代コンピュータ』とかなんとかいうプロジェクトなのですが。これはネットにも沢山情報が落ちていますので調べてみたらいかがでしょうか。(すでにご存知でしたら申し訳ありません。)

ちなみに、高専出身で情報系にすすみたいなら、豊橋技術科学大学なんかがいいと思いますよ。
    • good
    • 0

要するに研究室なんです。


まさか4年生が1年くらい研究したくらいで論文が量産できるわけでもなく、だから、大学院生の論文が主な物になるのです。
研究は、研究室単位で行われていることで、研究室には教授助教授がいて、その人が学科で学生に講義をしているという具合です。

で、あなたのように、~~がしたい、という場合は、そういう講義を聴きたいというだけではなく(それなら本でも読めばよいでしょう)、実際にそういう物を作りたいはずです。
だから研究室を考えるべきなのです。
大学院でまた研究室選べばいいじゃないか、といっても、事実上他大学生門前払いの所もあると思います。(他大学生で一番の人だけは入れるとか)
だから、できることなら一発で行くところを決める、というのが理想ですが、まぁ研究室に入ってみたらぐちゃぐちゃだったなんて事もありますんで...。

普通の高校だったら的確なアドバイスはなかなか受けられませんが、高専なら相談できるような人はいないんですかね?
その担任のアドバイスも的確だと思いますし。
研究室を選ぶというのは基本的に難しいことです。
大学4年生でも、入ってみてやっと判ったという人はいくらでもいると思いますので。
    • good
    • 0

>大学編入のさい、その大学の大学院のことも考えたほうがいいんですかね?



もちろん他大学から大学院に進む事もできますが、やはり学内からの方が入りやすいでしょうし、学部レベルでも大学院に専門の先生がいればどんどん聞きに行くこともできますね。
    • good
    • 1

工学も理学も両方関係する分野なので、工学系の大学とは決められませんよ。



人工知能学会の会報などでどこの誰がどういう発表をしているか判ります。人工知能学事典とか専門書籍にもどういう人が書いたり監修しているか書かれていますね。そういった研究者達の所属を見れば、どこの大学、学部、学科、研究室でその手の研究がされているのかがある程度判ります。そういったものを参考にして編入する大学を選んではどうでしょうか。

人工知能学会
http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。
そういう方法は、ぜんぜん頭にありませんでした。
今、チラッとのぞいたんですが、論文などはやはり大学の大学院の名のものがほとんどですが、大学編入のさい、その大学の大学院のことも考えたほうがいいんですかね?

お礼日時:2007/03/19 17:35

そっちの分野には詳しくないですが、学科名だけで選び過ぎない方が良いと思います。


確かにそういう名前の学科に行けば、そういう研究室が集まっているかも知れませんが、そういう名前の学科がないところでそういう研究が為されていないとは限りません。
(そんな新しそうな名前の学科の教授はそんな名前の学科を出たのかどうか)

仰ることがよく判らないのですが、人間の思考パターンその物を再現するならまずその思考パターンが解ってなければならないはずです。
それならそこを研究する事になるかも知れませんし(下手すれば医学部、理や工の生物やバイオかも知れない)、
厳密な思考パターンの所は妥協して、プログラミングとなると、情報系の話かも知れません。
おそらくは、やりたいことがそこまで絞れていると、研究室単位の話になると思います。
機械的知能で実用的に動作してくれるプログラムの研究だってあるでしょうから。
あとは、そういう研究室が集まって、その中から選べる環境であったり、多少範囲を絞って勉強できる環境だったりを選ぶか、
そういう研究室が一つあればいいや、ということにするかだと思います。
ただし、その一つの研究室があまりに場違いな学科にあるような場合は、今一つお勧めしかねます。
研究室所属までの勉強が、あまりにかけ離れた物のオンパレードになりかねませんから。

そういうわけで、大学選びは学科名で選ぶという方法もあると思いますが、オーソドックスに学力レベルで選ぶという方法もあると思います。
ただ、何れの場合でも、やりたいことがやれるような研究室があるのかどうかはきちんと調べた方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。
学科だけで決めすぎないほうがいい・・というのは、高専の担任にも
言われました。学校等を調べるさい、研究室も調べましたが、調べても
わかりにくく投げやっていたところがあり、学校、学部、学科のみに重点を
置いて調べていました。
もう一度、一から検討し直したいと思います!

ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/19 17:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人工知能の倫理指針

人工知能学会で2017年2月28日にまとめられた指針の中で、

  「人工知能自身にも倫理性を」求めた

とのことでした。(朝日デジタル3月1日より)
これは将来 「人工知能が人工知能を作り出す」 ことを想定してのことだそうです。

ここで質問なのですが、「人工知能が人工知能を作り出す」 というのはどういう形態があり得るでしょうか。
人工知能学会がどう考えたのかという意味ではなく、どういう可能性があり得るかという質問です。

「人工知能が人工知能を際限なく作り出すことなどできない」という話は横に置き、できてしまうとしたら、どんな形あるいは方式の可能性があるでしょうか。

人工知能が人工知能を作り出したら、人間にはもう何をやっているのか分からなくなるようにも思います。
きっとその時のためにいまから指針を作ろうというのが、上の指針の趣旨だと思います。

また、コンピュータの電源を切ってしまいたくても切れなくなるような可能性もあるとしたら、どんなことが考えられるでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

人工知能に作曲させるとか、膨大な数の医学論文から主旨内容を理解して検索するとかが行われてますので、人工知能が人工知能について調査検索すれば新しい人工知能が作れるのでは。また、拡大解釈すれば、人間も神が作った人工知能ですし。

人工知能の本体がクラウド上に存在するようになるので、それが全世界のコンピュータシステムをコントロールするようになればSFが現実になるのも近いのでは。

Q大学入試前期出願先、室蘭工業大学・北見工業大学

センター試験を受けて前期日程の出願先を室蘭工業大学にしようか北見工業大学にしようか迷っています・・・・・

室蘭だと473、1/850点
北見だと550/1000点
です。

どちらかに合格の可能性はありますでしょうか?
回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

北見工大ならチャンスあるかも。

http://www.yozemi.ac.jp/nyushi/data/08/gokakusha/hokkaido/kitamikogyo.html

Qどこで人工知能と人工知能もどきを分けると考えますか?

人間と同じ思考回路及び記憶回路を持ち合わせていて、かつ、人工物であればそれは人工知能と呼んで差し支えないと思います。

電卓はある入力に対して計算結果を返してくれます。
例えば
入力:1+2=
結果:3
これは計算を処理するだけの能力は持ち合わせています。
過去を振り返ればこれだけでも人工知能で通用する時代もあったことと思います。
電卓を人工知能と呼ぶのは現代でも有効ですか?
また、電卓が人工知能である場合にはソロバンなどはどうでしょうか?
頭の中には電流が流れていますが電気の有無では分けられないですよね?

電卓などは人工知能と認めないというのであれば
何が出来たら人工知能なのでしょうか?

またクローン人間は人工知能であると考えますか?
xinmanはある意味究極の人工知能であると考えてます。

質問の要点は
「どこで人工知能と人工知能もどきを分けると考えますか?」
です。

みなさんの考え方をお聞かせください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

人工知能の定義については、哲学者の間でも定説はありません。確かに人間の知能の一部を代替する機械、という意味なら電卓は人工知能ですが、それをAIだという人は誰もいないでしょう。電卓には計算以上のことはできないからです。

算盤は自動的に何かをする事はありません。人間が一つ一つの手順を与えて始めて演算ができます。こういうデバイスを通常、我々は「道具」と呼びます。道具は人間の知能活動を支援してくれる装置ですが、これもAIとは呼びません。なぜなら人間が関与しなくなった途端、それはたちまち動きを止めてしまうからです。自律的ではないのですね。

AIとは、人工的に作られた知能、ということです。この人工、という意味は「生物的行為」は含まれていません。従ってクローン人間は人工知能とは言えません。「子作り」を「ロボット製造」と呼ばないのと同じ理由です。

では何がAIかというと、古くはチューリング・テスト、というものが唱えられました。これは心理学の行動主義に基づいた考えで、外側からみて人間らしい反応を返すようであれば知能があるとみなす、という概念です。

しかしこれに対してドレフュスら伝統的哲学者は痛烈な反論を浴びせます。その一つが「中国語翻訳問題」というもので、全く中国語が分からない人に辞書と翻訳手順書だけを与えて翻訳させ、その翻訳文が意味が通っているとします。その場合、その翻訳者は中国語を理解したといえるでしょうか?

チューリングテストによれば、それは「理解」とされますが、我々は通常そのような行為を「理解」とは呼びません。それは「機械的」「鵜呑み」といわれ、知能とは異なるものとされています。この辞書と翻訳手順というのは、知識とルールという人工知能の基本概念の事を比喩したものですが、中国語問題はそのようなやり方では知能は模倣できない、ということを示したものです。

しかし、この事はある重大な帰結を示唆していました。それは「外側から知能を理解することはできない」という事です。技術が進み、人間の神経網を細部まで模倣するデバイスができたとしましょう。しかし、そのデバイスが人間と同じ知能や感情を持っているとは、誰も分からないし、知ることもできないのです。なぜなら、誰もそのデバイスの「心」を感じ取ることはできないからです。(我々が他人の心を知ることができないのと同じ)

コウモリの比喩はその辺の事情を言い表しています。コウモリAとコウモリBは同じ脳神経を持っていますが、Aが青と感じる神経に、Bは赤と接続しています。しかしBは赤と感じる神経は青という出力回路に接続しています。つまり、同じ「青」という入力を与えても、AもBも「青」と答えるのです(Bは赤、と感じるのに)。外側から見れば両方とも青という意味を理解しているように見えますが、実際はその内部で異なる理解のされかたがされているのです。

この事を突き詰めて考えていくと、デカルトのコギトにぶつかります。自分の思考だけを頼りに思索を進めていくと決して他人の脳は理解できない、つまり近代哲学はある点で飛躍を行わないと脳科学に踏み込んでいけないのです。そこで脳科学者たちは「同じ神経構造なら同じ知能を持つ」という仮定をおいて研究を行っています。それが正しいかどうかは科学の範囲内の話ではないので、あくまで仮説ですが。

元に戻ってチューリングテストだけでは不十分だと悟った哲学者たちは、次に指向性、という概念を持ち出します。これは現象学絡みで出てきた言葉ですが、知能の本質はあるものに対する執着である、という考えです。物質は物質に執着しません。氷山は船に執着しません。我々が氷山について考えたり、思ったり、船にぶつかったりすると興奮したりするのです。言い換えれば、そのような執着を人工的に作り出すことができればその装置には知能があるとみなす、という事です。

その他にも認知言語学からのアプローチもあり、さまざまな主張が飛び交ってますが、知能という概念は近代哲学の根本に直結する難しさもあって、論争のための論争状態が続いています。従って、ご質問の回答にたいしては「明快に分けられる基準はない」ということでしょう。生物と非生物の境界みたいなものですね。

ただ、工学的、実用的基準からいえばチューリングテストで十分でしょう。機械は使えればいいのであって、それが何を思おうと、ユーザには無関係なことですから。

人工知能の定義については、哲学者の間でも定説はありません。確かに人間の知能の一部を代替する機械、という意味なら電卓は人工知能ですが、それをAIだという人は誰もいないでしょう。電卓には計算以上のことはできないからです。

算盤は自動的に何かをする事はありません。人間が一つ一つの手順を与えて始めて演算ができます。こういうデバイスを通常、我々は「道具」と呼びます。道具は人間の知能活動を支援してくれる装置ですが、これもAIとは呼びません。なぜなら人間が関与しなくなった途端、それは...続きを読む

Q法政大学の機械工学科と芝浦工業大学の材料工学科だったらどちらに行くべきですか?自分がどちらを学びた

法政大学の機械工学科と芝浦工業大学の材料工学科だったらどちらに行くべきですか?
自分がどちらを学びたいのかということは置いておいてどちらがいいか教えてください。

Aベストアンサー

東京六大学、法政大学です!

QVBAで人工知能の搭載したプログラミングは可能でしょうか?

VBAで人工知能の搭載したプログラミングは可能でしょうか?
最近、人工知能に興味があるのですが
VBAでも可能なのでしょうか?
(オセロゲームなど?)
しかし、人工知能の条件に「学習」が入るとしたら
厳しいでしょうか?

もしくは人工知能の条件が合えば
言語は何であろうと可能でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

AIの程度によると思います。
基本的にVBAは、オーバーヘッドがあって重いので
高度な物は無理だと思います。
重くてもいいなら、あるいは単純な物は可能だと思います。

Q山形大学と芝浦工業大学のどちらに進学すべきか

山形大学工学部機械システム工学科と芝浦工業大学機械工学科に合格しました。今のところ大学院までは考えてはいません。いろいろ調べてみましたが、自分の中でなかなか結論がでなく迷っています。
どちらにすべきか教えてください。

Aベストアンサー

同学部類似学科での国立大と私立大との比較は難しいとは思いますが、この両校の場合、単純に入試難易度や偏差値では芝浦工大の方が若干上でしょうか?
しかし、山形大の工学部も伝統的に同大の看板学部なのは確かです。

あと、就職は地元なら山形大が、東京とかなら芝浦工大が有利かと。
また、特に院まで進まないのならば即戦力としては圧倒的に芝浦の方が企業では使えると思います。現に芝浦は院に進む人は少ないということです。(研究室の多さや就職時の面倒見の良さも定評があります)

ご参考までに、都内・都下の私立理系は早・慶・上智・東京理科>明治・青山学院・立教・中央・法政>芝浦工・成蹊>日大・東京都市>東洋・東海・工学院・東京電機・千葉工(以下略)
が、最近の信頼筋のランクかと。(但し、学科によっては多少の上下あり。例えば芝浦工大が中央大と並び、法政大をはるかに上回る学科もある)

また、国立大で名実共にどこに出ても十分通用するのは、旧帝大を筆頭に神戸大・千葉大・金沢大・新潟大・岡山大・広島大・熊本大・長崎大ではないでしょうか。(しかしながら国公立大は全国どの大学も一定以上の水準であることは確かです)

同学部類似学科での国立大と私立大との比較は難しいとは思いますが、この両校の場合、単純に入試難易度や偏差値では芝浦工大の方が若干上でしょうか?
しかし、山形大の工学部も伝統的に同大の看板学部なのは確かです。

あと、就職は地元なら山形大が、東京とかなら芝浦工大が有利かと。
また、特に院まで進まないのならば即戦力としては圧倒的に芝浦の方が企業では使えると思います。現に芝浦は院に進む人は少ないということです。(研究室の多さや就職時の面倒見の良さも定評があります)

ご参考までに...続きを読む

Q人工知能分野の将来

人工知能に興味を持っています。
でもまだ勉強を始めたばかりです。
音声認識、自然言語理解あたりが面白そうです。

それで、いろいろ検索すると
「人工知能は過去の遺物だ」とか
「人工知能は研究費の無駄遣いだ」とか
「うちの会社は研究を打ち切った」とかいう話を目にしました。

「人工知能は永遠に完成しない」というのも聞きました、これは本当かも…。

でも、人工知能(※)はまだ完成していないですが、その副産物として
自動翻訳(ないよりはましなレベル)、情報検索(一日一回は使ってる)、
音声認識(カーナビ、バウリンガルもそう?)などが実用化されていますよね
(なんか写真の技術を生んだ錬金術みたいですね)。
それでも人工知能は採算の合わない研究なのでしょうか?

情報工学、数学、心理学、言語学、神経医学などの分野で
人工知能について勉強している人達は他の研究をするべきなのでしょうか?

あなたの子供、または友人が「人工知能の研究がしたい」と言い出したら
なんとアドバイスしますか?
現実を見据えた意見をお願いします。

※定義が難しいので仮に「話してて人間と分からない奴」としましょう

人工知能に興味を持っています。
でもまだ勉強を始めたばかりです。
音声認識、自然言語理解あたりが面白そうです。

それで、いろいろ検索すると
「人工知能は過去の遺物だ」とか
「人工知能は研究費の無駄遣いだ」とか
「うちの会社は研究を打ち切った」とかいう話を目にしました。

「人工知能は永遠に完成しない」というのも聞きました、これは本当かも…。

でも、人工知能(※)はまだ完成していないですが、その副産物として
自動翻訳(ないよりはましなレベル)、情報検索(一日一回は使ってる)、
...続きを読む

Aベストアンサー

「人工知能は過去の遺物だ」云々という話は、「だから自分は違うこんなことをやっています」という話に続けるためのただの枕詞で、はっきり言って陳腐なダサい言い回しです。

ただ、こういう事はよくあって、以前にある看板(「人工知能」「ニューロファジィ」「第5世代」とか)を掲げて進めてた研究分野が終了したり行き詰まりを見せて資金が細りだすと看板が掛け替えられる。そして金をもらう方は出す方に対して「いや、昔のあの話とは違うんです」と主張するためにこういう枕詞を使う。

だからこういう言い回しに対しては冷静に判断する必要があって、人工知能の何がだめだったのか、その派生技術もだめなのかを問い直すginkgoさんの姿勢は正しいと思います。

で、枕詞に使用されるときの「人工知能」は、「人工知能概論」みたいな教科書の前半くらいに載ってる狭義の人工知能研究を指していると私は考えています。プロダクションシステムやエキスパートシステムなどの、入力⇒推論⇒出力を全て記号化された知識で記述して人間のジェネラルな知能を実現しようというアプローチの研究です。こういった話はSymbol Groundingだとかフレーム問題とか暗黙知の形式化の困難性とかで行き詰り、今では誰もそんな記号表象の集合体で人間の知能が実現できるなんて考えない。だから、狭義の人工知能研究が終わったという主張ならその通り。

でも厄介なのが、人間の知能の模倣に必要と思われる要素技術を全てひっくるめて人工知能研究と呼ぶことがある。これはおそらく最広義の「人工知能研究」の定義で、計算機科学からメカトロニクス、認知科学から生理学まで含むことができる。それぞれの研究分野は今でも価値があり重要な課題が残っているので十分に取り組む余地はある。

長くなりましたが、結論としては、狭義の人工知能研究を否定する決まり文句を読んで、広義の人工知能研究全体を否定的に捉える必要は無いと思います。

「人工知能の研究がしたい」に対しては「で、何がしたいの?」

「人工知能は過去の遺物だ」云々という話は、「だから自分は違うこんなことをやっています」という話に続けるためのただの枕詞で、はっきり言って陳腐なダサい言い回しです。

ただ、こういう事はよくあって、以前にある看板(「人工知能」「ニューロファジィ」「第5世代」とか)を掲げて進めてた研究分野が終了したり行き詰まりを見せて資金が細りだすと看板が掛け替えられる。そして金をもらう方は出す方に対して「いや、昔のあの話とは違うんです」と主張するためにこういう枕詞を使う。

だからこういう...続きを読む

Q子どもが関東学院大学栄養学科と神奈川工科大学の栄養生命学科学科に合格しました。第一志望から第三志望ま

子どもが関東学院大学栄養学科と神奈川工科大学の栄養生命学科学科に合格しました。第一志望から第三志望まで不合格になってしまい、どちらもオープンキャンパスなどには参加していません。パンフレットなど読んでもどちらがいいか正直わかりません。通っている方もしくは知り合いが通っているなど情報お持ちの方、環境や学習内容、雰囲気など教えてください。

Aベストアンサー

大学が近くにあるなら行ってみれば、通学の便がまず解る。学食で食事をし回りの学生の会話に聞き耳を立てるだけで学生の傾向もわかる。他人に話を聞くより行動しろ。

Q【人工知能】ディープラーニングと認知型人工知能と多変量解析の違いを教えてください。

【人工知能】ディープラーニングと認知型人工知能と多変量解析の違いを教えてください。

Aベストアンサー

多変量解析=認知型人工知能のプログラムに使われてる解析方法

認知型人工知能=多変量解析を使って自動的に学習させるプログラム

ディープラーニング=認知型人工知能の中でも、ダミー変数や因子数を与えずに自分で発見させるプログラム

Q高専の電気系学科と情報学科

高専の電気系学科を卒業した後に情報系学科の大学へ編入するのって難しいですか?
出来れば経験者に聞きたいです。

Aベストアンサー

高専の情報工学科の5年生です.

経験者でなくて申し訳ないのですが,大学で情報系学部への編入を受験する人は,電気科と情報科がほとんどです.
で,問題は受験科目なんですが,ほとんどの大学の情報系学部では,数学や英語のほかに,専門教科として電気科目を用意しています.

なので難易度的には,情報系学科でも,電気系学科でも大して代わらないと思います.
もちろん,大学によって受験科目が違うので多少の差はあるでしょうけど.


人気Q&Aランキング