人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

質問のとおりです。
善悪でいえばもちろん悪ですが
手渡しだったら
ばれないですよね?
ばれないから税金はかからない?
これが脱税になるんですね。
警察につかまるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

贈与税の基礎控除額は110万円ですので、「大金」の範囲ですが、110万円以上で手渡しできる額として、一般的な市民感覚内?の額・・数百万円から1000万円強くらいと仮定します。



一般的には現金でなくても銀行口座間での異動でも税務署はそこまで調査しません、できません。

通常は家(不動産)を買う、建てる場合に、お尋ね文が来て資金の出所を調査され補足されますが、それ以外では、税務当局に補足されることはありません。

あくまでも一般論です。
    • good
    • 45
この回答へのお礼

買い物しなければばれないんですね
ありがとうございます

お礼日時:2007/04/05 18:58

贈与税の基礎控除は1年あたり、110万円です。


 この金額を超えれば、贈与税が課税されることになります。
 不動産、預貯金、金融資産等の財産のほか、現金も例外ではありません。
    • good
    • 14

専門家紹介

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

詳しくはこちら

専門家

5年間ばれなければ贈与税を納める必要はありません。



税金の事には警察は関与しません。
    • good
    • 26
この回答へのお礼

もらって、買い物せず5年放置して
ばれなければ、贈与税を支払わなくていいのですね
ありがとうございます

お礼日時:2007/04/05 18:59

大金を所有している段階では、それは合法的だという前提で考えます。



法的な監視下の基では、大金と呼ばれるような財産は、なんらかの形で監視されていることになります。
印刷局で生まれた紙幣が、とつぜん脈絡もなく手元にあることは考えられませんので、どなたかの手を渡ってそこにあるのだと言えます。
これが所有者からどなたかの手に渡った場合、これを申告しなければ贈与税からの脱税になります。

また、贈呈したことを申告しないでいれば、所有者に資産として税金がかかります。
所有者のもとにある資産が、実際の資産よりも多く計算されるわけです。

贈与税は払わないかもしれませんが、税金を免れるとは言えません。
また、虚偽申告は違法行為ですし、発覚し、納税分が不足していれば追徴課税がかかります。

逮捕されるかどうかは、実際の金額や悪質かどうか、贈与先が犯罪組織化など様々だと思います。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

税ってむずかしいですね
ありがとうございました

お礼日時:2007/04/05 19:00

もらった人がそのお金を何かに使ったとします。


(例えば家を買うとか…)

すると税務署が購入資金の出所について尋ねて
きます。

結果、ばれるということもあります。
    • good
    • 21
この回答へのお礼

税務署ってうるさいですね
ありがとうございました

お礼日時:2007/04/05 19:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q贈与はなぜわかるのですか?

知識が乏しく単純な質問で恐縮ですが、

親から子への贈与は一体いつだれが調査するのでしょうか?
銀行が税務署に逐一報告しているとは思えませんし・・。
例えば親の口座からお金を引き出し、子供の口座に入金するような場合です。あるいは手渡しなども考えられます。

よく子供用にお金を貯めておき、必要な時(子供の住宅購入資金や結婚資金など)で親から子へお金を渡す事は当然ある事ですが、こういう時はどうなるのでしょう?
口座を経由せず手渡しならわからないのしょうか?
あるいは最初から子供名義の口座にして貯めておけばいいのでしょうか?
課税調査のシステムがよくわかりません。

あわせて夫から妻に対するお金の出し入れも贈与になるのでしょうか?
すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修正申告書を出して、追徴本税を払い、過少申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担します。

不動産を持った場合に判明するのが一般的でしょう。
不動産の所有権変更などがあった場合は、法務局から税務署にデータが報告されます。
税務署では「売った人間」「買った人間」両者にお尋ねという質問文を発送し、回答を得ます。

不動産をいくらで買ったのか、その資金はどこから得たのかという質問に答えます。
答えたくなければ答えなければ良い話ですが、調査官が「おこんにちは」と家に来られるより良いので、多くの方が答えます。
それで「不動産購入資金としてもらった」のが分かるというわけです。

家を新しく建てたという場合には、ローン控除が受けられますので、これを受けるために「いつ、どんな家を購入して、その資金はどうしたか。」などを不動産登記簿や住民票など必要書類を添付した申告書を提出します。
この資料に「誰からいくら現金を貰った」と記載するので、分かります。
書かなければバレナいだろうとは、思うのですが、銀行からのローン残高とか手持ちの資金からいくら出したのかなどを記入していくうちに「ごまかして書いてもバレそうだ。正直に記載しよう」となるのです。

これ以外にも「ばれる」のは、近所の人がする「タレこみ」です。
また、贈与行為を隠していて税務署につかまって追徴されたという人が、積極的に「おれはバレタ。残念だ」と新聞に発表するわけではないので、「ばれないんんじゃないの。聞いたことないし」というレベルになってると考えられます。
恥ずかしいので口にしない人のほうが多いでしょう。
実際には、贈与税の無申告で追徴されたという方は結構いるようです。
公になってないので「現金だとばれない」という都市伝説ができてるのでは?が私の意見です。


夫から妻に対して現金を渡す行為は「相互扶助義務」の範囲でしたら贈与税はかかりません。
つまり生活費として渡してるなら、その金額が「それは、いくらなんでも多いだろ」という額でない限り贈与税は非課税です。
また所得税も非課税です。

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修...続きを読む

Q税務署から贈与税無申告が摘発されるのはどのような場合でしょうか?

税務署から贈与税無申告が摘発されるのはどのような場合でしょうか?不動産取得の際以外で何かありますか。銀行口座間の振込(1,000万円)後、証券会社口座に移すつもりですが税務署は把握できるのでしょうか?
実際は、私名義の証券口座→私名義の銀行口座→母名義の銀行口座→母名義の証券口座を考えています。
振込ではなく、現金の受け渡しなら把握できない等の情報教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

>個人の口座の金の動きまで把握していないでしょうし、

それがそうでもないのですよ。
No.5の回答にあるように、一定の条件でいろんなところから情報を得ます。銀行、車販売店、証券会社なんかは恒常的な調査対象のようですね。それと国税税務情報と市町村の課税台帳を照らし合わせ、不自然な資金の流れ、資金出所不明な購買をチェックし税務調査へつなげるのです。

Q親の口座からのお金の移動は可能?

そろそろ老化が進んできている親の預金が気になりまして、親の同意、立会いのもとに、生前に親と同じ銀行に自分の口座を持ち、親のカードで少しずつお金を移動できないかと考えているのですが、このようなことは可能でしょうか。また、その際に移動後の預金の一部を子供の学資などに使用することは問題あるでしょうか。

Aベストアンサー

>このようなことは可能でしょうか。

親が未だ自分の意思表示が出来る状態だと、可能です。
親からの「贈与」となります。

>移動後の預金の一部を子供の学資などに使用することは問題あるでしょうか。

親からの贈与を受けたお金は、贈与を受けた者(質問者さま)が自由に利用する事が出来ます。

余談ですが・・・。
相続時精算課税の特例による贈与。
65才以上の親から20才以上の子供へ、2500万円までの贈与を非課税にできます。
但し、親の死亡による相続の時に「相続税として支払」ます。
通常は、毎年110万円以下だと贈与税は発生しません。

Q贈与税ってどうやって発覚?母の疑問..

こんにちは。
以前もこちらで父の遺産の相続税などの件でアドバイスを頂き、
税務署へ問い合わせをし、非課税の金額内という事で
申告不要と言われました。ありがとうございました。

今日の質問はその延長でもあるのですが、こちらは田舎なせいか、
一般的に遺産の相続は、一度配偶者が全て受け取り、その後家庭内で
子供へ配分するとか、子供へは遺産としては配分しない事が多いようです。
遺産として配分するのではなく、子供が家を建てる時に
資金援助という形がメジャーのようです。
私なりに勉強して思ったのですが、たとえば非課税の遺産が
7000万あったとして、母と子供2人で配分すると特に問題は
発生しませんが、全て母名義にしてから受け取ると、
贈与税がかかる事になるのですよね?
それで私は、いずれ新築し資金援助をしてもらう予定でしたので、
税金のかからないように、きちんと相続という形が良いのでは?と
母に提案したのですが、「お母さんが子供にお金をあげたって、
どうして税務署でわかるの???」と、聞かれました。
私も「???どうしてかなぁ???」と返事出来ませんでした。
無知な故の、たぶん凄く恥ずかしい質問だと思います...。

恥を承知でお尋ねします。教えてください。宜しくお願いします。
それからこういった場合、どのような形での受け取りが
ベストなのでしょうか。

こんにちは。
以前もこちらで父の遺産の相続税などの件でアドバイスを頂き、
税務署へ問い合わせをし、非課税の金額内という事で
申告不要と言われました。ありがとうございました。

今日の質問はその延長でもあるのですが、こちらは田舎なせいか、
一般的に遺産の相続は、一度配偶者が全て受け取り、その後家庭内で
子供へ配分するとか、子供へは遺産としては配分しない事が多いようです。
遺産として配分するのではなく、子供が家を建てる時に
資金援助という形がメジャーのようです。
私なりに勉強...続きを読む

Aベストアンサー

>発生しませんが、全て母名義にしてから受け取ると、
>贈与税がかかる事になるのですよね?
はい。その通りです。

それで私は、いずれ新築し資金援助をしてもらう予定でしたので、
税金のかからないように、きちんと相続という形が良いのでは?と

>母に提案したのですが、「お母さんが子供にお金をあげたって、
>どうして税務署でわかるの???」と、聞かれました。
よいご質問です。
一番わかりにくいのは現金手渡しで、その後も現金で所持した場合です。
これは知りようもないですね。

一方で銀行の口座に預けますとその記録は残りますし、税務署はその記録を必要とあれば何時でも見ることが出来ますので動きがわかります。
銀行に限らず証券会社の口座も把握しているし、不動産については登記情報は税務署に行きますし。

これらにより何時でも把握することは出来ます。

ただいちいち調べているのかというと調べていません。
贈与税は結局のところ相続税脱税防止が目的の税金なので、そもそも相続税がかからないほどの資金の動きについては調べたりはしないわけです。
他方、相続税がしっかり課税されるような資産がある場合には、ひそかにチェックされています。
この場合には難しいタンス預金(つまり現金で所持している場合)であっても、見つけ出すこともあります。
これは税務署は日本の企業に始まり個人の所得をすべて把握していることなども関係し、お金の動きはよく把握し、整理させているからです。

ということで、一般庶民レベルですと、ご質問にあるように一度配偶者が全部受け取り、その後に子供に資金提供といっても、税務署はあまり突っ込まないのです。
というのも初めから遺産分割で子供に相続されたものなのか、一度母に全額相続されたものなのかは明文化されたものがなければわからないからです。
ただ銀行に全額母にという遺産分割協議書を提出していれば、税務署が調べたときにばれて税金納めろといわれますよ。

>発生しませんが、全て母名義にしてから受け取ると、
>贈与税がかかる事になるのですよね?
はい。その通りです。

それで私は、いずれ新築し資金援助をしてもらう予定でしたので、
税金のかからないように、きちんと相続という形が良いのでは?と

>母に提案したのですが、「お母さんが子供にお金をあげたって、
>どうして税務署でわかるの???」と、聞かれました。
よいご質問です。
一番わかりにくいのは現金手渡しで、その後も現金で所持した場合です。
これは知りようもないですね。

一方で...続きを読む

Q友人からお金を貰う。

友人からお金を貰う。

友人より100万円以上のお金を頂くことになりました。
口頭の約束ですが友人曰く
『返済はしなくていい』
『差し上げたい、プレゼントという意味で』との事です。
詳しい事情は割愛させて頂きます。
(犯罪に関わるお金ではありませんし犯罪に使用するつもりでもありません)
(お互いの個人情報も知り尽くした信頼できる仲間ですので詐欺などのことでもありません。)

この場合贈与として貰った場合、
万が一友人が3年以内?に亡くなれば贈与税がかかってしまうと思うのですが、
寄付するという旨の意思を書いてもらえば税金等はかからないでしょうか?
貰うならば万が一の事を考え税金等の心配をせずに頂きたいと考えています。
税金等お詳しい方にご教示頂きたいです。

追記:頂くお金は友人の個人的な財産です。
個人から個人へプレゼント的な意味合いでの受け渡しです。
背景を割愛したので伝わりにくいかもしれませんが、
友人は『正月に近所の子供にお年玉をあげる』ような感覚であると思います。

Aベストアンサー

>友人より100万円以上のお金を頂くことになりました。
すごいですね。

>万が一友人が3年以内?に亡くなれば贈与税がかかってしまうと思うのですが、
いいえ。
3年以内どうこう関係なく、もらった時点で贈与税は発生します。

>寄付するという旨の意思を書いてもらえば税金等はかからないでしょうか?
無理でしょう。

>貰うならば万が一の事を考え税金等の心配をせずに頂きたいと考えています。
200万円くらいなら、2年に分けてもらえばいいですよ。
最初から基礎控除を超えて贈与するのがわかっていて何年かに分けることは、本連年贈与といって本来ではないし、贈与税の対象とされることもあります。
2回くらいに分けるなら税務署もそんなに追及などしないでしょう。

ただ、最初から200万円もらう予定だったということでなく、あくまで最初に100万円もらいました(あげました)、そして次の年になったらもう100万円もらいました(あげました)。ということにするわけです。
脱税とはいえない範囲の節税でしょう。

私は、公共事業で特別控除をより多く受けるため2か年に分けて売り、税務署でも最初はこれだけ売った、でも、翌年になったらもう少し売ろうと思ったということならOKだということを経験しています。

>友人より100万円以上のお金を頂くことになりました。
すごいですね。

>万が一友人が3年以内?に亡くなれば贈与税がかかってしまうと思うのですが、
いいえ。
3年以内どうこう関係なく、もらった時点で贈与税は発生します。

>寄付するという旨の意思を書いてもらえば税金等はかからないでしょうか?
無理でしょう。

>貰うならば万が一の事を考え税金等の心配をせずに頂きたいと考えています。
200万円くらいなら、2年に分けてもらえばいいですよ。
最初から基礎控除を超えて贈与するのがわかって...続きを読む

Q贈与税っていくらでもごまかせるのでは?

今、私が誰かから500万円貰ってそれを預金するとします。
理屈ではこれって贈与税がかかってしまいますよね?

では、税務署が「これは贈与された金かもしれない」と嗅ぎつけるのはいつなのでしょう?
預金した段階でですか?
でもそれは、「私の持っている口座全て」、そしてその口座でどんなお金の動きがあるのか全て把握、監視していなければ無理でしょう。
また、このお金が「贈与されたもの」だということをどう判断、証明して贈与税を取るつもりなのですか?
もしかすると私がもともと持っていたお金かもしれません。
実質的に証明不能だし、いくらでも贈与税逃れできそうな気がします。

実際のところどうなのでしょう?

Aベストアンサー

>税務署が「これは贈与された金かもしれない」と嗅ぎつけるのはいつ…

翌年の 2/16~3/15 までに、あなたから確定申告書が提出されたときです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4429.htm

>そしてその口座でどんなお金の動きがあるのか全て把握、監視していなければ…

そんなことはしていません。
そもそも、日本の税制は、自主申告・自主納税を建前としています。
預金の利子所得など源泉分離課税となるものなどを除いて、税金は自分で正しく計算し、自分から進んで納めに行くものなのです。
これを確定申告と言います。
サラリーマンの給与に限っては会社が代行してくれますが、これとて税務署からこの人の税額はいくらですと言ってくるわけではなく、あくまでも会社が自主申告の代行をしているだけです。
贈与税や相続税も「申告納税」の仲間です。

申告納税制度は、いわばスーパーで買い物することと同じで、
「私はこれだけの商品を買います」
とレジでかごの中を広げることと似ています。
スーパーでもガムやキャラメルぐらいは、ポケットに入れてレジ係にも警備員にも見つからないようにすることは、それほど難しい話ではありません。
税金も同じで、ごまかそうと思えばいくらでもごまかすことができなくはありません。

>このお金が「贈与されたもの」だということをどう判断、証明…

現金のまま持っていたり、貯金しただけならたしかに税務署に把握される可能性は少ないでしょう。
ただ、そのお金で車や不動産など、登記や登録を伴う買い物をすれば、これは税務署に筒抜けになります。

いずれにしても、万引きも脱税も見つかったときのペナルティは計り知れないものがあります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm
社会人としての信用を一気に失墜します。
ご注意ください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>税務署が「これは贈与された金かもしれない」と嗅ぎつけるのはいつ…

翌年の 2/16~3/15 までに、あなたから確定申告書が提出されたときです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4429.htm

>そしてその口座でどんなお金の動きがあるのか全て把握、監視していなければ…

そんなことはしていません。
そもそも、日本の税制は、自主申告・自主納税を建前としています。
預金の利子所得など源泉分離課税となるものなどを除いて、税金は自分で正しく計算し、自分から進んで納めに行くものなのです。
...続きを読む

Q親への仕送り、税金は?

大学生の頃父が亡くなり片親です。
母の老後が心配なので仕送りを考えています。

母は体調が優れず現在働いいていません。
祖母の介護もあるので今後も働きに行けないかなと思っています。

なので毎月15万ほど仕送りをしたいと考えているのですが年間110万円を超えてしまうので贈与税がかかるのではないかと不安です。

家族間で生活費として仕送りする場合は贈与税はかからないという文面を見つけたのですが本当でしょうか?
その場合15万円の仕送りをきっちり毎月使い切らないとまずいのでしょうか?

私も今後結婚をし子供が出来て産休や育休取得となると毎月15万円の仕送りは難しくなるかもしれないので10万円ほどを生活費に、残りの5万円は貯蓄してほしいなと思っています。

この場合10万円は生活費として非課税。
貯蓄に回す5万円×12ヶ月=60万円、で年間110万円に収まるから非課税ということになりますか?
それとも15万円×12ヶ月=180万円に課税となってしまうのでしょうか。

税金にお詳しい方、ご回答いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

大学生の頃父が亡くなり片親です。
母の老後が心配なので仕送りを考えています。

母は体調が優れず現在働いいていません。
祖母の介護もあるので今後も働きに行けないかなと思っています。

なので毎月15万ほど仕送りをしたいと考えているのですが年間110万円を超えてしまうので贈与税がかかるのではないかと不安です。

家族間で生活費として仕送りする場合は贈与税はかからないという文面を見つけたのですが本当でしょうか?
その場合15万円の仕送りをきっちり毎月使い切らないとまずいのでし...続きを読む

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>家族間で生活費として仕送りする場合は贈与税はかからない…本当でしょうか?

本当です。
国税庁のサイトにも以下のように説明されています。

『贈与と税金>贈与税がかからない場合』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm
>>2.夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者から生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるもの…

ちなみに、なぜそういう取り扱いになっているのかといえば、「税法」も「民法の考え方」をベースに作られているからです。

『扶養の義務とは? - 民法の取扱説明書』
http://minnpou.blog81.fc2.com/blog-entry-49.html

>…15万円の仕送りをきっちり毎月使い切らないとまずいのでしょうか?

厳密なことを言えばそういう「理屈」にもなりますが、「生活費」というのは(突然の出費などで)変動するものですし、「仕送りは、使いきらないと課税されてしまう」という考え方は「極めて不自然、不合理」です。

ですから、「平均すればこれくらい」というようなアバウトな考え方で問題ありません。(もちろん、常識的な範囲の金額でということです。)

>…10万円は生活費として非課税。…60万円、で年間110万円に収まるから非課税ということになりますか?

おっしゃるとおり、「理屈」はそういうことになります。

>それとも15万円×12ヶ月=180万円に課税となってしまうのでしょうか。

それはありません。
また、【仮に】、「生活費は自分で稼いで、仕送りは全額貯蓄してしまう」としても「180万円-基礎控除110万円=70万円」が課税対象です。

*****
(備考1.)

ご存知かとは思いますが、お母様に収入がないのであれば、fujimichi4さんは「扶養控除」を申告することができます。

『扶養控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
『生計を一にするQ&A』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm
※あくまでも税法上の「考え方」です。「生計を共にする」とも違います。

『一宮市|所得金額とは』
http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/shiminzei/guide/shiminzei/syotoku.html

*****
(備考2.)

※ここからは、ご質問とは直接の関係はない「国税とは?」「贈与税とは?」というような話になりますので、不要であれば読み飛ばしていただいて差し支えありません。

---
「所得税」も「贈与税」も「納税義務者」の【自己申告】にまかされた「申告納税制度」という仕組みを採用しています。

つまり、「申告の義務があるかどうか?」については、まずは(国ではなく)【自分自身(国民自身)が判断する】のが原則ということです。

『申告と納税』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/06_1.htm
>>国の税金は、納税者が自ら税務署へ所得等の申告を行うことにより税額が確定し、この確定した税額を自ら納付することになっています。これを「申告納税制度」といいます。

そのような前提があったうえで、「国(実務上は国税局や税務署)」の【見解】と相違があった場合に、「訂正(修正申告)」を求められたり、「国税局や税務署」の判断で税額を決定されたりすることがあるということです。

ですから、「自分の判断(申告)におかしな点はない」という自信があるのであれば、必ずしも国の判断に従う必要はありません。

『不服申立ての手続』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/fufuku/huhuku3.htm

ちなみに、「そもそも申告していない」場合は、「見解の相違」そのものが起きようがありませんので、「国税局や税務署」が、「申告義務があるのに申告していないことを把握した(情報をつかんだ)」場合に、「見解の相違が起こりうる」ということになります。

---
結局、何が言いたいのかといいますと、「誰が見てもあきらかなこと」は争う余地がないのは当然ですが、「仕送りのうちいくらまでが生活費として妥当か?」というような、「(誰にでも当てはまるような)明確な基準がないこと」については、「国民(納税者)と国(税務署)の双方が納得できる落とし所を探る」ようなことも必要になるのが「申告納税制度」ということです。

ですから、原則として、「自分が正しいと思う通り」にすればよいのですが、「自分の判断に自身が持てない」ということであれば、「税務署」へ事情を話し、「お互い納得できるライン(金額)」を事前交渉しておくべきということになります。

『国税局・税務署を調べる』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm

---
ちなみに、「国税局や税務署」は、「申告義務があるのに申告しない者(つまり脱税を行っている者)」の調査ばかりしているわけではありません。

まずは、「申告した者の申告内容」を調査するのが主な仕事になるのですが、「贈与税の申告漏れ(無申告)」は、そのような調査のうち「相続税の申告内容の調査」で発覚することが多いようです。

裏を返せば、「(国民の)身内同士のお金のやりとりなど税務署はいちいち気にしていない(そんな暇はない)」、しかし「それなりの相続財産がある(申告漏れがあれば徴税額も大きくなる)」場合は、「過去のことまで徹底的に調べる」ということです。

もちろん、「明らかな脱税」を「徴税額が少ないから」とスルーしてばかりでは納税者(国民)になめられてしまいますから、「税額が少なければすべてお目こぼしになる」ということではありません。

これについては、以下の記事が参考になります。
「贈与税」についてではありませんが、「税務署の行っている調査(仕事)」ということでは「贈与税」についても同様です。

『確定申告後に税務署から来署案内?』(2011/01/18)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-594e.html
『税務署はいくらから来る?』(2010/12/06)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-760.html

*****
次に、「贈与税」を考えるときに重要なこととして、「贈与税は相続税(の仕組み)を補完するための税金である」ということです。

たとえば、「遺産を相続した家族にかかる相続税を減らしたい」と考えるのが人情ですから、「生きているうちに財産を贈与してしまえば相続税がかからない!」と誰しもが考えることでしょう。

しかし、それを許せば「相続税」は意味がなくなってしまいますので、「そのような行為は脱税である」という考え方のもとに作られたのが「贈与税」ということになります。

---
しかし、そうなると「お年玉(財産)をもらった子供も贈与税の申告をしなければならない」、あるいは「家族に仕送りするのも財産の贈与だからすべて申告の対象である」という「理屈」になってしまいます。

しかし、常識的に考えて「おかしな理屈」であるのはあきらかです。

国としても、「毎年、税務署に贈与税の申告者が押し寄せる」ことになっても困りますから、「ならば、一定の額までは申告不要にして、生活や教育に使うお金も贈与税の対象外とする」というような規程が作られたわけです。

ですから、「110万円」という金額も、あくまでも「そのぐらいが妥当であろう」という線引きにすぎませんので、「110万円をほんの少しでも超えたら絶対申告すべし」というようなものではありません。

そもそも、前述のように「いくらぐらいが生活費として妥当か?」の解釈によって「課税対象となる(ならない)範囲」も容易に変わってしまうわけですから、「その人の家庭の事情」を考慮することで、結局は「人それぞれ」「ケース・バイ・ケース」にならざるを得ないということです。

*****
(その他参考URL)

『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『国税庁>ご意見・ご要望』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm
---
『日本税理士会連合会>相談事業のご紹介』
http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/consultation.html
『まだまだたくさんいる「偉い税理士先生」』(2012/06/07)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1359.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>家族間で生活費として仕送りする場合は贈与税はかからない…本当でしょうか?

本当です。
国税庁のサイトにも以下のように説明されています。

『贈与と税金>贈与税がかからない場合』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm
>>2.夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者から生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるもの…

ちなみに、なぜそういう取り扱いになっているのかといえば、「税法」も「民法の考え方」をベースに作られている...続きを読む

Q親からもらったお金に対して相続税は必要?

この度親から1000万程お金をもらいました。
貰ったのは今回が初めてで自分が子供の頃から私の名前で貯金をしていてくれたらしいです。
もらったといっても郵便局の預金証書をもらっただけなのですが、
郵便局に持っていけば換金出来るそうです。

で、質問はこれに対して税金はかかるのかどうか?です。
普通に一度に自分の銀行の口座に振り替えてしまって良いのでしょうか?

Aベストアンサー

一年間に110万円を越える金銭を入手したとき、
贈与税が発生します。

ただ、今回の場合、質問者名義で長年貯金したものですので、
郵便貯金に入金した毎の贈与と考えれば、
都度の金額は贈与税には該当せず、
気にしないで自分の銀行口座に移動してもよさそうな気がします。
(親が子供にお小遣いを渡していた、と同等?)

税務署とかに相談してしまうと、名義は本人でも実質所有者は親だったので、
一括で1000万の贈与にあたる。とか言われる可能性もありそうですが。

Q預かったお金を返しても贈与税?

母がややぼけてきたため、兄弟で話し合い、私は母の700万円を預かることになりました。
5ヶ月経って、やはり贈与税が心配になり、私の口座から母の口座に戻そうと思います。
税金上、なにか問題になるでしょうか。

Aベストアンサー

預金の名義変更がされる=贈与ではありません。
金銭消費貸借かもしれませんし、贈与かもしれませんし、とにかく「本人同士の意思がどうだったか」が重要な要素です。
本例では、母の意志はともかく、受け取った人間が「貰った」という意識がなく、受け取った方の兄弟姉妹がそれを確認してるのですから、贈与行為とはなりません。
法的にいえば、贈与契約が存在してません。
つまり贈与税は課税されません。

母上の預金を通帳と印鑑で管理しておくというが一番ですが、いざ「死亡」ということになると、預金凍結されますので、どえらい面倒です。
これを知ってる方は「生きてるうちにおろしてしまえ」とおろします。
現金で管理してると亡失すると大変ですので、管理してる人の預金通帳に入金をします。
実は、これが「贈与ではないか」と税務署から疑われる行為になります。
本例では、上記のように「贈与ではなく、お金の管理をしてた」という兄弟姉妹の証言が得られることで、贈与契約不存在が立証できますので、心配無用です。

気をつけるべきことは、兄弟姉妹の同意なくして、預ってるお金を「私用」しないことです。
いついくら下ろして、何に使ってという記録をとっておき、領収書も保存しておくべきです。
これは「あんたが管理してると思ったのに、勝手に使い込んでしまった。ああだこうだ」と兄弟喧嘩になるのを防ぐためです。
相続発生すると、仲のよい兄弟姉妹でも争いが起きるものです。
それ以前に争いごとの元を作らないような、工夫がいります。


ちなみに「名義変更等が行われた後にその取消し等があった場合の贈与税の取扱いについて」という国税庁長官通達がありますが、本例はこれを持ち出すまでもないでしょう。
理由は「贈与ではない」からです。

預金の名義変更がされる=贈与ではありません。
金銭消費貸借かもしれませんし、贈与かもしれませんし、とにかく「本人同士の意思がどうだったか」が重要な要素です。
本例では、母の意志はともかく、受け取った人間が「貰った」という意識がなく、受け取った方の兄弟姉妹がそれを確認してるのですから、贈与行為とはなりません。
法的にいえば、贈与契約が存在してません。
つまり贈与税は課税されません。

母上の預金を通帳と印鑑で管理しておくというが一番ですが、いざ「死亡」ということになると、預金凍結...続きを読む

Q親から子供が1000万円を貰っても贈与税の対象になるのでしょうか?

先日、テレビを見ていたら金持ちタレントの が20歳の誕生日に親から小切手を送られたと言っていました。金額は明かしていませんでしたが、相当な額なようです。数百万かもしかしたら1000万円かなと思いました。

そこで、素朴な疑問なのですが親からでも多額なお金を子供にあげた場合、象用税とかの対象になるのでしょうか?
また、誕生日などの名目であれば問題ないとかあるのでしょうか?
教育費だとどうなるのでしょうか?

普通に親が亡くなった時、相続税が発生します。もし、子どもに多額のお金をあげても税金が発生しないのであれば死ぬ前に子供に渡しておいたほうが良いですよね?

どうなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

当然かかります。
ただし、贈与税の基礎控除というものがあり、年間110万以下なら贈与税はかかりません。なので、毎年110万円ずつ贈与して相続税対策をしている人もいます(20年で2200万円無税で贈与できます)。これも、毎年同じ日に同じ額を渡していると暦年贈与契約とみなされ贈与税が課税されることがあるので、額をばらつかせたり、日をばらつかせたり、あえて111万円にしてちょっとだけ贈与税を払ったりしている人もいるようです。

生活費や教育費などにかんしては、贈与税はかからないことになっています。
誕生日プレゼントや結婚祝いなどは、常識的な範囲であれば贈与税の対象になりません。誕生日プレゼントに1000万円の小遣いは、常識的とは言えず贈与税の対象となります。同じく1000万円の結婚式の祝儀や1000万円の香典も贈与税の対象になります。

住宅取得資金贈与という形で、家を買うのに資金援助する場合は贈与税がかからない方法もあります。
また、相続時清算課税制度という、相続を先取りする方法で贈与税をかからないようにする方法もあります。

いろいろと複雑ですが、まとめると特に何に使うかも決まっていない費用(つまりは小遣い)として、多額(110万円以上)をあげれば、親子といえども贈与税が発生します。
もちろん、日本の税制は申告制なので、黙っていればわからないということもいえますが、これは脱税行為ですね。家族であれば、そういうことは多いかもしれませんね。

当然かかります。
ただし、贈与税の基礎控除というものがあり、年間110万以下なら贈与税はかかりません。なので、毎年110万円ずつ贈与して相続税対策をしている人もいます(20年で2200万円無税で贈与できます)。これも、毎年同じ日に同じ額を渡していると暦年贈与契約とみなされ贈与税が課税されることがあるので、額をばらつかせたり、日をばらつかせたり、あえて111万円にしてちょっとだけ贈与税を払ったりしている人もいるようです。

生活費や教育費などにかんしては、贈与税はかからない...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング