天気情報が見やすい、詳しい、オススメなお天気情報サイトってありますか?
みなさんが使っているサイトがあったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ixgumiさん、こんにちは。



基本的には天気予報は気象庁のデータがベースですが、中には独自データを持つサイトもあります。
以下取捨選択してご利用ください。

短時間降水予報:関東:実況
http://www.weather-eye.com/rader/tky0.html
雨雲レーダー - ウェザーニュース
http://weathernews.jp/radar/
ユキイロ_com > 降雪予測(メッシュ画像)
http://www.yukiiro.com/kosetsu/
バイオウェザー・気圧配置図
http://www.bioweather.net/map/japan/jweathermaps …
東電 雨量・雷観測情報
http://thunder.tepco.co.jp/
中電 雷情報
http://www.chuden.co.jp/kisyo/
都道府県 週間天気予報
http://travel.gnavi.co.jp/weather/w00.htm
国土交通省【川の防災情報】
http://www.river.go.jp/
東京アメッシュ
http://tokyo-ame.jwa.or.jp/
高知大学気象情報頁
http://weather.is.kochi-u.ac.jp/

ADC 2006
http://wwwa.accuweather.com/world-city-list.asp? …

CDC Northern Hemisphere Plots
http://www.cdc.noaa.gov/map/images/ens_jsw/ens_j …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2009/04/18 15:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2009/04/18 15:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過去のラジオの気象情報が載っているHP

ラジオの気象情報から自分で天気図を書く練習を
したいのですが、最近の天気図を新聞などで見ると
あまりおもしろくありません。
春や秋のように移動性高気圧や前線、熱帯低気圧
なんかが並んでいる天気図を書く練習をしたい
のです。
そこで、過去の春や秋のラジオの気象情報が
文章などとして載っているHPがあったら
教えてください。

Aベストアンサー

とりあえず検索して拾ったものを。
・2002年1月以降のデータを見ることができます。(学術目的以外では同一IPアドレスからは1日あたり10件までの制限あり)
http://www.cokbee.itss.ac/kisyo/kisyodata/
・1996年1月1日以降の天気図データをリクエストによりアップされるそうです。
http://www.h4.dion.ne.jp/~travel-c/kisyouup.html
・数は少ないですが、天気図も合わせて見ることができます。
http://members.jcom.home.ne.jp/yasu.k/tenki2.htm
以上、参考になりますでしょうか。

参考URL:http://www.cokbee.itss.ac/kisyo/kisyodata/,http://www.h4.dion.ne.jp/~travel-c/kisyouup.html

Q【週間天気予報の謎】台風12号が接近しているのに週間天気予報が晴れで降水確率30%ってどういうことで

【週間天気予報の謎】台風12号が接近しているのに週間天気予報が晴れで降水確率30%ってどういうことですか?

土、日、月のどれか確実に雨ですよね・・

Aベストアンサー

天気予報の降水確率は、大雑把に言いますと経験則によって出されます。
過去に同様の天気図でどれくらい降雨があったかの割合が降水確率になります。
例えば同様の天気図が過去に100あって、そのうち30で実際に雨が降っていれば、降水確率は30%ということになります。
ですので、これまでに似たような状況では3割くらい雨が降ったということでしょうね。

余談ですが、降水確率と降雨量はあまり関係ありません。
10%だから降っても小降りだ、とは限りません。

Q世界各地の天気図が見たい!

私は、天気図を見るのが大好きです。毎日、気象衛星画像と合せながら見ています。
しかし、日本周辺の天気図(低気圧とか前線とか等圧線が書き込まれているやつ)はすぐに見れますが、海外の(たとえばハワとか)天気図は、捜してみ見つかりません。
そもそも、天気図って、日本独特なんでしょうか? そうでなくって、世界共通だったとしたら、ハワイやアメリカやらの天気図はどこで見ればいいんでしょうか?
誰か教えてください!
 

Aベストアンサー

>1
http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Weather_map&oldid=317201561
http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Surface_weather_analysis&oldid=319879668

>2
http://www.weather.gov/outlook_tab.php
http://www.weather.gov/outlook_pac_tab.php

Q昨日の天気や過去の天気の調べ方

北海道(道南)の過去一週間の最高気温と最低気温を調べることができるサイトを教えてください。

Aベストアンサー

http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php
気象の事ならここです。

Q高層天気図について

高層天気図は等圧面天気図とよばれてますがそこで・・・

1.例えば500hpaでは5700mを基準に線が引かれてますが、これはどこからどの様な基準で結んだ線ということ?

2.地上の天気図と上空の天気図をくらべて西側に谷が傾いているとなぜ発達するのでしょうか?

Aベストアンサー

地図の等高線と同じこと
地表を500hpaの気圧の面に置き換えて考えればいいです
この気象図のどこの気圧も500hpaです
5700メートルを基準にしているわけではありません
500hpaの気圧を観測したところが基準です

図を見てください
上層の谷の西側は寒気が南下しているので地表に寒気を吹き降ろして前線を屈曲させます
前線が折れたところに低気圧が発生し上層の谷の傾斜が大きいときに寒気が強くなるので発達するのです
上層の等高線が密なところは気流が速く低気圧はこの気流に流されて進みます

Q天気図の等圧線の情報

天気図の気圧配置の気圧、等圧線はどうやって解って線を引いているのでしょうか?衛星画像から、気圧ってわかるものなのでしょうか?それとも、海上にセンサーを設置しているのでしょうか?気圧で天気、風向きなどが大体読めるようになったのですが、気圧の等圧線の情報をどこから調べているのか?疑問に思ったので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず,等圧線そのものを観測することはできません。観測できるのは,あくまでも,それぞれの地点における気圧の値です。
以前は,それらを天気図に記入してから,等圧線を引いていました(今はコンピュータが解析して引きます)。

気圧を観測している地点は,どのようなところがあるか,挙げてみましょう。
まず,日本国内では,気象台や測候所と名の付くところの全て。
アメダスという回答が出ていますが,アメダスの観測地点では気圧は測っていません。最も多くても「降水量・風向風速・日照時間・気温・積雪量」の5要素です。中には降水量しか観測していないところもあります。
測候所が統廃合によって無人化されたところもありますが,これはアメダスとは違います(特別地域気象観測所という)。有人だったときと同様,気圧や湿度や震度なども観測しています。

外国でも陸上の観測地点が多数あり,そのデータが気象庁に入ってきますので,それを使います。

問題は海上です。
気圧を知るには結局,その場で観測する必要があります。そのために気象観測船というものがあり,日本の気象庁は5隻もっています。
また,民間の客船や貨物船などが観測したデータも送られてきます。
この他,海洋気象ブイロボットという無人の観測機器も海上に浮んでいて,気圧や風,波などのデータを送ってきます。

これらの観測地を総合して等圧線を引いているわけです。

なお,衛星画像からは気圧そのものは分かりませんが,雲の動きを解析するとある程度風は分かりますので,等圧線を解析する際にはそれも参考にします。

まず,等圧線そのものを観測することはできません。観測できるのは,あくまでも,それぞれの地点における気圧の値です。
以前は,それらを天気図に記入してから,等圧線を引いていました(今はコンピュータが解析して引きます)。

気圧を観測している地点は,どのようなところがあるか,挙げてみましょう。
まず,日本国内では,気象台や測候所と名の付くところの全て。
アメダスという回答が出ていますが,アメダスの観測地点では気圧は測っていません。最も多くても「降水量・風向風速・日照時間・気温・...続きを読む

Q天気図の記号 天気と風向と風力

小学5年生で天気図の勉強をするようですが、気象庁の日本周辺の専門天気図では
○に羽をつけたような記号(天気・風向・風力)が使われていないように思えます。

この記号を実際に使われているのを見る機会はありますか。
新聞社によっては新聞の天気図にこの記号を使っているのでしょうか。

Aベストアンサー

日本では、一般向けにはより簡易で分かりやすい日本式天気図が用いられていますが、研究機関や気象庁などの専門機関では、世界気象機関(WMO)が統一基準を定めた国際式天気図が使用されています。
国際式天気図は専門家の間では世界的に用いられている天気図です。

気象予報士などでもこの国際式天気図を用いた等圧面天気図を利用していますが、一般向けの新聞や放送局等では一部解説に用いることがある程度だと思います。

参考URL:http://kobam.hp.infoseek.co.jp/furoku/top.html

Qサイトに掲載されている昨日の天気

昨日の天気および気温に関して、サイトによって違います。(同じ15時で)例えば、下記のサイトの9月18日東京のデータですが、どうして違うのか御教示ください。

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/past/13/4410.html
http://weather.crc.co.jp/weatherchart/src/0409_47662.htm

Aベストアンサー

気象庁で機械が観測したデータと、
アメダスで観測したデータの違いみたいですね。^^

Q米、英、あるいは世界的取り決めでは天気図上で「曇り」の表示は?

 日本の気象庁による天気図では「曇り」のマークは二重丸のようですが、ある本に依ればこれは外国では必ずしもそうなっていないそうです。アメリカ、あるいはイギリス、もしあるのならば世界的な何らかの取り決めでは天気図上で「曇り」はどのような記号で表示されるのでしょう?
 先日のセンター試験の英語問題の第5問に寒冷前線に関わる天気図の問題が出題されました。今日付の「東京新聞」(p.29)に天気キャスターで天気予報士の森田正光さんがこの寒冷前線を描いた天気図は「実際にはあり得ない」と指摘していることが載っていました。
 この問題の天気図では「曇り」は塗りつぶされた丸印で表示されることになっています。
 そこでこのような疑問がわいてきたわけです。

Aベストアンサー

国際式では真ん中の丸は雲の量だけを表します。
雲がなければ晴れ、雲が一定以上あれば曇りか雨か雪などです。

日本の基準では曇りは雲量9~10ですから、雲量10の場合に加え
雲量9~10(URL参照)の場合も曇りになります。

さらに、雨とか雪とかそういう現在天気については、真ん中の丸の左側に書きます。
記号は#1さんが載せたURLにある通りです。よく見ると、
国際式の天気には「3時間以内に現象あり」というものがありますが、
これは日本では現在天気として扱わないので、
せいぜい「3時間以内に」の記号くらいしかない場合で、かつ雲量がある場合が「曇り」となります。

森田さんが言っていた、というのは、たぶん、この図ですよね。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/jyuken/center05/etc/eigo/19.html
あり得ない、と言うほど厳密な天気図でもないような気がしますが。

参考URL:http://www.84p.net/tenkiya/cwf04.html

QNHKデータ放送の天気予報と携帯での調べるピンポイント天気予報どちらが正しいのか

NHKのデータ放送で調べるの天気予報の結果と、携帯での調べるピンポイント天気予報の結果に違いがあります。12時間後の天気い予報で、雨の降りだし時間が6時間もずれがあったり、曇りと雨との予報の食い違いがあったり、少々の食い違いでなく大きく違っています。(先に書いた内容は大きな違いと思っています)今から行動するのに大きな対応の差が出てきます。
皆さん困っているのではないでしょうか。
どちらが正しいのか、どちらを信じたらよいのか、またはここならば間違いないというものがあればお教え願えないでしょうか。

Aベストアンサー

「予報」「予想」「推定」なのですから、正しいも正しくないもありません。「当たることが多い」のか「外れが多い」のかは、利用者が判断すればよいことです。
また、「地域」といっても、数キロ離れれば天候には差があるので、どちらを基準にするかでも変わります。

>どちらを信じたらよいのか

 自分にとって、一番「リスク回避」ができるものを選べばよいのです。「精度が高い」ことよりも、どちらが自分のリスクを少なくするかで判定する方が賢いです。
 「傘を持つかどうか」は、最も降水があると予想している予報を参考にする、コートを着ていくかどうかは夜の最低気温の一番低い予報を参考にするなど。

 一般の予報であれば、「雨は降らない」と予報したのに雨が降ったら不評ですが、「雨が降るかも」と言って降らなくてすめば不評は書いません(カンカン照りに晴れたら怒りますが)。
 これが「弁当業者」にとっては、「雨が降るかも」と言って降らなかったら「もっと弁当を仕入れておけばたくさん売れたのに」ということになり、よい方に外れても不評を買います(その予報業者は信用されなくなる)。
 予報する側にとっても、「利用者がどういう人か」によって、予報のリスクをどちらにとるかを変えているはずです。

「予報」「予想」「推定」なのですから、正しいも正しくないもありません。「当たることが多い」のか「外れが多い」のかは、利用者が判断すればよいことです。
また、「地域」といっても、数キロ離れれば天候には差があるので、どちらを基準にするかでも変わります。

>どちらを信じたらよいのか

 自分にとって、一番「リスク回避」ができるものを選べばよいのです。「精度が高い」ことよりも、どちらが自分のリスクを少なくするかで判定する方が賢いです。
 「傘を持つかどうか」は、最も降水があると予想し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報