旅行に行った際のアメリカドルが$1,000ほど残って手元にあります。

できるだけ高くなるように日本円にしたいのですが、どこに行けばいいのでしょうか?

また、レートは日々変わると思いますが、どのようなときに換金にいけばいいのでしょうか?

また、そのレートはインターネットでも見ることはできますか?

お恥ずかしいですが、円高、円安・・・も今ひとつ分っていません。


ぜひアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

銀行に行けば日本円に両替してもらえます(紙幣のみ。

硬貨は扱ってもらえません)。
手数料は、おおむね中値(テレビなどで1$=○○円といっている値段)から、3円~3.5円程度プラスされた相場での両替となります。
たとえば、レートが1$=120円のときであれば、両替レートは1$=123円になります。

両替は、できるだけ「ドル高」=「円安」のときに行ったほうがトクです。ドル高とは、1$あたりの円がより高いことを言います。1$=110円より、1$=120円のほうが、10円円安です。

ただし、銀行での店頭両替レートは、前日のレートが基準となっていますので、今日のニュースで「円安です!」といっていた場合、その日の銀行店頭レートにはまだ反映されていませんので、次の日に行くべきです。
もっとも、$1000程度であれば、仮に1円円安になったところで1000円の差ですが。

もっとも、今1万円のお金にも困っているという状況でなければ、「ドル現金のまま保持しておいて次回の旅行時に使う」のが一番トクです。現状、ドルは長期的には上昇傾向(円安傾向)にありますので、ドルはドルのまま持っているのが長期的にはトクだからです。
たとえば、今のレートは1$=120円です。今両替すると、これは12万円になります(両替手数料を無視すれば)。
1年後、1$=125円になっていたとします。このとき、$1000に両替しようと思ったら、12万5千円払わないとダメということになります。
つまり、両替手数料を無視しても5千円損します。両替手数料を片道3円とすれば、手数料込みだと1万2千円も損することになります。
したがって(2度と海外旅行には行かないというのでなければ)ドル現金のまま持っているのが得策かと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

具体的に数字を使って教えていただいたので、とてもわかりやすく、良く理解することができました。

ありがとうございました。

換金するだけでなく、そのまま持っているといのは考えていませんでした。

お礼日時:2007/04/13 10:35

ドルを円に替える場合は、「円安」のときです。

ニュースで「昨日より1円の円安で、、、」というときです。
三菱東京UFJ銀行で提示するレートが標準的なレートになります。HPで相場を見ることができます。
TVのニュースで言うレートは銀行間取引のレートなので、一般人には適用されませんが、参考にはなります。

旅行の予定があるなら、そのまま持ち続けるほうが良いと思います。外貨現金の両替は、手数料相当分が非常に高く、顧客には不利になっています。

なお、今では、一部の金券ショップでも両替が可能です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答をありがとうございました。

>三菱東京UFJ銀行で提示するレートが標準的なレートになります。HPで相場を見ることができます。

知りませんでした。

金券ショップでも両替ができるというのも、知りませんでしたので、調べてみます。

お礼日時:2007/04/13 10:39

回答者No.3です。

私間違ってました。マ逆でした。スンマセン。困惑させたくないので私の回答は無視してください。
私もここで勉強させてもらいました。他の回答者の方、勉強になりました。今日から一生間違えることはないと思います。

本当にごめんなさい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

>困惑させたくないので私の回答は無視してください。

回答を寄せていただきありがとうございました。

わたしもいつもこんがらがってしまっていたので、今回勉強になりました。

お礼日時:2007/04/13 10:37

ドルは現金で持ってらっしゃるんですか?アメリカにはこの先もう旅行に行く予定はありそうにないですか?もし予定がありそうで、現金で持ってるなら、換金せずに置いておくのも一つの手ですよ。



換金は銀行でやってくれますよ。レートも銀行のホームページでも見れますし、MSNやYahooでもすぐに見つかると思います。換金は円高になった時に変えたほうがいいです。

円の価値が上がれば、ドルの価値が下がる→円高ドル安
円の価値が下がれば、ドルの価値が上がる→円安ドル高

例えば、今日のレート(為替)が$1=¥120として、明日$1=¥123となった場合、明日は円高ドル安になるわけです。(言い換えると、今日のレートは明日に比べて円安ドル高です。)
*明日のレートは普通は明日でないとわかりません。

例えば、今日のレート(為替)が$1=¥120として、昨日のレートが$1=¥125だった場合、今日のレート($1=¥120)は円安ドル高と言います。(言い換えると、昨日のレートの方が円高ドル安だった。)

自分が$1000持ってます。今日のレートが$1=¥120の時に換金すると、(換金するのに通常手数料かかりますが、今は、そのことは横に置いといて)$1000x¥120=¥120,000となるわけです。昨日のレートが$1=¥125の時に換金すると$1000x¥125=¥125,000になります。どちらが自分にとってお得か考えたらわかりますよね?円高の時に交換するのがお得なのです。

今度旅行行かれる時は現金にかえるよりT/C(トラベラーズチェック)に変えられた方が、換金レートもいいし、手数料も一回だけ(日本円からドルに変える時だけ)なのでいいですよ。
    • good
    • 1

外国為替を扱っている銀行等です



具体的には、その銀行でお聞きください
何時のレートを適用するのか、手数料はいくらなのかも聞いてください
千ドル程度では当日で対応できると思いますが、予約が必要な場合もあるようですからそのことも

ドル→円  ですから 円安になるほど高額になります

1ドル110円が
 112円になるのが 円安
 108円になるのが 円高

手数料は1%前後でしょうか

千ドル程度では、数日程度は大差ないでしょう
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。


>外国為替を扱っている銀行等です

銀行ならどこでもいいというわけではないのですね。

円安、円高についても良くわかりました。

お礼日時:2007/04/13 10:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円とドルの往復の際、平均レートで処理するとなぜ損になるのか

どうも数字に弱いので、どなたかこの疑問に答えていただけると幸いです。
米国への海外出張の際、現地での現金払いは、円からドルに換金した時と、ドルから円に戻した時のレートの平均値を取り、海外で使ったドルを円に換金して支払う、てな決まりが現在あるのですが、前回の収支を見ると、明らかに出張者が損します。なぜなんでしょうか。(そんな方法を採用している自体バカじゃないかというのは置いておいてください、、、)
例 20,000を円からドルへ レート:1ドル200円としてドルは100ドル
海外で50ドルを使用
残りの50ドルを円へ レート:1ドル100円として円は5,000円
(マーケットレートがあまり変わらない場合、円に戻す方がレートが悪いのでこういう想定にしました)
レートの200円と100円との平均は150円
海外で使用した50ドルを1ドル150円で換算すると7,500円
しかし、実際は20,000円持って行って返ってきたのが5,000円だから使用したのは15,000円で、7,500円しかもらえなかったら7,500円損する。
この差が出るのは
1. そもそも使った50ドルは200円で買ったドルなのだから、価値は10,000円。7,500円としか評価されなければ2,500円の損
2.返ってきたドルも、100円なのに150円と過剰評価されているので1ドル当たり50円損していて合計2,500円の損

でもこの2つの損を合計しても、5,000円の損であって、実際損した7,500円にならないのは何でなんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

どうも数字に弱いので、どなたかこの疑問に答えていただけると幸いです。
米国への海外出張の際、現地での現金払いは、円からドルに換金した時と、ドルから円に戻した時のレートの平均値を取り、海外で使ったドルを円に換金して支払う、てな決まりが現在あるのですが、前回の収支を見ると、明らかに出張者が損します。なぜなんでしょうか。(そんな方法を採用している自体バカじゃないかというのは置いておいてください、、、)
例 20,000を円からドルへ レート:1ドル200円としてドルは100ドル
海外で50ド...続きを読む

Aベストアンサー

>2.返ってきたドルも、100円なのに150円と過剰評価されているので1ドル当たり50円損していて合計2,500円の損
これがおかしいのでは.
返ってきたドルは,1ドル200円で買ったものなのに,1ドル100円になったしまったら,1ドルあたり100円損なんで,合計5000円の損ですね.2.は会社は無関係なんで,150円という数字は関係ないです.

Qアメリカドル当たりのカナダドルの時系列レート

仕事のために、アメリカドル1ドルあたりのカナダドルのレートを過去3年分欲しいのですが、Web上で見つけることができません。
どなたかURLを教えてください。

Aベストアンサー

どのくらい詳しい数字が必要なのかわかりませんが、
Bank of Canadaのサイトはご覧になりましたか。
私は詳細に見たわけではないですが、月別、年別のレートも10年前に遡って見ることは出来ますし、グラフでトレンドも確認できます。

参考URL:http://www.bankofcanada.ca/en/rates/exchange.html

QAUSドルから日本円に換えたいのですが、いくらならレートがいいと思いま

AUSドルから日本円に換えたいのですが、いくらならレートがいいと思いますか?
以前1ドル74円で安いと言われました。
教えてください。

Aベストアンサー

84円当たりを目安にされてはどうでしょうか。
豪ドルは5日に利上げの発表があるかどうか注目されていますが、
あるないに関わらずAUD/USDは調整でいったん下げると予想されています。
 
対して日本は金融緩和が決定しており、これも5日に内容が公表されます。
恐らくこれで円安方向に動いて行くだろうと予想されています。
 
総じていえばAUD/USDの下落調整スピードよりも
USD/JPYの方が早く上がるだろうと見られ、
欧州系の銀行アナリストは84円まで行くと予想しています。
 
90円近くまで行くかもしれませんが、年末に向けてドルの需要が高まるので
多くは望めないと思います。
 
これは予想であって内容を保証するものでないことを断っておきます。

Q円高から円安

日本に帰国するのにポンド(英国)から円に両替しなければならないのですが、短期間で円高から円安になることはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

短期間とは何日くらいですか?
1日に1~2円の変動は十分ありえます。

もともと、ポンド→円 と 円→ポンドではレートが違うのをごぞんじですか?
ちなみに今日の某銀行の場合 円→ポンド214.55円、ポンド→円206.55円です。
 

Q今年最後の円ドルレート

今年の12月30日の円ドルレートはいくらくらいになると思いますか?
またその理由等もお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

そろそろ状況も煮詰まって来ましたし、ある程度絞り込めたので
見解でも書こうかなと思いましたが、
質問者はかなり非礼な方のようなので止めにします。

忠告として今のドル円は触るなです。
正しいポジションの取り方というものがあります。

Q円高 円安・・・

質問しますm(_ _)m

(1)例えば、10ドルの商品を買うときは[円高]・[円安]どちらが良いのでしょうか??
この質問です。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

買う時は、円高が、有利です。
売る時は、円安が、良いのです。
(有名企業が苦しいのはその為です)
円高とは、
例えば、
1ドル70円
円安とは、
1ドル100円
数字の、感覚で逆に思えると思いますが、
結構、間違えてる人多いので
気を付けて下さい。
上記は、あくまで、一例でして、
最近は、少し円安に成りつつあります。
大体90円当たりですが、
この後、誰も未来は解らないので、、、、、、

Qドルの小切手を円に換えたいのですがテレビで為替レートで93円の時に銀行

ドルの小切手を円に換えたいのですがテレビで為替レートで93円の時に銀行へ行くと91円台だったのですが何で変わってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

売/買でもレートが違いますよ
売レート - 手数料

Q円高・円安の基準

いくらが基準で円安と円高が決まるのでしょうか?

Aベストアンサー

少し長くなりますがお付き合い下さい。
昔のドル円レートは1980年代は1$=277円の時代がありました、ですが最近は1$=117円ですね。
何故このようになったのか?その理由は日本に比べて米国の物価上昇率が高かった為です。
ですから、物価スライドしないと本当の価値が分からないのです。

まさかと思いますが、「20年前の京成電鉄の初乗り運賃は60円だったのに、今は130円もするなんて京成電鉄はボッタクリだ!」・・・こんな事を言う人はいませんよね。
理由は、その当時の物価水準と今の物価水準が大きく異なるからです。
為替も同じ事が言えるのです。

そこで登場する為替レートは実質実効為替レートです。
これは26ヶ国、15通貨を物価指数で実質化+通関輸出金額ウェイトで加重平均した為替レートです。
要は、物価スライド+輸出ウェイトした為替レートだと言う事です。

見方は1973年3月を100として、数字が大きいほど円高、数字が小さいほど円安です。
2006年7月(13日までの平均)は104.2と1985年10月以来の円安水準です(参照URL)。
つまり現時点では20年ぶりの円安水準と言えます。
但し、米ドルは1/3程度の比率で、残りは他の通貨になります。

ドル円相場の為替を大雑把な現在価値に直してみると・・・
最も為替レートが円高である1$=79.75円は物価スライドしてみると1$≒59円です。
逆に1$=277円の時代で1$≒156円です。
つまり、物価スライド変動幅が59円~117円~156円ぐらいです。
ここ8年では物価スライド後118円~84円の幅なので、117円ではかなりの円安ですが、米国高金利時代の1985年以前ほどではありません。
★物価スライド(現在価値に直してある)してありますから、判断を誤らないように注意!

参考URL:http://www.boj.or.jp/type/stat/dlong/fin_stat/rate/hrate.csv

少し長くなりますがお付き合い下さい。
昔のドル円レートは1980年代は1$=277円の時代がありました、ですが最近は1$=117円ですね。
何故このようになったのか?その理由は日本に比べて米国の物価上昇率が高かった為です。
ですから、物価スライドしないと本当の価値が分からないのです。

まさかと思いますが、「20年前の京成電鉄の初乗り運賃は60円だったのに、今は130円もするなんて京成電鉄はボッタクリだ!」・・・こんな事を言う人はいませんよね。
理由は、その当時の物価水準...続きを読む

Q円ドルのレートは米国アメリカの影響でほとんど動いて

円ドルのレートは米国アメリカの影響でほとんど動いていますが,ユーロはどこの影響で動きますか?

ユーロはイギリスポンドが要因で動いているのでしょうか?

Aベストアンサー

ユーロは基本的にユーロ加盟国の動向によって動きます。
ユーロ加盟国が多いほど、影響を与える国の数も多くなり、
ユーロが揺さぶられる可能性も高くなります。

また、ユーロ円であれば円の影響を受け、ユーロドルであれば
ドルの影響を受けます。
為替レートはシーソーと同じと考えて下さい。
一方が下がると一方が上がります。
ユーロポンドであれば、イギリスポンドの影響でも動きます。

Q円安円高について教えて下さい

円安円高のボーダーラインというか基準値はあるんですか?
前日1ドル120円 本日1ドル100円 本日は円高  こんな感じですか?1ドルあたり円がいくらを割り込めば円高とかという基準ではないのですか? 
どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

円安円高は相対的なものです。
1ドル100円が95円になれば円高、そして95円が99円になれば円安と言います。
基準と言うなら昨日のレートや1週前のレートです。ここからが円安円高というのはないです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング