人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

規模が5000m2ほどで、
東側約100mが幅員約4mの市道に面しており、北側約10mが幅員約7mの市道に面している土地があります。

都市計画法上の指定容積率は200%なんですが、
このケースでも容積率は200%になると考えても良いのでしょうか?
接道距離が何mか以上なければ、容積率算定の接面道路とは考えられないというような規定があるのか気になっております。
個人的には接道距離が2m以上あれば、その道を使って容積率を算定しても良いと思うのですが、他に規定がないか懸念しております。

ご存知の方、ございましたらご教授ください。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>このケースでも容積率は200%になると考えても良いのでしょうか?



道路低減係数というのがあって、住居系ですと道路幅員×0.4、商業系ですと道路幅員×0.6という形に低減されます。
今回はどっち系か不明だが、低い方の0.4を使っても7×0.4で280%、つまり道路低減係数に当てはめても指定容積の200%は使える計算です。

ただ、それは指定容積と道路低減係数という二点から見たに過ぎませんので、その他規制を考慮して建物を建てる場合に、200%を目一杯使えるような設計が出来るかは判りませんよ。

>接道距離が何mか以上なければ、容積率算定の接面道路とは考えられないというような規定があるのか気になっております

その点は容積とはあまり関係がないですね。というか道路に2m以上接していなければそもそも建物は建てられませんので、容積以前の問題です。あと絡みがあるとすると接道距離によって建物の用途や面積で規制される場合があります。又、路地状敷地の場合にも基準があり、規制がある場合もあります。このあたりは、地域毎にルールが異なります。
    • good
    • 0

>接道距離が2m以上あれば、その道を使って容積率を算定



そのとおりです。広い方の道幅で計算します。7mですね。

用途地域は住居地域ですか?商業地域ですか?
住居系なら7×0.4=280%です。

で計算した280%と都市計画上の200%を比べ、厳しい方を適用。

だから 200% じゃないすか?
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高度地区が2種の意味はどんなことなのでしょうか?

マンションを購入しようとしているんですが,業者がいいかげんそうなので
用途地域等を自分で調べています.特に南向きの物件なので南側に建物が
立たないのか心配なのですが建っても大きくなければと思っています.
南側の用途地域は第一種住居地域で容積率は200,高度地区が2種となっているんですが,容積率までは意味合いがわかりましたが,高度地区とはどのような
ものなのでしょうか?2種の意味があれば教えて欲しいです.

Aベストアンサー

用途地域ややこしいですよね。
第2種高度地区といえば、第2種低層住居専用地域のことです。
横浜で例にとりますと、建物の高さは12m、北側斜線は境界で高さ5mから0.6/1の斜線規制がかかりますので、3階から上なら大丈夫でしょう。

低層住居専用地域   第1種低層住居専用地域   第1種高度地区
           第2種低層住居専用地域   第2種高度地区

中高層住居専用地域  第1種中高層住居専用地域  第3種高度地区
           第2種中高層住居専用地域  第3種高度地区

住居地域       第1種住居地域       第4種高度地区
           第2種住居地域       第4種高度地区
           準住居地域        第4種高度地区

上から規制が厳しい順序と思ってください。
私も今一度復習確認の為、表を書いてみました。
もともとは、住居地域一つだけでしたが、第1種住居専用地域と第2種住居専用地域と住居地域の三つにわかれました。
第1種は低層住宅地としての住環境を保護するもので、
第2種は中高層住宅を対象とする良好な住宅環境を開発しようとする地域でした。
そして今また細分化され上の表のようになりました。       
          

用途地域ややこしいですよね。
第2種高度地区といえば、第2種低層住居専用地域のことです。
横浜で例にとりますと、建物の高さは12m、北側斜線は境界で高さ5mから0.6/1の斜線規制がかかりますので、3階から上なら大丈夫でしょう。

低層住居専用地域   第1種低層住居専用地域   第1種高度地区
           第2種低層住居専用地域   第2種高度地区

中高層住居専用地域  第1種中高層住居専用地域  第3種高度地区
           第2種中高層住居専用地域  第3種高度地区...続きを読む

Q建ぺい率と容積率の計算方法

建ぺい率と容積率の簡単な計算方法

を例で良いので教えていただけませんでしょうか?

建ぺい率と容積率オーバーかどうか調べたいのですが

うまく理解できる所がありません。

ご指導のほど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

建ぺい→水平投影面積/敷地面積
容積→延床面積/敷地面積
・・・はお解かりでしょうが。

要は庇が1m以上出た場合の面積の取り方や、車庫が床面積の1/5以下の場合の容積率緩和等細かく調べていくと、極端な場合建築主事ですら考え方、算出方は変わります、素人では不安でしょうね。

建築士に知り合いいませんか?

9割方正解を導いてくれるでしょう。ただで。(なれた建築士なら単純な建物なら簡単に解ります)

住宅で平屋の類、単純な建物のなら別です。素人でも可。

設計事務所のHPで質疑回答してるとこけっこうありますから、そこにメールするのも手。
喜んで教えてくれますよ。

Q建築基準法上の道路幅員に歩道は含まれるか

仕事で建築基準法上の道路の幅員を測定しています。
その際、歩道の幅員は道路幅員に含まれるのでしょうか?
例えば、車道より1段高くなっているような遊歩道やガードレールで仕切られている歩道などを想定しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お礼の中の捕捉について、
歩道と車道の高低差は関係ありません。
並行していれば全て幅員とみなします。

  歩道--車道--歩道
幅 3m--8m--3m
高さ±0--±0--+1m
建築基準法の道路幅員は、3+8+3=14m

ご参考まで

Q最終枡とは?何のためにあるのでしょう?

先日配管の事でご質問をさせて頂き有難う御座いました。
庭にある枡の謎についてどうかお力をお貸し下さいませ。
庭に耐圧蓋のマンホールがあるのですが、何の為にあるのか不明なので
皆様のお力をお借りしたくご質問させて頂きました。

図面を見ると「最終枡」と書かれています。
蓋を開けて確認してみると側溝と塩ビ配管で繋がっているようです。(写真を添付致しました。)
他への配管は見当たりません。

うちは合併浄化槽にて排水を行っています。浄化槽で処理された汚水は直接側溝へ流れます。
雨水も別配管で側溝に直接流れます。

この最終枡とは何の為にあるのでしょうか?
うちは10棟程の分譲地なのですが、他のお宅には耐圧蓋のこの枡は見当たりません。

特に無くてもいいものであれば、周りに合わせて埋めてしまいたいのですが、
問題ありますでしょうか?

不思議でならないのでご質問させて頂きました。
何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一般的な場合でお答えします。敷地内で発生する排水(汚水、雑排水、雨水)をそれぞれ、別系統(状況によりトラップ枡などを設置して1系統、雨水だけは浸透枡に入れてオーバーフローしたもののみを最終枡に入れたりすることもあり、この場合は2系統)にて排水してきたものを1箇所に集め、道路に設けた公設枡=下水管に入れるというのが、基本ですが、道路に下水管が敷設されていない場合、即ち相談者の方のように側溝に直接排水するケースも多いようです。この場合、側溝に穴を開けることが、それほどの困難では無いので、そのように2箇所で排水しているのでしょう。将来、前面道路に下水管が敷設されるようになれば、最終枡が公設枡への接続ポイントになります。その可能性があれば、最終枡残しておいた方がよいのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング