【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

経済のケの字も分からない者です。
吸収合併、傘下におさめる、資本提携、子会社化。
これらの用語の違いって何でしょうか。

それまで働いていた社員はどうなるのですか。
またメーカーの場合、今までの商品のコンセプトは維持されるのでしょうか。

ひょっとしたら、頓珍漢なことを言っているかもしれません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

A社 B社 があったとします。



吸収合併 
 A社とB社が、同じ会社になることを合併
 対等の立場だと 対等合併
 A社主導で合併することをA社がB社を吸収合併した といいます。
子会社化
 B社の株式をA社が51%以上取得した場合、A社がB社を子会社化
 したといいます。
傘下におさめる
 子会社化ににていますが、この場合 株の何%ということは
 特に決まってなく、A社の影響力が及ぶような形になった場合
 A社のはB社を傘下におさめた といいます。
資本提携
 株式の何%を持った場合に資本提携といいます。
 A社 B社ともお互いの株式を持つ場合 株の持ち合い
 A社がB社の株の何%かを持つ 資本参加
 といい 出し方でよって資本提携の形がかわります。

社員に関しては、そのことだけで、特に変わりません。
吸収合併以外 会社は存続します。
吸収合併の場合も、社員も新会社に行きます。
ただ、その後 通常業務効率化をします。
例えば、銀行を例にすると、 みずほは第一勧業銀行、富士銀行
が合併しました。 そうすると、同じ駅に2つの支店があるという
非効率なことがおきるので、そのうち片方のお店を閉めるという
ことをします。 業務の効率化です。その際に余剰人員がいれば
リストラということもありえます。
メーカーでも、重複していて 非効率な場合 片方の工場をしめる
ということがおきます。
その場合は、配置転換、リストラとなることがあります。

商品コンセプトは、通常維持しますが、
同じ商品があったら、売れていないコンセプトの方は
辞めちゃうことがありますね。

ケースバイケースですけど・・・・

 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳細な解説ありがとうございます!
難しいですがなんとなく分かってきました。
やはり株式取得に重要な意味があるのですね。
社長がいても、株主が反対すれば従わざるを得ないという様な?
株主と経営者と経営方針の関係が今ひとつ分かっていません。

ところで、A社がB社の子会社になった場合、
A社の社員はこれからもA社の社員で、B社に移動になることはないですよね。
A社の社長も、A社の社長のままですよね?
吸収合併された場合、A社の社長だった人はクビになってしまうのでしょうか、
それともB社のある程度の役職に着けるのでしょうか?
質問ばかりですみません。

お礼日時:2007/04/29 19:52

> ところで、A社がB社の子会社になった場合、


> A社の社員はこれからもA社の社員で、B社に移動になることは
> ないですよね。
A社の社員は、A社の社員ですが、
B社に出向することはあります。B社に転籍もあります。
B社に転籍する場合は、本人の許諾がいるケースが多いです。
この場合親会社に行くのは、通常条件がいいはずです。

> A社の社長も、A社の社長のままですよね?
そういう場合もありますし、B社から社長を送られる場合もあります。
B社が株を握ってますので、B社の意向で、社長はかえられます。
A社を子会社化した事情によります。
もともと系列だった所で、持ち株比率を引き上げて、子会社化
した場合だと、もともと親会社の意向の人事ですから
子会社化したからといって、あまり変わりません。
そうではない場合、社長を代表権のない会長にあげて、
新社長は、B社からということもあります。
ケースバイケースです。

> 吸収合併された場合、A社の社長だった人はクビになってしまう
> のでしょうか、
> それともB社のある程度の役職に着けるのでしょうか?
合併の際の力関係ですね。
対等に近ければ、会長にとか
そうでなければ、取締役とか
救済の為の合併だと、社長は引退 ということになります。
ケースバイケースです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再び詳細な回答ありがとうございます!
だんだん見えてきました。
株を握られていると、社長を変えることができるというのが
一番の驚きです。
このご回答は、ニュースを見るときとても役に立ちそうです。
ありがとうございました!

お礼日時:2007/04/29 22:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子会社化にすることによるメリット・デメリット

子会社化することによるメリットはその会社を親会社が支配でき、議決権を得ることだとは思うのですが、だから何?と思ってしまいます。

例えばトヨタ自動車や楽天は数多の子会社を持っています。子会社の子会社というのも存在しています。でも結局は連結決算されるのだから、親会社と子会社をわけなくて、いっしょくたんに一つの会社へしてしまっても問題ないような気がするんですが、しないのはなぜでしょうか?子会社にしてたくさん分けておくと税金面で得をするとかなんでしょうか?

Aベストアンサー

 連結決算で会社を見るようになった現在では、財務的にはあまりメリットはないといえますが、人事的にはかなり大きなメリットがあります。

 将来儲かる可能性があるが大きなリスクを伴う事業や、将来性が危ぶまれるが今現在は儲かっている事業などを行う場合、に子会社化しておけば、事業を精算するときに、赤字は親会社が引き継がなければならなくなりますが(赤字の子会社にお金を貸すような銀行は、親会社に債務保証を求めます。赤字の子会社が外部から資金を導入した場合、子会社が返済出来なくなった場合、親会社が返済する約束をしないと、多くの場合は、お金を出してもらえません。)、そこで働いていた人まで親会社に引き取ることは、基本的には求められません。
(子会社の従業員が雇用確保を親会社に求めても、道義的責任の範囲に留まります。)

 また生産性はないが継続しなければならない事業などでは、親会社が労働組合と約束した賃金とは全く異なった安い賃金体系を適用できます。

Q資本提携と業務提携の違いとメリット・デメリットとは?

よくニュースなどで流れていますが、理屈はなんとなくわかりますが、スッキリしません。

やはり資本提携の方がより強固な信頼関係ができていないと踏み込めないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 踏み込めるから資本提携、踏み込めないから業務提携ということではなくて、行おうとしてる提携の為にどちらが必要か、というだけじゃないでしょうか。
 提携とは企業同士が手を組むことで、資本の移動が伴うものを資本提携、そうでないものを業務提携と言います。例えば「配送業務を一緒にしましょう」とか「コンピュータを一緒に使いましょう」という提携なら業務提携だけで十分でしょうし、相手の取締役の人事権まで持ちたいとか、財務面で協力していきたいとなれば資本提携が必要でしょう。
 資本提携のほとんどは、どちらかが子会社になるとか、合併するというイメージで考えれば、良いのではないでしょうか。
 両方とも経験しましたが、業務提携は簡単に結ばれ、簡単に解除されますが、双方とも対等の立場で利益を追求できます。
 資本提携は、子会社となった側が親会社から文化を押しつけられたり、リストラされたり、親会社の社員が天下りでやってくるなどの、子会社側社員の不利益はありますが、全体的には効率的になるという感じです。

Q『子会社化』 と 『完全子会社化』 違いは???

よく企業買収で出てくる言葉で

『子会社化』 と 『完全子会社化』

があります。

この違いは、詳しく理解するとどんな違いがあるのですか???



ワイルドな答え待ってるぜぇ~




※カテゴリー違いかもしれないぜぇ~

Aベストアンサー

細かな定義は別にして、子会社はその会社の株式の50%以上100%未満を保有する場合、完全子会社はその会社の株式のすべての株式を保有する場合ということです。
子会社の場合は他の少数株主がいるので、あらゆる事項について親会社の意向の通りに出来ない場合があります。
これに対して完全子会社はすべての決定権は親会社が持っているのでそのような他人に意向を気にすることがなく、親会社の判断だけで子会社を経営することが出来ます。
完全子会社の実態は親会社の1事業部門と見ても良いような存在になります。

Q買収と子会社化の違いを教えてください。

色々分からないことがありますので、知識のある皆さんの意見を
お伺いしたいです。よろしくお願いします。

(1)上場してない会社が上場企業を買収できるか

(2)そもそも、買収とは何か?? 子会社化とは違うのか??

(3)関連会社、子会社に対して、親会社がどれだけ経営に口出しできるか??

以上の3点を是非ご教授していただきたいです。
素人くさい質問でごめんなさい。

Aベストアンサー

(1)上場してない会社が上場企業を買収できるか

できますよ買収できる資金があれば・・・・

(2)そもそも、買収とは何か?? 子会社化とは違うのか??

通常は 買収=子会社にすることを刺します

株式の1/3以上を持っている
 重要事項の否決権があたえられます

株式を半分以上になると
 役員を過半数以上選任できるので実質経営権を取れます

株式を2/3を超えて保有すると完全な経営権を取れます
 すなわち他の株主よって重要事項の否決権が存在しないためです


株式を全部収得すると 完全子会社になります

すなわち株式を2/3を超えて保有すると自分の会社に吸収合併することも可能です

(3)関連会社、子会社に対して、親会社がどれだけ経営に口出しできるか??

 株式を半分以上持っているのを子会社ですから
 親会社が過半数以上の役員を送り込むことができる

 すなわち親会社の経営方針を持った役員を過半数以上送りこめますので実質的に支配できます

 関連会社は通常連結対象の会社を指します

 通常連結対象には
 株式を半分以上持っているのを子会社

 と株式が5割以下2割以上の会社です
        ↑
 株式の割合分だけ連結の対象となる
 (持ち分だけ連結決算対象)
 2割持っていると
 売り上げの2割 利益の2割が連結決算対象となる

 ここで
 1/3未満2割以上には権利は親会社がどれだけ経営に口出しでません
 強制的に役員を送り込む権利は有してないが実質的に株主総会で安定株主の関係で支配的な親会社はあります


 

 

 

 

(1)上場してない会社が上場企業を買収できるか

できますよ買収できる資金があれば・・・・

(2)そもそも、買収とは何か?? 子会社化とは違うのか??

通常は 買収=子会社にすることを刺します

株式の1/3以上を持っている
 重要事項の否決権があたえられます

株式を半分以上になると
 役員を過半数以上選任できるので実質経営権を取れます

株式を2/3を超えて保有すると完全な経営権を取れます
 すなわち他の株主よって重要事項の否決権が存在しないためです


株式を全部収得...続きを読む

Q買収された側はどうなるんですか?

素人の質問で申し訳ありません。
テレビなどを見ていてよく思うことがあるのですが、買収する企業側は、他の企業を吸収をして大きくなるというイメージがあるのですが、
それでは買収された企業側はどうなるのでしょうか?
買収された企業の社長はクビにでもされてしまうのでしょうか?
それともただ単に経営に口を出せるようになるのが買収なのでしょうか?

そして買収された企業側は、買収した企業側の業績がその後急成長した場合、買収された企業側にも何かしらのメリットがあるのでしょうか?

買収された場合のメリット・デメリットなどを教えてくださると幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

買収といってもあまりにパターンが多いので簡単に説明できませんが・・・

誰かが買収するということは、その企業に魅力があるということです。いい技術を持っているが、資本や人材不足で発展性がない。このままならやがて競争に負けて市場から消え去るかもしれない会社など。

*企業が他の分野(自動車製造会社がパソコン業界へ進出など)へ事業を広げようとするとき、ゼロから
体制を作るより、小さいが内容の良い会社を買収する方が早い。
*同業者を買収して業容を拡大し、海外との競争力を強化する場合もある。
*投資会社が買収して株価が上がったら手放すケースもある。この場合は利益の追求は厳しくても経営陣や
従業員は従来のままという場合もある。

その他いろいろなケースがあり、ケースごとに買収された側の運命は違ってくるでしょう。極端なケースは
No1の通りでしょう。運がよければ社長は買収した会社の役員として残りあまり実力を発揮させられないまま勇退ということも考えられます。

問題は一般従業員の処遇になります。対等合併なら給与面は改善される可能性があります。しかし、幹部職は格下げの可能性があります。社員5万人の会社の部長と社員200人の買収された会社の部長を同列に扱えないのはサライーマンなら理解できると思います。

買収された会社は存続しない場合と子会社として残る場合があります。子会社の場合、その後急成長すれば従業員も株主も幸せでしょう。元社長も保有株が上がって喜ぶかも知れません。

買収といってもあまりにパターンが多いので簡単に説明できませんが・・・

誰かが買収するということは、その企業に魅力があるということです。いい技術を持っているが、資本や人材不足で発展性がない。このままならやがて競争に負けて市場から消え去るかもしれない会社など。

*企業が他の分野(自動車製造会社がパソコン業界へ進出など)へ事業を広げようとするとき、ゼロから
体制を作るより、小さいが内容の良い会社を買収する方が早い。
*同業者を買収して業容を拡大し、海外との競争力を強化する場...続きを読む

Q会社が吸収合併される時の社員への告知について

母親が勤めている会社の事なのですが、
その会社が来年3月末をもって親会社に吸収合併される事になりました。
しかし、社長(親会社から社長職を任されてる所謂サラリーマン社長)は、
この事実を社員に伝えていません。
母はその事実を親会社の人から聞いたりしていて知っているのですが...
吸収合併に伴い、現在いる社員も何人か解雇されたりします。
しかし、その社長はそんな事実は全く無いかのように振る舞っているようです。
社員の生活にかかるような事だけに、社長は社員に伝えるべきだと思うのですが、、、
そこで質問ですが、法的にこの社長は社員に吸収合併の件を伝える義務があるのでしょうか?
尚、親会社からは吸収合併の事実を伏せておく旨の指示は無いとの事です。

以上よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

吸収合併の場合には、存続会社がすべての権利義務を承継するという包括承継が原則となっています。当然、解散会社の労働者や合併前の賃金・労働時間・退職金制度などの労働条件 は、存続会社にそのまま引き継がれます。
ご質問の例では親会社は雇用継承を拒否することはできません。
したがって、
> 吸収合併に伴い、現在いる社員も何人か解雇されたり
> します。
は、合併が理由ではなく、別の整理解雇制限の法理による解雇要件によっての解雇とか、希望退職によってということであるはずです。
(詳しい状況がわかりませんと判断できませんし、ご質問の本旨ではないので一般論にて)

ただ、合併により会社の勤務形態が変わることもよくあることであります。もともと就業規則等の異なる会社の場合には、合併にあわせて労働条件も変更になることは少なくありません(一つの会社に異なる労働条件の労働者がいると労務管理上不便等なので通常一つの労働条件に調整されます。この調整は、労働者からみると労働条件の変更にあたります。)。
その場合でも会社は一方的に労働条件を変更することはできず、法に基づいて所定の手続きを経てから変更しなければなりません。労働条件の変更は就業規則や労働協約の変更によって行われますが、使用者は一方的に 変更することはできません。事前に労働者や労働組合(労働組合がある場合)の意見を聞いたり、協議(労働協約の場合)する必要があります。その意味において、各労働者は合併に伴う労働条件を知る機会はあることになります。
組合や従業員代表がある場合には、個人ごとへの告知ではありませんが、組合等からその説明があるはずです。

なお、吸収合併で間違いないでしょうか?もし、営業譲渡してから解散する場合には、吸収合併ではありません。この場合、譲渡される会社の労働者や労働条件が引き継がれるかどうかは、譲渡契約によって決まります。ただ、原則として、譲り受ける会社はだれを受け入れるか、どのような労働条件で受け入れるか等を決定することができるとされています。しかし、労働者を恣意的に選別することはできません。

吸収合併の場合には、存続会社がすべての権利義務を承継するという包括承継が原則となっています。当然、解散会社の労働者や合併前の賃金・労働時間・退職金制度などの労働条件 は、存続会社にそのまま引き継がれます。
ご質問の例では親会社は雇用継承を拒否することはできません。
したがって、
> 吸収合併に伴い、現在いる社員も何人か解雇されたり
> します。
は、合併が理由ではなく、別の整理解雇制限の法理による解雇要件によっての解雇とか、希望退職によってということであるはずです。
(詳しい状...続きを読む

Q買収された方の企業の社長や役員は合併以後どうなるのでしょうか?

買収された方の企業の社長や役員は合併以後どうなるのでしょうか?
最近企業買収やM&Aが数多く起こっておりますが
買収された側(=立場の弱い側)の社長や役員は以後社内で
どのような立場に立たされるのでしょうか?
やはり形だけの肩書や役職、安い給料等・・居場所の無い肩身の狭い立場になってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

自分が勤めていた会社の場合は、表向きは対等合併で、合併当初は、会長は当社から、社長は相手方から、役員は半数ずつ、というようになっていました。ところが、実質的に当社は吸収される側で、数年もしない内に、当社の役員は一人だけ(子会社の社長兼務)となりました。役員でない部長以下は、能力次第で、合併の影響はありませんでした。

Q合併と子会社化の違い

合併も完全子会社化も、両者とも被取得会社の株主に対して自社の株を発行する(株式交換?)ことで当社の株を保有するという手段をとると思います。両方とも、被取得会社の株主には取得会社の株主になってもらうということで、やっていることは全く同じだと理解しています。
では、手段が同じなのに合併と完全子会社化との会計処理の違いは一体なんなんでしょうか?


また、合併をするときの方法は、株式交換以外に何かあるでしょうか?

Aベストアンサー

合併するときも対価を現金で支払うことができます。

合併の場合は、被合併会社の資産負債が当然に合併会社のものになるので、
資産負債を受け入れる会計処理となります。
子会社化の場合は、「子会社株式」が増加するだけです。

ただ、連結会計としての処理は結果的に、資産負債の受け入れでおおむね同じものになります。

Q大企業の傘下に入ること

現在30人規模の会社に勤務中のものです。

不況と震災の影響で売り上げが激減のため、
ある日の朝礼で大企業(名称・規模不明)の傘下に入るという報告をされました。

まだ情報量が少ないためか、社内では不安なオーラが漂っています。
一般に「傘下に入る」という事はどの様な事なのでしょうか?
また、仕事内容や待遇などは変わってくるのでしょうか?

漠然とした内容ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たぶんですが、御社の取引先である大企業が、御社の株式を買うという形で資本注入してくれるのだと思います。まあ、簡単に言えばお金を貸してくれる代わりに御社の株式を担保にとる、ということです。


株式を取得すると当たり前ですが「株主」になります。株主は個人であっても経営に参加することができますが(主に株主総会などで投票したり質問したり出来ます)、株式をたくさん所有していると会社に役員を送り込むことができます。

この状態を「持ち株子会社」といいます。

また大企業の側から見ると、いろんなところに出資しどこかの会社の株式を原則40%以上保有している場合は、株式を保有している大企業が株主としてその会社の経営判断に影響を与えますので、これは完全な子会社「連結決算子会社」という形に相当します。

どの形かは分かりませんが、大企業の傘下に入るということは、大企業から役員が送られてきて経営の改善指導にあたることになります。

最近はこういう事例も増えているため、グループ化されてすぐに大きく変動する(役員はたぶん大きく変化します)ことはあまりありませんが、3年ぐらいを目処にリストラや経営資源の集中ということで、大きく変化することもあります。

すぐに何かが起きるとは考えにくいですが、油断していると負け組みになります。
大切なのは「変化することに逆らわない」ということです。

たぶんですが、御社の取引先である大企業が、御社の株式を買うという形で資本注入してくれるのだと思います。まあ、簡単に言えばお金を貸してくれる代わりに御社の株式を担保にとる、ということです。


株式を取得すると当たり前ですが「株主」になります。株主は個人であっても経営に参加することができますが(主に株主総会などで投票したり質問したり出来ます)、株式をたくさん所有していると会社に役員を送り込むことができます。

この状態を「持ち株子会社」といいます。

また大企業の側から見ると、いろ...続きを読む

Q子会社化するとお給料はどうなるの?

初めまして。この度離婚し、再就職活動をしていますが、面接した会社が、一部上場の大手企業に買収され、子会社化するらしいのですが、今後お給料・福利厚生等はどうなるものなのですか?教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

子会社化なら合併とは違うので(株主が変わるだけ)特に待遇面は
変更無いのではないですか。
まあ面接した方に質問するのが確実です。


人気Q&Aランキング