『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

よろしくお願いします。

僧侶の黒衣のことを、墨染めの衣などと呼んだりしますね。
あの墨で染める風習というのは、いつから始まったのでしょうか?
また始まったのは日本ですか? 中国でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

墨染めの衣を着るのは遺族も同じで、僧侶の服は、たとえば「紫衣事件」に見られるように、位によって衣の色が決まっていて、そのなかに黒があるということになります。

この場合の黒は、ご存知のように今はかなり濃い黒になっています。
仏教がインドから中国へ渡ってきた時点では、僧侶は袈裟を着るものだったのですが、インドに比べて中国は寒いので、さらに衣も着ることにして、なるべく質素なものをということで、泥染めの衣を着ていたようです。それが手近にあって染めやすい材料として墨を使うようになり、僧侶の服の基本になったのです。
そのうち、日本では絹糸を黒で染めると、七色に光ることから、僧侶の尊貴さを表すともとられるようになったようです。

一方、遺族の着る墨染めの喪服ですが、唐の習慣に倣ったもので、奈良時代の令で規定されたそうです。本来の唐での規定は「錫」で、これは灰汁処理した目の細かい麻布だったのが、日本では錫色(ねずみ色)と解釈され、薄墨の服を着ることのなります。
これが、平安時代くらいには、色の濃さの濃淡で、死んだ人との血縁の親疎を表現するという習慣までできてきます。源氏物語にも、血縁のことがあるので自分は薄墨の衣を着ているが、他の人が着ている濃い黒の衣を自分も着たいくらいだという内容が記述されていたりします。

なんだか、ばらばらとまとまりのない記述になってしまいましたが、私の知る範囲では以上です。ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しいご説明ありがとうございました。服飾関係の中でも、僧侶の服装はあまりまとまった本が見つからず(きっと専門書はあるのでしょうけど・・)、ネットで検索してもこれだけ詳しい情報は出てこなかったです。ありがとうございいました。

お礼日時:2007/05/08 00:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q墨汁でTシャツを染めたいのですが

黒いTシャツ(綿100%)を探していたのですが、
あいにく白しか見つからず、黒く染めたいです。
墨汁で染めようと思うのですが、過去にやってみた方
いらっしゃいませんか?
どんなやり方で染めたらいいのでしょう。
あんまり家の流しを汚したくないです。。。

ちなみに、Tシャツも墨汁も忘年会のかくし芸で使うものですので、
100円均一で買いました。

そんなにキレイに染まらなくてもいいのですが
他にも何か方法がありましたら教えてください!!

Aベストアンサー

むかーし(1ン年前?)、学校での体育祭(運動会)の時に、黒Tを作りました。

記憶を掘り起こし・・・以下のような手順でした。

材料は、墨汁、白T、鍋、こんろです。
墨汁を鍋に入れ火に掛けます。沸騰したら、白Tを入れ15分くらい煮つめ、火から降ろし、白(黒)Tを鍋から出し、水洗いした後、適当な場所で干します。乾いたら出来上がりです。
(検索エンジンで見たら、水洗いの時に定着液として金属みょうばん液を使うらしいですが、一般人は手に入れにくいものみたいですし、私のあいまいな記憶では水道水を使用しました。)
実際の出来上がりの色は灰色よりは黒い感じの色程度だったと思いますが・・・かくし芸で絶えうるでしょうか?(^^;

尚、鍋は墨汁で黒くなってしまい、料理には使う気はおきなくなりますので、不要な鍋もしくは空き一斗缶などがあるとベターです(それこそ100円ショップ?)。また、墨の沸騰中、結構回りに飛び散って汚れますので出来れば外での作業が良いと思います。(火傷にも注意です。)

以上、忘年会でのかくし芸、ご成功を祈ります。


人気Q&Aランキング