質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

コングロマリットとコンツェルンの違いがわかりません。
どちらも異なる会社どうしがくっついて大企業になるという
イメージです。

コングロマリットは買収、コンツェルンは株式保有や人的結合によると書いてあったので、一緒になった企業同士の境界線が有るか無いかという違いなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

コングロマリットが英語でコンツェルンがドイツ語。


身も蓋ももないような説明ですが、アメリカの企業のあり方とドイツの企業のあり方の違いから、内容の違いが生まれます。

昨今もアメリカの資本による買収の話がよくでますが、アメリカの資本は資本の投下効率で、買収してきます。
GEエジソン生保というのが日本にも進出していますが、なんでエジソンで生保なの?エジソンは発明家。電気関係で興した会社が、他の会社とも合併してできたのが GE(General Electorics)その会社が、生保が儲かるといって、作ったのがGE生保、その日本企業が GEエジソン生保となります。ここには、電機会社と生保の業務上の関係性は薄い。
コンツェルンは、銀行や持株会社などが(ある程度関連ある企業を)作ったり買収してできた企業連合となります。日本語で言うところの財閥となります。
実態的な内容としては、実は明確な分け方があるわけではありません。
独占禁止法でも、コンツェルンがダメとか表示しておらず(はっきりしてないものですから)一業種の中での独占度とか、独立性を損なうとかいう禁止の仕方になっています。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本でいうとコングロマリットとは具体的にどの会社のことを言うのでしょうか?

政治経済でコングロマリットという言葉を教わりました。

コトバンクで調べると「複合企業。多種の業種・企業を統合してできた巨大企業集団のこと。近年盛んなM&Aなどを通じて、企業の多角化が進んでいる。技術も市場も異なるような、いわゆる畑違いな事業に参画するために行なわれる、非関連多角化の企業統合形態を指す。主に企業買収によって、自社にはない事業やノウハウを手っ取り早く取得できるという利点から増加している。インターネット関連企業がファイナンスを買収し、金融事業を運営しているのはこの一例と言えるだろう。 」と書いてありました。

日本でいうと上に書かれているような会社は、具体的にどの会社のことを言うのでしょうか?

すみませんが、お教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内容的にはかつての「ライブドア」を意識しているように感じますが、
今も存在している会社でも、「ソフトバンク」や「楽天」はインターネット関連事業に強みを持ちつつ、金融事業をもつ会社と言えます。

いわゆるIT企業以外でも、ソニーなんかも多角経営で有名ですね。一連のエンタメ事業(映画、音楽、ゲーム)はもちろん、銀行、保険、不動産も手がけています。

QM&Aとコングロマリット

M&Aとコングロマリットの違いって何でしょうか?辞書を見たところ、
●M&A…企業の合併及び買収のこと
●コングロマリット…、業種・業務に直接関係を持っていない企業が合併を繰り返して成長した企業体のこと。複合企業とも。
と書いていました。合併という言葉が共通しているので、同じなの?とか思ってしまいます。両者の相違点を分かりやく、説明おねがいします。

Aベストアンサー

M&Aからいきましょうか。
Mは、MERGERの略で、吸収合併という経済の専門用語で、買収会社が100%の被買収会社の株式を集めて、それを吸収してしまい、被買収会社が法的に消滅してしまうことです。つまり、法的には、なくなってしまいます。Aは、Aは、acquisitionの略で、買収です。これは、被買収会社の株式51%超を集めるだけです。株を集めた方も、集められた方も法的に存在します。M&Aと言うものは、上記2つの事を意味しますので、何か意味が取りづらくなりますが、本当の意味は、Mの方の意味が強いと、私は思います。つまり、株式の100%を取得し、合併してしまう。最近は、合併まで行かず、株式の過半数を取得し、合併までせず、買収だけして、両社存続するケースも多いです。
つまり、M&Aは、会社を取得する為の手段です。これを使うと、新しい会社を1から作るのではありませんので、時間的に相当早く、自社の戦力に取り込むことが可能になります。また、シナジーと言って、自社が持っている技術などの経営資源と被買収会社の技術を融合させたりして、新技術を開発したり、自社の物流部門と、被買収会社の物流部門を統合したりして、合理化を図る事もできます。
一方、コングロマリットは、業種の異なる企業同士がグループ経営する事です。典型的な形態は、持ち株会社を頂点にして、持ち株会社が業種の違う数会社の株式の過半数を所有して経営する形態です。昔の財閥を考えてください。三菱本社が株を持ち、三菱銀行、三菱地所、三菱重工などが、本社のしたにブル下がっていまして、本社がグループ経営のコントロールをしていました。大体、財閥はこの形態が多いですから、財閥の本を一読すると理解できると思います。

M&Aからいきましょうか。
Mは、MERGERの略で、吸収合併という経済の専門用語で、買収会社が100%の被買収会社の株式を集めて、それを吸収してしまい、被買収会社が法的に消滅してしまうことです。つまり、法的には、なくなってしまいます。Aは、Aは、acquisitionの略で、買収です。これは、被買収会社の株式51%超を集めるだけです。株を集めた方も、集められた方も法的に存在します。M&Aと言うものは、上記2つの事を意味しますので、何か意味が取りづらくなりますが、本当の意味は、Mの方の意味が強いと、...続きを読む

Qトラスト、コンツェルンは含まれない?

独占禁止法とはカルテル、トラスト、コンツェルンを禁止するものだと習った気がするのですが、今の企業形態を見てみると、親会社、子会社なんてたくさんあるし、トラスト、コンツェルンは今では対象ではないのですか?

Aベストアンサー

持株会社というものをご存知でしょうか?
1997年に独占禁止法が改正され、他企業の株式を支配を目的としてのみ保有する持株会社が例外的に認められています。

コンツェルンのなかでも、資本参加により事業活動を支配することを主たる事業内容とする会社を特に持株会社といいます。
コンツェルンの代表例はアメリカのモルガン財閥、ロックフェラー財閥であり、日本の三井、三菱、住友、安田(戦後の富士)の旧財閥などです。
よってコンツェルンなどが存在していること自体は不自然ではないのですね。

また不況下など特別な状況ではカルテルも認めているなど、独占禁止法には例外もあるのです。


人気Q&Aランキング