最新閲覧日:

皮膚に付いたりしたら危ないのでしょうか?口に入れても大丈夫でしょうか?
どのぐらいの濃度がきけんなのでしょうか?
教えて下さい。

A 回答 (5件)

nーヘキサン(ヘキサン)は薬局で洗濯物のシミ抜きの用途で、『ベンジン』という商品名で売られています。



ベンジンの容器には、危険の表示はありませんし皮膚についても何の害もありません。ただヘキサンは臭いです。不快臭です。

しかし吸引は危ないと思います。一応石油系のものなので。頭痛、吐き気などなど。

どのくらいの濃度というのも、水との混合物であれば問題ありません。ヘキサンは水に不溶なので。
アセトンとの混合物の場合、アセトンの方が危ないかもです。
    • good
    • 0

皆さんが回答していらっしゃるとおりで


ヘキサンに関して皮膚等に多少ついても問題はありません。
但し、傷等があると大変しみます。(経験済み)
傷があるときは手袋等を使用することをお勧めします。
防護めがねは必須です。
蒸気の吸引は依存性がありますので止めましょう。
    • good
    • 0

あとは、神奈川県環境科学センター化学物質安全情報提供システム


も化学物質の物性や安全性を調べるのに便利ですよ。

ちなみに少々、n-ヘキサン100%が皮膚に少々ついても洗えば
大丈夫です。ただし、眼に入ると危険です。特にコンタクトをした
ままの場合は、コンタクトが張り付く場合もあります。必ず、
防護メガネを使って下さい!

また、多量に飲んだり、蒸気吸入により、めまい。手足の感覚麻痺、
歩行困難など多発性神経炎の症状が起こる、経口摂取により毒性は低い。
とのことです

参考URL:http://www.k-erc.pref.kanagawa.jp/
    • good
    • 1

中災防 安全衛生情報センターのMSDSを検索するとよいと思います。


このHPには労災の事例なども載っているので参考になると思います。
n-ヘキサンの健康障害としては多発生の末梢神経障害などが知られています。

参考URL:http://www.jaish.gr.jp/anzen/html/select/ankg00. …
    • good
    • 0

ヘキサン(HEXANE:C6H14)は無色透明で特有のパラフィン臭を有する液で水に不溶です。

各種油脂の抽出溶剤、接着剤溶剤、重合溶剤に使われますが、引火性が高いので、静電気・火気・衝撃火花など厳禁です。また、蒸気を吸入したり、飲み込んだりすると、麻酔性があり有害です。
労働環境中の最大許容濃度(ノルマルヘキサンとして)は40v/vppm(日本産業衛生学会)となっています。

参考URL:http://www.sumitomo-chem.co.jp/kiso/cm/yakuhin/S …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ