結婚して2年目の夫婦です。
今度、親名義の土地に今親が住んでいる家と別に別棟を建てたいと考えています。
(同じ敷地に親の家と私たちの家の2棟)
そこで銀行からお金を借りたいのですが、借りるに当たって必要な手続きが分かりません。何分、共稼ぎの身で平日銀行に出向いて相談することも出来ません。
漠然とした質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

お話からすると


1.親名義の土地・建物には抵当権など設定されていない。
2.同一の勤め先に勤続5年以上在籍。
であり、下記条件がクリアされれば比較的融資は簡単かもしれません。

条件1.土地・建物を担保として提供することに親が同意すること。
  2.親が連帯保証人となること。
  3.融資金額は(銀行の土地の評価額+建物の必要資金)の80%以内。
  4.年間返済の元利金合計が年収の40%以内
  5.過去に銀行・カード会社などに対し返済が遅れたことがない。

銀行によって審査基準は違うかもしれませんが、大差はないはずです。

とりあえず予想される必要書類。
  1.印鑑証明書(本人・保証人)
  2.住民票(本人・保証人)
  3.運転免許証
  4.保険証
  5.源泉徴収票など年収証明。
  6.親の土地建物の謄本及び公図
  7.業者に相談しているのであれば、請負契約書など。

  以上を持って、銀行のローン相談窓口を訪ねてみてはいかがでしょうか。  
    • good
    • 0

私は6月に新居が完成します。


当然ローンです。(住宅金融公庫)
確かに公庫では必要な80%程度しか借りられず、残り20%は自己資金となります。
私の場合は残り20%を公庫と同金利程度の県の融資制度を使って頭金は0にする予定です。
(もちろん、頭金が多いに越したことはありませんが・・・)
それと、同じく県の利子補給制度も活用する予定です。
お金に関しては行政の制度も研究した方が良いと思います。
但し、基本的にローンの組めない登記代や保険、引越し代などの諸費用約150万円~?は手持ち金として必要になりますね。
あとは、やっぱり銀行のローンセンター等に行って、自分の年収などによる借りられる金額等の条件を確認することが第一でしょう。
概ねの借りられる上限額程度は教えてもらえます。
(但し、建てたい家の構造や大きさ等によって違ってきますので、最初はあくまで参考程度になります)
公庫の申込書(案内)はそこで販売(700円くらいだったかな?)しているので、相談する時間がないようであれば、勉強する意味で購入だけでもしておくことをお奨めします。(実際に申込書として使えるのはその年度内に限られますが、不思議と手元にあるだけで何となく現実的になります)
    • good
    • 0

建物は、通常原則一土地に一建物しか建てることができません。

ただし、あなたが農家の方の息子さんの場合は分家住宅といって例外的に認められることがあります。例外はあなたの土地が市街化区域にあるか、調整区域にあるかなどの諸条件によって異なりますので一概には言えません。

ただ、住宅金融公庫融資は一土地一建物の原則にシビアで要件がありますので、この条件に縛られたくないのでしたら銀行融資のほうがベターでしょう。
銀行融資は変動金利3年ものや5年ものであれば住公よりも金利が安いものがあります。

どちらの建築会社で建てられるのかはわかりませんが、住宅メーカーは銀行ローンの事前審査などを営業マンが代行して行ってくれますよ。あなたの土地に法規上どんな建物が入るのかもすぐにわかります。
    • good
    • 0

他の方の回答のとおりですが、融資基準をクリアしていたら可能な限り金利の低い、住宅金融公庫と年金住宅融資を


利用した方が良いです。
長期にわたりますから、金利がわずかな差でも大きな金額になります。

利用可能かどうかは下記のページで確認してください。

住宅金融公庫
http://www.jyukou.go.jp/kojin/index.htm

年金住宅融資
http://www.nenkin-yuushi.or.jp/
    • good
    • 0

お役に立つかどうか分かりませんが,住宅金融公庫のペ-ジがありますので,参考にされてはいかがでしょうか。



URL は,http://www.jyukou.go.jp/ です。

このペ-ジの下の方にある「■公庫融資をお考えの皆様へ」で「公庫融資Q&A」を選ぶと「申込時に必要な書類」他いろいろな情報があります。
    • good
    • 0

やはり、他の方がおっしゃっているとおり、銀行に出向いてのご相談を


お勧めします。
歯医者に掛かるときのように、半日休む感じで。
できれば11時頃がヒマで良いそうです。
(以前、さくら銀行で教わりました)

で、そのときに
1)土地の概要がわかる図面
2)収入がわかる書類(たとえば源泉徴収票、住民税決定通知書)
3)今建っている建物の位置がわかる書類(建築確認時の図面がベスト)
4)できれば所有関係を示す書類
 (登記簿のコピーなど。打診だけなら古くても良いので
  土地と今ある建物について)

といったものを持っていくと、話が早いと思います。

建築業者の紹介だと、業者がお金を借りている金融期間を紹介されるのが
普通のようです。
契約締結時に、ローン条項を徹底的に絞っておけば大丈夫です。
(ローンが成立しなければ契約解除となっていても、銀行でなく
 金利の高い住専のローンでも成立と見なす文書になっていたりする)

もうひとつ、金融公庫ですが、
土地について、多少制限があります。
普通は100m2を超えるという条件なのですが、
2軒目、しかも上物(うわもの)だけという条件でつかえるかどうか
私にはわかりません。御調査下さい。
    • good
    • 0

参考URLのほか、参考になるサイトがたくさんあります。


これらである程度概要を把握されて、ご近所の銀行に相談されることです。

住宅金融公庫と銀行ローンの併用がお勧めです。

#1でもおっしゃってますが、家という大きい買物ですから、平日半日でも休むか、とりあえず事前に一度電話されて見たらいかがでしょう。
大抵の銀行では、住宅ローンには力を入れていますから、積極的に相談にのってくれるはずです。

なお、ハウスメーカーに建築依頼するのであれば、ローンを紹介してくれることも多いです。

参考URL:http://www.eloan.co.jp/howto/index.html
    • good
    • 0

手続きは金融機関によって異なる部分もありますから、それはそこで説明を


受けた方がいいと思います。

銀行の大きめの支店に併設されていることの多い「ローンセンター」は、
結構土日も営業していますよ。
融資を受けたい銀行に電話して聞いてみてください。

ただ、「家を持つ」という大きな目的のためなら、やはり必要があれば
平日に休むことも仕方ないですよね。

osapi124でした。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親から借りるより銀行の方が得?

当方、40代男性で、妻と小学生の子ども2人の4人家族です。
今までずっと社宅などの借家住まいを続けてきましたが、一念発起、マイホームを新築する決心をしました。住宅会社さんも土地も決まり、建坪45坪弱の木造住宅を建築する予定です。当初より資金としては1000万ほどの自分の貯金と、実家の親から無利子の融資2000万ほど(すでに2000万を借りて自分の口座に入っています)を予定していたのですが、最近になって「銀行の住宅ローンを利用し、一括返済した方が得かも」という話を小耳にはさみました。
何やら「控除」とか「還付金」、「火災保険」あたりがキーワードのようです。
お恥ずかしい話ですが、今までローンを組んだ経験もなく、税法上の事柄も全く無知です。とにかく税金も給料天引ですし、給与明細の見方もよくわからないバカ中年で、貯金も勧誘されるがままに入った財形貯蓄が知らぬ間に1000万ほどになっていた、といったお金に無頓着な生活をしてきました(もちろん給料がそんなに良いわけではありません、田舎のサラリーマンですから)。
遅まきながら自分でも一生懸命これから学習したいと思いますが、皆さんにお聞きしたいのは、「親から無利子で借りるより銀行から(短期でも)借りた方が得なこと」が本当にあるのでしょうか、ということなのです。素人考えではそんなことあり得ないと思うのですが。よろしくご教授願います。

当方、40代男性で、妻と小学生の子ども2人の4人家族です。
今までずっと社宅などの借家住まいを続けてきましたが、一念発起、マイホームを新築する決心をしました。住宅会社さんも土地も決まり、建坪45坪弱の木造住宅を建築する予定です。当初より資金としては1000万ほどの自分の貯金と、実家の親から無利子の融資2000万ほど(すでに2000万を借りて自分の口座に入っています)を予定していたのですが、最近になって「銀行の住宅ローンを利用し、一括返済した方が得かも」という話を小耳にはさみました。
何やら...続きを読む

Aベストアンサー

親御さんからの借金では、住宅ローン控除の対象になりません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1213.htm

そこで、
親御さんからの借金→住宅ローンへ借り換え
をご検討中ということなのですね?


銀行への借り換えによって、住宅ローン減税の対象にすることは可能と思われます。
(国税庁のサイトより)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1233.htm


住宅ローン減税では、所得税から、ローンの年末残高の1%の金額が差し引かれます。
ですから、仮に、年末のローン残高が2000万円としますと、20万円が戻ってきます。

さて、それが無利子の借金と比較して得になるかどうかが問題です。

ローン残高2000万円で、利息が年2%とすると、その年の利息の金額はおおむね40万円と考えられます。
すると、わざわざ借り替えた結果、差し引き20万円の損になってしまいます。
ローンの利率が住宅ローン減税と同じ1%の場合で、やっと、とんとんです。
(たぶん、年利1%以下の住宅ローンなんて、ないと思いますけど)

さー、どうしますか?


ただ、住宅ローンの利率は通常、他の種類のローン(車を買うときのローンとか)に比べて低利だと思います。ですから、住宅ローンを組んでおいて、一方、親御さんからの融資はキャッシュで車を買うほうに回すような「ずるい」作戦は有りえると思います。
綿密な情報収集と計算が必要ですが。


なお、火災保険については、わかりません。

親御さんからの借金では、住宅ローン控除の対象になりません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1213.htm

そこで、
親御さんからの借金→住宅ローンへ借り換え
をご検討中ということなのですね?


銀行への借り換えによって、住宅ローン減税の対象にすることは可能と思われます。
(国税庁のサイトより)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1233.htm


住宅ローン減税では、所得税から、ローンの年末残高の1%の金額が差し引かれます。
ですから、仮に、年末のローン残高が2000万円としますと、...続きを読む

Qアパート経営一棟借り制度について質問

知り合いが畑の土地を購入しました 役場・郵便局・コンビニ・小さな駅・学校は近くにあります スーパーは車で5分 田舎でこれから栄えるのでは?とゆうかんじで 近くにはアパートはあまりなく団地一戸建てが多くたちはじめています 土地はやすかったのですが600坪買い80を一戸建てをたて200坪をアパート 残りを分譲で売る計画です
アパートの見積金額など詳しくはまだ聞いてませんが管理会社にはいってもらって一棟借り上げシステムがあるので家賃は安心だと最高で30年保証があるそうです 金額も具体的な話もこれから聞くのですが勿論家賃の値下げもあるだろうしあとあともっと経費が必要になったり何のために建てたのか後悔したり借金になってしまうのではと心配です。この制度のメリット・デメリット 実際利用されている方教えて下さい 

Aベストアンサー

正直30年後のことは、誰にも解りませんよね
実は、私も家賃保障で倉庫(トランクルーム)を貸しています。
メリットは、返済計画が立て易いこと。
デメリットは、確実に当初の家賃が保障されるか。
契約の中に、経済情勢の激変、公租公課の増減等により、
契約期間中でも家賃を増減できるとする項目があると思います。
結局この項目がある以上どこが、家賃保障なのか疑問です。
保障会社側は、何のリスクもありません、空室でて家賃減れば
家主に払う家賃を下げればいいだけのこと、リスク負うのは
家主側、やはり何をやるにもリスクは、伴うものです。
疑問をすべて、ぶつけて納得されたら、始めればよろしいのでは。

Q家購入のために銀行でお金を借りるには?

家を購入するにあたり、銀行でお金を借りるにはどのような条件を
満たさなければいけないのでしょうか?
ちなみに勤続2年未満とかだと難しいでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>銀行でお金を借りるにはどのような条件を満たさなければいけないのでしょうか?

普通は住宅の販売会社がお膳立てしてくれます

・安定した年収
・返済できる残り収入年数

>勤続2年未満

金融機関によっては困難な場合もありますが融資可能な金融機関は住宅販売会社が必死で探してくれます

販売会社は貴方が家を買えるように場合によっては違法行為すらしてくれるでしょう

ただし、貴方がそのローンを払い続けられるかについては何も考えてくれませんので注意してください...(笑)。

Q同じ敷地内に2棟の家

同じ敷地内に2棟の家が建っています。

世帯主は一人で住所も2棟とも一緒です。

いまいち世帯主の意味が解らないのですが、郵便物が一緒に届いてしまう為別々に出来ないでしょうか?

あと、世帯主は父親なのですが分離した場合どのようなことが想定されますでしょうか?

例えば税金など、住所を新たに取得できるなど…

解る方おしえてください。

Aベストアンサー

敷地の権利を分ける「分筆」をすれば、地番、住所も変わります。
ただし手続きは面倒です。

郵便物だけの話であれば、郵便受けを2つ作っておけばいいと思います。

より確実なのは「~丁目~番地~号 A棟(B棟) 日本太郎」という
ようにアパートの棟・部屋識別のように棟識別をすればいいです。

後は、これからの住所届にはその棟識別を記入すれば分別が確実に
なってくるでしょう。

世帯の独立は生計が独立していれば可能ですが、住所や郵便物とは
あまり関係ありませんね。

Q隣の家の敷地内にうちの排水管が通っています

先日、隣の家の方が引っ越しました。
隣の家をある建築会社が買い取り新築の家を建てる計画をたてているのですが、我が家の排水管がとなりの敷地内を通っていることがわかりました。
業者が来て配管を切断しますと言ってきました。
工事費はこちら側が負担でやってくださいとのことでした。
我が家は築40年以上たっています。
私といたしましては、いきなり言われて納得できないところがあります。
どなたか法律にくわしいお方がいらっしゃいましたら、どういう対応をすればいいかアドバイスをいただけたらと思っています
よろしくお願いします

Aベストアンサー

少なくとも、私が仕事を始めた30年前から15年くらい前までの間に、
「建築主Aが土地Bに住宅を建築するにあたり、住所Cの敷地に、Aだったか、Bだったかの排水路を設ける事を承諾します。/住所C土地所有者D・印」という様な内容の「隣地承諾書」だったか、「排水承諾書」なるものを作成し、確認申請時に添付して建築した記憶があります。法が整備された1950年以降は隣地の貸し借りは口約束では建築の許可が取れませんので、隣地承諾を取っていると思います。
確認申請の副本がとってあれば、役所に提出した確認申請の正本に添付した「隣地(排水)承諾書」のコピーが挟み込んであるはずです。

それが見つかれば、回答者No.2さんのご回答に準ずると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報