プロが教えるわが家の防犯対策術!

鍋底のテフロンが剥がれてる鍋で調理し食すると体に害がある?
こんなことを言って鍋を捨てようとしています。本当でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

テフロン自体は今のところ害がないから使用が許されています。

最近は100均などでもテフロン商品をみかけます。調理器具で怖いのは材料の不純物です。また傷がつくことによって、出てくることもありますので、空焼きしない、テフロン表面に傷がつかないように使うなど注意が必要でしょう。鉄のフライパンなど不便なこともありますが、気にする人はそちらを利用されてはどうでしょうか。

かくいう私は、理系出身で、新しい歴史の浅いものは年月たってから安全性がはっきりするという側面がありますので、テフロン使用はできれば控えています。
    • good
    • 5

専門家紹介

「いつもの料理がまんねり。」おまかせください。個人のお客様には料理講座・お菓子講座という形で、法人のお客様にはレシピ開発やレシピコンサルティングという形で、お手伝いさせていただいています。特に料理専門のスタッフがいない場合でもお気軽に単品からご依頼いただけ、またレシピの文字のみご提供から試食会までのフォローができます。撮影用料理製作はもとより、料理コンテスト審査員などもしております。

詳しくはこちら

専門家

テフロン(フッ素)自体はまず無害でしょう。


日本でも、虫歯対策に、歯に塗ったりしますし、
米国では、水道水に混入させています!!
カリフォルニア州が昔から有名ですから、
LAやシスコに行ったことのある方は、
否が応でも、体内を通過していったはずです!!!

再加工は、一度全部剥がしてから、塗り直して焼きつけます。
結構手間を食って工賃も馬鹿になりません。
思い入れのある高価なものでないと、
割りが合わないでしょう。

プロの方たちは、安い(1000円以下)の物を買って、
半年から一年で交換(廃棄)しています。

テフロン(フッ素)自体、300℃にはとても耐えられませんから、
「予熱(から焼き)はしない」「火力は中火以下」
「ターナーは木製か樹脂製」「たわし系は使わずスポンジで洗う」
「1000円以下のものを買う」
などを守って、そっと使うのが良いかと。
はげたら即刻捨て。

強火の料理(チャーハンとかビフテキとか)はどうするかと言えば、
鉄や銅のフライパンでやるのが、一番だと思います。
    • good
    • 22

他の方が回答されているとおり剥がれたテフロン自体には害はないと思いますが、


鍋底のテフロンが剥がれた状態ではテフロン鍋を使っている意味がないような気もします。
テフロン加工の鍋の良さは少ない油で焦げ付かないところですから、
加工が剥げていると焦げ付いて大変なのではないでしょうか?
薫製専用の鍋にするとか別の用途でなら使えると思いますが。

参考URL:http://q.hatena.ne.jp/1102321897
    • good
    • 17

テフロン自体はほかの方がおっしゃっているとおり無害なものです。


テフロン等に使われている、フッ素は歯科治療なんかにもつかわれているものです。 テフロン自体は体内で、消化も吸収もされずにそのまま排出されるものです。
ただ、テフロン自体よりも、鍋の素材によっては、害があるでしょう。下地が鉄だとまったく問題がない(むしろ鉄分が微量に溶け出し良いくらい)ですが、とくに銅の場合(まあめったにないとは思いますが・・)はあまり好ましくないです。
    • good
    • 6

テフロン自体は害がない、とはされています。


ただ、そのなべには本当にテフロンだけなのか、他に合成的なものを使っていないかは誰も保証してくれません。

気になるなら、捨てるか、捨てるのが惜しいのであれば、テフロン加工をしてくれる業者がありますから加工しなおしてもらっては?
    • good
    • 8

今までは、無害(摂取しても、そのまま排泄される)で通っていましたが、最近は、有害じゃないの?って言う話もあります。


でも現状では、無害であるが、一般的だと思います。
    • good
    • 3

「剥がれたテフロンは体内に入っても無害」と言うことに一応なっています。


 下は松下電器の見解ですが。フライパンのメーカーも同じような見解だと思います。

参考URL:http://panasonic.co.jp/ism/backnumber/message200 …
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフライパンのテフロン?がはがれたのは使用できない?

 気を付けて使用していても2年ぐらい使うと剥がれてきてしまいます
そのたびに新品に換えています 
油がなじんできた頃なのでもったいないと思うのですが
剥がれた物を使うのは よくないと聞きました
 これは 本当でしょうか

 電磁調理器なので鉄の物は使えなくて・・
ステンレスのフライパンもありますが よく焦げてしまうので
テフロン加工の方を使ってしまいます
 また、最近では炊飯器の釜底まで剥がれてきて
時々 ご飯に混ざってイヤーな気分になります
 皆さんの所では どうされてますか?
やはり 買い替えでしょうか

Aベストアンサー

No1の者です。
炊飯器についてですが、我が家の製品でも同じような症状になっているので、
よくわかります。
ふくれているのは、沸騰した水がテフロンの中に染み込んで、
本体(鉄ですね)とテフロンコーティングの間に浸入して起こる現象だと思います。
このとき、鉄の成分の一部が腐食し、「赤錆」になってテフロンの中に入り込み、
茶色く変色したと考えられますね。

これについては、実質的に無害と考えていいと思います。
もし、ご飯の味に違い(鉄臭さなど)が出るようだったら、買い替えた方が
いいかも知れませんが、そうでもない限り問題ないと思います。

あと、空焚きについてですが、残った水を乾かすぐらいだったら、
それほど神経質にならなくてもいいと思います。
ただ、中華鍋のように「カンカン」に加熱するのはよくないですね。
まあ、毒ガスだけじゃなく、テフロンの劣化もあるので、
熱で乾かすのは、やめた方がいいと思います。

Qテフロンの鍋、傷が付いたら

煮込みに使っているテフロンの深鍋にけっこう擦り傷等が目立ちます。

油を使ったりすると膜ができるようであまり抵抗はないのですが、煮込みなど長時間グツグツすると中の金属から何らかの成分がにじむようで気になります。

健康面には影響ないのでしょうか。

そう思ったら捨てればいいのでしょうが、長年使っていて使いやすく容積もちょうどいいので気に入っています。
害がなければこのまま使いたいのですが。

Aベストアンサー

≫健康面には影響ないのでしょうか。

アルミは害はありません。
 アルミはクラーク数( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%95%B0 )で3位に位置する---地殻で酸素、ケイ素についで多い元素です。ふんだんに私たちの体に入ってくる元素で人体には害はありません。そのように何億年もかけて進化してきた。アルミが怖ければ地球には住めないですよ(^^)
 ⇒人体への影響/アルミニウム - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0#.E4.BA.BA.E4.BD.93.E3.81.B8.E3.81.AE.E5.BD.B1.E9.9F.BF )
 現在、調理用鍋は圧倒的にアルミ製が多いですね。
・熱伝導率( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E4%BC%9D%E5%B0%8E%E7%8E%87#.E5.80.A4.E3.81.AE.E4.BE.8B )が良いので焦げ難く熱ムラがない
・表面が不働態になり腐食され難い
・軽い
・安価
・味を損なわない

 お宅でお使いの鍋の大半はアルミじゃないですか?
 業務用の煮込み鍋はアルミ 寸胴鍋( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%20%E5%AF%B8%E8%83%B4%E9%8D%8B&gws_rd=ssl&tbm=isch )が9割を占めるでしょう。またイタリアン アルミ鍋( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%20%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F&gws_rd=ssl&tbm=isch )が多いですね。

 一度、大量の水に野菜くずでも入れて沸騰させてアルミ地が出ている部分があれば、酸化アルミの皮膜を作っておけば良いです。

※ その迷信は今から半世紀以上前にドイツの疫学調査でアルツハイマー患者の脳にアルミニウムの蓄積が見られるという報告があり、それにアルミ以外の鍋を造っていたメーカーが飛びついたという歴史がある。その後、その調査自体も否定されているし、もし蓄積があったとしても結果であって原因ではないとされている。
 なお植物にはアルミニウムイオンに耐性のないものがあります。アルカリ性の土壌に適応している植物は土中にアルミニウムイオンがほとんど存在しないために耐性を持たない。石灰などでアルカリ性にすると栽培できる。

≫健康面には影響ないのでしょうか。

アルミは害はありません。
 アルミはクラーク数( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%95%B0 )で3位に位置する---地殻で酸素、ケイ素についで多い元素です。ふんだんに私たちの体に入ってくる元素で人体には害はありません。そのように何億年もかけて進化してきた。アルミが怖ければ地球には住めないですよ(^^)
 ⇒人体への影響/アルミニウム - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%A6...続きを読む

Qフライパンのコーティングが剥がれは有害ですか?

マーブルコートのフライパンを使用して4カ月位でコーティングは剥がれてきました。
それから2カ月経過してますが、かなり剥がれた状態で炒めものがこびりつきます。

コーティングが剥がれた状態での使用は体に害があるのでしょうか?
そろそろ買い替えないといけないのですが・・・・・
テフロンもマーブルコートも半年しか持たず、やはり鉄のフライパンがコストパーフォーマンスに一番すぐれてるのでしょうかね?

Aベストアンサー

最近同じようなことでフライパンを買い替えました.

マーブルコートは要するにフッ素樹脂コーティングです.
耐熱温度がそんなに高くない(260度くらい)ので,水分が少ない食材や,空焚きなんぞ使用もんなら一発でダメになってしまいます.
コーティングの剥がれは健康に影響はない,ハズですが,やはり気持ち的にあんまりいいものじゃありませんよね.

きちんとメンテナンス(油になじませたり)ができるなら鉄やステンレス製のものが一生使えていいと思います.

僕はそんなにマメじゃないので,中間をとってセラミックコーティング(耐熱温度400度)のフライパンを買いました.

Q健康を考えると何でできている鍋がいいのでしょうか?

家にある鍋(土鍋ではなく、日常調理に使う鍋のこと)が、古くなってきたので、いっそのこと、嵩張らないように一揃えで買い換えようかと考えています。
そこで、どういったものにしようかと迷っています。
使い勝手ももちろんなのですが、健康面を考えた場合、何鍋(ホーロー、アルミ、鉄、○○加工など)がいいものなのかというのも参考にして考えようかと思っています。
一昔前はアルミ鍋は良くないなんて言われましたが、その後、この説は下火になったことは知っています。
なんだかんだいって、あのうすっぺらいアルミ鍋で作ると調理しやすいものもあるし・・・。

健康を考えると、何鍋がいいという差はあるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

アルミ鍋の害が下火になったのではありません、噂が下火になっただけです、アルミが溶け出す事で胃や記憶障害の引き金になると言う懸念は残っています、そのうちテフロン加工などはフッ素が融け出るなどと言い出すかも知れません、とにかく危ない懸念があるものは避けるべきだと思います、鉄、ステンレス、ホーローなどが無難な所ではないですか、先の回答者が述べられているように、外国産の怪しげなのも要注意してください。

Q鉄の鍋で煮物。黒いものが剥げた。食べても平気?

鉄の中華鍋で初めて煮物(トマトソース)を作ったのですが
中華鍋の内側を覆っていた黒い皮膜(?)の様なものが、
ふやけた為か、殆ど全て剥げ落ち作っていたトマトソースに混ざってしまいました。
黒いものがゴソっと落ちて、中華鍋の元の銀色がすっかり出ていてびっくりしてしまいました。。
(中華鍋はリバーライトの中華鍋でした。’極み’ではなくて普通の方です。)


黒いものの正体は何でしょうか? 食べ物の焦げたこびり付き? 油の皮膜?それとも黒錆と呼ばれるものなのでしょうか?

また、この剥げ落ちた黒い物は食べても大丈夫なのでしょうか?

剥がれ落ちた原因は煮ていた時間が長すぎたのだと想像していますが、(煮ていた時間は3時間位です) もし鉄の鍋やフライパンで煮物等をする場合は、どの程度の時間の煮炊きだと剥がれ落ちないものなのでしょうか。。? そもそも剥がれ落ちないか見張りながらするものなのでしょうか?


すみませんがどなたか教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お使いの中華鍋の写真がありませんので、ご質問の文章から推察するところでは、長年の焦げたこびりつきだと思われます。ゴソっと落ちるくらいですからね。

まず、剥がれ落ちた黒いものは、食べても大丈夫です。
おなかをこわすとかはありませんが、お箸やスプーンで丁寧に取り除けば、よいです。

剥がれ落ちた原因ですが、長時間煮たことが全ての原因ではありません。
トマトソースという酸の強い食べ物を鉄の鍋で長時間煮たことが、長年の焦げたこびりつきが落ちた原因です。
トマトソースや甘酢、酢味噌など、酸の強いものを鉄鍋で煮ると、表面の油膜が取れ、鉄の地肌が出てきます。銀色の地肌ですね。
ですから、イタリア料理でトマトソースを扱うとき、プロは、URLのようなテフロン加工をしていないアルミのフライパンやアルミの鍋を使います。
中国料理でも甘酢を大量に作ることがあります。このときは、鉄の中華鍋を使いますが、加熱は短い時間で、すぐにステンレスや琺瑯の容器に甘酢を移します。
日本料理でも酢味噌や土佐酢など作るときは、アルミの雪平鍋を使いますが、作ったら、すぐにステンレスや琺瑯の容器に移しますね。家庭では、琺瑯のお鍋を大小揃えておくとよいでしょう。

鉄の鍋で何時間くらい煮炊きしても剥がれ落ちないか?ですが、
酸の強いものでない限り、鉄鍋表面の油膜は何時間煮炊きしても剥がれません。

油膜以外のもの・・・長年の焦げたこびりつきですが、これは、鍋に付いていること自体が問題です。
不衛生ですし、熱伝導も悪くなり、燃料代もかさみます。
ガスを強火にして、中華鍋をまんべんなく焼いて、焼き切ってください。
焼き切った後は、亀の子たわしと水で洗い落としますが、どうしても落ちないこびりつきだけは、クレンザーと金たわしで磨いて落としてください。
鍋の内側も外側もです。
焼き切った後は、くず野菜を多めの油で野菜が黒焦げになるまで炒め、油慣らしをし、亀の子たわしとお湯で鍋を洗ってから、水分をコンロの火で焼いて飛ばして終了です。

参考URL:http://www.furaipan.com/shouhin/13arumi/kingu/furaipan16.shtml

お使いの中華鍋の写真がありませんので、ご質問の文章から推察するところでは、長年の焦げたこびりつきだと思われます。ゴソっと落ちるくらいですからね。

まず、剥がれ落ちた黒いものは、食べても大丈夫です。
おなかをこわすとかはありませんが、お箸やスプーンで丁寧に取り除けば、よいです。

剥がれ落ちた原因ですが、長時間煮たことが全ての原因ではありません。
トマトソースという酸の強い食べ物を鉄の鍋で長時間煮たことが、長年の焦げたこびりつきが落ちた原因です。
トマトソースや甘酢、酢味噌など、...続きを読む

Q鍋とフライパンについて

最近、鍋とフライパンを買い替えようと思っています。
私は最近までよく知らなかったのですが、ステンレス・アルミ・テフロンの鍋は危険性があり使用するべきではないなどということを知りました。しかし調べてみると、他のものについても危険性があるということなので、買い替えるならどれを買えばいいかで迷っています。
(今現在使っているのは、ステンレスの鍋とテフロン加工のフライパンです。)
そこで、どのような調理器具を使用すればいいのか教えていただけるとありがたいです。また、皆様が普段どのような鍋・フライパンを使ってるかも教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 危険性は何にでもありますよ。大抵は売っている鍋と異なる鍋を攻撃するために恣意的に宣伝されることが多いです。
ステンレス:重金属であるクロム(Cr)の溶出かな(^^)。御存知(理科で学ぶ)のようにクロムは表面に酸化クロムの不動態( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%83%8D%E6%85%8B )の強固な不溶性の皮膜を作りますから、それが水溶液中に溶出することはありません。そもそもクロムは必須元素ですから毒性はないし、もし溶出すればステンレスは錆びる---ですよ。

アルミニウム:二十数年前にドイツだったか、脳の中のアルミニウムの蓄積とアルツハイマー病の関連を示す疫学データが公表されたことがあります。結果的に原因ではなく結果--アルツハイマー病になるとアルミニウムが蓄積するのであって、原因と結果が逆と言うことで現在は否定されています。もしアルミニウムが原因でしたら鍋から溶出する量よりもはるかに多い埃や・・・。アルミニウムも酸化アルミニウムの不働態(サファイヤやルビー)と同じ物で通常は覆われています。

テフロン:高温で熱分解させたときの生成物が問題になったことがありますが、通常の使用で問題になることはありませんし、テフロンか分解する260℃以上でテフロンが焼け焦げて剥離した状態になれば、その前に料理自体が「黒こげ」・・そんな物食べないです。
 ⇒アルミニウム/人体への影響 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0#.E4.BA.BA.E4.BD.93.E3.81.B8.E3.81.AE.E5.BD.B1.E9.9F.BF )
 ⇒クロム/必須元素としてのクロム/クロムの毒性 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A0#.E5.BF.85.E9.A0.88.E5.85.83.E7.B4.A0.E3.81.A8.E3.81.97.E3.81.A6.E3.81.AE.E3.82.AF.E3.83.AD.E3.83.A0 )
 ⇒ポリテトラフルオロエチレン/毒性 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3#.E5.AE.89.E5.85.A8.E6.80.A7 )

 以前本を書くときに随分と調べたのですが、残念ながら、鍋による健康被害の実例と言うものは寡聞にして聞いたことありません。

[鍋]はそれぞれの料理に適した物を使用するのが最善です。逆はダメです。その最も悪い組み合わせの例としては「テフロンのフライパン」ですかね。
 テフロンは上記のリンクをご覧になると分かるように耐熱性は260℃前後と考えられますが、フライパンを使う炒め物や炒りもの料理では、この温度に達することは多いです。そのために寿命がとても短いです。---だから、こぞってメーカーはテフロンのフライパンを販売する。--他の鍋の寿命は「末代物」くらい持つので回転率が悪く利益が上がりませんが、テフロンのフライパンは半年から数年で買い換えてもらえる。プロの厨房を覗いてテフロンのフライパンは見たことないです。--一週間持たない--。

フライパン:圧倒的に鉄です。空焚きにも耐えますし、焦げ付くこともない(使い方間違えなければ)。ソースやルーを作るときはアルミニウムや銅のフライパンを使います。熱伝導率( 熱伝導率 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E4%BC%9D%E5%B0%8E%E7%8E%87#.E5.80.A4.E3.81.AE.E4.BE.8B ) )が良いですから--フランス料理は銅、イタリアンはアルミという感じですね。
 また、玉子焼きにも同じ理由と色がきれいに出るので銅の玉子焼き鍋( https://www.google.com/images?hl=ja&q=%8B%CA%8Eq%8F%C4%82%AB%93%E7 )が多いですね。

煮物汁物:アルミニウムが良いですね。これに関してこそ!!テフロン加工がされていても良いです。洗い易く空焚きでもしない限り持ちます。表面をステンレスで覆った物もあります。ステンレスで覆われると熱伝導が悪く金属光沢があり冷め難い。
 この手の鍋のテフロンは本当に少なくなりました。一度買えば何十年も持つため利益が出ないために多くのメーカーは止めてしまいました。(業務用は多いです。)
 家庭用では、ホクアのマイスター( http://www2.hokua.com/houseware/?cat=5#info723 )とか、

炒め物:鉄の中華鍋、片手(北京鍋)、両手(上海)のどちらでも良いでしょう。底に角がなく全体が曲面なので混ぜやすいです。二周りくらい大きめなサイズを使うのがポイントです。
 https://www.google.com/images?hl=ja&q=%92%86%89%D8%93%E7

ステンレス/チタン:
 鍋の素材としては最悪です。熱伝導が悪く重いのが最大の理由です。そのためストックポット・キッチンポット、寸胴鍋のように保管やつくり置きのための容器や、粘性のないスープや出汁取りに使われます。家庭用としてなら、アルミニウムを間に挟んだ三層鍋でしたら良いでしょう。
 湯を沸かすだけとか、味噌汁とか粘度の低い調理専用になります。

 危険性は何にでもありますよ。大抵は売っている鍋と異なる鍋を攻撃するために恣意的に宣伝されることが多いです。
ステンレス:重金属であるクロム(Cr)の溶出かな(^^)。御存知(理科で学ぶ)のようにクロムは表面に酸化クロムの不動態( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%83%8D%E6%85%8B )の強固な不溶性の皮膜を作りますから、それが水溶液中に溶出することはありません。そもそもクロムは必須元素ですから毒性はないし、もし溶出すればステンレスは錆びる---ですよ。

アルミニウム:二十数年前にドイ...続きを読む

Qなべの底がはがれたらもう使えないでしょうか?

よくある白くコーティングしてある鍋なんですが、底に傷がいって、黒い部分が数箇所見えてしまっています。
鍋が何から作られているかは知らないのですが、アルミの鍋は余りよくないと聞きますし、コーティングに傷が行ってはがれたらもう使わない方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ホーローですかね?
http://allabout.co.jp/house/kitchen/closeup/CU20040115/

ホーローとは
http://www.ne.jp/asahi/fukui/knyco/miniDic/horo.html

・ホーローは芯となる金属=鋼板、アルミ、ステンレス、金、銀等 
・地金が露出してしまうとサビが発生する

中の金属が鉄・ステンレスだったらザビやすいだけの話だと思うのですが… 中身が問題のようですね

Qテフロン加工がはげてしまったら?

テフロン加工フライパンなのですが、テフロン部分一部がはげてしまい、洗った後にサビが浮かんでいることもあります。
表面の加工がはげたということは、テフロン下の材質が直接食品に触れてしまうってことですよね?
このまま使用し続けてもいいものなのかアドバイスいただけたらと思いました。
ちなみにはげた部分以外はまだ綺麗な状態なんです・・。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

テフロンの剥がれた破片食べたくないなら
新しいものの購入をオススメします。
鉄の中華なべとは違うので、コーティングがなくなったら
テフロンは終わりです。
よく使って1年から2年で寿命でしょうか。
空焚き禁止、高温で使わないが基本です。
金物のターナーとかは使わないほうがいいです。
油も全く使わない、はやめたほうがいいです。
便利なんですけどね…。

Q鉄鍋の錆って身体にかなり悪いんですか?

鉄製の中華なべを使ってます。洗った後、乾かしてから油を塗ろうと思っているうちに、すぐに乾いて茶色の錆が出ていることよくあります。
しょっちゅう使うので、簡単に落として使ってるんですけど、錆って身体にかなり悪いのでしょうか?同じ鉄分として身体に多少は良いとか思いたいんですけど・・・?( ;^^)ヘ..
それと買った時はコーティングされたように光ってました。取り扱い方法が書いてなかった(のか、よく見なかった)ので、使ってるうちに自然に取れてきたんですけど、アレはちゃんと取るべきだったのでしょうか?
なんか今頃になって心配しても遅いんですけど、正しい知識を教えてください。

Aベストアンサー

鉄鍋を使う料理は、使わない料理と比べて鉄分が含まれているので体にいい、という話をどこかで聞きました。
さびは使う前にザッと洗っておけばいいのではないでしょうか?
ウチでも鉄鍋がありますが、しょっちゅう錆びます。油などで拭くと取れるし、錆も出ないですよ。

鉄鍋は、まず使う前に空焼きします。これでコーティングを取ります。空焼きは鉄鍋が青くなるまで。
その後、熱した鉄鍋に油を入れ、くず野菜を炒め、油をなじませます。こうしておけば、洗剤で洗っても錆ませんよ。今からでしたら、まず、鉄鍋を空焼きする。鉄鍋の色が青っぽくなるまで熱する(火災に気をつけて下さい)。その後、鍋が冷めないうちに、サンドペーパー(目の細かいもの)で錆や汚れをこする。(やけどに注意してください)。その後、洗って、再度、空焼き(青っぽく変色するまで)、油を注ぎ、くず野菜を炒める。油をなじませたら、洗剤で洗ってザッと拭いて終わり。
参考になりましたか?

Qティファールのテフロンのフライパン傷つけてしまいました(泣)

チャーハンを作ろうと、中華鍋のつもりで金属のフライ返しで炒めていたら、ティファールのテフロンのフライパンに傷をつけてしまいました。深い傷は、中のアルミの部分が見えてます。このまま使ってもテフロンが剥げたりアルミとかが溶け出して人体に影響は無いでしょうか?

Aベストアンサー

テフロン自体は無害です.

アルミはアルミ脳症が問題になっていましたが,アルミなべとの関係は未だ証明されていません.その位で病気になるなら世の中もっと病人増えているでしょうからまあ心配ないのではないのでしょうか・・・.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング