アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

お墓の継承について質問します。主人は2人兄弟(長男、次男)の長男です。義両親は健在です(別に住んでおり今後も同居の予定はありません)。義父は長男ではない為、お墓は自分達の代から始まります。
もうお墓の土地は購入してあるようです。まだ元気ですのですぐの話ではありませんが、お墓の継承をどうすれば良いのかと思っています。(私1人が思っていることですが・・・)
私の子供は娘2人です。主人の弟の子供は男2人です。私達の代までは良いのですが、娘の代になりお嫁にいったときお墓は途絶えてしまいます。また、嫁いだ娘にお墓を守っていくのは大変だと思います。それだったら、最初から次男に継承してもらったほうがその次の代まで続いていくと思います。私達夫婦のお墓は娘が管理しやすいようにしてもらったほうが子供の為だと思います。(嫁ぎ先の近くとか・・)
この様に考えるのはどう思いますか?良い回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

私の実家では、継承以前に家が断絶しそうな勢いです。


祖父の代の本家まで含めて、実家の姓を名乗る男の人は私たちの代では弟ただ一人です。
他は全て女の人ですので、嫁に行ってしまって苗字が全て違います。
継承問題も大きな問題だと思いますが、
核家族化が進んでる今、次にあるのは家の断絶の問題です。

でもそれを承知の上で、去年母が亡くなったときにお墓を作りました。
お寺さんではなく霊園なのですが、そこは無縁になってしまった時に
納骨堂?のようなところに集め、永代供養してくれるというお話だったからです。
33回忌を過ぎたら、お骨は土に返すといいますし。

通常、喪主や施主がそのまま祭祀責任者になるケースが多いようです。
義両親がお亡くなりになられた場合、喪主は旦那様がなさいますよね?
とりあえずご主人に祭祀責任者になって頂き、ご主人と一緒にお墓を守り
ご主人が亡くなられたらその時に誰を次の祭祀責任者を誰にするかを話し合えばいいと思います。

娘さんがお嫁に行かれたとしたら、責任者にするのは無理だと思いますので
弟さんにお願いするようになるのが自然だと思います。
その先もその時その時で最も最良の判断をしていけばいいんだと思います。
お墓には、血縁又は縁故関係の証明が出来れば入ることは出来ますから。
(当たり前ですが、どんなに仲良くてもお友達とは同じお墓には入れません)

ちなみに母の眠る霊園では、「○○家」と名前を彫らない墓石もちらほら見受けられます。
おそらく将来、継承問題が起きることを予想してそうされているのでしょう。
それも一つの手だと思います。

既に継承問題が起きているのか、二家族分の名前を彫ってある墓石もたくさんあります。
しかしこの二家族は将来はどんどん縁故関係は薄くなっていってしまいますから
この方法はあまりおすすめできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々と参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/11 15:41

もし、次男さんがついで、次男さんの子供の子供が、女の子ばかりだったらどうします?結局、1代のびただけで、同じ問題でしょう。


一般的に、長男がつぐ様な雰囲気がありますから、
義理のご両親もそのようにお考えの可能性がありますね。
そうでしたら、そのようでいいのではないでしょうか。
自分たちの代のことは、ご夫婦で、そのとき
話合われたらいいと思います。
今から、“次男さん案”のお話をされると、
あなたが、家を継ぎたくないと思っていると
誤解されるような気もします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/11 15:42

お持ちの墓地は、霊園墓地ならば、墓標の御名前や入られる方などには、規約は無いと思われますし、お墓の名義も、そのときの事情によっては、変更は可能でしょう(名義変更のたびに料金が掛かることもあります。


しかし、御宅様の,御宗派によっては、色々と制約がある場合もありますので、御宗派の御住職様に、伺うことも大事かと思われます。
後から問題が起きないように、霊園の方、御宗派の御住職様のご意見を、参考になさり 御家族、皆さまが納得なさいまして行われる事をお勧めいたします。
大して参考にはなりませんが、お許し下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/11 15:43

我が家はまさに今その問題に直面しています。


(私(息子二人)の実家が、姉妹だけです)
母は、自分亡き後は永代供養にしてくれれば良い・・・申しておりますが、姉(娘二人)は戸籍上だけでも自分の娘を実家の養子に、と考えているようです。(それには母も私も賛成していません)
また嫁ぎ先の問題としては、義父が長男(主人も長男)のお寺に預けっぱなしになっている叔父(義父の実弟:息子あり)のお骨も・・・と言う話になったのですが、姑も私も賛成できませんでした。(私は、義叔父夫婦の骨のみなら良いと思いました)将来、私の息子たちと主人の従兄弟の息子で管理問題で揉めたりしないか?が心配だからです。
長男家が継承していくことが理想なのかもしれませんが、少子化の進む昨今でそれは難しい事です。幸いまだお若いようですから、今後ご主人の弟様ご夫婦と時間をかけて相談されていかれては思います。ただこういう問題に関してに男の人は、疎いと申しますか、まだまだ先・・・と思っている方が結構おられるように思いますから、無理のない程度に徐々にお話を考えていかれてはとと思います。

下、よろしければご参照ください
継承について
http://sogi-iso.jp/jouhou/sougi10/10_7_1.html
永代供養について
http://www.ipot.co.jp/q_and_a.html#1
知っているようで知らないお墓の知識
http://www1.sphere.ne.jp/jca-home/joho/joho14.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。とても参考になりました。

お礼日時:2007/07/11 17:47

これは質問者様が悩むことではなく、


義理のご両親とご兄弟が相談して決めていくと良いと思います。

私の夫の家は義理父が生前に墓を建てました。
長男は娘だけで、かなり遠方に嫁いでいます。
義理の父には長男、次男、三男(両方息子あり)がいますが、
義理の父が生前兄弟で相談しました。
長男が生存は長男、亡くなったら次男、次は3男。
そして次男家族、三男家族も全員同じ墓に入る。

質問者様の場合、もし御次男が墓継承となると
葬儀の喪主、挨拶なんども御次男になり
遺産配分も同等とはならないように思います。
わりと連動していると思います。
普段は長男がやって、墓継承だけ次男というのは不自然です。

それに今時は、男の子は地元に住んで地元で結婚するとは
限りません。
むしろ娘さんが地元に住む可能性もあります。
娘さんが結婚して姓が変わっても、旦那様と一緒に
ご実家の墓を守っていく。こういうことも普通だと思います。

皆さんで話し合ってくださいませ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々と参考になりました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/11 17:48

儀両親様の、お持ちになっていらっしゃる、墓地は、菩提寺のお寺様ですか?霊園墓地ですか?


お寺様でしたら,何かの機会に、御住職様に 御相談なさることを、お勧めいたします。
霊園墓地でしたら、どのような形にでも できると思いますよ。
先祖供養はとても大切な事ですから、貴女様御一人ではなく、皆様で話し合いをもたれることを、お勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。義両親の持っている墓地はたぶん霊園だと思います。(詳しくはわかりませんが、年に何回か草取りなどに行っているようです。)霊園だと娘の代になり他家に嫁ぎ姓が変わっても
そのお墓を継承し、娘の代以降も入ることはできるのでしょうか?
先祖供養はとても大切なのはわかっています。(実家は何代も続く家です。またお墓は菩提寺のお寺です)だからこそ、粗末にならないようにしたいと思っています。やはり、長男が継がないと道理に反するのでしょうか?わかる範囲でご回答頂けたらと思います。

お礼日時:2007/07/07 11:59

お寺だと女の子には引き継がせてくれない所はあります.当然ですが,寄付等が途絶えてしまいますから仕方ありません.


いずれ無縁墓地ちされてしまいます.元々お寺に借りているものですから仕方ありません.
ですから,維持費を考えれば霊園墓地の方が維持費は安くて済みます.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/07 12:01

今は嫁にいっても本人の意思があれば娘でも引き継ぐ事が


出来る所が多いと思います。
自分の子供にはお墓の苦労をさせたくないお気持ちでしたら
永代供養墓、あるいはお寺やその本山へ納骨して永代供養と
言う手もあるかと思います。
ご主人様と弟さんがどう考えていらっしゃるかですよね。
元気な内に言い出すのは気が引けますが、そうなる前に
話し合っておいた方が後々の事を考えたら無難でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

永代供養墓などはあるのは知っています。ただ、私達が継承した場合、娘の代になった時そのお墓を永代供養墓にするかもしれないのはきっと
義両親は嫌なのではと思います。それだったらお墓も残るし姓も残る弟さんに継承してもらった方が色々な意味でリスクが少ないのかな?と思うのです。主人と弟さんは何も具体的に考えてはないと思います。
(この件については話した事もありません)元気な内に言い出すのはなかなか難しいですよね。代替わりした時にこのような事が起こるかもしれない事をわかった上で、義両親はどう思っているのか、どうしていって欲しいのかをいずれは聞かなくてはいけないのでしょうね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/07 12:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長男に子供がいないとお墓は誰が継ぐのでしょうか?

お墓についてお尋ねします。
お墓は長男が継ぐのが普通だと思いますが、長男が結婚していても子供がいない場合もそうなのでしょうか?
もし、長男が継いでもその後をみる子供がいなければ、絶家になってしまいます。
それを防ぐために、子供のいる次男が継いでもいいのでしょうか?その場合、長男はそのお墓には入れないのでしょうか?
皆様のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

祭祀の承継問題ですね。
祭祀財産(お墓を含みます)は通常、一般の相続財産から引き離し、慣習に従って祖先の祭祀を主宰する者が単独で承継します。
被相続人が生前あるいは遺言で指定した時はその者が承継し、指定がない場合はその地方の慣習により、慣習が明らかでないときは、調停または審判により家庭裁判所が定めることになります。

親から祭祀財産を相続した長男に子供がいないのであれば、次男に祭祀の主宰を承継してもらったらいかがでしょうか?それなら長男がお墓に入ってもなんら不思議はありません。

なお、通常、お墓は所有権ではなく永代使用の権利を購入していると思います。ということは、お墓は墓地代や墓石代を払った人のものというより、その後の管理料支払い等の墓地継続使用の条件を満たす人のものと言えます。そして、どの霊園でも墓地使用者の名義を書換えする権利を認めていますが、今回のことではあまり関係はないでしょうが墓地使用者の名義書換のとき、使用者の姓の変更を認める霊園と、それを認めない霊園がありますのでご注意ください。前者は民営霊園に多く、後者は公営霊園に多いようです。

祭祀の承継問題ですね。
祭祀財産(お墓を含みます)は通常、一般の相続財産から引き離し、慣習に従って祖先の祭祀を主宰する者が単独で承継します。
被相続人が生前あるいは遺言で指定した時はその者が承継し、指定がない場合はその地方の慣習により、慣習が明らかでないときは、調停または審判により家庭裁判所が定めることになります。

親から祭祀財産を相続した長男に子供がいないのであれば、次男に祭祀の主宰を承継してもらったらいかがでしょうか?それなら長男がお墓に入ってもなんら不思議はあり...続きを読む

Q祭祀継承と墓守りとは別ですか?相続放棄をしたら墓守りをしなくてもいいの

祭祀継承と墓守りとは別ですか?相続放棄をしたら墓守りをしなくてもいいのでしょうか?


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6233684.html
ここで質問したのですが、回答について法律的な部分が出てきてたので、こちらで質問します。


ご両親の財産相続者が質問者さんお一人なら相続後、お墓を処分しても、放置して無縁仏にしても問題はありませんが、他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合は、相続後に祭祠継承権だけを放棄すると問題が発生する可能性はなきにしもあらずです。



1.祭祀継承と墓守りとは具体的にどういうものなんでしょうか?


2.分籍をしても、先祖代々の墓を見ていく必要があるらしいのですが、絶対に見ないといけないのでしょか?

現在、自分・父(長男)・母の3人家族で暮らしており、父には次男(57歳で結婚して現在は離婚して一人暮らしです)と長女(嫁に行ってます)の3人兄弟がいます。
父方の両親は全て他界してしまい、市管理の墓地に先祖代々の墓があるのでそこに入ってます。
現在、父と次男が墓盛りをしてますが、自分はこの墓を見ていく気はありません。


3.他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合。というのはどういうことなんでしょうか?
父や母が亡くなった時は相続放棄をすることに決めてます。
正や負の財産などがあっても全ていりません。相続放棄をすれば今の墓は見なくなるってことなのでしょうか?

祭祀継承と墓守りとは別ですか?相続放棄をしたら墓守りをしなくてもいいのでしょうか?


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6233684.html
ここで質問したのですが、回答について法律的な部分が出てきてたので、こちらで質問します。


ご両親の財産相続者が質問者さんお一人なら相続後、お墓を処分しても、放置して無縁仏にしても問題はありませんが、他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合は、相続後に祭祠継承権だけを放棄すると問題が発生する可能性はなきにしもあらずです...続きを読む

Aベストアンサー

民法第八百九十六条
相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

民法第八百九十七条
系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。



戦後の民法はこのように規定してます。

1.まずは慣習によるですから、あなたのお住まいの地域の風習によります。
  この規定は、戦後の改正にかかわらず唯一戦前の考えを残したものですが、日本が均一化
  してきましたので、慣習が無い地域が殆どとなりました。

2.遺言で祭祀承継者が定められていれば、それによる。

3.遺言がない、慣例がない場合は家庭裁判所が定めるとなってます。
  いきなり家裁?
  そうなんです。法律では相続人の話し合いという規定はないのです。


質問に戻って、祭祀承継とは、仏像、位牌その他関連物、系図、お墓等々を継ぐことをいいます。
墓守りは、私の地域には語彙として存在してませんので知りません。

>自分はこの墓を見ていく気はありません。 
父と次男が墓盛りをしているようなので、お墓を継ぐ気が無い旨を言って、それなりの手続きをとっておいてください。具体的には市管理となってますのでその管理している窓口で聞けば分かります。

>「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合。というのはどういうことなんでしょうか?  
祭祀承継を前提とした遺産分割は現行民法ではありえません。
遺産の相続と祭祀承継は分離してます。
祭祀承継と相続が連動していたのは、戦前の民法つまり明治31年民法です。

しかし、祭祀承継を第一にしてそれに基づく相続という、悪しき慣習がある地域があります。
その土地の差別になりますので、地域名は書きません。
その悪しき慣習に対して裁判をおこしている事例も報告されてます。
あなたのお住まいの県や地域にその慣習がなければ、祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割という考え方が誤りです。

法律では、まずは慣習、慣習無き時は家庭裁判所というのも、これもちょっと常識外です。
ただ質問が法律ではとなってますので、家庭裁判所で決めるというお答えになります。
法律と社会常識がおおきくずれているのは多々あり皆さん誰も気づかずに行われています。
例えば、家名存続の養子縁組は民法的に無効ですし、親子になる意志がなく単に家名存続が目的でしたら犯罪行為です。しかし誰も気づかずにやっております。


あなたの場合は、祭祀承継を受けないと決めているのですから、単に管理している窓口で手続きをとってもらえばすむと思われます。

民法第八百九十六条
相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

民法第八百九十七条
系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。



戦後の民法...続きを読む

Q長男の眠るお墓に次男は一緒に入れるのかどうか

両親は健在です。
私は長女で嫁いでいます。
弟が二人いましたが、上の弟(長男)が病気で6年前亡くなりました。
長男は両親が建てたお墓に眠っており、母を中心にお墓のお世話をしています。

ある方から長男の眠るお墓には次男は入れないということをお聞きしました。そのことで、すごく父は悩んでいます。
両親は、いずれ自分たちの建てたお墓に入り、名義を弟(次男)に変更して管理して欲しいと考えています。
(長男には嫁と息子が一人います。)

そこで、質問なのですが
長男の眠るお墓には、両親は入れても次男は入ることができないのでしょうか?

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

お墓や仏壇などの先祖祭祀に必要な法具は、そのお家の祭祀を継承する方が、一括して継承します。祭祀継承者は社会通念や地域の慣習にしたがって決定されることになりますが、一般には長男→配偶者→存命の親→その他の兄弟姉妹→その他の親類、といった順になると思います。
しかし、この順番は絶対というものではなく、お家の事情によって、どの方が祭祀継承をされても問題はありません。
また、長男が入っているから絶対に次男は入れないということもありません。基本的には、そのお墓をお守りしている祭祀継承者の方が認めるのであれば、どなたのご遺骨でも納骨することができます。
最近は、後継者の問題や経済的な問題で、兄弟姉妹でそれぞれの別々に一家のお墓を構えることが難しくなってきているお家が少なくありません。私の寺でも長男家と次男家が共同で一つのお墓を持つ「合家墓」を建立されているところが複数あります。
etsuko-kさんのご質問の場合はまた少し事情が違うようですが、考え方は同じで「これこれの理由で、誰々は入れない」ということは絶対の基準としては無い、ということです。
御親戚どうしでよく相談されて、みんなで仲良く御先祖様にお参りできる方法を選択されてかまいません。

蛇足ながら、公営・私営の霊園では使用規定で納骨できる続柄の範囲、御遺骨の数を限定している場合もあるので、そのようなケースでは霊園管理者に確認される必要があります。

曹洞宗の僧侶です。

お墓や仏壇などの先祖祭祀に必要な法具は、そのお家の祭祀を継承する方が、一括して継承します。祭祀継承者は社会通念や地域の慣習にしたがって決定されることになりますが、一般には長男→配偶者→存命の親→その他の兄弟姉妹→その他の親類、といった順になると思います。
しかし、この順番は絶対というものではなく、お家の事情によって、どの方が祭祀継承をされても問題はありません。
また、長男が入っているから絶対に次男は入れないということもありません。基本的には、そのお墓をお...続きを読む

Q次男は実家のお墓に入れますか?

亡き父の弟夫婦が、父も入っている本家のお墓に入りたいと考えているようです。亡き父は生前その件には反対し続けていましたし、父亡き後、母も父の気持ちをわかっているので、やはり反対しています。父の考えは次男は独立したお墓を建てるべきというものです。まわりの知り合いに聞いてみたところ、やはり次男以下は別にお墓を建てるのが常識と言っています。父の弟には跡継ぎがいないので、自分達夫婦だけのお墓を建てるのはもったいないと思っているのです。近々母にその件をはっきりさせるべく話しあいに来るようですが、母一人では負けてしまいそうで・・・。かと言って他家へ嫁いだ私には口だしも面と向かってはできなく・・・。お寺に相談して、お寺から次男へ言ってもらうのは無理なことでしょうか。

Aベストアンサー

簡単に述べます。

まず、現在の墓地使用権者(祭祀の主宰者)がご母堂様であることを確認しましょう。
ご母堂様が、ご尊父様かご祖父様(ご祖母様)から確実に祭祀を承継している権利者であることに争いが無いのならば、
ご母堂様が貴女を祭祀を主宰すべき者として祭祀承継者の指定をすればいいだけのことです。難しくありません。できれば書面に残しておくとよいでしょう。確実に貴女が承継できます。
お寺さん(寺墓地の場合)は祭祀の承継に口出しできませんし、指定があれば叔父さんたちも法的に逆らえません。祭祀の承継は親族でなくてもできるのですから。

ただし、この承継は祭祀の主宰者の死亡にともなう承継の場合です(つまり、失礼ながらご母堂様がお亡くなりになった時点での承継の場合)。
ご母堂様がご健在のうちに継承(“承継”ではない)しようとするならば、お寺さんの承諾が必要です。

また、将来的に貴女のお子さんが承継することも可能です。埋葬できる範囲が制限される可能性が考えられますが。



以下余談です。
叔父さん夫婦も一緒に埋葬してあげればいいじゃないかとする考えもあると思いますが、今まで墓を守ってきた本家の人間であるご母堂様にしてみれば、ご尊父様のご遺志に反するようなことはできないでしょう。
今回の件は、叔父さんたちが貴家と上手くやってこなかったことに問題がありますが、しかしこれは貴家菩提寺の教化(きょうけ)不足が最大の原因なんです。このような無責任な菩提寺に相談しても力になってはくれないでしょう。

以上、ゴク簡単に述べました。
でも、やっぱり叔父さんたちも一緒にと思ったらそうしてあげてください。ご尊父様の気持ちが変わったということになりますから。貴女が承継していてもお寺さんが承諾すればできます。

末筆乍ら、貴家物故者の増進仏果・證大菩提と、貴家益々のご繁栄を祈念いたします。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無……

合 掌

簡単に述べます。

まず、現在の墓地使用権者(祭祀の主宰者)がご母堂様であることを確認しましょう。
ご母堂様が、ご尊父様かご祖父様(ご祖母様)から確実に祭祀を承継している権利者であることに争いが無いのならば、
ご母堂様が貴女を祭祀を主宰すべき者として祭祀承継者の指定をすればいいだけのことです。難しくありません。できれば書面に残しておくとよいでしょう。確実に貴女が承継できます。
お寺さん(寺墓地の場合)は祭祀の承継に口出しできませんし、指定があれば叔父さんたちも法的に逆らえ...続きを読む

Q一人っ子、その子供はみな女性。お墓はどうなりましょうか

よろしくおねがいします。

私は妻、長女、次女、私の父と同居する5人家族です。父が本家(旧家)の菩提寺は「金取り主義のクソ坊主だ!」と怒って縁を切り、父が初代となる墓地公園に墓(お寺にある普通の大きさのよりほんの少し大きい)を建てました。初代は実母となりました。

さて、本論ですが、私の子供は2人とも女で「婿はもらわない、姓(今の私共の)は名乗らない」(要は”お嫁”に行くというのです)と(今のところは)宣言しています。父が折角建てたお墓ですが、どうしたらよいものでしょうか。

整理しますと、私は一人っ子。子供は2人で、両方女性。娘たちには今のところ婿を迎える気は無い、また今のところ我々の姓を婿さんに名乗らせる気は無い。こういうことになります。

下記前例なども見たのですが、どうもズバリとくるものがありません。お詳しい方、よろしくお願いいたします。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2005265
http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?status=select&MT=%CA%E8+%C4%B9%C3%CB&mt_opt=a&qatype=qa&sr=norm&ct_select=1&ct0=214&ct1=308&ct2=512&st=after&tf=all&dc=10&fr=31

よろしくおねがいします。

私は妻、長女、次女、私の父と同居する5人家族です。父が本家(旧家)の菩提寺は「金取り主義のクソ坊主だ!」と怒って縁を切り、父が初代となる墓地公園に墓(お寺にある普通の大きさのよりほんの少し大きい)を建てました。初代は実母となりました。

さて、本論ですが、私の子供は2人とも女で「婿はもらわない、姓(今の私共の)は名乗らない」(要は”お嫁”に行くというのです)と(今のところは)宣言しています。父が折角建てたお墓ですが、どうしたらよいものでしょうか。
...続きを読む

Aベストアンサー

詳しい人間ではないので申し訳ないのですが…。

根拠がある訳ではなく私見に過ぎませんが、姓(苗字)とお墓は別に考えられても大丈夫なのではないでしょうか。
確かに「家」という観点からすれば次代がいらっしゃらないのかもしれませんが、お嫁に行かれても、娘さんがご実家の「お墓」のお世話をすることは問題ないのではないでしょうか(高名な占い師などには「家」や「墓」が絶えること自体云々って言う人もいそうですけれど)。
また、実家の宗派と婚家の宗派が違う場合、嫁いだ娘が実家の墓や仏壇を承継することはできない(お寺さまが認めない)、ということもあるようですし、なかには、そういうことを嫌うお舅さんお姑さんもいらっしゃるかもしれませんが…。

父や母のことを思うことは悪いことではないと思います。
これは我が家だけのことかもしれませんが、「墓石は故人の身体と同じ。だからきれいにしてあげなければ。」と考えてお掃除をします。
ですから、私にとってお墓に行くこと=故人に会いに行くことに近い感覚なんです。

もし、費用の点(だけ)が心配ならば、それなりの「額」を遺して差し上げればいいのでは?-とも思います。

嫁に行ってしまったら、実の父母のことも忘れて、切り捨ててしまわなければならないのでしょうか?
嫁に行った娘は、実の親のことを心配したり、介護したりしてはいけないのでしょうか?
お墓参りに行ってもいけないんでしょうか?

そんなことはありませんよね?
もしそうならば、自分の親を大切に思っている「娘」は嫁には行けないような気がします。

もしも、ご質問者さまが『お墓を「処分」することになっても仕方がない』とお考えなのであれば、お嬢さまに「嫁いだ後、お墓の管理ができない-と思ったら、今のお墓を『処分』して、永代供養に改葬してもらってもいいよ。」と伝えておかれてはいかがでしょう。

お寺さまと縁を切られた-ということは、今は無宗教という形で、お経などをあげたり法要をしたりということはしない…ということでしょうか?
最近では「永代供養墓」というものがあるようです。
後継がいない人(単身者や男の子がいない家)に…という触れ込みで紹介されています。
「後継者がいない 墓」で検索しましたらいくつかヒットしました。
ご質問文中に上げられているサーチのなかにも書かれていますね。
お嬢さまに委ねるのがしのびない-ということであれば、ご質問者さまの代にそちらへ「改葬」するという手段もあるかと思います。
そして、自分の死後も同じように「永代供養」で扱ってれれば良い-と伝えておかれてもよろしいのではないでしょうか。
ただ、「永代供養」は「お寺」が行っていることが殆どなので、どこかしらかのお寺と檀那・檀家関係を作らなければならなくなるかもしれません。
また、先にも書きましたように「改葬」のためには、お父さまが建てられたお墓は「処分」することになってしまうでしょうね。

我が家はお隣が檀那寺で、お付き合いもあるので少し状況は違うのですが、次代に心配があるのは一緒です。
ですから、他人事とは思えず口を挟みにきてしまいました。

現在、我が家は、父(70歳代)、私(40歳代・未婚・女性・子供なし)、弟(30歳代・未婚・子供なし)の3人暮らし。
祖父が亡くなった時に、(祖父=父の父が次男だったため、祖父を分家初代として)父がお墓を建立し、現在、そのお墓には、祖父母(父の父母)、伯母(父の姉)、母(父の妻であり私と弟の実母)が眠っています。
父には一人弟がおりますが、離れた地域に住んでおり、自身が「何も残す気はない。」という性分で、法要で顔をあわせるたびに「別にお墓を建てる気もないが、こちらのお墓に骨を入れてもらうつもりもない。」と言っています(遺族がどうするかは別として、どうやら本人は散骨希望らしいです)。
私は病気の関係で子供を産むことができませんが、弟にはまだ可能性がないわけではない-と思ってはいますけれど、現状のままでいけば、私と弟の代で「墓守」が途絶えてしまう-という形になります。
ですから、一度はお寺さまに「墓守がいなくなりそうな場合、どうしたらいいのか」と相談しようとは思っています。

普通、「お墓」自体は、土地に対して所有権がある訳ではなく、場所をお寺や墓地公園(およびその管理会社等)に借りている形で、使用権があるだけ-という場合が多いですよね。
我が家のようにお寺さまが管理している土地内のお墓ならば、お寺さまは所有者と定期的に連絡を取ります(施餓鬼供養とかお盆とかお彼岸とか)。
ですから、遠い将来でも、「墓守」がいなくなればそれを知る手立てがあります。
そして、長年放置されているような墓は、お寺さまの方で「処分」されることになると思います。
墓地公園ですとその辺りの「契約」はどうなっているのでしょうか。
一度、そのような視点から調べて見られるのもよろしいのではないでしょうか。

そうは言っても、ご質問者さまの場合、まだ、お嬢さまお2人にお子さんが生まれる可能性はある訳ですよね。
お嬢さまが結婚して、男の子が2人以上生まれたら、そのうちの1人を「養子」にする-ということは考えられませんか?
相続等の関係から、孫がおじいちゃんの養子になった-というパターンはよくありますよ(金融機関に勤務していて住宅ローンを担当したこともあるものですから、そういった相続税対策の事例はよく目にしました)。
そうなって、お墓も守っていってくれると「嬉しい」ですよね。

また、お嬢さまお二人は「夫に実家の婿養子になってもらう気はない。現在の姓(苗字)を名乗る気がない」、ご質問者さまは「娘の夫と養子縁組をする気はない。娘夫婦にご質問者さまの姓(苗字)を名乗らせる気はない」と一致したお考えのようですが、法律の点から言えば、夫婦はどちらかの姓を選択すればよく、どちらの姓を名乗ってもいいのですよね?
夫の側が、(何らかの理由で)現在の自分の姓が好きではなく妻の姓を名乗りたい-と言ったらどうするのでしょうね。
ご質問者さま方の姓を名乗ったからといって、娘の夫がご質問者さまの「子」になる訳でも、「家を継ぐ者」になる訳でも、「墓を守る者」になる訳でもないのですけれど。
また、偶然、「娘の夫の家も同姓(同じ苗字)!」という可能性がない訳でもないのでは?(鈴木さんか佐藤さんが全国1位ですよね。鈴木さん同士のカップル、佐藤さん同士のカップル-ない訳ではありませんよね。ご質問者さまのところは1軒しかない姓ですか?)

あまり関係ない話を長々と書いてしまいましたが、少しでもお考えの参考になりましたら幸いです。

詳しい人間ではないので申し訳ないのですが…。

根拠がある訳ではなく私見に過ぎませんが、姓(苗字)とお墓は別に考えられても大丈夫なのではないでしょうか。
確かに「家」という観点からすれば次代がいらっしゃらないのかもしれませんが、お嫁に行かれても、娘さんがご実家の「お墓」のお世話をすることは問題ないのではないでしょうか(高名な占い師などには「家」や「墓」が絶えること自体云々って言う人もいそうですけれど)。
また、実家の宗派と婚家の宗派が違う場合、嫁いだ娘が実家の墓や仏壇を承継...続きを読む

Q父親にとって、女の子2人は、がっかりなのか

最近二人目の女の子が誕生した36歳の父親です。
2人目は男の子が欲しいと思っていましたが、妻にいらんプレッシャーをかけてはいけないと思い、封印していましたが、助産婦から「おめでとうございます。女の子です」って言われたとき、自分でも信じられないくらいガッカリしてしまいました。
田舎に住み、父が他界し守るべき家も墓もある後継ぎである私は、先々のことを考え、少々面倒なことになりそうだと思いました。
いやいやそれ以上に、父親として、今後生きていく上で、友であり、ライバルになりうる息子がいない事態になったことに寂しさを感じてなりませんでした。
2人目の娘も可愛いのですが、可愛い云々とは別に、漠然とした寂しさがわいてくることも多々あって、思い切って皆さんに質問します。

3人目頑張ればという声もありますが、家庭環境の事情から、娘2人で打ち止めという前提で質問させてください。

質問
●父親として、いや男として、娘二人ではやっぱ満足できない、男の子が欲しいと感じる場面があるという意見、思いをお持ちの方は、教えてください。
●逆に、二人娘だっていいぜって思って現在子育てをしている父親さんがいたら、その心境を理由を添えて、教えてください。

女性からの書き込みも大歓迎です。

最近二人目の女の子が誕生した36歳の父親です。
2人目は男の子が欲しいと思っていましたが、妻にいらんプレッシャーをかけてはいけないと思い、封印していましたが、助産婦から「おめでとうございます。女の子です」って言われたとき、自分でも信じられないくらいガッカリしてしまいました。
田舎に住み、父が他界し守るべき家も墓もある後継ぎである私は、先々のことを考え、少々面倒なことになりそうだと思いました。
いやいやそれ以上に、父親として、今後生きていく上で、友であり、ライバルになりうる...続きを読む

Aベストアンサー

20年ほど前のうちの旦那もokwave219さんみたいでした。
初めの子の時は
「まあいいか、次があるからね!」
次は生まれたとたんに
「ちょっとむこうでタバコ吸ってくるわ、、」
きっとすごくがっかりしたんでしょうね。
そして三人目、、またもや女の子。
うちは財産はありませんが商売をしているので
後継ぎも欲しかったようですが、
息子と一緒に遊んだり話をしたかったようです。

20年たって商売のことは上の子が考えてくれているようですし
一緒に漫画を買いに行ったりオタク話をするのは次の子です。
でもやっぱり今でも息子がほしいのかも、、
いい婿さんが来てくれるのを楽しみにしています。

Q墓は誰かが必ず継がなくてはならない(墓守?)もの?

私の祖父が先日なくなり、今のお墓に納骨されました。
私の父は長男で、私もその長男に当たります。
田舎である為か常識の範疇なのか、
長男が継いでいくのが当たり前のような雰囲気です。

例えば私がその土地を離れ、そのお墓に入る気もなく、
海外で暮らしてそこで骨を埋める気でいるとすると
それは非常識なことなのでしょうか。

私がいなくなれば、
兄弟や親戚が必然的に継ぐことになるのでしょうが、
兄弟・親戚も嫁いだり遠方でその土地にいない場合、
永代供養?をお寺にお願いするのが
良い方法なのでしょうか。

ご先祖様を大切にする心は大切だと思いますが、
お墓があるからその土地にいないといけない、
最終的には戻ってきて当然、
そのようなしがらみは納得しかねます。
私自身はその土地で育ったわけでもなく
盆・正月に両親に連れられて行っていた程度ですので、
あまり馴染みも愛着もないのが正直なところです。
一度お墓を移動か合祀しようとした際、お寺さんが
言うには、ご先祖様が嫌がっているとのことで、
断念したことがあるそうです。ですから、私なり
親戚がいる場所へ移すというのは難しそうです。

このようなことに疎いもので、
お叱りを受けるような内容かもしれませんが、
どのようなものか、お考えをお聞かせ下さい。

私の祖父が先日なくなり、今のお墓に納骨されました。
私の父は長男で、私もその長男に当たります。
田舎である為か常識の範疇なのか、
長男が継いでいくのが当たり前のような雰囲気です。

例えば私がその土地を離れ、そのお墓に入る気もなく、
海外で暮らしてそこで骨を埋める気でいるとすると
それは非常識なことなのでしょうか。

私がいなくなれば、
兄弟や親戚が必然的に継ぐことになるのでしょうが、
兄弟・親戚も嫁いだり遠方でその土地にいない場合、
永代供養?をお寺にお願いするのが
良...続きを読む

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
お墓というものは、極端に長い目でみれば永遠不滅のものではありません。たとえば、誰でも曽々々々々々々々々祖父さんが居たことは確実ですが、そのお墓がどこにあるのか、現在でも存在しているのか、知っている人はほとんどいないでしょう。しかし、曽々々々々々々々々祖父さん位であれば、その戒名なり法名なりが過去帖などの記録に残っていて、「●●家先祖代々精霊」というような形で、みんないっしょのご位牌としてお祀りされているケースは、それほど珍しくはありません。
つまり、ご先祖様を大切にするということは、自分が今存在するのは過去のご先祖様がおいでになったおかげであることを忘れず、きちんと祭祀を続けて行く事にあります。必ずしも、いつかは消滅してしまうであろう構造物であるお墓を護ることだけが先祖祭祀の正しい形ではありません。
もちろん、お墓を粗末にして良いというわけではありません。しかし、現在のように社会移動が大きい世の中で、何が何でもお墓のある土地に住み続けなければならないということはありません。ご自分に精一杯可能な方法で、ご先祖さまのお祀りを続け、自分のルーツがどこにあるのかということを忘れなければ良いのではないでしょうか。

蛇足ながら、お墓を移すことを先祖様が嫌がるということはあまり考えられません。むしろ転居や結婚をきっかけとして、ご先祖さまとの縁が切れてしまうことの方が問題があると思います。止むを得ない社会移動による改葬や合祀は当然、行なってもさしつかえありません。

曹洞宗の僧侶です。
お墓というものは、極端に長い目でみれば永遠不滅のものではありません。たとえば、誰でも曽々々々々々々々々祖父さんが居たことは確実ですが、そのお墓がどこにあるのか、現在でも存在しているのか、知っている人はほとんどいないでしょう。しかし、曽々々々々々々々々祖父さん位であれば、その戒名なり法名なりが過去帖などの記録に残っていて、「●●家先祖代々精霊」というような形で、みんないっしょのご位牌としてお祀りされているケースは、それほど珍しくはありません。
つまり、ご先...続きを読む

Q仏壇、お墓の最終的な行き場は?

母は健在ですが自分が亡くなった時に誰がお仏壇を守って行くかの家族会議が行われました。

~家族構成~

母  60代半ば 実家持ち家(みんなとは別)
長男 40歳初め 実家近くに住んでる 未婚  持ち家で母親がなくなったら実家に住むと思います
次男 40歳初め (同上)         未婚         持ち家
長女 30歳初め (遠方200キロ弱)    既婚 現在妊活中 賃貸 旦那の転勤可能性もあり
 
流れで長男になりましたが、長男が亡くなった時に嫁、子供がいないのでその後、大きなお仏壇やお墓はどのようになるものでしょうか?
長男次男は結婚の見込みはないのでいつかその代で途絶えてしまいます。

そうしたら長女は嫁に行っていますが最終的に年の離れて順番でいえば1番下が長く生きるし、子孫を残していけるので長女が守っていくものでしょうか?
ちなみに長女の旦那は次男でその父親も長男ではないのでお仏壇等は持ってません。

また、置き場所や引っ越しの関係などで代々続いていた大きい仏壇から小さい物に変える方もいますか?
守って行く為にどうすれば1番良いか、また誰もいなくなった時にお仏壇、お墓はどうなるのかも考えた事なかったのでお聞きしたいです。

母は健在ですが自分が亡くなった時に誰がお仏壇を守って行くかの家族会議が行われました。

~家族構成~

母  60代半ば 実家持ち家(みんなとは別)
長男 40歳初め 実家近くに住んでる 未婚  持ち家で母親がなくなったら実家に住むと思います
次男 40歳初め (同上)         未婚         持ち家
長女 30歳初め (遠方200キロ弱)    既婚 現在妊活中 賃貸 旦那の転勤可能性もあり
 
流れで長男になりましたが、長男が亡くなった時に嫁、子供がいないのでその後、大き...続きを読む

Aベストアンサー

仏壇、お墓を守る風習は、
昔の農業中心で長男が財産全てを相続して、跡を継ぎ家を守り、兄弟がそれを支えていた時代の名残です。

現在は、子供が平等に財産を相続するために、財産、土地はあまり長男に残らなくなりました。
家が代々続いていけなくなっているのです。
又、会社つとめになって、その土地に住まなくなり、宗教の信仰心も薄れ、今の葬式は、形式的な物になっています。

自分たちは墓を守ることができても、次の世代はあてにできません。

基本的には、長男が亡くなったら、永代供養して、墓、仏壇を処分して、位牌をお寺に預けるとその後はお寺が位牌を管理してくれます。

葬式、お墓、全て宗教的な考えの上に成り立っています。
信仰心がなくなれば、葬式はお別れ会として、お墓は、遺骨を納めないので必要なくなります。

宗教は、全て生きている人のためにあります。
死んだ人は、自然界では無になり、生きている人の心の中にだけ存在します。
貴女が納得する、お母さんが納得する、満足するようなやり方を考えてください。

どれが正しいとかそんな物はありません。

Q夫が亡くなりました。義母について。(長文です)

夫が1年半の闘病生活の末、今年3月に亡くなりました。
夫は4人兄弟で、姉が二人、弟が一人、其々嫁いでいます。弟も婿養子に入っています。
私(47歳)は現在、義父(私が嫁入る前に他界)の建てた家に義母(83歳)と私の息子(25歳独身)と3人で暮らしています。
家は古く、立替の時期にきていますが、この家に住みたくないので、立て替える気がしません。
家及び畑は夫に名義変更していた為、夫が亡くなってから、長男に名義変更しましたが、夫が病気になってからは、畑は姉に無償で作付してもらっています。固定資産税は私が払っています。
夫が亡くなった時は、夫の母だから、一緒に暮らさなければいけないと思っていましたが、夫の死から日がたつにつれて、なぜ私が義母の面倒を見なければいけないのかと疑問に思い始めました。
夫が亡くなっても、義母は生活費等を入れるとか思わないような人で(義母は年金と義父の恩給で月10万円位の収入があり、貯金も1000万円近くあると言って見せてくれました。)夫が亡くなった時は2ヶ月で3万円位食費として入れてくれましたが、私がパートで働きに行きだしてからは、全く入れてくれません。私が働きに行くと昼食が残り物しかないので、自分で食事を作らなければならないのでお金がいるというのが義母の言い分で、だと思います。
だけど主人の残してくれた遺族年金と、私のパートでは月15万円くらいしかありません。私の年金や健康保険もかけなければならず、田舎なので交際費などもかなり掛り月20万円位かかります。
息子は臨時講師をしており、収入が少なく、頼れません。
幸い、夫が元気な時は私も働いていましたし、それなりの蓄えはありますが、月々の収支を見ると、その蓄えも目減りして行っています。
義母が貯金をする為、私の老後資金を取り崩しているような気がします。何より、夫が元気な時と同じように、生活費を入れないで生活を出来ると思っている義母の気持ちが許せないのです。
私は義母のように子供に依存して、老後を過ごしたくないので、蓄えは私の老後のために残しておきたいのです。
息子も義母を嫌っていますが、やはりおばあちゃんの面倒は看なければならないと思っているようです。
だけど、義母が亡くなっても、義母の遺産は私には何の権利もなく、姉弟と息子に4分の1づつで、私が面倒を看ても息子には4分の1しかなのに義母の生活費を私一人が負担するというのは、おかしいと思うのですが。
家も土地も要らないから私を自由にして、と思うのは私のわがままなのでしょうか?

夫が1年半の闘病生活の末、今年3月に亡くなりました。
夫は4人兄弟で、姉が二人、弟が一人、其々嫁いでいます。弟も婿養子に入っています。
私(47歳)は現在、義父(私が嫁入る前に他界)の建てた家に義母(83歳)と私の息子(25歳独身)と3人で暮らしています。
家は古く、立替の時期にきていますが、この家に住みたくないので、立て替える気がしません。
家及び畑は夫に名義変更していた為、夫が亡くなってから、長男に名義変更しましたが、夫が病気になってからは、畑は姉に無償で作付してもら...続きを読む

Aベストアンサー

大変お辛い状況 お察しします。

早急に 家を出る・・・というと 大変でしょうから それとなく 段階を踏んで事を進められたら いかがかと 存じます。

まず、

>私が働きに行くと昼食が残り物しかないので、自分で食事を作らなければならないのでお金がいるというのが義母の言い分で、だと思います。

義母様が いくら貯金をもっていようと 今の生活に役立てなければ
正直1000万でももって何処にでも行ってください・・・という気持ちになって当然。

今なら 1000万あれば 終身で入れる高齢者用マンションだって入れるのではないでしょうか?
つまり 老朽化した 家にも手をかけず このままあなたの稼ぎで 老人を養うのは不可能・・・という事です。

まして健在な 実子がいるのですから 心身ともにお疲れのあなたに全て任せるというのは ちょっとひどい話・・・
実子の方々に 生活できない旨を伝え 最終的には そのお母さんのお金で お母さんがどのような老後を暮らしたいか・・・を 話し合われることが いいのではないでしょうか・・・

パート勤めも大切でしょうが 一度 ゆっくりあなた様のご実家で静養されることをお薦めします。

理由はあなたが病気でも 実家の方の病気でもいいでしょう・・・

あなたがいなくても 何とかなる環境を徐々に作ってあげること・・・が大切だと思います。

お体に気をつけられ これからの人生に幸多かれと お祈りいたします。

大変お辛い状況 お察しします。

早急に 家を出る・・・というと 大変でしょうから それとなく 段階を踏んで事を進められたら いかがかと 存じます。

まず、

>私が働きに行くと昼食が残り物しかないので、自分で食事を作らなければならないのでお金がいるというのが義母の言い分で、だと思います。

義母様が いくら貯金をもっていようと 今の生活に役立てなければ
正直1000万でももって何処にでも行ってください・・・という気持ちになって当然。

今なら 1000万あれば 終身で入...続きを読む

Q実家のお墓について(一人娘が他家へ嫁いだ場合)

実家の墓ですが、私の両親が30年前に建て、
現在、祖母(父の実母)が分骨されています。
場所は見晴らしのよい高台(車がないと行けない)の市営霊園の一画です。
お寺は実家から車で20分程度のところにあります。

現在の私は、主人(長男)の両親と同居しており、
実家から車で30分程度の場所で暮らしています。
子供(男子)は仕事の関係で海外におり、今度も続くと思われます。

その状況を踏まえてだと思うのですが、母から先日、
「私たちの分は、お寺さんに永代供養をお願いするから。
 時々、お墓をキレイにしてくれたらいいからね」
と言われました。

たしかに、実家のお寺さんは駅に貼ってある観光ポスターに載るぐらい
庭などをすごく手入れされていて、檀家は毎年数十万単位の負担があるらしく、
「年金暮らしなのでそんなに払えませんと、お寺さんとケンカになった家もある」
とよく聞かされていますので、もし、それが可能ならば、正直ありがたいと思います。



「永代供養=お寺さんにかかる費用を負担させたくない」という
意味で言っていると解釈していますので、
お寺さんにすべておまかせして放棄するつもりはありませんし、
車の運転な可能な限り、お墓に通いますし、息子にも機会があればお墓参りをと話しています。

しかし、もし、いつかそれが叶わなくなった場合、
霊園のお墓はどうすればいいのでしょうか?
手を合わせることはいつでもどこでも出来ますが、お墓が草ぼうぼうになるのは忍びないです。
私に迷惑をかけたくないという理由で、母が永代供養を考えてくれるように、
私も、祖母、両親、そして息子のためにも、私の代で出来るだけのことをしたいと考えています。

「永代供養なんぞ」という回答もいくつか拝見しましたが、
少子化が今以上に進む将来は、今以上にこういうケースは増えると思いますし、
それぞれが元気な時でないと話せないことだと考えます。

両親が「永代供養をお願いする」という前提で、御回答をお願い申し上げます。




余談ですが、先日の某新聞に「お墓 どう守っていく」という特集が載っていました。
抜粋して書きます。

84歳の女性が市内の寺の家の墓を閉じ、納めてあった夫と舅の骨壷を自宅に持ち帰った。
2人とも20年以上前に亡くなり、以来一人暮らし。
息子は県外の会社に勤めている。
墓参りに雑草取り、菩提寺との付き合い、全部一人でやってきた。
墓守は自分の代で終わらせたい。
他の場所に墓を移すと寺に説明し、墓を閉めることにした。
戒名を書き遺骨を包んだ奉書紙を仏壇に置き、供え物を欠かさない。
自分が死んだ時は、戒名もつけず散骨してもらうのが理想だと思っている。

自分の決断ひとつで、ここまで出来るのかと驚きました。
そこまでは無理かもしれませんが、いろいろな選択肢を知りたいなと思うきっかけになりました。

実家の墓ですが、私の両親が30年前に建て、
現在、祖母(父の実母)が分骨されています。
場所は見晴らしのよい高台(車がないと行けない)の市営霊園の一画です。
お寺は実家から車で20分程度のところにあります。

現在の私は、主人(長男)の両親と同居しており、
実家から車で30分程度の場所で暮らしています。
子供(男子)は仕事の関係で海外におり、今度も続くと思われます。

その状況を踏まえてだと思うのですが、母から先日、
「私たちの分は、お寺さんに永代供養をお願いするから。
 時々、お墓...続きを読む

Aベストアンサー

私はまだ子どもが小さく、自分がまだまだ長い間お墓を守ってく立場ですが…
実家の母が、存命の祖母(父方)と共に、お寺の永代供養のようなもの?
お墓はあるかないかは把握していませんが、お寺がすべて管理をしてくれるものに
申し込みしてあると言っていました。
うちは娘だけのきょうだいなので、子どもに世話をかけたくない、とのこと。
○○人限定と言っていたので、本当にお墓が何もかもやってくれるのだと思います。
(勿論節目の法事は別でしょうが)
父までは本家のお墓に入っていますが、
私も他家のしかも跡継ぎのところへ嫁いだ身なので、そちらが最優先、
今は実家筋の墓は母が管理しています。
母が亡くなった後どうするかは…母が考えてはいるようですが、
本家の跡継ぎが別にいるので、そちら任せになるのが筋だと思っています。
(父は長男ではなく、正式には私達親子は、祖母と同居していましたが分家家族です。
 なので、分家である父が本家の墓に入ったのは、正式には間違っているそうですが…
 誰も気付かなかった辺り、いい加減です・笑)
自分自身が本家筋で男児がいなかった場合は娘が面倒をみるしかないのでしょうが…
質問文の最後にも書いてあるように、お墓をもたないというのも1つの手かもしれません。
ただ、誰かしら最低1人に、何らかの世話はかけますが…

詳しく実例は知りませんが、今はおそらく管理者がある程度管理してくれる霊園もあると思います。
(掃除程度だとは思いますが)
子どもや孫に世話をかけたくないなら、そういう所を利用するのも手かもしれません。
今入っている人と一緒に…でないと、今のお墓の墓守をする人がいませんが…(^^;
自分が生きているうちに購入し、先に移骨しておけばいいのか?と思ったり…
あまり詳しくないので、無理なことだったらすみません(>_<)

ただ、「自分が亡くなった後」までそこまで気にしなくてもいいのでは…とも思います。
結局残された人が「ぞんざいに扱えない、どうすればいいか迷う」のは、
自分の思いではなく周りの親戚などがうるさいから…というパターンが多いです。
(こちらは実体験ありです…)
思いがあれば、よほど罰当たりなことをしない限り「そういうやり方」で通ると思いますし、
やはりお墓などをどうするかより、供養の気持ちが一番だと思うので。
故人の親兄弟・他親族など「墓参りしに来得る人」が、
管理していないのに色々口出しするのでややこしいことになるのかと思ってます…
(そして大体口出しするのは「嫁いで他家の人間になり、お参りにだけ来る人」です^^;)

あまり参考になっていないかもですが…
「周りが、跡を見てくれる人に色々口出ししない環境を作ること」も、
1つの方法かなあとも思っています。
この今の「環境」のせいで、管理が半分以上義務になり、苦痛なことも出てきます。
そうすれば、後に残る人に世話をかける…などと心配する必要が減ってくるので。
結婚前も後も、似たようなことで、自分も母・義母も苦労しているので、常々そう思います(^^;
長文、失礼しました。

私はまだ子どもが小さく、自分がまだまだ長い間お墓を守ってく立場ですが…
実家の母が、存命の祖母(父方)と共に、お寺の永代供養のようなもの?
お墓はあるかないかは把握していませんが、お寺がすべて管理をしてくれるものに
申し込みしてあると言っていました。
うちは娘だけのきょうだいなので、子どもに世話をかけたくない、とのこと。
○○人限定と言っていたので、本当にお墓が何もかもやってくれるのだと思います。
(勿論節目の法事は別でしょうが)
父までは本家のお墓に入っていますが、
私も他家のしかも跡...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報